妻のJGC修行一覧

スポンサーリンク

JAL JGC修行2-5:マレーシアで靴を買おう!伊勢丹クアラルンプールは安くて品揃えも充実

クアラルンプールでの観光といえば、ブルーモスクやプトラジャヤなどが有名ですよね。 そういった歴史ある観光地に行くのもいいかと思いましたが、マレーシアは物価が安くお買い物天国ということを知り、今回はKLCC(クアラルンプール・シティ・センター)で買い物をすることにしました。 一番の目当ては「靴」! マレーシア=靴のイメージはまったくありませんでしたが、調べてみると昔から靴作りが盛んらしく、世界的に有名な靴デザイナージミー・チュウ氏もマレーシア出身なのだそうです。

JAL JGC修行2-4:ダブルツリーバイヒルトンクアラルンプールで驚きのアップグレード!テラススイート全貌を公開

今回は、クアラルンプール中心地にある「ダブルツリーバイヒルトンクアラルンプール」に一泊します。 ダブルツリーはヒルトン系列のホテルですので、ヒルトンオナーズダイヤモンドステータスの特典として、お部屋のアップグレードという制度があります。 以前、ヒルトン東京を利用した際には、2番目にいいお部屋にアップグレードしていただきましたが、今回はどうなるのでしょうか。 海外のヒルトン自体が初めてなので、お部屋やサービス内容もとても楽しみです!

JAL JGC修行2-3:KLIAエクスプレスはマスターカード決済で20%引き!クアラルンプール空港から市街地までの電車乗り換え案内

7時間半のフライトを終え、クアラルンプール国際空港(俗称KLIA= Kuala Lumpur International Airport)に到着しました。 到着したのは現地時間18時少し前。これから観光するには遅い時間なので、ホテルに直行することにします。 宿泊予定のホテルは、クアラルンプールの中心地「KLCC(クアラルンプール・シティ・センター)」の近く。 初めてのクアラルンプールで迷わず目的地にたどり着けるでしょうか…

JAL JGC修行2-2:ANAとのビジネスクラス機内食対決はJALに軍配!機内販売の森伊蔵は抽選必至?

今回はJALビジネスクラスの機内食と機内販売のレポートです。 これまでANA一筋だっため、JALの機内食は初めて。 ANAのビジネスクラスに乗った時も機内食の美味しさに感動しましたが、JALはANA以上に美味しいと評判のようなので、とっても楽しみにしていました。 結論から申しますと「JALさん凄すぎです!」 詳細は以下でご紹介していきます。

JAL JGC修行2-1:ANAとJALのビジネスクラスを比較!クアラルンプール線「SKY SUITE」搭乗記

2017年第2回目のJGC修行は、JALビジネスクラスで行く成田ークアラルンプール往復! JALの国際線&ビジネスクラスが初めてなら、クアラルンプールも初めて。一体どんな旅になるんでしょう。とっても楽しみです。 早朝6時30分。ほとんど車も歩く人もいない銀座にやって来ました。 いつも通り、高速バスTHEアクセス成田で成田空港に向かいます。都心から成田空港への移動手段は断然バスがオススメです。

JAL JGC修行1-13:ビジネスクラスで帰国!台北→成田キャセイパシフィック航空の座席と機内食

今回でいよいよ台湾修行も完結。 台北桃園国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジで3時間ほどゆっくり過ごした後、成田行CX450のゲートB7に向かいます。 海外から帰国する際には、現地通貨を日本円に交換してもらうのを忘れてはいけません。 頻繁に訪問する国なら次の機会にも使えますが、私の場合は、しばらく台湾に来る予定はないので、手元に残った台湾元を日本円に変えておくことにしました。

JAL JGC修行1-12:台北桃園国際空港キャセイ航空ラウンジレポート!ヌードルバーおすすめメニュー

キャセイパシフィック航空ビジネスクラスでやって来た台湾台北の旅2泊3日の最終日。 今日はあいにくの雨です。 小雨になったタイミングを見計らい、ホテルをチェックアウトしました。 まだ朝8時前なので、歩く人もまばらです。今日の帰国便は13時出発。ホテルから桃園空港までは片道1時間弱かかるので、お店が開店するのを待っていたら飛行機に間に合いません。 というわけで、最終日は市内観光せずに、早めに空港へ向かうことにしました。 キャセイパシフィック航空のラウンジがかなり...

JAL JGC修行1-11:最安ミシュラン店「添好運」のチャーシューメロンパン&寧夏夜市でB級グルメを堪能

龍山寺駅から西門駅乗り換えで、台北車站(台北駅・台北メインステーション)にやってきました。 立派な駅舎ですね!なんとなく紫禁城にも似た雰囲気の建物に、中華圏に来たんだなぁと実感します。 最安ミシュラン一つ星店、添好運 こちらでの目的は一つ。 台北駅前にある添好運 站前店(ティム・ホーワン駅前店)です。

JAL JGC修行1-10:ChiaTeの絶品パイナップルケーキと福州元祖胡椒餅&龍山時参拝

限られた台北での滞在時間。お土産購入に観光に、することはたくさんありますので、さっそくMRTで出発! 台北メトロで移動 まずは中山國小駅から松江南京駅を経由し、南京三民駅へ。 乗り継ぎ案内もとてもわかり易く、各路線は色で表示されていますし、このようにホームに方向指示が出ています。中国語に馴染みのない外国人には大助かり。 グリーンライン(松山新店線)の松山方面は前方、新店方面は後方へ進めということですね。

JAL JGC修行1-9:台北の駅近リノベーションホテルに宿泊。スーパー頂好超市はお土産の調達におすすめ

ホテル最寄りの中山国小駅(ちゅうざんこくしょうえき)に到着しました。 日が長くなってきたとはいえ、20時半も過ぎればすっかり夜の風情。どこからともなくいい香りが漂ってきます。 街並みもなんとなく懐かしいような、新鮮なような、不思議な雰囲気。位置的には石垣島に近いのに、やはり外国なんですね。

JAL JGC修行1-8:台湾でSIMカードを買う&桃園メトロ+台北メトロでホテルへ

3時間40分ほどのフライトを終え、台湾桃園国際空港(たいわんとうえんこくさいくうこう)第1ターミナルに到着しました。 2013年にリノベーションしたばかりということもあり、近代的でオシャレな作りですね。 この空港はチャイナ・エアラインとエバー航空のハブ。 スカイトラックス(Skytrax)の「World Airport Awards 2016」において、年間旅客数3000万人以上4000万人以下部門で顧客サービス世界3位に選ばれたのだそうです。

JAL JGC修行1-7:いざ台湾桃園国際空港へ!キャセイパシフィック航空ビジネスクラス搭乗記

JGC修行の第一弾は、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスで行く台湾。 キャセイパシフィック航空は、10年ほど前に台北経由のドイツ線エコノミークラスに乗ったことがありますが、ビジネスクラスはもちろん初めて。 しかも、台湾もこれまで観光したことはありませんでしたから、修行の旅程に組み入れることができて幸いでした。 利用するCX451便の出発ゲートは73番。張り切って行ってみましょう!

スポンサーリンク