ANAダイヤ修行記1-6:Mamakで絶品マレーシア料理を堪能&ナチュラルコスメ探索

dsc08149

Featherdale Wildlife Parkでコアラを始め、可愛い動物たちを堪能した後、1時間弱でシドニーの中心地Central駅まで戻ってきました。

時刻は17時半。

すっかり春のシドニーでは、まだまだ日が沈む様子はありません。

dsc08151

スポンサーリンク

シドニー初日の夕食はMamakで!

この日の夕食は迷いに迷って、マレーシア料理店「Mamak」に行くことにしました。

グローバルな口コミサイト「ZOMATO」で調べた所、なかなか評判がよかったのです(口コミは必ずしも当てにならないとわかっていても、つい使ってしまう私…)。

Central駅からは路面電車で

Central駅からは、路面電車「Light Rail」を利用することにしました。

dsc08161

こちらもOPALカードで乗ることが出来ます。タップオン・オフするための機械は、ホームに備え付けられています(写真が撮れずすみません)。

Central駅から一駅、Capitol Square駅で下車。そこから歩いて5分ほどの道のりです。

map

行列のできる人気店「Mamak」到着

目的地、Mamakに到着しました。ディナーは17時30分からですが、開店15分後でこの行列。人気の高さが伺えますね。ちなみに、こちらのお店は予約不可です。

6tfegwbb2y9bnf51478650736_1478650758

この時は、15分位待ったでしょうか。

回転はなかなかいいですし、店内でお料理している様子を見ながら待てるので、そんなに待ち長い感じはしませんでした。

dsc08170

この店員さんは、ひたすら名物「ロティ」の生地を伸ばして袋状に整え、鉄板に乗せる作業を繰り返していました。

ロティとは、東南アジア~アフリカにかけて広く食べられている、発酵させずに作るパンの一種。鮮やかな手際に見とれてしまいます。

お兄さんが3枚ほど生地を完成させた所で、店内に案内されました。

絶品マレーシア料理

テーブルに付くなり、こんな風にお冷が豪快に出てきます。

dsc08179

名物は「ロティ」

さて、何を頂きましょうかとメニューを見て考えます。

ここはまず、名物ロティを注文しましょう。

このお店では、ロティと一口に言ってもいくつか種類があります。

roti

卵入り、バターたっぷりも捨てがたい…うーん。迷いますが、最初は王道を行くべきでしょう!ということで、一番上の「Roti canai」にしてみました。スタンダードなロティです。

待つこと10分程度、ロティが到着しました!

dsc08181

説明書きの通り、外カリカリ中ふんわり♡

添えられているカレーは、塩気の強い豆入りのものと、辛味の強い具なしのものが2種類。

ロティの右上にある赤いものはサンバルソース(チリソース)です。

辛いものは苦手な方ですが、十分余裕で楽しめる程よい辛さでした。辛いもの好きなら、サンバルソースで調整すると良さそうです。

来豪前からずっと続いていた食欲不振はどこへやら、あっという間に完食!もう少し何か食べたいな…ということで追加注文します。

チキンサテーは忘れられない感動の味

こちらも評判の良い、チキンサテー6本(AUD12≒960円)にしました。有り体に言えば、焼鳥です。

dsc08184

同じ価格でビーフも選べますが、地元の方の口コミでは、チキンの方がおいしいとのこと。出来ればミックスにしてもらって、どちらも食べてみたいな~と思い、店員さんに聞いてみましたが、6本だと不可。12本なら半々に出来るというお答えでした。

さすがに12本は食べきれない…と断念することに。

アメリカのホテルブッフェで、冷たくなったサテーを食べたことはあったのですが、本場の方が作る出来たては初めて!

炭の香りが芳しくて、スパイスの塩梅も絶妙。ピーナッツの入った甘ーいタレを絡めると、至福の美味しさでした。甘辛好きには堪えられません。

個人的には、ロティよりサテーの方に感動しました。シドニー滞在中、毎日通おうかと真剣に考えるほど。

お腹いっぱいになってお会計。二品でAUD19ですが、クレジットカード手数料がかかり、AUD20.38(≒1,600円)となりました。外食費の高いシドニーで、美味しいものを心ゆくまで食べられてこの金額なら、大満足です。

World Squareでお買い物

帰りは水とお土産を購入するため、すぐ近くのショッピングセンター「World Square」に寄りました。

レストランやスーパー、雑貨屋さんに薬局と何でも揃う便利なモールです。

dsc08379

ホテルとの位置関係はこんな感じ。

mamak-worldsquare-vibehotel

徒歩圏内にたくさん魅力的なお店があるので、このホテルにしておいて本当に大正解でした。

今回のダイヤ修行でも、SFC修行時のOKA-SIN同様、前後に沖縄往復を付けていますので、移動だけでもかなりの重労働。

しかも滞在期間が短く、疲れを癒やす間もなく活動しなければならないため、食事でも買い物でも、ちょっと足を伸ばせばどうにかなるというのは、体力面でも精神面でもとても重要です。

セルフレジで気軽に買い物できるColes

まずはスーパー「coles」で水を購入します。

dsc08041

ミューズリー(シリアル)を自分で好きなように好きなだけ買えるシステムがありました。オシャレで便利!

dsc08191

セルフレジが30台以上並んでいて圧巻です。赤い方がクレジットカード専用。オーストラリアもクレジットカード文化が発達していて、ずっと現金いらずでした。

dsc08043

ナチュラルコスメがお手頃価格で買える「Priceline Pharmacy 」

続いて、ドラッグストアへ。

この「Priceline pharmacy」は、日本で言うマツキヨのような有名ドラッグストアなんだそうです。

dsc08185

オーストラリアと言えば、ナチュラルコスメが有名ですよね。

せっかく行くならと、来豪前にいくつか欲しいものを考えていました。

A’kinのシャンプー&コンディショナー

まずは、A’kinのシャンプーとコンディショナー(写真上~中段)。敏感肌にも優しく、地肌が痒くなりにくいと評判です。パッケージもオシャレ。お試しということで、小さいサイズを選びました。

dsc08188

Sukinのスーパーグリーンフェイシャルキット

そしてナチュラルコスメブランド、Sukin。折よく全品20%オフでした。

上から2段目の緑のパッケージ、雑誌か何かで見て気になっていたんです。

dsc08189

セットだと更に安く、定価の半額程度になっていましたので、ピーリング・マスク・保湿クリームが入った「Super greens facialキット」を購入。

購入品

あとは、ニュージーランドのメーカーTrilogyのトナーとフェイスクリーム(下写真・左)も買いました。

最近気に入っているJurliqueはあいにく取扱がありませんでした。デパートや直営路面店が主な販路のようです。

dsc08207

  • シャンプー&コンディショナー 約AUD30
  • Sukinキット(クレイマスク、ピーリング、保湿クリーム) 約AUD25
  • Trilogyトナー&クリーム 約AUD45

レシートをなくしてしまったので、おおよその値段ではありますが、大体日本価格の半額程度か、それ以下で購入することが出来ます。

例えば、Trilogyのトナー&クリームは日本で買うと2つで8,500円ですから、約6割引きの価格ですね。

今のところ、一番良かったのはシャンプーとコンディショナーでしょうか。無香料だと地肌の匂いが気になるかな?とちょっと心配でしたが、油分と水分のバランスを整えてくれているのか、以前より調子がいいみたいです。

化粧品については、いずれもわりと油分多め(トナーは保湿力に欠け、乾燥が気になりました)で、インナードライの私にはあまり合いませんでした。

結果としては残念でしたが、ジュリークにはまって以来、ナチュラルコスメに興味津々だったので、お手頃価格で試すことが出来てとっても満足です。

次回はホテルをご紹介します。

<前の話>

ANAダイヤ修行記1-5:コアラに触って写真も撮れちゃう!最高に楽しいFeatherdale Wildlife Park
今回のANAダイヤ修行で最も楽しみにしていたイベントの一つ、ホエールウォッチングに残念ながら振られてしまったため、もう一つのビッグイベントを先にこな...

<次の話>

ANAダイヤ修行記1-7:シドニーおすすめホテル紹介&ハーバーブリッジを渡る
絶品マレーシア料理とショッピングを堪能し、ホテルに戻ります。 シドニーVibe Hotelスイートルーム! 今回利用したANA旅作では、...