東京マリオットホテルのエグゼクティブラウンジをレポート!充実した食事メニューとグラブ&ゴーが嬉しい

東京マリオットホテルは、東京都品川区にあるマリオットグループのホテルです。JR品川駅からシャトルバス(無料)5分でアクセスもバッチリ。

価格帯はやや高めですが、その分サービスも充実しています。例えば、マリオットのエリートメンバー(上級会員)とエグゼクティブフロア宿泊者専用のエグゼクティブラウンジは、滞在中にちょっとだけ優雅な時間を過ごすことが出来る素敵な空間です。

エグゼクティブラウンジと一口に言っても、その内容はホテルごとに違うのですが、東京マリオットホテルのラウンジは、総合的に見て質の高いものでした。特に、このラウンジはグルメが充実しており、立派な食事と言っても差し支えないほど。

今回は、東京マリオットホテルのエグゼクティブラウンジの様子や提供されているメニュー、設備等を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

ラウンジ概要

営業時間:6:00-24:00
場所:一階フロントそば

22時前後にクローズするホテルラウンジも多い中、こちらは営業時間が長く、24時まで利用することが出来るのが嬉しいですね。

場所は、ホテルエントランスから少々奥まったところにあります。詳しくはこちらをご覧下さい。

利用するには?

こちらのラウンジを利用できるのは、マリオットリワードエリートメンバー(マリオットリワードゴールドメンバー、プラチナメンバー)そして21階~25階に位置するエグゼクティブ フロア宿泊者に限られます。

マリオットリワードエリートメンバーになるためには、本来なら年間50泊以上が必要となりますが、特典満載のSPGアメックスカードに入会すれば、ほぼ自動的に(簡単なステータスの紐付け作業のみ必要です)マリオットリワードゴールドメンバーに到達することが出来ます。

詳しくはこちらからどうぞ。

SPGアメックスに入会すると、SPG&マリオットのゴールド会員に自動昇格でき、2年目以降は毎年無料宿泊の権利も貰えます。入会するなら最大17,000ポイントが貰える紹介プログラムがオススメ。今なら最大30,000ポイントが貰える期間限定キャンペーンも実施中です。

ラウンジメニューの変遷

営業時間のうち、提供される食べ物や飲み物が変更になる時間帯があります。詳しくは下記の通りです。

デイロングスナック 6:00-24:00
アフタヌーンティー 14:30-17:00
イブニングスナック 17:30-19:30
イブニングバー 17:30-21:30

ザ・プリンスさくらタワーヒルトン東京など、エグゼクティブラウンジで朝食を提供するホテルもありますが、東京マリオットホテルではラウンジが小さめなこともあってか、朝食は別会場となります(後日ご紹介予定)。

内部の様子

ラウンジ内部を奥から入口に向かって撮った写真がこちら。

入口付近には、ソファ席も1箇所設けられていました。

客席スペースはそんなに広くありません。

時間帯によって混雑具合は変わります。10月の週末、最も混雑していたのはイブニングスナックの時間帯で、終始満席の状態。

アフタヌーンティーの時間は2,3組ほどと少なく、デイロングスナックではいつも殆ど誰もいませんでした。

それでは、さっそくデイロングスナックからご紹介していきましょう。

デイロングスナック

デイロングスナックとは、営業時間中常時カウンターに置いてあるお菓子のこと。

宿泊した日には、ドライフルーツやナッツ、プレッツェル、グミ、金平糖、おかき、クッキーなどが並んでいました。

お馴染みm&mチョコレートが2種(マーブルチョコ、ナッツ入り)とミルキーウェイというヌガー入りのチョコレートバーも。

ただしこれだけではなく、時間帯によっては多少追加される品もありました。

例えば、正午ごろならこんなペストリーやマフィン、ドーナツが出されていましたし、

21時30分以降はソイジョイが置かれていました。

こちらのラウンジ、珍しいことに「グラブ&ゴー(掴む&行く)」が認められているということで、手に持てる量であれば部屋に持ち帰ってもOKなのが嬉しいですね。

アフタヌーンティー

アフタヌーンティーの提供時間は14:30-17:00。

メニューは思ったよりも本格的で豊富なラインナップでした。まず、マーブルケーキ、芥子の実ケーキ、クッキー、サンドイッチ。

デニッシュ、マフィン、ドーナツ。

スコーンとはちみつ、ジャム、クリーム。

きのこのキッシュ。

ショートケーキに、お団子などの和菓子も少々ありました。

お団子は直径2cmほどで、普通のものよりも小さめ。色も可愛らしいので、子供が大喜びで頂いていました。

私が頂いてきたのはこちら。マーブルケーキ、レーズンスコーン、ショートケーキ、キッシュです。

この中では、キッシュが一番好みでした。生地はサクサク、フィリングの塩気もちょうどよくてとっても美味しかったです。

その次はスコーンでしょうか。バター(クロテッドクリーム?)を付けると本格的なお味。これぞアフタヌーンティーですね。

イブニングスナック

続いて、17:30から19:30まで実施されるイブニングスナックをご紹介します。

まず、チーズ、生ハム、クラッカー。

枝豆、ポテト、温野菜、ハンバーグ、焼きそば。

小籠包と餃子。

焼き鳥、つくね、焼き魚、たこ焼き。

サラダ、野菜スティック、トルティーヤチップス、ディップ、ピクルス等。

冷蔵庫には冷菜とケーキやゼリー、フルーツ。

一般的なカクテルタイムでは、おつまみ程度のメニューが多いものですが、こちらでは炭水化物・野菜・肉とバランスが良く、ボリュームのあるおかずも多かったので、十分夕食がわりになりました。

デザートまで色々楽しめるのも嬉しいポイントです。

イブニングドリンクメニュー

イブニングスナック(17:30-19:30)とイブニングタイム(17:30-21:30)のドリンクメニューは共通となっています。

ビールはハイネケンとプレミアムモルツの2種類。

リキュールの類も豊富で、赤ワイン、コアントロー、カルーア、ウォッカ、テキーラ、バーボン等々がずらり勢ぞろいです。

アイスペールには、白ワインとシャンパンが冷えていました。

ホテルの会員用ラウンジで、スパークリングワインでなくシャンパンが用意されているのも珍しいですよね。ちなみに、1本4,000円前後とのことでした。

イブニングバー

イブニングバーは先述の通り、イブニングスナックと同じく17:30から開始され、21:30まで実施されます。

19:30になるとイブニングスナックのお料理は全て下げられてしまいましたが、カウンター上のスナックと冷蔵庫内のデザートは残っていました。

シャンパンをゼリーと一緒に頂きました。

就寝前のひととき、贅沢な気分でゆったりリラックス出来るのが嬉しいですね。

終日ドリンクメニュー

続いて、ラウンジ営業時間中ずっと提供されているドリンクをご紹介します。

まずはコーヒーメーカー。

コーヒー、エスプレッソ、フォームドミルク、カフェラテ、カフェオレ、カプチーノ、お湯が選択可能となっています。

コーヒーが美味しいことはもちろんのこと、寝る前のホットミルク代わりにフォームドミルクを頂けたのも嬉しかったです。

ティーバッグはDilmah(ディルマ)でした。

スリランカ産の茶葉を茶摘後2週間以内にパックするという、鮮度の高さにこだわりを持つメーカーです。国内外の高級ホテルで採用されているとのこと。

そういえば、成田空港のカンタス航空ラウンジでもお目にかかりましたね。

アメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィック航空ラウンジと見学を終え、次に目指すはオーストラリアのナショナルフラッグキャリア、カンタス航空ラウンジです。 カンタス航空のラウンジ「カンタスクラブ」は、成田空港第2ターミナルのサテライトに設置されています。

ホテルだけでなく、世界のVIPも利用する航空会社ラウンジにも提供されるだけあって、間違いのない美味しさです。

冷蔵庫の中には、牛乳、トマトジュース、野菜ジュース、ミネラルウオーター、コーラ。

ドア側には、グレープフルーツジュース、オレンジジュース、アップルジュースも有りました。

下の段には、ジンジャーエールも。

なかなかの充実度ですね。

その他、棚の上には常温のミネラルウォーターもありました。

冷え性には特に嬉しい心遣いです。

ミーティングルーム

エグゼクティブラウンジの一番奥には、10名まで入れるミーティングルームがあり、1時間10,000円で利用することが出来ます。

中はこのような感じ。

奥のドアはレストランと繋がっています。机上にはカトラリーがセッティングされていたので、朝食会場であるレストランと共用になっているのかもしれませんね。

個室料としてはちょっとお高めな気もしますが、イブニングスナックの間、実際に利用されている様子でした。

ビジネスコーナー

ミーティングルーム手前に2台PCが設置されていました。

プリンターも設置されていますが、チェックイン時に頂いた手紙によれば、滞在中1回10枚まで無料でサービスとのこと。

観光客であれば、10枚以上必要になることは考えにくいため、十分と言えるのではないでしょうか。

最後に

東京マリオットホテルのエグゼクティブラウンジは、ホテル規模から考えるとコンパクトではありますが、提供されているメニューが多彩で、飲食物を部屋に持ち帰れる「グラブ&ゴー」などもあり、魅力的なラウンジでした。

お部屋のアメニティ同様、ラウンジメニューも質の高いものを提供している印象です。

プラチナチャレンジ5泊目は、家族4人で東京マリオットホテルに宿泊します。 マリオットリワードゴールドメンバーには、お部屋のアップグレード特典が付いていますが、あいにく今回は満室のため、予約時のお部屋「デラックスツイン」のままとなりました。 アップグレードこそなりませんでしたが、十分満足のいくお部屋で快適に過ごすことができましたので、今回はその全貌をご紹介します。 お部屋は9階のデラックスツイン 今日のお部屋は9階、908号室です。さっそく入ってみましょう! ...

お客さんは外国の方が多く、日本人は私達の他にはほとんど見ませんでした。子ども連れだったこともあって、隣近所のお客さんやスタッフさんが気さくに話しかけてくれたのも嬉しかったです。こんなにアットホームな雰囲気のラウンジは初めてだったかもしれません。

また次回伺える日が今から楽しみです!

おまけ:マリオットゴールドステータスを簡単に獲得するには?

マリオットホテルでアップグレードなどの各種特典を受けられるゴールドメンバーになるためには、本来年間50泊もの宿泊実績が必要ですが、「SPGアメックス」というクレジットカードを発行すれば、アカウントにマリオットリワードを紐付けするだけで到達することができます。

私も、すでにSPG会員だった夫の紹介でカードを発行しました。

年会費3万円超と少々お高めのカードではありますが、紹介プログラムを利用して入会すると、17,000スターポイント(21,250マイルに交換可能)が貰えます。1マイル=2円換算すると42,500円相当のポイントです。

その上、次年度以降は毎年一泊分の無料宿泊も付いてくるため、年会費以上のリターンを見込めるカードなのです。ホテルステイが好きな人なら必携の一枚と言えるでしょう。

ご希望の方には、喜んで私から紹介させていただきますので、どうぞお気軽に紹介依頼フォームからご連絡ください。折り返し専用URLをお送りいたします(2018年1月31日まで最大30,000スターポイントが貰えるキャンペーン実施中です。)。

通常24時間以内に紹介URLをお送りしております。もし2日経っても応答がない場合は、ご入力いただいたメールアドレスに誤りがあった可能性がありますので、大変お手数ですが再度ご送信頂ければ幸いです。

関連記事

SPGアメックスと紹介キャンペーンについての詳細はこちらをご覧ください。

SPGアメックスに最もお得に入会するための方法である「紹介キャンペーン」の内容と利用方法について詳しく解説しています。SPGアメックスは年会費が必要なクレジットカードですが、実質無料で入会することができますよ。
SPGアメックスに入会すると、SPG&マリオットのゴールド会員に自動昇格でき、2年目以降は毎年無料宿泊の権利も貰えます。入会するなら最大17,000ポイントが貰える紹介プログラムがオススメ。今なら最大30,000ポイントが貰える期間限定キャンペーンも実施中です。

私は現在、たった9滞在でマリオット最上級のプラチナステータスを取得できる「プラチナチャレンジ」に挑戦中です。

プラチナステータスには、ゴールドよりも一段階上のアップグレードが見込める他、色々なメリットがありますので、ご興味のある方は是非こちらの記事をどうぞ。

ホテル宿泊時に特別なサービスを受けることができる上級会員。 上級会員になるためには、原則として同じ系列のホテルに何回も泊まり続けることで、宿泊日数または滞在回数に関する条件を満たす必要があります。 具体的な条件については、ホテルチェーン・会員ランクによって異なるので、一概に何回泊まればOKとは言えませんが、例えば1年間で50泊以上の宿泊が条件となっていることも。 ですから、仕事で出張が多く、毎週のようにホテルに宿泊するような方でもなければ、なかなか上級会員にはなれません...

他ホテルのラウンジ記事はこちら。

プリンスホテル系列最高級「ザ・プリンス」と、マリオットグループの高級ライン「オートグラフコレクション」両方の名を冠する、「ザ・プリンス さくらタワー東京オートグラフ コレクション」。 一番狭いお部屋でも46平米と、都心にありながらゆったり優雅な時間を過ごせるホテルです。 先日はお部屋の中、そして朝食をご紹介しましたが、今回はとても洗練されたエグゼクティブラウンジの様子をレポートします。
沖縄県・恩納村の大人気リゾートホテル、ルネッサンスリゾートオキナワには、特別な宿泊者しか入室を許されない「クラブラウンジ」が設置されています。 ルネッサンスリゾートオキナワと言えば、子供向けのアクティビティが充実していることで有名ですが、このクラブラウンジではリゾートホテルらしい雰囲気の中、無料で美味しいお酒やおつまみを頂くことが出来ます。 子供だけでなく、大人も楽しめる素敵な空間。ますますルネッサンスが大好きになってしまいました。
ヒルトン系列のホテルには、「エグゼクティブ・ラウンジ」なるものが設けられていることがあります。 一部の宿泊客のみが入室を許される特別なラウンジです。 エグゼクティブラウンジのメリットは、高級感のある素敵な空間でくつろげるところですが、食事や飲み物が無料で提供されるところに大きな魅力を感じている方も多いはず。
先日宿泊した、ヒルトン・クアラルンプール。 このホテルには、ヒルトンではお馴染みの「エグゼクティブラウンジ」があります。 エグゼクティブルーム宿泊者またはヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーしか入室することができない特別なラウンジだけあって、フリードリンクを頂きながらゆっくり寛ぐことができますし、時間帯によっては食事やスイーツ等も無料で提供されます。 とってもラグジュアリーで素敵なラウンジでしたので、以下で詳しくご紹介していきます。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク