ANAダイヤ修行記1-8:Tea Cosyの焼きたてスコーン&David Jonesでバイロンベイクッキーを買う

シドニー最初のお昼ご飯は何にしようかな…とまたグルメ口コミサイトZOMATO(ゾマト)で検索。

すると、ハーバーブリッジを降りてすぐの所に、よさそうなお店「Tea Cosy(ティー・コージー)」を見つけました。

teacosy

そうと決まったら、早速向かいましょう!

dsc08259

スポンサーリンク

Tea Cosyで焼き立て絶品スコーンを楽しむ

お天気に恵まれたこともありますが、シドニーは明るくて綺麗で本当にいい所ですね。

dsc08262

ヨーロッパっぽくもあり、アメリカっぽくもあり。両方の良さが表れている素敵な街。

どうしてこれまで行こうと思ったことがなかったのか、今となっては不思議でなりません。

短い散歩道の途中、見るもの全てが素敵で、疲れも吹き飛びます。

dsc08263

お店に到着

ハーバーブリッジを降りて歩くこと3分、目的地に到着しました。スコーン専門店「Tea Cosy」です。

dsc08309

軽めの炭水化物しか受け付けそうにない気分だったので、お誂え向き!

カントリー好きにはたまらないインテリア

さっそく入ってみますと…

dsc08275

なんて可愛いんでしょう…!絵本の中に迷い込んだかのようです。

dsc08273

店員さんは忙しそうでしたが、感じよく『どこでも好きなところに座って!』と声をかけてくれました。

庭に目をやれば、花が咲きこぼれ、木漏れ日が降り注いでいます。

dsc08272

セルフのウォーターサーバーも可愛い!

dsc08276

おすすめはテラス席

せっかくなので、テラス席に座ることに。

dsc08287

荷物を置くと、店員さんがやって来てメニューを渡してくれました。注文は自分でレジまで行く必要があります。その際に、どこに座っているか伝える仕組みです。

イングリッシュアフタヌーンティを楽しもう

そんなに沢山は食べられそうにないので、スコーン2個にダブルシッククリーム・自家製ジャム・紅茶が付く、メニュー右上の「Devonshire Tea(デヴォンシャーティー)」というセットにしました。

dsc08280

ダブルシッククリームとは、通常よりも脂肪分が多い生クリームのことらしいです。

ジャムと紅茶は、好みのものを選ぶことが出来ます。ジャムは迷ってしまったので、おすすめを聞いてみたところ、トリプルベリーか洋梨&バニラとのこと。胃に優しそうな洋梨の方を選択。

紅茶はアフタヌーンブレンドにしました。

AUD14≒日本円にして1100円程度。こんな素敵なお店で頂けるんですから、相当お安く感じられます。

癒しの庭

会計を済ませたら席に戻り、番号札をテーブルに立てて待ちましょう。

dsc08281

傍では鳥が寛いでいました。

dsc08290

テーブルに置かれた編みかけの小物や、椅子にかけられた手作りの膝掛けがほのぼのとした気分にさせてくれます。

dsc08279

東京では決して味わえない雰囲気ですね。もうここで暮らしたいくらい気に入ってしまいました。

実食!

15分ほどして、注文の品が到着。

ちなみに、店名のTea Cosy(ティー・コージー)とは、このポットに被せてあるカバーのことです。

dsc08299

思えば、こんなアフタヌーンティーをお店で頂くのは初めてかも。

スコーンは焼きたてで外サックリ、中はふんわり。

dsc08304

ダブルシッククリームなるものも初めてでしたが、コクがあって濃厚ミルキーなのに、口に入れると同時にさらっと溶けてしまって、何とも不思議な美味しさ…!

洋梨&バニラジャムはふんわり優しい甘さで、あっという間に完食してしまいました。

こんなに幸せな気分を味わっていいんでしょうか。なんだかバチが当たりそうです。

穏やかな日だまりの中、至福の時間を過ごしました。このお店も是非再訪したいなぁ。次回来る時まで、変わらずにいてくれることを願うばかりです。

バイロンベイクッキーを買いにデビッド・ジョーンズへ

大満足のアフタヌーンティーを終えた後は、市内観光に戻ります。

dsc08316

午後一は、お土産探しへ。どうしても欲しいお菓子を買うため、まずはデパート「David Jones(デビッド・ジョーンズ)」に行きましょう。

最寄り駅セントジェームズ駅へ

サーキュラーキー駅まで歩いてきました。ここからデビッド・ジョーンズ最寄りのセントジェームズ駅へ、電車で移動します。

dsc08319

オーストラリア春の名物詩、ジャカランダの花が咲き乱れています。

聞くところによると、この季節が一番気候もよく観光にうってつけなんだそうです。いい時期に来ました。

5分ほどでセントジェームス駅に到着です。

dsc08330

デビッド・ジョーンズ食品館へ

駅を出てすぐ、右手に目的のデパート「David Jones」が目に入りましたが、食品はこちらではなく、連絡通路で繋がれた左手奥の茶色の建物、「David Jones Food Hall」に置いてあります。

dsc08335

バイロンベイクッキーを発見

地下に降りると、ありました!ツイッターで教えていただいた、「Byron Bay Cookies(バイロンベイ・クッキーズ)」です。

dsc08339

シドニーの北、約800kmにある小さな町で作られているもので、とっても美味しいんだそう。

公式サイトによれば、こちらのデビッド・ジョーンズの他、Harris Farm, Bunnings Warehouse Cafes, Healthy Life, selected independent supermarketsで購入することができるようです。

Healthy Lifeなら、ホテル近くのワールドスクエアにも入っていたことに、今更ながら気が付きましたが…。

オンラインショップでは、日本にも発送してくれます。

Australia's original cafe Cookie Byron Bay Cookies have been a staple in Australian cafes for 25 years

沢山の種類に目移りしてしまいますが、お勧めいただいたホワイトチョコチャンク&マカダミアナッツと、トリプルチョコファッジの缶入りにしました。

dsc08702

紙袋入りの方がコスパはいいのですが、帰国便で預けている間に崩れると困るので。

これだけは買って帰りたい!と思っていたものを無事買えて、満足です。

<前の話>

ANAダイヤ修行記1-7:シドニーおすすめホテル紹介&ハーバーブリッジを渡る
絶品マレーシア料理とショッピングを堪能し、ホテルに戻ります。 シドニーVibe Hotelスイートルーム! 今回利用したANA旅作では、...

<次の話>

ANAダイヤ修行記1-9:ジュリーク本場事情&ミートパイを食す
シドニー2日目は、朝からハーバーブリッジを渡り、お土産の買い出しに行き、普段出不精な私にしては相当運動したわけですが、翌日はいよいよ帰国日。 ...