ヒルトン・クアラルンプール宿泊記。空港からホテルへの行き方とお部屋の様子を徹底レポート

先日、マレーシアの首都クアラルンプールにあるホテル「ヒルトン・クアラルンプール」に宿泊して来ました!

クアラルンプール空港(KLIA)からのアクセスも大変良く、近代的で快適なホテルです。

外国での宿泊には不安を感じる方もいるでしょうが、世界的に有名なホテルチェーン(90カ国以上で4,000軒以上のホテルを運営している)ヒルトングループのホテルですから、安心して宿泊できます。

ヒルトンオナーズ会員であれば、お部屋のアップグレード等の特典を受けることもできるので、意外とコスパは高め。

クアラルンプールでの滞在にオススメできるホテルです。

今回は、空港からホテルまでの道のり、お部屋のアップグレード特典、宿泊したお部屋の様子を詳しくレポートしていきたいと思います。

スポンサーリンク

クアラルンプール国際空港からホテルまでのアクセス

空港からヒルトンクアラルンプールを目指す場合には、KLIAエクスプレスが便利です。終点「KL SENTRAL(セントラル駅)」で下車します。

電車を降りたら、ヒルトンのロゴが入った看板が随所にありますので、これに従って進むだけです。

KLセントラル駅の中心部に出たら、右手のエスカレーターを上がり…

正面右手のドアを出ましょう。

すると、目の前がヒルトンクアラルンプールです。

空港からずっと屋根の下を通って行くことが出来るので、雨の日でも安心ですね。

建物内部を進んで行くと、ヒルトンとル・メリディアンホテルの入口が隣り合っています。ここはもちろん左へ。

中は人も多く、とっても賑やか。まっすぐ進んだ左手がレセプションです。

KLIAエクスプレスのお得な乗車方法などについては、こちらの記事をご覧ください。

JAL JGC修行2-3:KLIAエクスプレスはマスターカード決済で20%引き!クアラルンプール空港から市街地までの電車乗り換え案内
7時間半のフライトを終え、クアラルンプール国際空港(俗称KLIA= Kuala Lumpur International Airport)に到着しました。 到着したのは現地時間18時少し前。これから観光するには遅い時間なので、ホテルに直行することにします。 宿泊予定のホテルは、クアラルンプールの中心地「KLCC(クアラルンプール・シティ・センター)」の近く。 初めてのクアラルンプールで迷わず目的地にたどり着けるでしょうか…

今回のアップグレード成果

私は昨年、ANAダイヤモンドメンバーとのステータスマッチにより、今年度一杯「ヒルトンオナーズ・ダイヤモンドメンバー」となりました。

ダイヤモンドメンバーだと、チェックイン時にお部屋の空きがある場合、予約したお部屋よりもよいお部屋に無料でアップグレードしてもらうことが出来ます。

以前、同じクアラルンプールにある系列ホテル「ダブルツリーバイヒルトンクアラルンプール」に宿泊した時には、なんと最安のお部屋から、最高のお部屋「テラススイート」にまでアップグレードされました。

JAL JGC修行2-4:ダブルツリーバイヒルトンクアラルンプールで驚きのアップグレード!テラススイート全貌を公開
今回は、クアラルンプール中心地にある「ダブルツリーバイヒルトンクアラルンプール」に一泊します。 ダブルツリーはヒルトン系列のホテルですので、ヒルトンオナーズダイヤモンドステータスの特典として、お部屋のアップグレードという制度があります。 以前、ヒルトン東京を利用した際には、2番目にいいお部屋にアップグレードしていただきましたが、今回はどうなるのでしょうか。 海外のヒルトン自体が初めてなので、お部屋やサービス内容もとても楽しみです!

今回はどうだったかと言いますと、フロントの方が素敵な笑顔で「予約されていたキングデラックスから、キングエグゼクティブプラスルームにアップグレードしておきましたよ」とのこと。

こちらのホテルのお部屋ランクは下記の通りです(キング⇔ツイン)。

1 キングデラックス(元の予約)
2 キングデラックスレイクビュー
3 キングデラックスプラス
4 キングエグゼクティブ
5 キングエグゼクティブプラス(アップグレード)
6 グランドエグゼクティブスイート
7 ライフスタイルスイート
8 プレジデンシャルスイート
9 ペントハウス

つまり、4段階アップグレードして頂いたということになりますね。ダブルツリーでのびっくりアップグレードまでには及びませんが、それでも十分ありがたいことです。

早速、お部屋のある26階へ行ってみましょう。

26階キングエグゼクティブプラスルーム

エレベーターはルームキーをかざしてボタンを押すタイプです。

ホールには大きな窓があり、明るい雰囲気。

この辺りは比較的緑の多い地域のようで、窓の外には森と湖が広がっています。

今日はこちら、2617号室にお世話になります!

リビング

ドアを開けてみますと…

おお、ちょっとしたリビングスペースが設けられていますね。贅沢。

ソファから入口のドア方向を見ると、こんな感じです。

ワーキングスペースにはデスクや電話、テレビなど。簡易的ではありますが、一人旅には十分すぎる設備です。

ミニバー

ドアのすぐそばのキャビネットに、ダイヤモンドメンバー特典の水が2本。

そして中に冷蔵庫やミニバーが収まっています。

引き出しにスナックとお水。

ティーバッグ、コーヒー。

食器類。

冷蔵庫の中には、コーラにスプライトといったソフトドリンクの他、ビールも3種類入っていました。

ビールのラインナップは東南アジアで人気のタイガービール、デンマークのカールスバーグ、そして日本のアサヒスーパードライも。スーパードライは、海外ラウンジ等で比較的よく目にしますが、外国の方にも人気なのでしょうか。

お値段表はこちら。

ちなみにアサヒスーパードライはいくらくらいなのかなと見てみると、43リンギット。

ということは、約1,100円!?

さすが、ホテルの飲み物はお高いですね。

ただ、マレーシアは宿泊費が安く、今回も一泊1万円前後ということを考えると、ちょっとアンバランスな気もします。

ベッドルーム

ベッドルームは、ベージュと紫がテーマカラーになっています。

照明もスタイリッシュで素敵。

ベッドから正面にはこのように、テレビとその奥にバスルームが見えます。

片一方のドアはどうも立て付けが悪いのか、何度閉めてもひとりでにつるつる〜っと開いてしまったのですが、とりあえず仕切ることが出来る作りにはなっています。

窓からの風景はこんな感じ。正面にSPG系ホテルのアロフトが見えます。

とはいえかなり遠いので、視線を気にする必要はないかと思います。

バスルーム

バスルームの内部は、大理石調の贅沢な雰囲気です。浴槽の奥にシャワーブースが備えられ、なかなか使いやすい間取りではないでしょうか。

壁には一風変わったバスローブが掛けられ、その奥がトイレとなっています。

洗浄機能付きトイレ

イスラム教の国では、用を足した後、紙ではなく備え付けのホースなどを使って洗い清めるのだそうで、ここマレーシアでも大概のトイレの壁に金属製ホースが掛けられているのを目にしてきました。

が、こちらのホテルではホースではなく、便器脇にダイヤルが付いていて、ひねると水が出てくる仕組みです。水量の調節も難なく出来ます。さしずめ、電気のいらないエコなウォシュレットと言いましょうか。

そういえば、ヨーロッパのビデも同じようなものかもしれません。

ウォシュレットは日本ならではの文化かと思っていましたが、結構あちこちにあるようですね。

アメニティ

アメニティは、ヒルトン系列ホテルおなじみの「PETER THOMAS ROTH(ピーター・トーマス・ロス)」シリーズです。

ボディローション、シャワーキャップ、シェービングキット、歯ブラシ、石鹸などなど。

あとは有料オプションで入浴剤を注文できるようです。

子供が喜びそうなバブルバスや、クレオパトラをイメージしたミルクバスなど、全部で5種類。

料金は、持ち帰り可能なアヒルちゃんが付いて34マレーシアリンギットとのことでした。日本円に換算すると、大体900円くらいですね。安いような、高いような…長期滞在なら一度くらい試してみてもいいかもしれません。

クローゼットはバスルーム内に

お部屋にクローゼットが見当たらなくて、散々探し回ったあげく、翌朝ようやく見つけることが出来ました。

その場所とは…

なんと、バスルームの大きな鏡の裏!

お分りいただけますでしょうか…上の写真の左右にある鏡がそれです。ぱっと見、とても収納には見えません…。

左には、アイロンやセキュリティボックス、枕。

右側には、ハンガーとスリッパ、そしてまたまた枕が収納されていました。

チェックイン時にとにかく靴を脱ぎたくて、スリッパが欲しかったのですが、帰る間際の発見となってしまいました(笑)。

最後に

今回は417リンギット(約1万円)で最安のお部屋「キングデラックス」を予約していたところ、ヒルトンオナーズダイヤモンドメンバー特典として、無料で「キングエグゼクティブプラスルーム」に4ランクアップグレードしていただきました。

時期にもよりますが、キングエグゼクティブプラスルームは大体630リンギットほど(約1万6,500円)ですので大体34%オフ。今回もお得に宿泊することができて幸いでした。

インテリアも、あまり日本ではお目にかかれないエスニックな雰囲気で、なかなか素敵。クアラルンプールにお出かけの際にはぜひ選択肢の一つに加えてみてください。

次回は、同ホテル内のエグゼクティブラウンジをご紹介します。

【都会的】ヒルトン・クアラルンプールのエグゼクティブラウンジ体験レポート
先日宿泊した、ヒルトン・クアラルンプール。 このホテルには、ヒルトンではお馴染みの「エグゼクティブラウンジ」があります。 エグゼクティブルーム宿泊者またはヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーしか入室することができない特別なラウンジだけあって、フリードリンクを頂きながらゆっくり寛ぐことができますし、時間帯によっては食事やスイーツ等も無料で提供されます。 とってもラグジュアリーで素敵なラウンジでしたので、以下で詳しくご紹介していきます。

ヒルトン関連記事

ヒルトン東京お台場にベストレートで最安宿泊!ダイヤモンド会員のアップグレード特典も
ヒルトン東京お台場に家族(私と夫と娘2人の合計4人)で宿泊して来ました。 このホテルは、東京のお台場にあるヒルトングループのホテルですが、2015年に「ホテル日航東京」からリブランドされたという経緯があります。 ヒルトンとしての歴史はまだ浅いですから、お台場の日航ホテルと言った方がピンとくる方が多いかもしれませんね。 東京湾岸のウォータフロントに位置しており、お部屋からレインボーブリッジを眺めることもできる素敵なホテルです。
ヒルトン東京お台場のエグゼクティブルームをご紹介。レインボーブリッジが見える夜景の素敵なお部屋です!
初めてのヒルトン東京お台場。 ホテルは16階建てになっていますが、客室は5階から15階にあります。 今回アサインされたお部屋は10階にある1018号室。10階であれば眺めもそれなりによさそうなので期待は高まります。 3階のエグゼクティブラウンジでチェックイン手続きを済ませた後、エレベーターで10階にやってきました。 今回宿泊する部屋は「エグゼクティブツイン」です。
【庵スパTOKYO】ヒルトン東京お台場のプールは子供連れでも楽しめます♪
ヒルトン東京お台場には、「庵スパ TOKYO」なるスパ施設が入っています。 以前は「SPA然 TOKYO」という名称だったようで、一部のホテル案内冊子などには、いまだに昔の名前が掲載されたままになっています。 スパとは一般的に、温泉療養施設やエステトリートメントのことを指しますが、ここ庵スパTOKYOでは、温水プールやジェットバスを始めとした「アクアゾーン」や、「フィットネスセンター」、エステが受けられる「トリートメントルーム」等を提供しています。
ヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジを家族で利用してきました
ヒルトン系列のホテルには、「エグゼクティブ・ラウンジ」なるものが設けられていることがあります。 一部の宿泊客のみが入室を許される特別なラウンジです。 エグゼクティブラウンジのメリットは、高級感のある素敵な空間でくつろげるところですが、食事や飲み物が無料で提供されるところに大きな魅力を感じている方も多いはず。
ヒルトン東京お台場の朝食はSEASCAPE(シースケープ)がオススメです
ホテルに泊まる時のお楽しみといえば、何と言っても朝食ですよね! 家ではあまり食べないのですが、ホテルでは何でも新鮮で美味しそうに見えて、いつもついつい食べ過ぎてしまいます。 今回私達が利用した朝食会場は、2016年12月31日にオープンした新しいレストラン「シースケープ テラス・ダイニング(SEASCAPE TERRACE DINING)」です。
ヒルトン東京(新宿)最安で予約した部屋がシティキングスイートルームにまさかの無償アップグレード!
ヒルトン東京お台場に宿泊した翌週末、今度は新宿のヒルトン東京に滞在してきました。 なにゆえ東京在住の我が家が2週連続で都内に宿泊する必要があるのかといいますと、もちろんヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーの特典を享受したいということが大前提ですが、 1. 4月から長女が小学生になるため、今月までしか添い寝無料にならない 2. 今の時期が最も宿泊費が安い という、お恥ずかしながらいかにも庶民的な理由です。
すべて無料!憧れのヒルトン東京(新宿)エグゼクティブラウンジは充実のサービス
新宿にある「ヒルトン東京」には、豪華なエグゼクティブラウンジがあります。 もちろん他のヒルトン系列のホテルにもエグゼクティブラウンジはあるのですが、その中でも特にヒルトン東京のラウンジは高級感のある素敵なラウンジです。 私はこちらのラウンジを利用するのは初めてでしたが、とても優雅な時間を過ごすことができました。 かなりオススメできる場所なので、以下で詳しく紹介していきたいと思います。
ヒルトン東京(新宿)のおすすめ新サービスは完全予約制「十二颯」の和朝食
ヒルトン東京の朝食会場は、ホテル1階にある「マーブルラウンジ」ですが、エグゼクティブフロア宿泊者またはダイヤモンド会員であれば、「エグゼクティブラウンジ」も選べます。 これまで上記2択だったのですが、2017年2月から、もう1つ朝食の選択肢が増えました。 新しく選べるようになったのは、日本料理「十二颯」で提供される和朝食です。こちらは、エグゼクティブフロア宿泊者またはダイヤモンド会員限定のメニューですが、無料で頂くことができます。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク