ANAダイヤ修行記2-1:スカイライナーで成田空港へ!久々の沖縄宿泊

ANAダイヤ修行、2回目。

今回は、成田-那覇-成田の一泊二日の旅程です。

成田線は羽田線に比べてかなり運賃が安いため、SFC修行僧にとってはとても重宝する路線ですが、成田を18時に出る便と、那覇を12時に出る便の1往復しかないため、東京在住者が成田線で往復しようとすると、必ず宿泊する必要があります。

沖縄在住なら日帰り出来て、言うことないタイムスケジュールなんですけどね。

スポンサーリンク

初のスカイライナーで成田空港へ

SFC修行時代から数えると、沖縄便に乗るのはこれで9回目でしょうか。毎回同じことをしていても仕方ないので、今回は初めてスカイライナーで成田空港に向かうことにしました。

チケットレスサービスが便利

今回は職場から直行のため、あまり時間に余裕がありません。切符の購入などでモタモタしていると乗り逃してしまいそう。心配症な私は、予めネットで決済しておくことにしました。

yjorskekwr_zkpn1480243451_1480243535

「ご乗車には別途乗車券が必要」…?普段あまり特急電車に乗らないため、特急券や乗車券の仕組みがよくわかっておらず、少々戸惑ってしまったのですが、調べたところ、改札をSUICAで通った上でこの画面を係の方に見せれば良さそうです。

日暮里でスカイライナー乗車

まずは山手線で日暮里へ向かいましょう。

dsc08725

電車を降りたら、京成線乗り換え口を目指します。

dsc08727

のりかえ口の改札をSUICAで通り、

dsc08730

その先にいた係の方にスマホの画面を見せました。

djsgu3vbxn_ohwm1480237899_1480237913

無事余裕を持ってホームに到着。

dsc08734

そして、スカイライナーも定刻通り到着しました。
dsc08736

7号車の01D、窓側を指定。

dsc08742

日暮里から成田空港までわずか40分弱、運賃は2,465円でした。いつもはスカイアクセスで1時間以上かけて行っていましたので、ものすごく快適に感じました。20分の差は予想以上に大きかったです。

とはいえ、スカイアクセスはほぼ半額。それぞれの良さもありますから、20分を1,200円で買うかどうか、時間と体力と気分で選べば良いのではないでしょうか。

成田空港到着

ANAアライバルラウンジにやってきました。成田線だと、国内線出発時にもこのラウンジを使えるのが良いんですよね。

dsc08753

ANAアライバルラウンジの魅力

何が良いのかといいますと、一般的な国内線ANAラウンジではお目にかかれない軽食があったり、

dsc08759 dsc08758

シャワー室があったりと、

dsc08755

出発までの時間、いつも以上に有意義に過ごすことが出来るんです。

今まで、国際線ANAラウンジ&SUITEラウンジも経験してきましたが、シャワー室はこの成田アライバルラウンジが一番だと個人的には感じています。

雰囲気が明るいのと、ボディシャワーもあるところ、そしてシャワー室にガラスの扉が付いている点が気に入っています。

今回も軽食、シャワーを存分に堪能しました。お風呂上がりのポカリが美味しい!

dsc08760

アライバルラウンジの弱点

ただ、このラウンジの弱点は制限区域外にあることです。

成田発の那覇便は沖止め(ブリッジではなく、バスで飛行機側まで行くこと)ですので、30分前にはラウンジを出て手荷物検査を受けなければなりません。

dsc08763

那覇へ向けて出発

この「沖止め」、普段なかなか見られない角度からじっくり飛行機を眺められるため、SFC修行僧の間では人気の様子。

dsc08766

成田発那覇行きはB767-300 旧型シート

NH2159便の機材はB767-300。結構古い機体です。

こちらは帰りの便で撮った写真ですが、この通り旧型のプレミアムクラスシートで、テーブルは折りたたみ式ですし、電源も付いていません。

dsc08860

2016年11月NH2159 のプレミアムGOZEN

今回のプレミアムGOZENは…

dsc08771

  • フォアグラのムースとマンゴーゼリー
  • リンゴのコンフィ・チェリートマトのロースト・エンダイブ
  • ズッキーニのフライ・野菜とトマトのゼリー・牛生ハム
  • カリフラワーのマリネ・イタリアンパセリ
  • パストラミチキンのサンドイッチ
  • ツナサラダのサンドイッチ
  • ピクルス・ライプオリーブ
  • リンゴ・グレープフルーツ
  • オレンジカップケーキ

でした。

成田発の洋食は他路線と比べて毎回凝っているというか、聞いたこともない料理が特に多いように思います。海外から来る方に合わせて献立が考えられているのでしょうか。

そして謎なのが、食後に消灯される時とされない時があること。

今回はされませんでした。よくよく考えてみると、外国の方が乗っている時は毎回消灯されていたような…。少しでも時差ボケを解消するためとかなんでしょうか。特に説明もなく19時頃から到着間際まで暗くなるので、日本人からすると???ですが。

当然、今回もプレミアムGOZENだけでは量が足りませんでしたので、ほたての雑炊とお菓子をいただきました。この雑炊も前回同様、ゆずが効いていました。季節はもうすっかり冬ですね。

dsc08775

那覇空港到着

成田空港で離陸の順番が回ってくるまでにかなりの時間を要したため、那覇空港到着が15分ほど遅れました。

dsc08780

ANAラウンジも営業を終えたらしく、お掃除の方が作業中。

ゆいレールに乗って、定宿へ向かいます。

dsc08786

8ヶ月ぶりの定宿Kariyushi LCH. Izumizaki

dsc08790

SFC修行中もお世話になった、県庁前駅近くのKariyushi LCH. Izumizakiです。詳しくはこちら。

2016年 ANA SFC修行第1回-5:那覇イチオシの格安ホテルご紹介
SFC修行は日帰りで終わらせることもできますが、旅程の組み方によっては、どうしても宿泊が必要になることがあります。 観光も兼ねて修行する場合、...

2月、これでもうお世話になることはないんだわ…と後にして8ヶ月。想定外にダイヤ修行を始めたことで、早くもまた戻ってくることになりました。

築浅・キレイで機能的、なのにお安いのが素晴らしいんです。SFC修行僧にピッタリだと今でも思っています。

dsc08791

今回、特に割引はありませんでしたが、4,060円で宿泊できました。県庁前駅から徒歩5分で個室ですから、かなりのコスパの良さではないでしょうか。

3度目にもなれば勝手知ったるで、ゆっくり休むことが出来ました。

<次の話>

ANAダイヤ修行記2-2:沖縄でお買い物!格安高速バスTHEアクセス成田は快適便利
ANAダイヤ修行第2回の2日目、朝。 せっかくまた飛行機修行を始めるなら、SFC修行では出来なかったことをしよう!と思っていたので、まず叶えや...