コスパ最高!ホテル エメラルドアイル石垣島は一人旅・女性にもオススメ

初めての石垣島滞在!

出来る限り出費を抑えつつ、でも交通の便が良いキレイなホテルに泊まりたいなと色々と調べ、今回宿泊したのが「エメラルドアイル石垣島」

実際に泊まってみたところ、とってもオシャレでサービスも満点!コスパの良さに感動すら覚えたので、その全貌をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

立地

場所は、最寄りバス停の石垣島バスターミナルから徒歩1分です。

石垣島バスターミナルへは、石垣島空港からだと40分ほど。市街地行きバスの終点です。

離島ターミナルにも近いですし、公設市場にも歩いて2,3分と、とても便利な立地となっています。

エントランスはこちら。

古いホテルをリノベーションしたものなので、外壁(レンガ部分)などは昔のまま。

でも、中はとっても現代風で素敵ですよ!

フロント

フロントは2階。南国感あふれる鮮やかな壁画が目を引きます。

東京の南青山や代官山にでもありそうな、とってもオシャレな雰囲気ですよね!ホテルのHPでは、下記のように紹介されていました。

石垣島のクリエイティブの中心地として、島内外のクリエイターの作品を展示したり、創作や発表の場を提供したりと、ホテルの枠を超えた、人、モノ、コトを結ぶ{HUB}としての場をめざしています。

道理で凝ったインテリアになっているはずです。単なる宿泊施設を一歩超えた、素敵なコンセプトだと思います。

ラウンジ

フロントの奥は、ラウンジ(カフェスペース)になっていました。

10-18時の間、宿泊者は無料で珈琲や紅茶、さんぴん茶を頂くことが出来ます。

残念ながら、私がチェックインした時にはすでに18時を過ぎていたため、ドリンクコーナーは片付けられていました。

18時以降は有料の飲食スペースとなります。メニューはこちら。

オリオンビール500円、カクテル700円なので、そんなにお安くはありませんが、21時から24時の間、全ドリンク500円均一になるのは嬉しいですね。

4月からは、パスタとカレーも始められたのだそうです。美味しそう。

その他おつまみとして、缶詰が置かれているのが面白いですね。

フロントデスク上にも、テイクアウト用に置いてありました。写真を失敗してしまったので、メーカー公式画像ですが、こちらのシリーズです。

「缶つま」って、普通のツナ缶などと比べるとちょっといいお値段ですが、どれも本格的で美味しいんですよね。

他には、マフィンやクッキーもありました。

ちょっと甘いものが欲しい時にも、ホテル内で調達できるのは嬉しい!

ソフトドリンクメニューはこちら。

パッションフルーツにグァバ、マンゴー、パイナップルと、トロピカルドリンクが充実していて、さすがは沖縄です。

訪問時は梅雨時で日も出ていなかったので、そこまで暑さ厳しいわけではありませんでしたが、湿度が高いため冷たい飲み物が欲しくなって、さんぴん茶をお願いすることに。

こちらのスペース、「WiFi・電源完備・ノマドワークOK!」とのことで、私の他はMac Bookを広げて作業中の方ばかりでした。静かですし、仕事が捗りそうですね。

クリエイティブショップ

フロントの前にあるクリエイティブショップには、お土産品や雑貨もたくさん置いてありました。

こちらは美しい絵葉書の数々。家族や友人に手紙を出したくなりますね。

サンキャッチャーやキーホルダーに、グラスなども。空港や街中の売店で売っているような一般的なお土産品よりも、かなり大人向けの印象です。素敵なものばかりで、自分用に欲しくなってしまいました。

日焼け止めも置いてありました。うっかり忘れがちなので助かります。

その他、石垣島に関する本等々、かゆいところに手が届くようなラインナップ!

お部屋

続いて、肝心のお部屋のご紹介と参りましょう。

今回私が泊まったのは3階、313号室です。

共用部の廊下も新しいカーペットが敷かれていて、とても清潔。

ドアはオートロックになっています。開けてみると…

真正面に、カウチと折りたたみ椅子。

荷物や着替えを置くことが出来て、使いやすかったです。

エアコンももちろん最新のものでしたし、消臭スプレーまで用意されています。

焼肉の後の必需品ですよね!

石垣島と言えば石垣牛。有名店も近くに数多くありますから、利用される方も多いのではないでしょうか。

私も近隣の人気店「炭火焼肉やまもと」で一人焼肉デビューを果たした後、恩恵にあずかりました。

石垣島に行くなら絶対に食べてみたい!と思っていたのが、日本最南端の八重山諸島で生産されているブランド牛肉「石垣牛」。 その石垣牛を頂ける美味しいお店を探していて見つけたのが「炭火焼肉やまもと」でした。 食べログの石垣島レストラン部門でランキング1位を獲得しており(評価3.80)、平日であっても、予約がなければなかなか入れないという大人気店。 私が訪れたのは5月で沖縄地方のオフシーズンで、かつ旅行が決まったのが2ヶ月半も前だったため、無事に予約することが出来ました。

ベッド周り

ベッドはこんな感じです。

シンプル!キレイ!新しい!

寝具から家具から、すべて新しい匂いがします。狭いは狭いですが、一人旅ですし、スーツケースを開く程度の余白はありますし、全く問題有りません。

バスタオルとパジャマもベッド上に用意されています。パジャマは下履きなしのタイプ。

寝心地も柔らかすぎず硬すぎず、絶妙です。これならぐっすり眠れそう。

ベッド脇には電話、テレビのリモコン、鏡、メモ、目覚まし時計が。

上の棚には…

マグカップとお茶、ポット、ドライヤー。

リーズナブルな宿泊料金にもかかわらず、ドライヤーはパナソニックのイオニティでした。くせ毛にはありがたい限りです。

下の棚は冷蔵庫。中身は入っていません。

飲み物が必要なら、3階のランドリールームに自販機が有りますし、お土産品専用に出来て助かりますね。宿泊客の利便性を追求するこの姿勢が素晴らしい。

洗濯済みのスリッパも。

ベッドから正面を見ると、こんな感じです。

大体のものが手の届く範囲にあり、無駄のない作りになっています。

ヒルトンシェラトンなども、快適で優雅で素晴らしいのですが、私のような狭い所好きの庶民にとっては、こういうコンパクトなホテルの方がむしろ落ち着いて過ごせました。

バスルーム

水回りも見てみましょう。

実はこのホテルを予約するにあたって一つ心配だったのは、「水回りが古くて汚かった」という口コミが散見されたことでした。

「シャワーカーテンにカビ」「排水がうまくいかず逆流」など、具体的なものが多かったので、ちょっとドキドキしながら見てみると…あれ?

新品のようにキレイ。殆ど使用された形跡が見当たりません。

シャワーカーテンも、カビどころかシミひとつないものでした。

きっと、最近改装が済んだばかりなのではないでしょうか。なんてラッキー!

アメニティは、手洗い&洗顔石鹸に、

資生堂「uminela」シリーズのボディソープ、シャンプー、リンス。

なんだか沖縄の海を連想させる色合いですね。ステキ。

お手洗いも、新しいウォシュレットが付いていました。

とってもキレイで言うことなし!全部のお部屋が改装済みなのかはわかりませんが、完璧に大満足です。

ランドリールーム

ちなみに、3階ランドリールームはこんな感じ。洗濯は1回200円でした。

ペットボトルは120円前後と、コンビニよりもリーズナブル。

奥には電子レンジも有りました。何から何まで利便性バツグンですね!

幸せな朝ごはん

このエメラルドアイル石垣島のうりの一つ、それは朝ごはん「おむすびモーニング」。

斬新で暖かくてとってもステキなこちらの朝ごはん、宿泊者にはなんと無料で提供されます。

まずはトレーを取っておにぎりを注文し、漬物とドリンク、お汁を取り、最後に注文品を受け取りましょう。

おにぎりの具は6種類から選べます。数や大きさも希望を聞いてくれますし、もちろんおかわり自由。

この日の具はこちら。

左から、ポーク(スパム)、鮭フレーク、大根の葉炒め、ねり梅、石垣の塩、あんだんすー(油味噌)の6種類でした。

ここはやっぱり沖縄らしいものを!と、ポークとあんだんすーに、少しは野菜も必要かなということで、大根の葉炒めの3つでお願いしました。

握っていただいてる間に、壁際にある飲み物コーナーへ。

ドリンクは、ホットコーヒーにお湯、煎茶・紅茶のティーバッグ、牛乳、オレンジジュース、さんぴん茶。

本日のお椀は、もずくのすまし汁でした。

ちなみに漬物もカウンターにありましたので、必要なら好きなだけ取ることが出来ます(私は頂きませんでした)。

飲み物などを用意してカウンターに戻ったところ、すでにおにぎりが出来上がっていましたので、受け取って席に着きます。

なんて可愛くて温かみのあるおにぎりなんでしょう!

朝早くから、こんな素敵な朝ごはんを用意してもらえるのは幸せの極みです。

どのおにぎりも家庭的でほっとする味わい。

大根の葉炒めはベーコンの塩気が効いていますし、スパムはカリッと香ばしい。あんだんすーもじんわりと甘くて、とっても美味しくいただきました。

小さめなので、男性は5~6個必要かもしれませんね。

お吸い物も、とろとろのもずくがすごく美味しかったです!

慣れない旅先で心温まる朝食を頂くことが出来て、本当に幸せな時間でした。

宿泊料金

いよいよ宿泊料金の発表です。今回私が宿泊した時の料金は、なんと3,750円でした!

じゃらんのキャンペーンでここまでお安く泊まれたわけですが、特にキャンペーンがない時期でも、早割料金(60日、30日)を利用すれば、大体4,000~6,000円前後に収まります。

あまり日が近づくと、8,000円前後になりますので、とにかく早めの予約が吉。

立地もいいですし、お部屋・共用施設も快適。さらにアートに力を入れていてオシャレ!とくれば、女性一人旅にもオススメです。

また石垣島に旅行する機会があれば、是非利用したい、とっても素敵なホテルでした。

おまけ

石垣島は遠いし飛行機代もかかるし…とお考えの方へ。
陸マイラー活動を始めれば、あっという間に石垣島往復分のマイルを貯めることが出来ます。

陸マイラー活動によってマイルを貯める方法をまとめた記事です。最初は理解するのが難しいかもしれませんが、一度理解してしまえば誰にでも簡単に実践できる方法ですので、とりあえず始めてみませんか?

我が家は半年でヨーロッパビジネスクラス往復3人分、27万マイルを獲得しました。

マイルを貯め始めて約7ヶ月。ついにビジネスクラスでのヨーロッパ旅行が実現しました。飛行機恐怖症の夫と高齢の義母と一緒にフランスとドイツを巡るマイル旅行記です。

あやしい方法では?と思われることは重々承知の上ですが、お読みいただければ、その健全な仕組みがお分かりいただけることと思います。

ソラチカカードの特典であるソラチカルートを使えば、初心者でも簡単に年間21万6,000マイルを貯めることができます。ビジネスクラスやファーストクラスでの海外旅行も夢ではありません。まだ持っていない方は急いでソラチカカードを手に入れましょう。

ご興味のある方はぜひご覧くださいね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク