「 妻の旅行記 」一覧

スポンサーリンク
ドイツ旅行記1:到着!ケルン大聖堂と地ビールケルシュを楽しむ

ドイツ旅行記1:到着!ケルン大聖堂と地ビールケルシュを楽しむ

タリス1等車での快適な旅、後半です。 いよいよフランス国境を超え、ベルギーを通過し、ドイツへ。 下の地図で赤色に表示されているのが、タリスが辿る道筋です。 パリ~リール~ブリュッセル~リエージュ~アーヘン~ケルン。3カ国を3時間20分で駆け巡ります。 ベルギー入国 のどかな田園風景が続いています。 出発から1時間ほどで、携帯に「ベルギーへようこそ」と、ドコモから料金形態を知らせるメールが届きました。 いつの間にやらベルギーに入っていたようですね。...

フランス旅行記9:「赤い貴婦人」タリス1等車で優雅にドイツへ!

フランス旅行記9:「赤い貴婦人」タリス1等車で優雅にドイツへ!

フランスでは、美術館巡りにショッピングに、さらにはジヴェルニーまで足を伸ばして…と、とっても充実した4日を過ごしました。 前回来た時には、英語も通じないし、物価も高いし、なんだか皆クールでとっつきにくい国だな~という印象でしたが、今回それが根底から覆されて、絶対また戻ってきたい!と思えるようになったのは嬉しい誤算でした。 そんなフランスとも今日でお別れ。少し寂しい気もしますが、次の目的地は第2の故郷ドイツ!ワクワクが止まりません。 フランスからドイツに行く場合には飛行機も利...

フランス旅行記8:ジヴェルニー モネの家探訪

フランス旅行記8:ジヴェルニー モネの家探訪

前回はパリからモネの家までのアクセス、チケットの購入についてご紹介しました。 今回は、いよいよモネの庭・家・池の全貌をご紹介したいと思います。 かなり敷地が広いので、歩きやすい靴で&人が少なめの午前中に行くことをおすすめします。 見頃は夏!モネが暮らしたジヴェルニー ※前回の記事でご紹介した通り、入口は2箇所ありますが、今回はチケット所持者専用入口から入る場合をご紹介します(正門入口から入ると、モネの家のすぐ近くに出ます)。 モネの庭 チケット所持者専用入口から入ると、モネの...

フランス旅行記買い物編3:ボン・マルシェですべて揃う!パリのお土産ランキング

フランス旅行記買い物編3:ボン・マルシェですべて揃う!パリのお土産ランキング

美味しいものが沢山のパリ、お土産もどれにしようか、迷ってしまいますよね。 一度では回りきれないほど沢山の名所がありますから、出来る限り観光に時間を使って、お土産を買うのは一箇所で済ませたいと思う方も多いのではないでしょうか。 そんな方にオススメのお店がこちら。サンジェルマン・デ・プレにある有名百貨店「ボン・マルシェ」です。 実は私、パリに来る前に予め欲しいお土産をリストアップして、合間を見てちょこちょこ買い出しに行っていたのですが、最終日こちらの食品館(写真奥の建物)に...

フランス旅行記6:SPGホテルへ移動!パリでカップヌードルを食す

フランス旅行記6:SPGホテルへ移動!パリでカップヌードルを食す

ル・ソリレスさんでのランチ、そしてブレ・シュクレでクロワッサンを買った後、2泊お世話になったHotel Britanniqueを後にして、新しいホテルに移動します。 ブリタニークは、とっても可愛くて皆親切で快適なホテルでした! ぜひ、また戻ってきたいです。 さてさて、次のホテルはどんな所でしょうか。 SPGを活用しよう! この旅行で活用すべく、SPG(スターウッドプリファードゲスト)カードを入手しておいたことはすでにご紹介の通り。 今回利用するのはパリ...

フランス旅行記5:パリ美味しいもの巡り〜“ル・ソリレス”でランチ&“ブレ・シュクレ”で絶品クロワッサンを買うべし!

フランス旅行記5:パリ美味しいもの巡り〜“ル・ソリレス”でランチ&“ブレ・シュクレ”で絶品クロワッサンを買うべし!

3日目のパリ。 前日のランチはオルセー美術館内で殆ど間に合わせのように頂いたため、ちょっと微妙でしたが、この日は違います! 来仏前から予約して楽しみにしていた、とっても評判の良いお店に出かけます。 絶品フレンチ!コスパも抜群"Le Sot 'ly Laisse (ル・ソリレス)" 目当てのお店、ル・ソリレスさんに到着です! 赤い外壁も可愛らしく、いかにもパリのオシャレなお店に来た~って感じがしますね。 地図はこちら。 最寄り駅はメトロ2号線Ale...

フランス旅行記買い物編2:パリの移動手段はUBERで決まり!可愛い子ども靴を買おう

フランス旅行記買い物編2:パリの移動手段はUBERで決まり!可愛い子ども靴を買おう

前回はシャツ専門店「COTON DOUX」をご紹介しましたが、パリに来た目的はシャツだけではありません。 もう一つ、絶対買うぞ!と思っていたものがあります。それは子どもたちの靴。 うちには6歳と3歳、2人の女の子がいます。上の子が生まれてしばらくは、アメリカやフランス、イギリスから革靴を個人輸入していました。 可愛いし、人と被らないし、何より丈夫!日本のメーカーでは革製の子供靴をあまり見かけません。ちょっと送料がかかりますが、下の子におろしても余裕で保つので、Amazon.co...

フランス旅行記4:印象派好きなら外せない!オルセー&オランジュリー美術館

フランス旅行記4:印象派好きなら外せない!オルセー&オランジュリー美術館

ルーブル美術館を過ぎ、時々休みながら、のんびりとセーヌ川沿いを歩きます。 南京錠が鈴なりのソルフェリーノ橋。ポンデザール橋では撤去するというニュースを数年前に見ましたが、こちらは相変わらずなんですね。 橋を渡っている途中で警官に追い立てられ、慌てて左岸へ。そろそろパレードがこの辺りに到達するようです。 オルセー美術館到着 観光客はルーブルに流れたのか、珍しく待ちは20人くらい。タイミングがよかったです。 待っている途中にちょうどパレードが真横を通って行きまし...

スポンサーリンク