【プラチナチャレンジ】たった9泊でSPG&マリオットの最上級会員になる方法

ホテル宿泊時に特別なサービスを受けることができる上級会員

上級会員になるためには、原則として同じ系列のホテルに何回も泊まり続けることで、宿泊日数または滞在回数に関する条件を満たす必要があります。

具体的な条件については、ホテルチェーン・会員ランクによって異なるので、一概に何回泊まればOKとは言えませんが、例えば1年間で50泊以上の宿泊が条件となっていることも。

ですから、仕事で出張が多く、毎週のようにホテルに宿泊するような方でもなければ、なかなか上級会員にはなれません。ホテルの上級会員のハードルは一般庶民には高すぎるのです。

そうは言っても、「1度でいいから上級会員になってみたい!」という方も多いはず。

上級会員になれば、無料でお部屋がアップグレードされたり、会員専用のラウンジが使えたり、朝食が無料になったり、レイトチェックアウトが使えたり、とってもお得に宿泊することができますから。

今回ご紹介する「プラチナチャレンジ」は、普段はあまりホテルを利用しないという方でも、ホテルの上級会員になれてしまう方法の1つです。

ホテルの上級会員に興味のある方は、ぜひ読み進めてみてください。

スポンサーリンク

プラチナチャレンジとは?

プラチナチャレンジは、有名ホテルグループの最上級会員としてのステータスを手に入れるための方法の1つ。

ホテルの上級会員には、例えばシルバー会員やゴールド会員などのランクがあり、その頂点に位置するのが「プラチナ会員」。このプラチナ会員になるためのチャレンジ(特別なキャンペーン)ということで「プラチナチャレンジ」という名称が用いられています。

最上級のプラチナ会員ともなれば、ホテル宿泊時に最高のサービスを受けることができますから、その価値は相当なものです。

ぜひとも1度はプラチナ会員になって、そのサービスを受けてみたいですよね。

ホテルによってはプラチナが最上級のステータスでない場合もあります。例えば、ヒルトンの最上級会員は「ダイヤモンド」です。

プラチナチャレンジの基本的なルール

プラチナチャレンジの具体的な内容は、対象となるホテルグループや実施時期等によって異なります。しかし、基本的なルールは「同じ系列のホテルに短期間で集中的に宿泊することで、通常よりも少ない宿泊回数でプラチナ会員になることができる」というものです。

冒頭でも説明したように、プラチナ会員になるためには、年間を通して、週1回あるいはそれ以上のペースで同じ系列のホテルに宿泊し続ける必要があります。

一方、プラチナチャレンジでは、チャレンジ期間(例えば3ヶ月程度)が設定されているものの、通常よりもかなり緩めの条件でプラチナ会員になることができます。

実際にホテルに宿泊する必要はありますが、非常に有利な条件でプラチナ会員を目指せるため、年間50泊以上なんて無理…という方にも十分にチャンスがあります。

今回ご紹介するのは、シェラトンで有名な『SPG』のプラチナチャレンジと、『マリオット』のプラチナチャレンジ。

以下では、その参加方法から、プラチナ達成の条件まで、詳細に解説していきます。

SPGのプラチナチャレンジ

シェラトン等のホテルブランドを有するSPG(スターウッドプリファードゲスト)のプラチナチャレンジに関しては、公式ホームページでアナウンスされています。

上記ページの記載によれば、プラチナチャレンジの条件は「3ヶ月以内に18泊すること」(※ゴールドは9泊)。

ちなみに、SPGで上級会員になるための通常の条件は以下の通り。

会員ランク 条件(年間)
プリファードゲスト なし(要登録)
ゴールドプリファードゲスト 滞在10回 or 宿泊25泊
プラチナプリファードゲスト 滞在25回 or 宿泊50泊

つまり、SPGのプラチナ会員になるためには、通常年間50泊以上必要なのですが、プラチナチャレンジを利用すれば、3ヶ月で18泊するだけでOK。

なかなかお得な条件ですよね。

マリオットのプラチナチャレンジ

一方、マリオットのプラチナチャレンジは、ホームページ等で公式発表されていません。

電話で問い合わせた結果、プラチナチャレンジの条件は「参加登録から3月後の月末までの間に9滞在すること」でした(ただしエグゼクティブアパートメントは対象外)。

連泊は1滞在とみなされてしまいますが、1泊ずつにすれば(同一ホテルで連続して滞在する場合は、チェックアウトから24時間以上間を開ける必要あり)SPGの半分の宿泊回数でプラチナに到達できてしまいます。

マリオットで上級会員になるための通常の条件は以下の通り。

会員ランク 条件(年間)
リワード会員 なし(要登録)
シルバーエリート 10泊
ゴールドエリート 50泊
プラチナエリート 75泊

プラチナ会員になるための条件は、通常なんと年間75泊!!毎週泊まっても到達できません。

そのプラチナ会員にたった9滞在でなれてしまうなんて、お得すぎはしませんか?

3ヶ月後の月末までという制限はあるものの、月初めから開始すれば、正味4ヶ月で9滞在するだけでOKということに。

もちろん、普段ホテルを利用しない私にとっては、これでも多い回数ですが、頑張ればいけるかも…という気がしてきますね。

プラチナチャレンジの開始日は自由に設定でき、月の途中から開始することも可能です。ただし、「3ヶ月後の月末まで」という条件を考えると、できるだけ月の初めの方から開始すると期間が伸ばせます(ただし、1日開始にしてしまうと2ヶ月後の月末までになってしまうとの情報あり)。

SPGとマリオットのアカウントはリンク可能

ご存知の方も多いとは思いますが、SPGとマリオットの統合により、それぞれのアカウントを互いにリンクすることが可能になりました。

例えば、SPGのゴールド会員としての条件を満たしていれば、マリオットでもゴールド会員になることができ、逆にマリオットのゴールド会員としての条件を満たしていれば、SPGでもゴールド会員になることができるのです。

プラチナも同様。SPGのプラチナチャレンジに成功すれば、SPGのプラチナ会員だけでなくマリオットのプラチナ会員にもなれますし、マリオットのプラチナチャレンジに成功すれば、マリオットのプラチナ会員のみならず、SPGのプラチナ会員にもなれるというわけです。

つまり、SPGとマリオットのプラチナチャレンジは、どちらか一方に成功すれば、結果的にSPGとマリオットの両方でプラチナ会員になることが出来るのです。

となると、条件となる宿泊回数が少ない、マリオットのプラチナチャレンジをやった方が断然有利。

ということで、私は今回マリオットのプラチナチャレンジに挑戦することにしました。

プラチナチャレンジ参加条件

マリオットのプラチナチャレンジは、無条件で参加できる訳ではありません。以下の条件を満たす必要があります。

・マリオットゴールドエリートメンバーであること

ゴールドじゃないと参加できないの?とガッカリする方もいるでしょうが、それに関しては問題ありません。

当サイトでも何回かご紹介していますので、ご存知の方も多いとは思いますが、マリオットのゴールド会員に簡単になれてしまう裏技があるのです。

SPGアメックスでマリオットゴールド会員に

マリオットのゴールド会員には、「SPGアメックス」というクレジットカードを保有するだけで昇格することができます。

前述の通り、本来であれば年間50泊してようやく到達できるゴールド会員ですが、1泊もせずして、この会員資格を得る方法があるのです。

具体的には、SPGアメックスを保有することで取得できるSPGのゴールドステータスと、マリオットのアカウントを紐付けることで、マリオットのゴールドステータスを取得することができます。

ちなみに私も、このSPGアメックスで取得したゴールドステータスでプラチナチャレンジに挑戦します。

紹介プログラムでの入会がお得です

SPGアメックスは年会費が必要なカードですが、アメックスの紹介プログラムを利用することで、お得に入会することができます。私は、すでにSPGアメックスを所有している夫の紹介で入会しました。

しがない派遣社員の私でも問題なく取得できましたので、年会費の割に審査はかなり緩めだと思われます。おそらく専業主婦でも取得できるのではないでしょうか。

SPGのメリットや紹介プログラムに関しては、こちらで詳しくご紹介しています↓

SPGアメックスに入会すると、SPG&マリオットのゴールド会員に自動昇格でき、2年目以降は毎年無料宿泊の権利も貰えます。入会するなら最大17,000ポイントが貰える紹介プログラムがオススメ。今なら最大30,000ポイントが貰える期間限定キャンペーンも実施中です。

上記記事にも記載しているように、アメックス会員の知り合いがいないという方でも、ご希望の方には喜んで私から紹介させていただきますので、どうぞお気軽に紹介依頼フォームからご連絡ください。折り返し専用URLをお送りいたします。

通常24時間以内に紹介URLをお送りしております。もし2日経っても応答がない場合は、ご入力いただいたメールアドレスに誤りがあった可能性がありますので、大変お手数ですが再度ご送信頂ければ幸いです。

関連記事

スポンサーリンク

ゴールド会員としてチャレンジするメリット

「ゴールド会員でなければプラチナチャレンジできない」という条件については、上記のようにSPGアメックスで簡単に達成できるとはいえ、できればゴールド会員じゃなくてもチャレンジできるようにして欲しかったと思う方もいるでしょう。

しかし、プラチナチャレンジ前にゴールド会員になっておくメリットもあります。

それは、ゴールド会員としてのサービスを受けながらプラチナチャレンジできるところ。

プラチナ会員となるまでに必要な9泊すべてで、ゴールド会員としてのサービスが受けられるとなると、かなり快適にチャレンジを進めていくことができるのではないでしょうか。

実は、マリオットのゴールド会員は、通常であれば年間50泊が必要とされているだけあって、プラチナには及ばないものの、かなり質の高いサービスを受けることができるのです。

例えば、お部屋のアップグレードも高確率でしてもらえますし、軽食やドリンクが無料で頂けるラウンジの利用、朝食無料など、様々な特典があります。

プラチナ会員になる過程でも、上級会員としてのサービスを味わえるのは、個人的にはかなり嬉しいポイントです。

マリオットのゴールドステータスを利用した旅行記はコチラ↓

沖縄県の恩納村にある「ルネッサンスリゾートオキナワ」は、子連れに優しい人気リゾートホテルです。 家族旅行に一度は利用してみたいホテルですが、サービスが充実しているからこそ宿泊費用もそこそこお高め。たまの贅沢とは言っても、できるだけお得に泊まりたいと考える方も多いのではないでしょうか。 そんな時にオススメなのが、お部屋の無償アップグレード。安めのお部屋を予約した場合でも、お値段そのままで豪華なお部屋に宿泊することが可能です。
沖縄県・恩納村の大人気リゾートホテル、ルネッサンスリゾートオキナワには、特別な宿泊者しか入室を許されない「クラブラウンジ」が設置されています。 ルネッサンスリゾートオキナワと言えば、子供向けのアクティビティが充実していることで有名ですが、このクラブラウンジではリゾートホテルらしい雰囲気の中、無料で美味しいお酒やおつまみを頂くことが出来ます。 子供だけでなく、大人も楽しめる素敵な空間。ますますルネッサンスが大好きになってしまいました。

プラチナ会員になるメリット

「それじゃあ、ゴールドで十分なんじゃない?無理してプラチナになる必要があるの?」と突っ込まれそうな気もしますが、もちろんプラチナチャレンジをする意義はあります。

マリオットのプラチナ特典

マリオットの会員ランクに応じた特典は以下の通り。

この表だけを見ると、ゴールドとプラチナの違いは、「宿泊に対する追加ボーナスポイントの違い」、「48時間予約受付の有無」、「ボーナスポイントのアライバルギフト、飲食物のアメニティ、またはマイレージプログラムのマイルの有無」の3点。

シルバーエリートとゴールドエリートの差は結構ありますが、ゴールドエリートとプラチナエリートの差はあまりないですね。

マリオットのステータスだけを考えた場合、プラチナエリートを目指す意義はあまりないように思えます。

SPGでもプラチナになれるメリットが非常に大きい

マリオットのプラチナを取得する最大のメリットは、前述の通り、SPGとのアカウント紐付けによって、SPGのプラチナも取得できてしまうところです。

私のプランでは、下の図のように、①SPGゴールド→②マリオットゴールド→③マリオットプラチナ→④SPGプラチナという順でステータスを取得していき、最終的にはSPGとマリオットの両方でプラチナ会員となります

プラチナチャレンジのステータス遷移(SPG→マリオット)

個人的には、これがプラチナチャレンジの最大の目的であり、多くの方にも絶大なメリットをもたらしてくれるものだと考えています。

なぜなら、マリオットのゴールドとプラチナにはそこまで大きな差はありませんでしたが、SPGのゴールドとプラチナには明確な差が存在しているからです。

SPGには、マリオットと違ってゴールドの下にシルバー会員というものが存在しないこともあって、ゴールド会員とプラチナ会員との間に大きな隔たりがあります。

ゴールドとプラチナの具体的な違いは下の図の通り。

SPGの会員ランクに応じた特典

大きな違いは、まずお部屋のアップグレード。SPGのゴールド会員では、お部屋のアップグレードは上層階や角部屋、ワンランク上の部屋程度になってしまうことが多いのですが、プラチナ会員になると、「スタンダードスイートを含む空きのある客室の最も良いお部屋へのアップグレード」となります。

つまり、SPGプラチナ会員であれば、ホテルで最も安いお部屋を予約していた場合であっても、スイートルームにアップグレードされる可能性があるということ。

もちろん、お部屋のアップグレードは空き状況によるのですが、比較的空いている時期に宿泊すれば、アップグレードだけでも数万円以上お得になってしまうことがあります。

夫のSPGゴールドステータスを利用して宮崎の「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」を利用した際には、最初からクラブフロアのお部屋を予約しました。このホテルでは、ゴールド会員だとクラブフロアへのアップグレードはしてくれないからです。

しかし、プラチナ会員であれば、安いスタンダードな部屋を予約していた場合でも、空きさえあればクラブフロアのお部屋にアップグレードしてくれます。クラブフロアのお部屋は普通の部屋と比べると数万円の価格差がありますから、それだけの価値がプラチナ会員にはあるということなのです。

宮崎県宮崎市にある、「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」は、1994年に開業しました。 全国的にはそれほど知られていないものの、実は現在でも九州一高いホテルです(地上43階、地下2階。154m)。 当初は「シーガイア・オーシャン45(フォーティーファイブ)」という名前でしたが、2002年にスターウッド・ホテル&リゾートの傘下に入ったことで、現在の名前に改称。 さらに、2016年大規模リニューアル工事が完了し、より一層魅力的なホテルに生まれ変わりました!

ちなみに、昨年ANAダイヤモンドとのステータスマッチで獲得したヒルトン最上級にあたる「ダイヤモンドステータス」を利用した際には、一番安いお部屋で予約したにもかかわらず、スイートルームにアップグレードされる機会に何度か恵まれました。SPGプラチナでも、大体同じような待遇が期待できそうです。

今回は、クアラルンプール中心地にある「ダブルツリーバイヒルトンクアラルンプール」に一泊します。 ダブルツリーはヒルトン系列のホテルですので、ヒルトンオナーズダイヤモンドステータスの特典として、お部屋のアップグレードという制度があります。 以前、ヒルトン東京を利用した際には、2番目にいいお部屋にアップグレードしていただきましたが、今回はどうなるのでしょうか。 海外のヒルトン自体が初めてなので、お部屋やサービス内容もとても楽しみです!
ヒルトン東京お台場に宿泊した翌週末、今度は新宿のヒルトン東京に滞在してきました。 なにゆえ東京在住の我が家が2週連続で都内に宿泊する必要があるのかといいますと、もちろんヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーの特典を享受したいということが大前提ですが、 1. 4月から長女が小学生になるため、今月までしか添い寝無料にならない 2. 今の時期が最も宿泊費が安い という、お恥ずかしながらいかにも庶民的な理由です。

その他にも、クラブレベルおよびエグゼクティブレベルのラウンジ特典が付くのも見逃せません。ラウンジが設置されているホテルであれば、宿泊する部屋によらず、必ずラウンジが使えるので、ラウンジ好きにとっては最高の特典ですね。

マリオットのプラチナチャレンジには登録が必要です

さて、ここまでは主にプラチナチャレンジのメリットについて説明してきましたが、実際にプラチナチャレンジに挑戦するという場合に気をつけて欲しい点が1つ。

マリオットのプラチナチャレンジに参加するためには、登録が必須です。登録がなければ、仮に条件を達成してもプラチナ会員にはなれません。

プラチナチャレンジに挑戦することを決めたら、まずは登録手続きを済ませましょう。

前述のように、マリオットのプラチナチャレンジは、公式ホームページ等では紹介されていません。このため、Web上で登録手続きをすることはできず、マリオットに電話またはメールをする必要があります。

私はマリオットカスタマーサポートに電話しました。

<マリオットカスタマーサポート(日本)>
03-5405-1513
月曜から金曜の午前9時~午後6時(日本時間)
休業日: 土曜・日曜・祝日、および年末年始

ゴールド会員取得後すぐチャレンジできる?

申し込みに際して、気になる噂を聞きました。

SPGアメックスは、現在大人気のクレジットカードで、すごい勢いで会員が増え続けているようです。それが原因なのか、「SPGアメックスによって取得したゴールドステータスでは、すぐにプラチナチャレンジに申し込むことができないことがある」とのこと。

実際はどうなんでしょうか?

結論から言うと、私の場合はSPGアメックスに入会しゴールド会員に昇格後、すぐにプラチナチャレンジに申し込みましたが、何の問題なく登録してもらえました。

ちなみに、ゴールド会員には、SPGカード発行前(早ければカード申し込み翌日)に昇格します。

私も実際にカードが届く前、Web上でSPGアカウントがゴールドになったことを確認し、マリオットのアカウントを紐づけてから、プラチナチャレンジの申し込みを済ませました。

上記のタイミングで、必ず参加登録できることを保証するものではありません。あくまで体験談であることをご理解ください。

予算はどのくらい?

私は交通費を節約するために、東京を中心に9滞在することにしました。

東京近辺のマリオット系列のホテルは、安いところでは1泊2万円程度。単純に計算すると、一泊2万円×9滞在=18万円が目安となります。

ただし、マリオットはベストレート保証が利用できるため、公式以外に安い料金が見つかれば、そこから更に25%オフ。これを利用して実際に予約をとってみたところ、最安で1泊あたり1万円弱になりました。

オススメ比較サイトから申請方法まで、こちらで詳しくご紹介しています。

現在私は、マリオット系列ホテルで9滞在するとマリオットリワードプラチナ&SPGプラチナメンバーステータスを獲得できる「プラチナチャレンジ」に挑戦中です。 マリオットのプラチナ会員の条件は、本来なら年間75泊の宿泊が必要。それが9滞在(連泊しなければ9泊)で済むのですから、とってもお得ですよね。 ただし、1泊あたり大体2万円前後とすると、9泊分の宿泊料金は20万円程度になります。もちろん、プラチナ会員のステータスにはそれ以上の価値があると思いますが、もっとお得に滞在できたなら…...

つまり、理論上は10万円以内でプラチナ会員になることも可能!!

私の場合、いろんなホテルに泊まってみたかったので、価格を最重視するプランにはしませんでしたが、それでも10万円台前半でプラチナになれるかもしれません。

11月には錦糸町に「モクシー」という一泊1万5千円前後で泊まれる新たなマリオット系列のホテルがオープンするようですので、上手く活用してもよさそうです。

モクシー錦糸町

ホテルの上級会員になるためだけに、これだけのお金を支払う価値を見いだせるかは人それぞれでしょうが、我が家は前述のように、何度かヒルトンダイヤでのアップグレードを享受してきた上で、それに見合う価値があると判断しました。

通常であればプラチナ会員になるためには75泊必要なのですから、1泊2万円で単純計算すると、必要経費は合計150万円!

それが10万円台で実現可能なわけですから、プラチナチャレンジはびっくりするほどお得です。

ただし、いくら安いからといって、一休やじゃらんなどサードパーティーからの予約は禁物。公式ホームページから予約しなければ、宿泊実績にはなりません。

また、無料宿泊やポイントを使った宿泊は対象外ですのでご注意を。

まとめ

・プラチナチャレンジすれば、通常よりも有利な条件で最上級プラチナ会員になれる。

・マリオットのプラチナチャレンジは3ヶ月後の月末までに9滞在するだけでOK。

・ホテルの予約はマリオット公式HPから行う必要がある。

・無料宿泊やポイントを使った宿泊はカウントされない。

・マリオットのプラチナ会員になれば、SPGのプラチナ会員にもなれる。

・プラチナチャレンジに参加するためには、ゴールド会員であることが条件。

SPGアメックスを保有すれば、ゴールド会員の条件は簡単に満たせる。

・プラチナチャレンジに挑戦する際には、電話又はメールでの登録が必要。

今年はヒルトンダイヤを存分に堪能する機会に恵まれ、「飛行機の上級会員の次は、”なんちゃって”じゃない本物のホテルステータスが欲しいね」と話していたところに降って湧いた、プラチナチャレンジというチャンス。

SFC修行ダイヤ修行JGC修行に続いて、まさかホテル修行にもチャレンジすることになるとは思っていませんでしたが、近隣のホテルに9回泊まるだけですから、家族の負担も少なく、気軽にこなしていくことが出来そうです。そのうち何回かは家族も一緒に泊まるつもりですし、また楽しみが増えました。

ちなみに、今プラチナチャレンジに挑戦すれば、2019年2月までプラチナ会員としての資格が維持されます。まるまる1年以上プラチナ会員としてステータスを満喫できるため、費用対効果はかなり高くなりそうです。

プラチナチャレンジの参加条件である「ゴールド会員」には、SPGアメックスを持っているだけで昇格できます。紹介プログラムを使ってSPGアメックスに入会すれば、17,000スターポイント(=21,250マイル相当)を獲得可能です。

SPGアメックス紹介プログラムご希望の方は、どうぞお気軽に紹介依頼フォームからご連絡ください。折り返し専用URLをお送りいたします。

プラチナチャレンジ関連記事

現在、世界的ホテルチェーン「マリオットグループ」では、対象期間中の2滞在で1泊分の無料宿泊権を獲得できる「メガボーナスプロモーション」を実施中です。 私の場合、先月からマリオットのプラチナチャレンジを開始したので、あっという間に獲得条件を達成し、無事1泊分の「無料宿泊サーティフィケート」を獲得することが出来ました! ただし、この無料宿泊サーティフィケート、使用するにもいろいろな条件があるようで、獲得したはいいものの、実際に使うとなると結構考えさせられます。
コートヤード・マリオット銀座東武ホテルは、東京・銀座の中心に位置するシティホテル。 その名の通り、マリオットチェーンのホテルでもありますが、東武ホテルチェーンのホテルでもあります。 今回は、9滞在するだけでSPG & マリオットのプラチナメンバーになれてしまう「プラチナチャレンジ」第一弾として、このホテルに宿泊してきました。
東京の中心地、銀座にある「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」は、観光やビジネスどちらにも便利なシティホテルです。 外国からの宿泊客も多く、どこかインターナショナルな雰囲気。 このホテルの宿泊者は、ホテル1階にある素敵なレストランで品ぞろえ充実の朝食をビュッフェ形式で頂くことができます。 今回は、コートヤード・マリオット銀座東武ホテルで提供されている、見ているだけでも楽しい朝食ビュッフェの様子をご紹介します。
東京東銀座にある「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」は、その名の示す通り、有名ホテルチェーン「マリオットグループ」のホテルです。 私は先日「SPGアメックス」というクレジットカードを発行することで、マリオット系列ホテルで使えるゴールドステータス(マリオットリワード・ゴールドエリート)を取得することができました。
東京・品川駅ほど近くにある、「ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション」は、西武グループのホテル・レジャー事業会社が運営するホテルで、もともとは1998年に「高輪プリンスホテル さくらタワー」として開業。 その後、2013年に改装し、世界的ホテルチェーンマリオットグループが展開する独立ブランド「オートグラフコレクション」に、日本のホテルとして初めて加盟しました。
「ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクション」は、品川駅から徒歩3分の立地ながら、東京都心とは思えないほどの豊かな緑に囲まれた、静かでお洒落な高級ホテルです。 ホテル内には一般客も利用できる「リストランテ カフェ チリエージョ」という朝食会場がありますが、こちらの料金は大人3,400円、子ども(3~12歳)2,000円とお高め。 高級ホテルですから当然の価格設定ではありますが、我が家の家族構成(大人2名と子ども2名)では、合計で10,000円を超えてしまいます。
プラチナチャレンジ4泊目は、3泊目にもお世話になった「ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクション」です。 前回は家族4人で宿泊しましたが、今回は私1人。 どんな滞在になるのでしょうか?詳しくご紹介していきます。
9月から開始したプラチナチャレンジも5泊目となりました。 今回お世話になるのは、東京都品川区にある「東京マリオットホテル」です。 こちらのホテルは、2013年にマリオット・インターナショナルと提携し改称するまで、「ホテルラフォーレ東京」という名前のホテルでした。創立時から現在まで変わらず、森トラスト・ホテルズ&リゾーツ株式会社が運営しています。 マリオットグループとなった現在のホテルは、ゆとりと機能性を兼ね備えた全249室を擁し、品川駅からシャトルバスで5分とい...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク