JAL JGC修行1-1:始動!第一弾はキャセイパシフィック航空ビジネスクラスで台湾へ

今年はお正月に宮崎に帰省、そして大阪に日帰り旅行をしたっきり。

SFC修行をしていた一年前の同時期と比べると、格段に搭乗回数が落ちて寂しく感じていましたが、いよいよ満を辞して、JAL JGC修行開始です!

スポンサーリンク

JGC修行1回目は台湾

第一弾は、キャセイパシフィック航空ビジネスクラスで行く台湾往復。

この旅程は、2月に出た楽天トラベル20,000円クーポンのおかげで、なんと2泊3日で43,974円という破格のツアーを利用します(現在は配布終了)。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

JGC修行第一弾は台湾?楽天トラベル20,000円クーポンでキャセイビジネスクラスを予約しました
JGC修行を決めたはいいものの、1~3月の安い時期を逃してしまったので、何かいいキャンペーンなりクーポンなり出るのを待とう!もしなければ、最悪一年で最も安い11~12月にかけよう!と思い、現段階では15,000FOP分くらいしか予約していませんでした。 そんな中、これは?と思うクーポン見つけたので、とりあえずおさえてみることに。 今回見つけたのは、楽天トラベルのキャセイパシフィック航空限定クーポンです。キャセイ航空はJALと同じ「ワンワールド」に加盟しているため、JGC修行に必要なF...

ちなみに、当初はクアラルンプールが第一弾となる予定でしたが、都合により台湾を先にこなすこととなりました。

JGC修行の詳しい旅程については、こちらでご紹介しています。

JGC修行の全旅程公開!ビジネスクラスメインFOP単価6.64でJGCプレミア到達ルート2017
2017年はJGC修行!ということで、1~3月は逃したものの、虎視眈々とセール等狙いつつ、このたびようやく旅程を組み終えました。 目指すはJGCプレミア、80,000FOPです。 旅程の内容としては、昨年のSFC&ダイヤ修行で14回沖縄を往復しましたので、できるだけ沖縄以外で組むことを意識しました。

成田空港へは高速バス「THE アクセス成田」を利用

今回の台北(桃園)行きは、成田空港発着。

ANAダイヤ修行以来、久々の高速バス、「THEアクセス成田」にお世話になります。

ANAダイヤ修行記2-2:沖縄でお買い物!格安高速バスTHEアクセス成田は快適便利
ANAダイヤ修行第2回の2日目、朝。 せっかくまた飛行機修行を始めるなら、SFC修行では出来なかったことをしよう!と思っていたので、まず叶えやすいところから。 定宿のKARIYUSHI LCH. Izumizaki 県庁前は、1階がローソンになっています。これもこのホテルのステキポイントの一つです。 「LCH=ローコストホテル」の名の通り、基本的に客室にはタオル以外のアメニティはありませんから、24時間開いているコンビニが建物内にあるって本当に便利です。 ...

所要時間は時間帯によって異なりますが、大体1時間弱~1時間20分。

たった千円とお安い割に所要時間は短いですし、乗り換えなしで楽チン、トイレ&フリーwifiありで便利なので、やはり私には今の所このバスが一番です。

バス停別航空会社一覧

THEアクセス成田の経路は、下記の通りとなっています。

銀座駅  数寄屋橋交差点交番近く
東京駅  八重洲口7番乗り場
第2ターミナル
2番チェックインカウンターA〜J
アメリカン航空、エアインディア、カタール航空、キャセイパシフィック航空、スリランカ航空、チャイナエアライン、トランスアジア航空、パキスタン国際航空、フィンランド航空、マレーシア航空、エアタヒチヌイ、エミレーツ航空、カンタス航空、スクート、タイガーエア台湾、中国東方航空、ニューギニア航空、フィリピン航空、マカオ航空、USエアウェイズ
第2ターミナル
17番※チェックインカウンターK〜S
S7航空、TAM航空、JAL、マレーシア航空、ラン航空、イースター、海南航空、セブパシフィック航空、タイ・エアアジアX、バンコクエアウェイズ、ファイアーフライ
第1ターミナル
15番※
アシアナ航空、エア・カナダ、エアージャパン、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、シンガポール航空、深圳航空、スイスインターナショナルエアラインズ、スカンジナビア航空、ANA、ターキッシュエアラインズ、タイ国際航空、中国国際航空、ニュージーランド航空、南アフリカ航空、ユナイテッド航空、ルフトハンザドイツ航空、LOTポーランド航空、アエロフロート、アエロメヒコ、厦門航空
、アリタリア-イタリア航空、エールフランス、ガルーダ・インドネシア、KLM、大韓航空、中国南方航空、デルタ航空、ベトナム航空、エア・ベルリン、IBEX、ヴァージン・オーストラリア、ウズベキスタン、エアカラン、エア・セイシェル、エアプサン、エティハド航空、オーロラ航空、山東航空、四川航空、ジンエアー、ハワイアン航空、Peach、MIATモンゴル航空、ヤクーツク航空
第3ターミナル※ ジェットスター航空、ジェットスター・ジャパン、Spring Japan、チェジュ航空、バニラエア

(※THEアクセス成田の公式HPに記載がなかったため、成田空港公式HPのターミナル案内を基に航空会社を列挙しました。変更の可能性もありますので、ご乗車の際、念のため係員に利用航空会社をお知らせ下さい。)

第2ターミナル2番を目指して出発

私が今回利用するキャセイパシフィック航空は、最初に停車する第2ターミナル2番が最寄りです。

離陸は15:40なので、お昼前に出れば十分間に合うのですが、せっかくのワンワールド初体験ですから、張り切って東京駅を朝9時半に出発しました。

成田空港到着予定時刻は10時30分。空港滞在時間正味5時間で、ラウンジはしごツアーの予定です。

キャセイのビジネスクラスに搭乗することによって、ワンワールド系列5つのラウンジを使うことが出来ます。どんな風になっているのか、今から楽しみでなりません。

成田空港第2ターミナルに到着

この日は平日の割に高速道路が混雑していて、いつもなら定刻より早く着くところ、数分遅れの10時40分頃、成田に到着しました。

約1時間お世話になったバスに別れを告げて、いざターミナルへ。

チェックインカウンター営業時間は要チェック

今回はラウンジを長時間堪能すべく、準備もバッチリです。

到着が出発時間よりも早過ぎると、チェックインカウンターが開いていないこともあるので、オンラインチェックインを済ませ、念のため搭乗券も自宅でプリントアウトしてきました。

もちろん、荷物には1リットル以上の液体は入れないようにして、全て機内に持ち込みます。荷物を預ける必要がある場合は、どうしてもカウンターに寄って手続きをしなければなりません。

昨年、ダイヤ修行でシドニーに行った時は、うっかり液体物を購入してしまって、手荷物預けカウンターのオープンまで待つ他なくなり、3時間も無駄にしてしまいました…。

ANAダイヤ修行記1-11:シドニー国際空港免税店&ニュージーランド航空ラウンジ
ホテル最寄りのミュージアム駅から15分ほど電車に乗って、シドニー・キングスフォード・スミス空港に戻ってきました。 時刻は15時30分。チェックイン開始まであと3時間もあります。 シドニー空港ANAチェックインカウンターは出発3時間前オープン 預ける手荷物さえなければラウンジに直行できるのですが、買ったばかりの化粧品やシャンプーはどう頑張っても機内に持ち込めませんし、捨てるわけにも行きませんので、大人しくチェックイン開始を待っている他ありません。 OKA-SINタッチの時、...

シドニーは1日1便しかANA便がない為、きっちり出発3時間前にならないとカウンターが開かないのは道理ですが、キャセイパシフィック航空なら1日何便も飛んでいるので、10時も過ぎればまあ確実に開いてるだろう、ちょっと慎重になりすぎたかな、と思いつつ、チェックインカウンターへ。ところが、なんと人っ子一人いません。

どうやら、営業は10:10で一旦締められ、午後再開されるようです。

よく見てみると、公式ホームページでも案内がありました…。

キャセイパシフィック航空
チェックインカウンター営業時間(成田空港)
AM 7:05-10:10
PM 0:55-5:50

重要なことをきちんと調べておかないのが、我ながら安定のズボラ加減ですが、オンラインチェックインと預け手荷物なしのおかげで、カウンターが営業していなくても、直接出国手続きに進むことができます。便利な世の中になったものですね。

さっそく出国してしてしまいましょう!

出国審査場へ

それにしても、成田から海外に発つのはずいぶん久しぶりですが、これから海外旅行だー!というワクワク感が、羽田空港を使う時よりも強い気がします。

羽田はコンパクトですし、長年国内線でお世話になっていることもあって、あまり非日常感がないんですよね。家から近く、便利でいいのですが。

優先レーン「FastTrack」でスムーズに手荷物検査

北側の出発口までやって来ました。平日だというのに、この行列!

この分では、出国までどれだけかかるやら…と思いつつ、ふと左に目をやると、「FastTrack」の文字が目に入りました。

どうやら、各社の上級会員やファーストクラスのほか、ビジネスクラス利用者も対象になっているようです。ANAのある第1ターミナルや、羽田空港と同様のシステムですね。

入口の係員さんに搭乗券とパスポートをチェックしてもらって、まったく並ぶことなくすんなり手荷物検査へ。

ビジネスクラスでよかった〜。
検査場は数人並んでいるだけで、あっという間にクリアしました。

出国審査自体には優先レーンがないため、少々時間を要しましたが、それでもFastTrackを入ってから審査が済むまで、10分もかからなかったのではないでしょうか。

ビジネスクラスとはいえ、往復宿泊込みで4万円ちょっとの激安チケットですから、なんだか申し訳ないような気がしてしまいますね。

おかげさまで、滞りなく出国することができました。

それではお待ちかねのラウンジ巡りに出発です!

<次の話>

JAL JGC修行1-2:成田空港ワンワールドラウンジホッピング!アメリカン航空アドミラルズクラブ編
成田空港第2ターミナルラウンジ巡り開始! ワンワールド系列航空会社の航空便は、主として成田空港第2ターミナルから出発します。 今回は、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスに搭乗するため、同じターミナル内にあるワンワールド加盟4会社のラウンジを利用することが可能です。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク