東京マリオットホテルの朝食をレポート!SPGアメックスで2人分無料です 

東京マリオットホテルは、東京・品川にあるマリオットグループのホテル。

このホテルでは、宿泊者向けに1階のレストランで朝食が提供されていますが、その魅力は、何と言ってもバラエティ豊かな品揃えと会場の明るく開放的な雰囲気です。

もちろん品数だけではなく、その品質もなかなかのもの。

都会の一等地でゆったりビュッフェを楽しめて、とても満足いく朝食となりました。

今回はその充実した朝食メニューをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

マリオットリワードゴールド会員なら2人分の朝食が無料!

朝食会場として指定されている「ラウンジ&ダイニングG」前に置いてあるメニューを見ると、ビュッフェは大人3,240円、子供(4~12歳)1,600円(税サ別)となっていました。

しかし、マリオットリワードゴールドメンバー(またはプラチナメンバー)は、これを無料で頂くことができます(同室者1名まで同伴可)。

ザ・プリンスさくらタワーのように、エグゼクティブラウンジが設けられているホテルでは、ラウンジ内で若干簡素なメニューが提供されることが多いのですが、こちらのホテルでは、一般朝食会場でしっかりした朝食を頂くことが出来ます。

我が家は子供2人を含む家族4人でしたので、夫と私は無料特典を使うとして、本来なら子供達の分は料金を支払わなければならないとのこと。

しかし、今回は満室のためお部屋のアップグレードが出来なかったため、代替として全員分無料にして頂くことが出来ました。

経緯はこちらでご紹介しています。

9月から開始したプラチナチャレンジも5泊目となりました。 今回お世話になるのは、東京都品川区にある「東京マリオットホテル」です。 こちらのホテルは、2013年にマリオット・インターナショナルと提携し改称するまで、「ホテルラフォーレ東京」という名前のホテルでした。創立時から現在まで変わらず、森トラスト・ホテルズ&リゾーツ株式会社が運営しています。 マリオットグループとなった現在のホテルは、ゆとりと機能性を兼ね備えた全249室を擁し、品川駅からシャトルバスで5分とい...

お部屋のアップグレードはホテルの裁量、ご厚意によるものだと考えていたので、代替サービスを提案して頂けるとは思いもしませんでした。ありがたい限りです。

それでは、さっそく頂くとしましょう。

個室に通されました

レストランに入ると、小さな子供がいるからでしょうか、個室に案内されました。

個室といっても、宴会場と言って差し支えないくらい広いお部屋です。

4人掛けのテーブルが6卓。ここを貸切とは、何という贅沢でしょう…ちょっと落ち着かないくらいです。

席に着くと、番号が書かれた楊枝が置いてありました。スタッフさんによれば、「エッグステーションで注文する時には、こちらの楊枝を渡して下さい」とのことでした。402とは、使用しているテーブル番号。注文品が出来上がったら、持って来てもらえるようです。

それではさっそく、お料理を調達しに行きましょう。

東京マリオットホテルの朝食会場は大変広々としていて、和洋中とメニューも選び放題。

まずは洋食コーナーからご紹介します。

洋食

サラダ

こちらはサラダコーナー。

葉野菜や根菜からミニオクラ、アボカドと小エビの和え物などなど、バラエティ豊かに揃っています。

組み合わせによっては、サラダだけでも十分な朝ごはんになりそうです。

パン

パンもカンパーニュやフランスパン、

ペストリー、クロワッサン、ドーナツ、食パンとよりどりみどり。

バター、マーガリン、ピーナッツバター、はちみつ、ジャムもたっぷりです。

チーズもいろんな種類があって、本格的!

外国の方が多かったこともあり、売れ行きは好調のようでした。

ハム類と、ピクルスやケッパーなどもあります。

赤いトースターは、グルテンフリーのパン専用になっている様子。

トースターも専用を設けているとは徹底していますね。ただ、日本ではグルテンフリーについてまだあまり浸透しているとは言い難いですし、英語表記しかないので、間違えて使用する人もそれなりにいそうです。

シリアル

シリアルは、こんな風にオシャレに並んでいました。

容器とトラのマスコットを見るに、ケロッグ製のようです。フルーツグラノーラやチョコクリスピー、コーンフロスティなど全部で7種類。

中央にはドライフルーツやナッツの瓶があり、好きにトッピングできるようになっています。

ドリンク

ドリンクコーナーには、オレンジ、パイン、グレープフルーツ、アップル、野菜などの定番ジュースから、ミキサーで作ったバナナミルクやブラッドオレンジ&ピンクグレープフルーツ、ベリーミックススムージーもありました。

並べ方も外国のスーパーのようで、とってもおしゃれですね!

コーヒーは、カプチーノなどのバリエーションはありませんでしたが、「GRAB TO GO:グラブ トゥ ゴー」と称したコーナーで、カップに入れて持ち帰ることが出来るようになっています。

東京マリオットホテルでは、エグゼクティブラウンジでもこのサービスを実施しています。

東京マリオットホテルは、東京都品川区にあるマリオットグループのホテルです。JR品川駅からシャトルバス(無料)5分でアクセスもバッチリ。 価格帯はやや高めですが、その分サービスも充実しています。例えば、マリオットのエリートメンバー(上級会員)とエグゼクティブフロア宿泊者専用のエグゼクティブラウンジは、滞在中にちょっとだけ優雅な時間を過ごすことが出来る素敵な空間です。 エグゼクティブラウンジと一口に言っても、その内容はホテルごとに違うのですが、東京マリオットホテルのラウンジは、総...

たいていのレストランやラウンジでは持ち帰り禁止になっているところ、東京マリオットホテルは太っ腹ですね!

デザート

ヨーグルトはプレーンと低脂肪、ミューズリの3種。マンゴーといちごのソースが用意されていました。

その隣はフルーツコーナーになっていて、オレンジ、メロン、スイカ、パイン、ぶどう、ブルーベリー、杏とぶどうのシロップ漬けと様々。

木箱には、林檎とバナナが入っていました。

和食

続いて和食ですが、マリオット系列の御多分に洩れず、この東京マリオットホテルも外国人宿泊客が多いためか、洋食に比べるとそれほど多くはありません。

カウンターの一角に、ご飯と味噌汁、卵焼きや煮物、和え物に焼き魚が少々。

あとは、しらすおろし、豆腐、納豆というラインナップでした。

中華

中華はエッグステーションの片隅に用意されています。

並んでいるのは、肉団子と揚げなす、せいろの中はしゅうまい数種です。手前の炊飯器には、中華粥が入っていました。

ホットミールステーション

今までご紹介して来たメニューは冷たいものが中心でしたが、温かいお料理もオープンキッチン式のステーションに用意されています。

ヌードルステーション

ヌードルステーションでは、セルフでうどんとフォーを作ることができます。

麺を選んで湯通しし、スープを注いだら好きな薬味を加えるだけ。

夫はフォーに鶏肉やうずら卵、ねぎなどを入れていました。

フォーとうどんはもちろん別々のスープが用意されているのですが、フォー用のスープもうどん出汁のような和風で、あまりアジアンな感じはしないとのことでした。

でも、いずれにせよ美味しかったそうです。

エッグステーション

エッグステーションでは、オムレツやスクランブルエッグ、ベネディクト、しらすオムレツなどの卵料理のほか、ワッフルやパンケーキなども受け付けてくれます。

前述の通り、出来上がったら持って来てもらえますが、各種調味料はエッグステーション側にあります。注文後、手前のガラス皿に好みの調味料を入れて持って行っておく方がいいでしょう。

エッグステーションの脇には、卵料理の付け合わせにもぴったりな、インゲンやトマトのソテー、ベーコンなどのホットミールも並んでいました。ゆで卵は茹で時間で選べるようになっています。

その他

その他には、キッシュも2台ありました。

こちらは、エグゼクティブラウンジでアフタヌーンティー時間に提供されていたものと同じですね。

生地がサクサクでしっかりめの味、具も大きいので、見つけるとつい取ってしまいます。

実食

どれにしようか散々迷った結果、今日の朝食はこちらに落ち着きました。

クロワッサン・オ・ザマンドとほうれん草のキッシュ、サラダ、ベリーミックススムージー。

エッグステーションでは、以前コートヤード・マリオット銀座東武ホテルで頂いて美味しかったので、しらすオムレツを注文。

東京の中心地、銀座にある「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」は、観光やビジネスどちらにも便利なシティホテルです。 外国からの宿泊客も多く、どこかインターナショナルな雰囲気。 このホテルの宿泊者は、ホテル1階にある素敵なレストランで品ぞろえ充実の朝食をビュッフェ形式で頂くことができます。 今回は、コートヤード・マリオット銀座東武ホテルで提供されている、見ているだけでも楽しい朝食ビュッフェの様子をご紹介します。

プレーンな状態で出てくるのかと思いきや、指定せずしてトマトソースがかかっていました。

もちろん美味しくないわけではないのですが、個人的にはしらすには醤油の方がよかったかなぁ…。

デザートのヨーグルトも頂きました。

朝から野菜に卵料理に、とっても充実したご飯。ごちそうさまでした。

これだけの質の高い朝食を無料で頂けるとは、やはりマリオットリワードゴールドの威力は素晴らしいですね。

マリオットゴールドステータスを簡単に獲得するには?

マリオットホテルでアップグレードなどの各種特典を受けられるゴールドメンバーになるためには、本来年間50泊もの宿泊実績が必要ですが、「SPGアメックス」というクレジットカードを発行すれば、アカウントにマリオットリワードを紐付けするだけで到達することができます。

私も、すでにSPG会員だった夫の紹介でカードを発行しました。

年会費3万円超と少々お高めのカードではありますが、紹介プログラムを利用して入会すると、17,000スターポイント(21,250マイルに交換可能)が貰えます。1マイル=2円換算すると42,500円相当のポイントです。

その上、次年度以降は毎年一泊分の無料宿泊も付いてくるため、年会費以上のリターンを見込めるカードなのです。ホテルステイが好きな人なら必携の一枚と言えるでしょう。

ご希望の方には、喜んで私から紹介させていただきますので、どうぞお気軽に紹介依頼フォームからご連絡ください。折り返し専用URLをお送りいたします(2018年1月31日まで最大30,000スターポイントが貰えるキャンペーン実施中です。)。

通常24時間以内に紹介URLをお送りしております。もし2日経っても応答がない場合は、ご入力いただいたメールアドレスに誤りがあった可能性がありますので、大変お手数ですが再度ご送信頂ければ幸いです。

関連記事

SPGアメックスと紹介キャンペーンについての詳細はこちらをご覧ください。

SPGアメックスに最もお得に入会するための方法である「紹介キャンペーン」の内容と利用方法について詳しく解説しています。SPGアメックスは年会費が必要なクレジットカードですが、実質無料で入会することができますよ。
SPGアメックスに入会すると、SPG&マリオットのゴールド会員に自動昇格でき、2年目以降は毎年無料宿泊の権利も貰えます。入会するなら最大17,000ポイントが貰える紹介プログラムがオススメ。今なら最大30,000ポイントが貰える期間限定キャンペーンも実施中です。

私は現在、たった9滞在でマリオット最上級のプラチナステータスを取得できる「プラチナチャレンジ」に挑戦中です。

プラチナステータスには、ゴールドよりも一段階上のアップグレードが見込める他、色々なメリットがありますので、ご興味のある方は是非こちらの記事をどうぞ。

ホテル宿泊時に特別なサービスを受けることができる上級会員。 上級会員になるためには、原則として同じ系列のホテルに何回も泊まり続けることで、宿泊日数または滞在回数に関する条件を満たす必要があります。 具体的な条件については、ホテルチェーン・会員ランクによって異なるので、一概に何回泊まればOKとは言えませんが、例えば1年間で50泊以上の宿泊が条件となっていることも。 ですから、仕事で出張が多く、毎週のようにホテルに宿泊するような方でもなければ、なかなか上級会員にはなれません...

他ホテルのラウンジ記事はこちら。

プリンスホテル系列最高級「ザ・プリンス」と、マリオットグループの高級ライン「オートグラフコレクション」両方の名を冠する、「ザ・プリンス さくらタワー東京オートグラフ コレクション」。 一番狭いお部屋でも46平米と、都心にありながらゆったり優雅な時間を過ごせるホテルです。 先日はお部屋の中、そして朝食をご紹介しましたが、今回はとても洗練されたエグゼクティブラウンジの様子をレポートします。
沖縄県・恩納村の大人気リゾートホテル、ルネッサンスリゾートオキナワには、特別な宿泊者しか入室を許されない「クラブラウンジ」が設置されています。 ルネッサンスリゾートオキナワと言えば、子供向けのアクティビティが充実していることで有名ですが、このクラブラウンジではリゾートホテルらしい雰囲気の中、無料で美味しいお酒やおつまみを頂くことが出来ます。 子供だけでなく、大人も楽しめる素敵な空間。ますますルネッサンスが大好きになってしまいました。
ヒルトン系列のホテルには、「エグゼクティブ・ラウンジ」なるものが設けられていることがあります。 一部の宿泊客のみが入室を許される特別なラウンジです。 エグゼクティブラウンジのメリットは、高級感のある素敵な空間でくつろげるところですが、食事や飲み物が無料で提供されるところに大きな魅力を感じている方も多いはず。
先日宿泊した、ヒルトン・クアラルンプール。 このホテルには、ヒルトンではお馴染みの「エグゼクティブラウンジ」があります。 エグゼクティブルーム宿泊者またはヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーしか入室することができない特別なラウンジだけあって、フリードリンクを頂きながらゆっくり寛ぐことができますし、時間帯によっては食事やスイーツ等も無料で提供されます。 とってもラグジュアリーで素敵なラウンジでしたので、以下で詳しくご紹介していきます。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク