JAL JGC修行1-4:アメニティはジュリーク!成田カンタス航空ラウンジは女性にオススメ


アメリカン航空アドミラルズクラブ
キャセイパシフィック航空ラウンジと見学を終え、次に目指すはオーストラリアのナショナルフラッグキャリア、カンタス航空ラウンジです。

カンタス航空のラウンジ「カンタスクラブ」は、成田空港第2ターミナルのサテライトに設置されています。

このフロアマップで言うと、左上ですね。

成田空港第2ターミナルマップ

今回のラウンジホッピングで、一番楽しみにしていたのがこのカンタスクラブ。

その理由は…

記事を読んで頂ければ分かります(*^^*)

スポンサーリンク

連絡通路でサテライトへ

出国審査場のある本館からサテライトまでは、徒歩での移動です。

連絡通路は、本館の2階とサテライトの3階を結んでいます。出国審査場を出たところは本館3階なので、まずは1フロア下の2階に向かいます。

サテライト連絡通路

エスカレーターで降りると、連絡通路の入口です。

連絡通路は220mの長い廊下ですが、動く歩道(ムービングサイドウォーク)が設置されています。

成田空港第2ターミナル連絡通路

以前、国際線のメインが成田空港だった頃は、サテライトまで「シャトル」で移動した気がするけど…と思って調べてみると、待ち時間等の不便解消を目指して、新たにこの連絡通路を作り、完成に伴って2013年9月で運行を終了したのだそう。

シャトルは、圧縮空気によって浮上して走行する乗り物(オーチス・ホバー)で、厳密には水平エレベーターという扱いで運行されていました。

毎回あのシャトルに乗ると、これから海外旅行だ!というテンションが否応無しに高まっていたもの。もう乗ることができないのは、ちょっぴり残念です。

連絡通路の窓の外には、JALを始めとしたワンワールド加盟航空会社の飛行機が並んでいました。

成田空港第2ターミナル駐機場

鶴丸マークが復活してくれてよかったです。やっぱりこちらの方が断然格好いい!

サテライト到着

飛行機を左右に見ながらの220mはあっという間。サテライトの入口までやってきました。

成田空港第2ターミナルサテライト入口

連絡通路を出ると、正面に分かれ道があります。

目指すカンタス航空ラウンジは、左手の2階。右に進むと、JALファーストラウンジ/サクララウンジです。

成田空港第2ターミナルサテライトマップ

左の道を進むと2階へ降りるエスカレーターが見えてきました。「Qantas Business Lounge」という案内が出ています。

早速ワンフロア降りて、カンタス航空ラウンジに向かいましょう。

カンタス航空ラウンジ案内

カンタス航空ラウンジ

ラウンジの入口がこちらです。

カンタス航空ラウンジ入口

カンタス航空の出発便は、20時台にメルボルン行きとブリスベン行きの2便。つまり、現時点では夜間に出発する便しかありません。

午前11時過ぎの時間帯は、こちらも貸切状態でした。

カンタス航空ラウンジ

早速シャワールームへ!

実は、カンタス航空のラウンジで一番楽しみにしていたのは、何と言ってもシャワールーム!

ということで、入室受付と同時にシャワールームの鍵をお借りしてきました。

この日は4番のお部屋。壁に掛けられた絵も、オーストラリアらしいナチュラルな印象です。

カンタス航空ラウンジシャワールームドア

早速カードキーで解錠します。

カンタス航空ラウンジシャワールームカードキー

ちなみに、同じワンワールド系列のアメリカン航空アドミラルズクラブ、JALサクララウンジいずれも、シャワールームの鍵はカードタイプでした。

スターアライアンス系列では見たことがないように思います。

シャワールームではジュリークのアメニティを提供

シャワールームで一体何が楽しみだったのかというと…

カンタス航空ラウンジシャワールーム

洗面台にも置いてありますね。

そう、カンタス航空ラウンジシャワールームのアメニティは、「ジュリーク(Julrique)」なんです!

ANAダイヤ修行でシドニーに行ったことをきっかけにとっても気に入って、以来使い続けている化粧品メーカー。オーストラリアの豊かな土壌で育てられた植物を贅沢に活かした、お肌に優しい処方が特徴です。

シドニー2日目は、朝からハーバーブリッジを渡り、お土産の買い出しに行き、普段出不精な私にしては相当運動したわけですが、翌日はいよいよ帰国日。 悔いのないようにしなければ!ということで、まだまだ歩き回ります。 本場でジュリークの化粧品を探そう オーストラリアに来たらやりたいことの一つが、ジュリークの化粧品を買うこと! ジュリークは、1985年オーストラリア発祥のコスメブランド。ドイツ出身の学者夫妻によって設立されました。 高品質のオーガニックハーブを利用して造られた化...

カンタス航空ラウンジシャワールームアメニティ

こちらはジャスミンの香りがするボディクリーム。

この他、シャンプー・リンス・ボディソープもジュリーク尽くしです。

カンタス航空ラウンジシャワールームアメニティ

ボディ用はジャスミン、ヘアケアはラベンダーのシリーズとなっていました。

洗い上がりはというと、ボディ用は保湿重視タイプ。ヘアケア用はしっとりと言うよりはボリュームアップ系でしょうか。

好みは分かれそうですが、何しろとってもいい香りがします。長時間フライトの前に好きな香りでリラックスできるのは、至福の一言。

設備自体は至ってシンプル

シャワー自体はこのようなハンドシャワーです。水圧は正直イマイチでした。でも、シャンプー類さえいい香りなら、何も文句はありません!(笑)。

カンタス航空ラウンジシャワー

トイレも、他のどのラウンジよりもシンプルなもの。温便座もウォシュレットも付いていません。一足早く、海外に来た気分が味わえるかも?

カンタス航空ラウンジシャワールームトイレ

シャワールーム自体、ドアや仕切りがないとてもシンプルな作りです。

ジュリークのシャンプーやボディクリーム、タオルの他には、何のアメニティもありませんでしたので、もし歯ブラシやシェーバーを使うなら、自分で持ち込む必要があります。

カンタス航空ラウンジシャワールーム

ヘアドライヤーは設置されています。

カンタス航空ラウンジシャワールームドライヤー

アメリカン航空アドミラルズクラブと同じ機種でした。一応「ion」と書いてありますが、ナノケアのような日本の有名メーカー品と比べると、全くイオンの効果は感じられません。風量も弱く、ショートカットの私ですら乾き切るまでに非常に時間がかかりました。

さらにシャワールーム自体、通気性が0のため、暑くて暑くて茹だりそう…。

ロングヘアの方は、自分でドライヤーを持って来る方がいいでしょう。

もしジュリークに興味がないなら、後日ご紹介するJALサクララウンジのシャワールームを使う方がいいかもしれません。そちらにはちゃんとしたイオンドライヤーもありましたし、より快適なシャワー室でした。

お手洗いにもジュリーク

ちなみにシャワールームだけでなく、お手洗いにもジュリークのアメニティが用意されています。

カンタス航空ラウンジトイレ

手洗い場にシャワールームと同じジャスミンのボディクリーム。

カンタス航空ラウンジトイレアメニティ

手肌が乾燥しやすいので、嬉しい限りです。

スポンサーリンク

ラウンジ室内

シャワーを終えて室内へ。未だ誰も来ていないようです。

カンタス航空ラウンジ

こちらのラウンジは、カウンター席からサテライト・本館全体の駐機場を見渡すことができます。飛行機好きには堪えられませんね!

この風景を贅沢に独り占めして、野菜ジュース+炭酸水で乾杯です。

カンタス航空ラウンジカウンター

すっかりのぼせてしまった体に染み渡ります。

窓の外には見慣れない飛行機が。フィリピンのマニラ・セブ島を本拠地とする、「セブパシフィック航空」です。これまでANAばかり利用してきましたから、JGC修行を決意しなければ、多分見ることもなかった光景でしょうね。

成田空港第2ターミナル駐機場

カウンター席はこのような感じで、PCが付いている席もあります。

カンタス航空ラウンジ

キャセイパシフィック航空と同じく、カンタス航空ラウンジも赤をアクセントカラーにしていました。シックで素敵。

カンタス航空ラウンジインテリア

ドリンク・おやつコーナー

カウンター席の近くに、ドリンクバーが設置されています。

カンタス航空ラウンジドリンクバー

ポテトチップスとおかき。

カンタス航空ラウンジおやつ

こちらのビールサーバーは一番搾りです。

カンタス航空ラウンジビールサーバー

もちろん、ジュースサーバーもあります。

・炭酸水
・ペプシコーラ
・ペプシネックス
・ジンジャーエール
・CCレモン
・オレンジジュース
・緑茶
カンタス航空ラウンジジューサーバー

コーヒーメーカーもなんだかレトロでオシャレ。

エスプレッソやカプチーノに加えて、オージーが大好きな「Flat White (フラットホワイト…エスプレッソ+スチームミルク)」や「Long Black(ロングブラック…エスプレッソのお湯割)」も作ることができます。

さすがはオーストラリアの航空会社ですね!なかなか日本ではお目にかかれないコーヒーなので、こちらのラウンジでぜひトライすることをオススメします。

私も昨年ANAダイヤ修行でシドニーに行った際、フラットホワイトを頂いたことを懐かしく思い出しました。

とうとうシドニー最終日となりました。何を見ても食べても素晴らしくて、離れがたい思いです…。 その一方で、かなり疲れも溜まって来ましたので、今日はあまり無理せず凌ぎたいところ。 この日は10時前にチェックアウトして、お土産の調整と、コーヒーが評判のカフェに行くことにしました。 シドニーのスーパー「Woolworths」 まずはスーパーヘお菓子を買いに。どこに行こうか考えがまとまらないまま歩いていたら、タウンホール駅まで来てしまいました。 ちょうどスーパーマーケット「W...

冷蔵庫には、松竹梅白壁蔵の純米酒とスパークリングも。

カンタス航空ラウンジ冷蔵庫

この他、缶ビール3種(ハイネケン・プレミアムモルツ・アサヒスーパードライ)などもありました。

軽食コーナー

11時50分になると、ラウンジを入ってすぐのところに軽食コーナーがオープンしました。

パンとクラッカー、ジャム・バター。

カンタス航空ラウンジ軽食

サンドイッチやハム、野菜のマリネ、枝豆、ポテトサラダ。

カンタス航空ラウンジ昼食

バナナとマフィン。

カンタス航空ラウンジフードコーナー

紅茶のティーバッグは「Dilmah(ディルマ)」製です。

カンタス航空ラウンジ紅茶

9種類全てについて、説明書がありました。

カンタス航空ラウンジ紅茶説明

これを読むと、ますます美味しく感じられそうですね。

先程と同じコーヒーメーカーもあります。

カンタス航空ラウンジコーヒーメーカー

こちらのビールサーバーは、サッポロ黒ラベルでした。

カンタス航空ラウンジビールサーバー

まとめ

・カンタス航空ラウンジの魅力は、何と言ってもジュリークのアメニティ!

・オーストラリアならではのコーヒー「フラットホワイト」「ロングブラック」も味わうことが出来る。

・本館とサテライトの駐機場を見渡せる、オシャレなカウンター席がある。

・食べ物は充実しているとは言い難い。

・20時まで出発便がないため、日中は空いていると思われる。

ということでした。

ラウンジ3つの見学を終え、次はJALサクララウンジ!成田のワンワールド系列ラウンジの中で最も豪華との評判なので、楽しみです。

<次の話>

成田空港第2ターミナル本館のアメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィックラウンジ、そしてサテライトにあるカンタス航空ラウンジと、3つのラウンジを回ってきました。 キャセイパシフィック航空のビジネスクラスチケットで入れるラウンジはあと2つ。 サテライトと本館それぞれに1つずつある、JALのサクララウンジです。

<前の話>

成田空港第2ターミナルのワンワールドラウンジホッピング、第2回目です。 最初に訪問したアメリカン航空アドミラルズクラブを出たら、エスカレーターで元の3階に戻り、さらに4階へ。 表中、下真ん中付近にあります。 飛行機が出発するまでの正味5時間の間に、合計5つのラウンジを回る予定のため、やや急ぎ足。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク