メソッド一覧

スポンサーリンク

ANAアップグレードポイントの価値と効率的な獲得方法

ANAのアップグレードポイントは、その名の通り、飛行機に乗る際の座席をアップグレードできるポイントです。 通常、座席のアップグレードには追加費用やマイルの支払いが必要となりますが、アップグレードポイントを保有していれば、ポイントを消費することで座席をアップグレードすることができます。 以前はJALにもアップグレードポイントがあったのですが、2012年を最後に廃止されてしまいました。 もちろん、アップグレードは空席があることが前提になるので、アップグレードポイントは使いたい時に必...

【ANAカードも利用可】クレジットカードでnanacoチャージしてマイルを稼ぐ方法

私はこれまで「リクルートカードプラス」を使ってnanacoチャージをしてきました。 リクルートカードプラスは、nanacoチャージ(nanacoへのクレジットカードによるチャージ)で2%のリクルートポイントが還元されるため、nanacoポイントと合わせたポイント二重取りが可能でした。また、通常ではクレジットカードが使えない税金支払いにも、nanacoチャージで間接的にクレジットカードを使うことが可能でした。 しかし、リクルートカードプラスでのnanacoチャージについては、2016年...

UBER徹底検証!無料クーポンでタクシーとの違いを体験してみよう

Uber(ウーバー)の使い方やタクシーと比べた場合のメリットを詳細に解説しています。初めて使う方は、プロモーションコード「t6s48fm2ue」を入力するだけで2,000円分(→1500円に変更)の無料体験クーポンを獲得することも可能です。一度体験すると普通のタクシーに乗れなくなるほど快適ですよ。

外食モニター100%還元案件に高確率で当選するためのテクニック

外食をしてポイントを貯める外食モニターは、ANAマイルを貯めるために非常に有効な方法です。ただし、食事代の支払いが必要になってくるので、クレジットカード発行やFX口座開設のように完全無料ではありません。このため、外食モニターで効率的にANAマイルを貯めるためには、できるだけ還元率の高い案件を見つけるのが重要です。 外食モニターを扱っているポイントサイトを探せば、還元率50%程度の案件ならそれなりに多く見つかるはずです。でも、100%還元の案件はなかなか見つかりませんよね。 100%還...

セブンイレブンでANAマイルを貯める効率的な決済方法

セブンイレブンは数あるコンビニエンスストアの中でも店舗数が最多です。歩いていける距離に複数のセブンイレブンが乱立している地域もありますよね。 セブンイレブンは陸マイラーとの相性がよいコンビニです。なぜなら、セブンイレブンの利用で貯まる「nanacoポイント」はANAマイルに直接交換できますし、ANAカードの利用でマイルが貯まる「ANAカードマイルプラス」の対象店舗でもあるからです。 しかし、nanacoポイントを貯める場合には決済方法としてnanacoを利用することになりますが、AN...

AmazonでANAマイルを獲得する方法をまとめてみました

Amazon(アマゾン)でショッピングしたいんだけど、もう少し価格が安ければなぁと思ったことはありませんか? ネットショッピングでは、他店との価格比較が容易ですから、必然的に消費者の価格に対する意識も高くなります。 100円、いや、せめて10円だけでもいいから安くなって欲しいと考えたことがあるのは、節約が大好きな私だけではないはずです。 実は、Amazonで表示価格よりも安く買うための方法は存在しています。しかも、指定された商品だけでなく全品安くなります。 それが...

ポイント還元比較サイト「どこ得」を使って もっと賢くANAマイルを貯める

陸マイラーにとっては当たり前のことですが、ANAマイルを大量に貯めようとする場合には、まずはポイントサイトを使ってポイントを貯めなければいけません。 このようにして貯めたポイントをANAマイルに移行するのが、最も効率的にANAマイルを稼ぐ方法です。 2018年1月9日、ソラチカルートが3月末をもって封鎖されることが発表されました。今後この方法で貯められるマイルはかなり限られてしまうことになりますが、他にも高レートで移行できる方法がいくつか存在しています。 しかしなが...

電力自由化対策!マイルを貯めるための電力会社選び

電力自由化が2016年4月より開始されました。電力小売りが全面自由化されることにより、電力会社や電気プランを自由に選べるようになるので、電気代を支払う消費者としては嬉しい限りです。 電力自由化で普通の人が気になるのはその料金プランだと思います。電気代は毎月必要な出費であり、家計に占める割合も比較的高めです。このため、1月あたり1,000円安くなるだけでも、年間で見れば12,000円も節約することができます。 しかし、マイルを貯めている人達(特に飛行機に乗らずしてマイルを貯める陸マイラ...

スポンサーリンク