コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションは立地最高!機能的なお部屋を紹介<プラチナチャレンジ6泊目>

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションは、その名の通り、東京駅に近いマリオット系列のホテルです。

隣のビルに東京メトロ銀座線の京橋駅出入口がありますし、都営浅草線宝町駅にも近く、大変便利!

マリオットと言えば、高級シティホテルを思い浮かべるかと思いますが、こちらのホテルは少々趣が異なり、機能性重視の単身者向けビジネスホテルです。

今回はその概要と、お部屋の中をご紹介します。

スポンサーリンク

ホテル概要

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションは、大通り沿い、高級スーパー明治屋のお隣にあるこちらの建物の1階から4階までを占めており、ホテルの他に飲食店やオフィス、レンタル会議場などが入っています。

各部屋の面積は16㎡~33㎡、平均22㎡と若干小さめ。家族向けというよりは、やはりビジネスマン向けですね。

地図はこちら。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション地図

東京駅八重洲口までは、徒歩5分程度です。

チェックインは4階で

エレベーターホールの案内板を見るに、フロントは4階とのこと。

なお、マリオット系列の他ホテルでは、ゴールドメンバー&プラチナメンバーはエグゼクティブラウンジでのチェックインが可能となっていますが、あいにくこちらのホテルにはラウンジがありません。

というわけで、さっそく4階に行ってみましょう。

4階のフロントデスクには、外国人のお客さんばかり。日本人は私だけでした。マリオット系列はどこもこんな感じですね。

アップグレードは?

このホテルのお部屋カテゴリは下記の通り。私は上から2番目の「クリエイターズダブル」を予約していました。下に行くほどランクが上がります。

コージーダブル(16㎡)
クリエイターズダブル(19〜20㎡)
クリエイターズクイーン(19〜20㎡)
エディターズツイン(23〜26㎡)
エディターズクイーン(23〜27㎡)
フォトグラファーコーナーツイン(33㎡)

マリオットリワードゴールドメンバーだと、特典として空きのある限りお部屋のアップグレードをして頂くことができるのですが、あいにくこの日は満室のためアップグレードならずでした…。

残念ですが、仕方ありません。気を取り直して、さっそくお部屋に向かうとしましょう。

お部屋は2階のクリエイターズダブル

今日のお部屋は2階です。エレベーターホールには、大きな「2」の絵がかかっていました。なんともアーティスティックですね。フロアに入るには、右奥のドアでルームキーをかざす必要があります。女性の一人旅でも安心。

中に入ると、落ち着きがありながらもカラフルな廊下が続いています。今日のお部屋は233号室。入って見ましょう。

ドアを開けると、壁一面の黄緑色が目を引きます。

予約の段階で随分狭そうだとは思っていましたが、予想以上に狭く感じます。

これまで宿泊してきたコートヤード・マリオット銀座東武ホテルザ・プリンスさくらタワー東京東京マリオットホテルとは一線を画す、これぞビジネスホテルといった感がありますね。

が、一般的なビジネスホテルと比べると、断然おしゃれではないでしょうか。

設備

それでは、お部屋の設備を詳しくご紹介していきます。

まず、突き当たりには窓があり、小さなデスクとチェア、キャビネット等が置かれています。

窓にはロールスクリーンが二重に設置されていて、遮光性も十分。

コートヤード・マリオット東京ステーション

少しでも明るいと目が覚めてしまう私も、おかげさまで朝までぐっすりでした。

キャビネットを開けてみると、セーフティボックスと冷蔵庫が入っています。

冷蔵庫の中には、お水が2本だけ。公式ホームページのアメニティリストに「無料ミネラルウォーターボトル」と挙げられていましたので、マリオットリワードゴールドメンバーでなくても頂けるものだと思います。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

キャビネットの左手にはテレビ。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

テレビ台の中には、ポットや食器、無料のティーバッグ類が。

中身はコーヒー(ヨコハマブレンドストロングテイスティ&カフェインレス)ティーバッグ(ローズヒップ&ハイビスカス、カモミール&ペパーミント、アールグレイ)煎茶、甘味料と、ごく一般的な内容でした。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

ベッドはダブルサイズが一台。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

ベッド上にはパジャマが二着ありました。ズボンはなく、ワンピースタイプになっています。

枕元に置いてある目覚ましがレトロで可愛い!

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

奥には読書灯と電源が付いています。ちょっとした台も備わっていて、狭いながらも使い勝手はなかなかでした。

バスルーム

バスルームはビジネスホテルらしく、ユニットバス形式になっています。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

浴槽はこんな感じ。かなり小さめです。シャンプー・コンディショナー・ボディソープのディスペンサーが置いてありました。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

どこかで見たシャンプーだと思ったら、5月に泊まった石垣島の「ホテルエメラルドアイル」でした。

初めての石垣島滞在! 出来る限り出費を抑えつつ、でも交通の便が良いキレイなホテルに泊まりたいなと色々と調べ、今回宿泊したのが「エメラルドアイル石垣島」。 実際に泊まってみたところ、とってもオシャレでサービスも満点!コスパの良さに感動すら覚えたので、その全貌をご紹介したいと思います。

資生堂のもので、使い心地はごく普通です。私はアトピー持ちの敏感肌なので、ちょっと乾燥を感じました。

アメニティ

洗面台の上にドライヤーや手拭きタオル、コップが並び、その他のアメニティは白い箱の中に収納されています。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルと同じ、NIRVAEというメーカーのもの。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

ソープバー、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ハンド&ボディローションと、歯磨きセットにコーム、ヘアゴム、コットン、カミソリ、ボディタオルでした。標準的なビジネスホテルセットといったところでしょうか。

ドライヤーは小さめですが、一応イオニティでした。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

クローゼット

クローゼットは入口のドアすぐそばです。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

ランドリー袋、アイロン&アイロン台、スリッパ、靴べら、ブラシ。

小さなスペースに、必要なものがしっかり収まっていました。

まとめ

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションのお部屋は、明るくおしゃれなビジネスホテルといった印象。

公式サイトから予約できる料金としては、だいたい30,000円からとなっているので、価格に見合うかと聞かれると、うーん、どうでしょうか…。立地はJR駅もメトロ駅も近く素晴らしいのですが、お部屋自体には正直そこまでの価値はないように思います。

私はベストレートを利用して、1万5千円程度で宿泊することができましたので、納得できる内容ではありました。

9月来、我が家はマリオット系列ホテルに9滞在することで最上級ステータスであるマリオットリワードプラチナになれるという「プラチナチャレンジ」に挑戦中です。 マリオットリワードプラチナステータスは、本来なら年間75泊(つまり、5日に1泊以上のペース)が必要とされるステータスなので、とってもお得なキャンペーン! しかも今なら、マリオットプラチナに到達することで、経営統合されたSPGのプラチナステータスまで獲得できてしまうのです。SPGグループに属する宮崎シェラトン・グランデ・オーシ...

ただ、こちらのホテルの最大の魅力は、何と言ってもゴールドメンバー向けサービスの充実度!

驚くほど多彩なサービスを提供して頂けたため、結果として宿泊費以上のメリットを感じることができました。

その内容については、また次回詳しくご紹介したいと思います。

マリオットゴールドステータスを簡単に獲得するには?

マリオットホテルでアップグレードなどの各種特典を受けられるゴールドメンバーになるためには、本来年間50泊もの宿泊実績が必要ですが、「SPGアメックス」というクレジットカードを発行すれば、アカウントにマリオットリワードを紐付けするだけで到達することができます。

私も、すでにSPG会員だった夫の紹介でカードを発行しました。

年会費3万円超と少々お高めのカードではありますが、紹介プログラムを利用して入会すると、17,000スターポイント(21,250マイルに交換可能)が貰えます。1マイル=2円換算すると42,500円相当のポイントです。

その上、次年度以降は毎年一泊分の無料宿泊も付いてくるため、年会費以上のリターンを見込めるカードなのです。ホテルステイが好きな人なら必携の一枚と言えるでしょう。

ご希望の方には、喜んで私から紹介させていただきますので、どうぞお気軽に紹介依頼フォームからご連絡ください。折り返し専用URLをお送りいたします(2018年1月31日まで最大30,000スターポイントが貰えるキャンペーン実施中です。)。

通常24時間以内に紹介URLをお送りしております。もし2日経っても応答がない場合は、ご入力いただいたメールアドレスに誤りがあった可能性がありますので、大変お手数ですが再度ご送信頂ければ幸いです。

関連記事

SPGアメックスと紹介キャンペーンについての詳細はこちらをご覧ください。

SPGアメックスに最もお得に入会するための方法である「紹介キャンペーン」の内容と利用方法について詳しく解説しています。SPGアメックスは年会費が必要なクレジットカードですが、実質無料で入会することができますよ。
SPGアメックスに入会すると、SPG&マリオットのゴールド会員に自動昇格でき、2年目以降は毎年無料宿泊の権利も貰えます。入会するなら最大17,000ポイントが貰える紹介プログラムがオススメ。今なら最大30,000ポイントが貰える期間限定キャンペーンも実施中です。

私は現在、たった9滞在でマリオット最上級のプラチナステータスを取得できる「プラチナチャレンジ」に挑戦中です。

プラチナステータスには、ゴールドよりも一段階上のアップグレードが見込める他、色々なメリットがありますので、ご興味のある方は是非こちらの記事をどうぞ。

ホテル宿泊時に特別なサービスを受けることができる上級会員。 上級会員になるためには、原則として同じ系列のホテルに何回も泊まり続けることで、宿泊日数または滞在回数に関する条件を満たす必要があります。 具体的な条件については、ホテルチェーン・会員ランクによって異なるので、一概に何回泊まればOKとは言えませんが、例えば1年間で50泊以上の宿泊が条件となっていることも。 ですから、仕事で出張が多く、毎週のようにホテルに宿泊するような方でもなければ、なかなか上級会員にはなれません...

他ホテルのラウンジ記事はこちら。

プリンスホテル系列最高級「ザ・プリンス」と、マリオットグループの高級ライン「オートグラフコレクション」両方の名を冠する、「ザ・プリンス さくらタワー東京オートグラフ コレクション」。 一番狭いお部屋でも46平米と、都心にありながらゆったり優雅な時間を過ごせるホテルです。 先日はお部屋の中、そして朝食をご紹介しましたが、今回はとても洗練されたエグゼクティブラウンジの様子をレポートします。
沖縄県・恩納村の大人気リゾートホテル、ルネッサンスリゾートオキナワには、特別な宿泊者しか入室を許されない「クラブラウンジ」が設置されています。 ルネッサンスリゾートオキナワと言えば、子供向けのアクティビティが充実していることで有名ですが、このクラブラウンジではリゾートホテルらしい雰囲気の中、無料で美味しいお酒やおつまみを頂くことが出来ます。 子供だけでなく、大人も楽しめる素敵な空間。ますますルネッサンスが大好きになってしまいました。
ヒルトン系列のホテルには、「エグゼクティブ・ラウンジ」なるものが設けられていることがあります。 一部の宿泊客のみが入室を許される特別なラウンジです。 エグゼクティブラウンジのメリットは、高級感のある素敵な空間でくつろげるところですが、食事や飲み物が無料で提供されるところに大きな魅力を感じている方も多いはず。
先日宿泊した、ヒルトン・クアラルンプール。 このホテルには、ヒルトンではお馴染みの「エグゼクティブラウンジ」があります。 エグゼクティブルーム宿泊者またはヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーしか入室することができない特別なラウンジだけあって、フリードリンクを頂きながらゆっくり寛ぐことができますし、時間帯によっては食事やスイーツ等も無料で提供されます。 とってもラグジュアリーで素敵なラウンジでしたので、以下で詳しくご紹介していきます。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク