JAL JGC修行1-10:ChiaTeの絶品パイナップルケーキと福州元祖胡椒餅&龍山時参拝

限られた台北での滞在時間。お土産購入に観光に、することはたくさんありますので、さっそくMRTで出発!

スポンサーリンク

台北メトロで移動

まずは中山國小駅から松江南京駅を経由し、南京三民駅へ。

乗り継ぎ案内もとてもわかり易く、各路線は色で表示されていますし、このようにホームに方向指示が出ています。中国語に馴染みのない外国人には大助かり。

グリーンライン(松山新店線)の松山方面は前方、新店方面は後方へ進めということですね。

東京は、日本人にとっても駅内の表示がわかりにくいので、こういうアイデアをぜひ積極的に取り入れて欲しいものです。

南京三民駅到着

南京三民駅に到着しました。2番出口を出て、目的のお店に向かいます。

曇天のせいもありますが、心なしか霞んでいるようです。空気があまり良くないらしく、マスクをしている人がたくさんいました。

パイナップルケーキの名店「ChiaTe」

駅の2番出口を出て2分ほどまっすぐ歩くと、目指すお店「ChiaTe(佳徳糕餅)」に到着しました。

台湾通の方にはお馴染み、パイナップルケーキの名店です。色々と調べた結果、こちらのお店が好みに合いそうだと思い、やって来ました。

朝8時から夜9時半まで営業しているのも嬉しいポイント。

外まで行列が出来ている時もあるそうですが、この日は大丈夫でした。

とは言え、店内は結構な混雑ぶりです。やはり人気店なんですね。

注文用紙に記入してレジ直行or自分で空き箱に梱包

入店すると、注文用紙を渡されます。これに記入してレジに持っていけば、注文品をその場で用意して出してくれます。

または、各棚の最下段に置いてある空箱を取って、自分で詰めてもOKです。

パイナップルケーキが一番人気のようで、写真も撮れないほどの混雑ぶりでした。他にもタルトやケーキ、お焼きのような様々なお菓子が並んでいて、どれも美味しそう!

クレジットカードは600元から

レジは、現金のみとクレジットカード、支払い方法によって分かれています。

クレジットカードが使えるのは合計金額600元から。私が選んだのはパイナップルクランベリーケーキ6個入り1箱、210元でしたので、現金払いしか選ぶことができませんでした。

購入完了

まとめ買いする人が多くて、レジの進みはあまりよくありません。都合15分位待ったでしょうか。

無事購入することが出来ました。袋は不織布で出来ていてとっても丈夫、柄も可愛い!

気になるお味は?

中身はこんな感じ。1個35元(≒130円)でした。価格は日本並みですね。

台湾の新卒平均月収が10万円に届かないことを考えると、現地では結構な高級品なのではないでしょうか。

フィリングはこのようになっています。

生地はバターの香り高く、ホロホロしっとり。パイナップル餡の中にドライクランベリーがゴロゴロっと入っていて、まったり&さっぱりで最後まで飽きずに食べられました。これは美味しい…!!

これまで、東京でサニーヒルズ、そしてシンガポールでパイナップルケーキを食べたことがありますが、このChiaTeが断トツ美味しかったです。

台湾土産でこれをもらったらかなり嬉しいですね。またすぐにでも食べたいくらい!忘れられない味になりました。

スポンサーリンク

龍山寺の福州元祖胡椒餅

続いて、南京三民駅から西門駅で板南線に乗り換え、龍山寺駅までやってきました。

こちらに、台北に来たら外せないと評判のB級グルメがあると聞き、やってきました。朝ごはんは飲むヨーグルトだけだったので、ちょうどいい具合にお腹が空いています。

龍山寺駅1番出口を出て、左手赤い看板と建物の間の小道を進むと、目指すお店があります。

目当てはこちらも有名な胡椒餅のお店、福州元祖胡椒餅です。

大人気のため、すぐ買えずに予約となる場合も多いようですが、今回は幸運にもその場で購入することが出来ました。

1個45元です。

大きさは野球ボールくらい。餅という名が付いていますが、パン生地に近いかと思います。

パリパリもっちりした生地の中に、胡椒の効いたミンチ肉と野菜が包まれています。

胡椒餅だけあって、かなりスパイシー。ホカホカ出来たてで、美味しいは美味しいのですが、もうちょっと塩が効いてるとなお良いと思いました。個人的にはちょっと物足りないかな…。

台湾の方が日本に来ると、しょっぱく感じることが多いらしいので、文化と言うか好みの違いなのでしょう。

龍山寺観光

せっかく台湾屈指のパワースポット龍山寺に来たので、お参りして行くことにしました。

入館は無料です。

入口入ってすぐの窓口でお線香を無料で配っています。以前は7本10元で販売されていたそうですね。

見よう見まね、他の人を観察しながらお線香に着火し、参拝します。

お寺自体が絢爛豪華なのも去ることながら、色とりどりのお花が大量に供えられていてとっても華やか。

熱心に拝んでいる方ばかりでした。台湾の方は信仰心が篤いんですね。

龍山寺は神様のデパートと言われるほど、沢山の神様が祀られています。

失礼ながら、どの神様が何のご利益なのかはっきりとわからないままでしたが、全ての神様にご挨拶。

皆さん、ここでもそれぞれの廟の前に足を止め、熱心にお祈りされていました。

こちらの方が凝った作りではありますが、どことなく雰囲気が首里城にも似ているような気がしますね。

一通りお参りを済ませて出口まで来ると、最後に売店がありました。

ここのお守りはとても人気なんだとか。家内安全に安産祈願に、沢山の種類が並んでいました。

お土産で買って帰っても喜ばれるかもしれません。

とりあえず台北で一番興味のあった場所、龍山寺へ来ることが出来てよかったです。

ご利益があるといいなぁ。

それでは、次の目的地へ向かいます。

<次の話>

JAL JGC修行1-11:最安ミシュラン店「添好運」のチャーシューメロンパン&寧夏夜市でB級グルメを堪能
龍山寺駅から西門駅乗り換えで、台北車站(台北駅・台北メインステーション)にやってきました。 立派な駅舎ですね!なんとなく紫禁城にも似た雰囲気の建物に、中華圏に来たんだなぁと実感します。 最安ミシュラン一つ星店、添好運 こちらでの目的は一つ。 台北駅前にある添好運 站前店(ティム・ホーワン駅前店)です。

<前の話>

JAL JGC修行1-9:台北の駅近リノベーションホテルに宿泊。スーパー頂好超市はお土産の調達におすすめ
ホテル最寄りの中山国小駅(ちゅうざんこくしょうえき)に到着しました。 日が長くなってきたとはいえ、20時半も過ぎればすっかり夜の風情。どこからともなくいい香りが漂ってきます。 街並みもなんとなく懐かしいような、新鮮なような、不思議な雰囲気。位置的には石垣島に近いのに、やはり外国なんですね。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク