SPGアメックスで利用可!ザ・プリンスさくらタワー東京エグゼクティブラウンジ

プリンスホテル系列最高級「ザ・プリンス」と、マリオットグループの高級ライン「オートグラフコレクション」両方の名を冠する、「ザ・プリンス さくらタワー東京オートグラフ コレクション」

一番狭いお部屋でも46平米と、都心にありながらゆったり優雅な時間を過ごせるホテルです。

先日はお部屋の中、そして朝食をご紹介しましたが、今回はとても洗練されたエグゼクティブラウンジの様子をレポートします。

スポンサーリンク

エグゼクティブラウンジの利用方法

まず、エグゼクティブラウンジを利用するためには、ホテル宿泊者であることを前提に、下記いずれかのステータスを持っている必要があります。

1. SEIBU PRINCE CLUB プラチナメンバー会員
2. マリオットリワードプラチナメンバー会員
3. マリオットリワードゴールドメンバー会員

このホテルは前述の通り、プリンスホテルであり、かつマリオットホテルグループにも属してしているため、西武プリンスクラブとマリオットリワードの上級会員いずれにも利用権があるというわけです。

いずれのステータスも、達成するためには高いハードルが設けられていますが、3番のマリオットリワードゴールドメンバーになるのは、実はとっても簡単。

SPGアメックスというクレジットカードを発行することで、まずSPGゴールド会員に自動昇格。さらに、マリオットリワードステータスを紐付けすれば「マリオットリワードゴールドメンバー会員」を獲得できるのです。私もこのステータスを活用して入場しました。

マリオットリワードゴールドメンバー会員なら、同伴1名まで無料で入場が可能。さらに、料金を支払うことで、3名まで同伴することもできます。

同伴料金
朝食 1名 3,000円
ティータイム 1名 2,000円
カクテルタイム 1名 3,500円

インテリア

こちらのエグゼクティブラウンジは、今年4月にオープンしたばかり。とてもスタイリッシュで、高級感漂うインテリアになっていました。

銀座のコートヤードと同じく、欧米からのゲストが多いこともあり、室内ではCNNニュースをエンドレスで放映。

自由に手に取って読むことができる書物も、全て洋書です。

洗練されたジャパニーズモダン、とでも言いましょうか。

窓の外には緑が広がっていて、とても東京のど真ん中とは思えない、ゆっくりとした時間が流れていました。

営業時間

営業時間は下記の通りです。

毎日 6:30A.M.~10:00P.M.
朝食       6:30A.M.~10:00A.M.
ティータイム   10:00A.M.~5:30P.M.
カクテルタイム  5:30P.M.~7:30P.M.
ナイトキャップ  7:30P.M.~9:30P.M.

以前、子供の同伴は不可という情報も耳にしましたが、現地の案内では、保護者が同伴していれば利用可能となっていました。

もしかすると、どこかの時点でルール変更があったのかもしれません。今回は子供2人連れでしたので、一緒に入場することが出来てホッとしました。

朝食

朝食については、こちらの記事でご紹介しています。

「ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクション」は、品川駅から徒歩3分の立地ながら、東京都心とは思えないほどの豊かな緑に囲まれた、静かでお洒落な高級ホテルです。 ホテル内には一般客も利用できる「リストランテ カフェ チリエージョ」という朝食会場がありますが、こちらの料金は大人3,400円、子ども(3~12歳)2,000円とお高め。 高級ホテルですから当然の価格設定ではありますが、我が家の家族構成(大人2名と子ども2名)では、合計で10,000円を超えてしまいます。

個人的には、お野菜が多かったのが好印象でした!

ティータイム

ティータイムは、10:00~5:30までとかなり長い時間設定されていました。

ドリンク

朝と違うのは、ジュースコーナーにフレーバーウォーターや乳飲料がないくらいでしょうか。

コーヒー、紅茶、冷蔵庫は朝食の時と同じです。

食べ物

こちらはチーズおかき、野菜チップス、三食マヨネーズ、ドライフルーツ、フロランタン。

ティータイムにうってつけの焼き菓子もあります。

抹茶テリーヌ、オレンジケーキ、アーモンドショコラ、マカロン、クッキー、パート・ド・フリュイ、スノーボールクッキー。

そして、フルーツも。

パンもありました。

4人それぞれ一つずつ、焼き菓子をいただきました。

レモンマカロンが一番美味しかったかな?

子供達はスノーボールがお気に入りの様子でした。

カクテルタイム

カクテルタイムは、毎日17時半から19時半までとなっています。

朝食・ティータイムと違うのは、何と言ってもお酒のラインナップ。カクテルタイムですから、当然ですね。

カウンター上には、ウォッカやバーボン、黒霧島、ウイスキー、各種リキュール、赤ワイン。

スパークリングワイン、白ワインと日本酒は保冷してありました。せっかくなので、スパークリングワインをいただきます。

ちなみにリンゴのスパークリングワイン(シードル)、ビール各種も冷蔵庫にありました。

終盤にシードルをいただきましたが、とっても飲みやすかったです。

スポンサーリンク

食べ物

それでは、お料理を見てみましょう。

こちらは前菜にぴったりのサラダ、スモークサーモン、薬味。ピンチョスも数種類ありますね。

サラミにカプレーゼ。

続いてハム類。

タコのマリネやカジキのハニーマスタードはあいにく売り切れでした。

補充後に頂いて来たのがこちら。即完売したので、並んだ写真は撮れずじまい…。

ほんの一口サイズではありましたが、美味しかったです。

チーズとピクルス、オリーブ。特にチーズが本格的で、ワインが進みました。

鯵のエスカベッシュとシーフードマリネ。お料理らしいお料理はこの二つくらいだったこともあって、補充されるたびに人気集中し、あっという間に売り切れてしまっていました。

あとは、ミルクパンとクロワッサン。カクテルタイムには珍しい品かと思いますが、お酒が飲めない子供を連れていたので、ありがたかったです。

最後にデザート。

マカロンやカヌレ、ミニフルーツタルトにフルーツケーキと、シャンパンやワインと頂くのにぴったりのスイーツや、ビールや焼酎に合わせたい、おかきなど和風のお菓子もありました。甘党にも嬉しい品揃えですね。

基本的にはおつまみになるようなものが中心でしたが、おかずっぽいお料理もあって十分楽しめました。

ナイトキャップ

ナイトキャップは毎日19:30~21:30まで。

ヒルトンダイヤを獲得した去年来、何度かホテルラウンジを利用する機会がありましたが、カクテルタイムはあっても、ナイトキャップは見たことがありませんでした。

先日宿泊した、ヒルトン・クアラルンプール。 このホテルには、ヒルトンではお馴染みの「エグゼクティブラウンジ」があります。 エグゼクティブルーム宿泊者またはヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーしか入室することができない特別なラウンジだけあって、フリードリンクを頂きながらゆっくり寛ぐことができますし、時間帯によっては食事やスイーツ等も無料で提供されます。 とってもラグジュアリーで素敵なラウンジでしたので、以下で詳しくご紹介していきます。
新宿にある「ヒルトン東京」には、豪華なエグゼクティブラウンジがあります。 もちろん他のヒルトン系列のホテルにもエグゼクティブラウンジはあるのですが、その中でも特にヒルトン東京のラウンジは高級感のある素敵なラウンジです。 私はこちらのラウンジを利用するのは初めてでしたが、とても優雅な時間を過ごすことができました。 かなりオススメできる場所なので、以下で詳しく紹介していきたいと思います。

6月に滞在した、このさくらタワーと同じマリオット系列のルネッサンスリゾートオキナワで初めて利用したのですが、1日をゆったり贅沢な気分で締めくくることができて、とてもいい思い出になりました。

もちろんこちらのラウンジでも、落ち着いた素敵な時間を過ごすことができます。

基本的には、カクテルタイムに提供されていたスイーツ類とお酒がそのまま置かれている感じでしたが、一つ追加されていたのがこちらのボンボンチョコレート。

やはり眠る前には、リラックス効果のあるチョコレートがいいのでしょうね。

おかげでぐっすり休むことができました。

最後に

ザ・プリンスさくらタワ東京のエグゼクティブラウンジは、朝・昼・夕・夜と、それぞれの時間帯で違う楽しみ方ができる素敵なラウンジでした!

こちらのラウンジを利用するためには、前述の通り、プリンスホテルまたはマリオットホテルの上級会員であることが条件となりますが、SPGアメックスというクレジットカードを発行するのが1番の近道です。

SPGアメックスは、保有するだけでSPGゴールド会員に自動昇格できるクレジットカードです。毎年カードを更新するだけで無料宿泊の権利も貰えます。経営統合のためマリオットホテルのゴールド会員にもステータスマッチできるようになり、最強ホテル系カードとしての地位を固めつつあります。

クレジットカード発行に際しては、通常ポイントサイトの経由をお勧めするのですが、今現在アメックス系のカードは芳しいキャンペーンがなく、最もお得な入会方法は「アメックス紹介プログラム」を利用すること!

知人や友人から紹介してもらって入会すると、17,000スターポイント(マイル換算で21,250マイル(=42,500円相当))を獲得することができます。

ご希望の方には喜んで私から紹介させていただきますので、どうぞお気軽に、お問い合わせフォームから「SPGアメックス紹介希望」と明記の上ご連絡ください。折り返し紹介専用URLをお送りいたします。

関連記事

SPGでお得に泊まれる、マリオットやシェラトン関連記事はこちらから。

沖縄県の恩納村にある「ルネッサンスリゾートオキナワ」は、子連れに優しい人気リゾートホテルです。 家族旅行に一度は利用してみたいホテルですが、サービスが充実しているからこそ宿泊費用もそこそこお高め。たまの贅沢とは言っても、できるだけお得に泊まりたいと考える方も多いのではないでしょうか。 そんな時にオススメなのが、お部屋の無償アップグレード。安めのお部屋を予約した場合でも、お値段そのままで豪華なお部屋に宿泊することが可能です。
宮崎県宮崎市にある、「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」は、1994年に開業しました。 全国的にはそれほど知られていないものの、実は現在でも九州一高いホテルです(地上43階、地下2階。154m)。 当初は「シーガイア・オーシャン45(フォーティーファイブ)」という名前でしたが、2002年にスターウッド・ホテル&リゾートの傘下に入ったことで、現在の名前に改称。 さらに、2016年大規模リニューアル工事が完了し、より一層魅力的なホテルに生まれ変わりました!

現在、マリオットリワード最上級ステータス・プラチナ会員を目指してホテル修行中!関連記事はこちらからどうぞ。

ホテル宿泊時に特別なサービスを受けることができる上級会員。 上級会員になるためには、原則として同じ系列のホテルに何回も泊まり続けることで、宿泊日数または滞在回数に関する条件を満たす必要があります。 具体的な条件については、ホテルチェーン・会員ランクによって異なるので、一概に何回泊まればOKとは言えませんが、例えば1年間で50泊以上の宿泊が条件となっていることも。 ですから、仕事で出張が多く、毎週のようにホテルに宿泊するような方でもなければ、なかなか上級会員にはなれません...
コートヤード・マリオット銀座東武ホテルは、東京・銀座の中心に位置するシティホテル。 その名の通り、マリオットチェーンのホテルでもありますが、東武ホテルチェーンのホテルでもあります。 今回は、9滞在するだけでSPG & マリオットのプラチナメンバーになれてしまう「プラチナチャレンジ」第一弾として、このホテルに宿泊してきました。
東京・品川駅ほど近くにある、「ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション」は、西武グループのホテル・レジャー事業会社が運営するホテルで、もともとは1998年に「高輪プリンスホテル さくらタワー」として開業。 その後、2013年に改装し、世界的ホテルチェーンマリオットグループが展開する独立ブランド「オートグラフコレクション」に、日本のホテルとして初めて加盟しました。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク