JAL JGC修行6:一人でも楽しめる石垣島観光1泊2日。ジンベエジェットにも乗れちゃいました!

2017年5月末。JGC修行第6回目は、羽田ー石垣の往復です。

飛行距離が長い路線ですので、国内線の中では獲得FOPトップクラス。かなり人気の路線ですが、なんとか予約することができました。

今回は石垣島で一泊の予定。石垣島自体は2度目ですが、市街地まで出るのは初めて。

石垣島がどんなところなのか、とっても楽しみです!

スポンサーリンク

石垣島修行スタート

この日の関東地方はとってもいいお天気で、離陸後まもなく、立派な富士山を臨むことが出来ました。幸先のいいスタートです。

石垣島線も前回の宮古島線と同様、機内Wi-Fiが使えない機種でしたので、ひたすらipodで音楽を聞きつつ3時間強…。

JTAから2017年6月15日以降、B737−800を対象に順次機内Wi-Fiを整備していくとの発表がありましたので、そのうちこのB737-400でも使えるようになるかもしれません。

無事にフライトを終え、定刻通りに「南(ぱい)ぬ島石垣空港」に到着しました。

昨年のSFC修行で石垣島に来た時は、折り返し便で羽田に帰ったため、空港内のお土産屋さんを周ってみるだけでしたが、今回の旅程は下記の通り。17時間ほど余裕があります。

JTA073 羽田-石垣 14:15-17:20
JTA070 石垣-羽田 10:40-13:30

さっそく市街地行きのバスを探しましょう!

正面出口を出て左手に進むと、いくつかバス停が並んでいます。

ちょうどこの青いバスが市街地に向けて出発するところでしたので、乗り込むことにします。

料金は、田舎でよく見られる後払い制。左手オレンジの箱から、整理券を受け取って席に着きましょう。

こちらが整理券です。始発なので、番号は「1」と書かれています。

バスの前方上部にある掲示板で運賃を確認することが出来ます。

上の写真は、最終目的地の石垣島バスターミナル付近で撮影したもの。片道540円ということですね。

空港から市街地行きは、今回私が利用した「東バス」と、「カリー観光バス」の2社が運行していて、カリー観光バスの方だと40円安い500円となるそうです。

東バス空港線の路線図はこちら。

ちょっと見切れてしまってますが、一番上が「系統4-平得大浜白保経由空港線」で所要時間37分。

二番目が「系統10-日航八重山ANAインターコンチネンタル経由空港線」43分。

三番目が「系統10-石垣島離島ターミナル経由バスターミナル行き(準急)」40分となっています。

基本的に15分間隔で運行していますが、詳しい時刻表はバス会社HPでご確認ください。

地元宮崎のバスはいつも遅れるので、なんとなく沖縄もそんな感じかなと思いきや、殆ど時刻通りに運行していました。

石垣島市街地を満喫

まずはホテルにチェックイン。

コスパ最高!ホテル エメラルドアイル石垣島は一人旅・女性にもオススメ
初めての石垣島滞在! 出来る限り出費を抑えつつ、でも交通の便が良いキレイなホテルに泊まりたいなと色々と調べ、今回宿泊したのが「エメラルドアイル石垣島」。 実際に泊まってみたところ、とってもオシャレでサービスも満点!コスパの良さに感動すら覚えたので、その全貌をご紹介したいと思います。

とっても素敵なホテルで大満足!

その後は「さよこのサーターアンダギー」を探しまわったり、

石垣島のお土産に大人気!さよこのサーターアンダギーを本店営業時間外に購入する方法
石垣島に行ったら是非食べてみたいと思っていたものの一つが、「さよこの店」のサーターアンダギー。 サーターアンダギーといえば沖縄の名物、いわゆる揚げドーナツのことです。 首里の方言で、サーターは「砂糖」、アンダは「油」、アギは「揚げ」。つまり、サーターアンダギーは「砂糖油揚げ」ということになりますね。 石垣島にもサーターアンダギーのお店はたくさんありますが、その中でも一番美味しいのが、「さよこの店」さんのサーターアンダギーだと言われています

絶品の石垣牛を味わったり、

石垣島の人気店「炭火焼肉やまもと」で石垣牛絶品グルメ焼きしゃぶを楽しむ!
石垣島に行くなら絶対に食べてみたい!と思っていたのが、日本最南端の八重山諸島で生産されているブランド牛肉「石垣牛」。 その石垣牛を頂ける美味しいお店を探していて見つけたのが「炭火焼肉やまもと」でした。 食べログの石垣島レストラン部門でランキング1位を獲得しており(評価3.80)、平日であっても、予約がなければなかなか入れないという大人気店。 私が訪れたのは5月で沖縄地方のオフシーズンで、かつ旅行が決まったのが2ヶ月半も前だったため、無事に予約することが出来ました。

してみたかったことを全てやり尽くしました。

欲を言えば、次の機会には晴れ渡った海を見てみたいものですね。

翌朝、バスで石垣空港へ

翌朝、8:45発のバスを目指してバスターミナルに戻ってきました。

石垣島バスターミナルから乗車する場合は、事前に乗車券の購入が必要とのこと。空港から市街地に出る時とは全く違うシステムなので、注意が必要ですね。

バスターミナルの室内に入ってみると、自動券売機が2台ありました。

乗車時、運転手さんに切符を見せ、

こんな風にパンチしてもらいます。

あとは、下車する時運賃箱に入れればOKです。

滞在中、晴れ間はほとんど見られませんでしたが、雨に降られることなく済んだのは幸いでした。

石垣空港到着

定刻より5分遅れで石垣空港に到着です。

お世話になりました!

石垣空港でお土産探し

出発までは1時間ほどありますので、最後におみやげ探し。

昨年購入して美味しかった石垣牛ハンバーグをもう一度買って帰ろうかと思ったのですが…

あれ、何だか高くなってる…。

前回は、簡易包装の10枚セット2,000円もあったのですが、今回見たところは化粧箱のみ。

以前の化粧箱セットのお値段は2,500円でしたので、1,000円の値上げです。

いろいろと事情があるのでしょうが、大分高くなってしまいましたね…。残念ですが、今回は見送ることにしました。

代わりに石垣島の地ビールと、

新発売だというグルクンアヒージョを購入。ちなみにグルクンは沖縄の県魚で、沖縄以外ではタカサゴと呼ばれています。

こちらのグルクンアヒージョ、沖縄本島の会社が作っているものなので、石垣島ならではのものとは言えませんが、本土ではあまり食べる機会のないグルクンをこういうオシャレな形態で持ち帰れるのが魅力的。

実際に頂いてみましたが、にんにくとお塩が効いていて、とっても美味でした。

このようにパンに乗せれば、あっという間に美味しいおつまみの出来上がり。

温めたりせずともそのまま美味しく頂けるので、とっても便利です。

いろいろな料理に使えそうなので、次回はパスタに和えてみたいと考えてます。間違いなく美味しいはず!

JL70便にて羽田空港へ

帰りの便の出発時刻は、10:40。

ふと窓の外を見ると…

わあ!ジンベエジェットです!!

一度は乗ってみたいと思っていた特別塗装機!しかも大好きなピンクのさくらジンベエの方!これはテンション上がりますね〜。

ちなみに、運行スケジュールはJTAの公式サイトで確認できます。

今の所、翌日分までのスケジュールしかわからないようですが、気になる方は調べてみるのも楽しいかも?

搭乗

さぁ、出発です。

ドアの側には、JTA×沖縄美ら海水族館と表示されていました。

シートのヘッドカバーもジンベエちゃん柄だったり、機内もちょっぴり特別な感じ。

天気が悪いながらも、楽しい17時間でした!いつかまた来られることを願って…。

最後に

第6回目のJGC修行で獲得したFOPは下記の通り。

便名 区間 時間 クラス 運賃種別 運賃 FOP FOP単価
JTA073 HND-ISG 14:15-17:20 Y ウルトラ先得 9790 1836 5.33
JTA070 ISG-HND 10:40-13:30 Y ウルトラ先得 9790 1836 5.33
19,580 3,772 5.33

累計獲得FOPは、46,290となりました。

さらに、JALカード初回搭乗FLYONポイントとして5,000FOPが加算されたため、51,290FOPに到達し、晴れてJMBサファイア会員になりました!

最終目的のJGPまで28,710FOPです!

<次回(JGC修行第7回)の話>

JAL JGC修行7:行きはエコノミー、帰りはビジネスクラス。マレーシア・クアラルンプール1泊2日の旅
JAL JGC修行の第7回目は、成田発のクアラルンプール(マレーシア)往復。往路はエコノミークラス、復路はビジネスクラスです。 前回マレーシアを訪れた際には、入国せずに日帰りする便を利用しましたが、今回は市街地の観光も兼ねて現地で一泊する予定。 クアラルンプールも今年に入ってすでに3回目となりましたので、これまでとは違う体験がしてみたいところです。 一体どのような旅になるのでしょうか。 JMBサファイアに到達しました! 前回の修行後、りそな銀行スマート口座開設特典として1,...

<前回(JGC修行第5回)の話>

JAL JGC修行5:宮古島日帰りフライト!梅雨時の沖縄地方は運行情報に注意が必要です
2017年5月某日。 全9回を予定しているJAL JGC修行も、とうとう折り返し地点の5回目を迎えました。 今回の旅程は、羽田ー宮古の日帰りです。 JTA021 羽田-宮古 6:40-9:40 JTA022 宮古-羽田 19:40-22:25 朝6:40羽田発、夜19:40宮古発。現地での時間はちょうど10時間です。 初めての宮古島、一体どんな旅になったのでしょうか。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク