JAL JGC修行1-5:特製カレーにマッサージチェア!JALサクララウンジサテライト編

成田空港第2ターミナル本館のアメリカン航空アドミラルズクラブキャセイパシフィックラウンジ、そしてサテライトにあるカンタス航空ラウンジと、3つのラウンジを回ってきました。

キャセイパシフィック航空のビジネスクラスチケットで入れるラウンジはあと2つ。

サテライトと本館それぞれに1つずつある、JALのサクララウンジです。

特に、JAL特製カレーやメゾンカイザーのパンなど、食事が充実しているのは有名ですよね。JALラウンジで昼食を取るべく、これまでのラウンジでは飲食を控えるほど楽しみにしていました(笑)。

それではさっそく、サテライトの方のサクララウンジに行ってみましょう。

この時間帯、サテライトから出発する便があまりないようで、歩いている人もめったに見かけません。ラウンジでもゆったり過ごせそうな予感がします。

成田空港第2ターミナルサテライト

スポンサーリンク

サクララウンジに到着

サテライトの方にも、ファーストクラスラウンジ・サクララウンジ双方が揃っています。

サテライト サクララウンジ入口

利用できる人は?

それぞれの利用対象者は下記の通り。

JALファーストクラスラウンジ
  • JMBダイヤモンド
  • JGCプレミア
  • ファーストクラス
JALサクララウンジ
  • JMBダイヤモンド
  • JGCプレミア
  • JMBサファイア
  • JALグローバルクラブ(JGC)
  • ファーストクラス
  • ビジネスクラス
  • プレミアムエコノミー(当日UG除く)
  • エコノミー運賃Y(韓国・グアム行き除く)
  • エコノミーセイバーフレックス(一部例外あり)

今回は、JALのステータスは何も持っておらず、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスチケット所持だけのため、使えるのはサクララウンジのみです。

しかし、今年のJGC修行ではJGCプレミア(80,000FOP)まで目指す予定ですので、解脱後サービス提供期間が終わる再来年3月までなら、たとえエコノミークラスでもJALファーストクラスラウンジを使えるようになります。

ANAにも、上位会員やファーストクラス搭乗者が利用できる「スイートラウンジ」がありますが、JALのファーストクラスラウンジの方が豪華と聞きますので、今からJGCプレミアになれる日が待ち遠しいです。

なぜJGCまでではなく、さらに上のJGCプレミアを目指すべきなのかは、こちらで解説しています。

ニューヨーク行きファーストクラス航空券も発券してしまったことだし、2017年はJGC修行だ! …と言いながら、実は「ANAダイヤもあるのに、滅多に乗らないJALの上級会員にまでなる必要が本当にあるのだろうか…?」とイマイチ踏ん切りがついていない状況が続いていました。 が、あっという間に年も明けてしまいましたので、あまり迷っていて流れに乗り遅れてもいけません。 ということで今回は、もう一度JGCを目指すべきかどうかを一から検討し直してみたいと思います。 なぜJGCが必要...

サクララウンジは2階

サテライト3階のエントランスに入ると、受付とファーストクラスラウンジが。サクララウンジは、右手に見える階段を降りた2階にあります(エレベーターもあり)。

サクララウンジ入口

受付に搭乗券とパスポート提示して手続き完了。さっそく2階に降りてみましょう。

エレベーターを降りると、またカウンターがありますが、すでに3階で受付を済ませているため、こちらでは手続き不要です。

サクララウンジ受付から奥を見ると、このようになっています。こちらもご多分に漏れず、人っ子一人いません。

成田空港第2ターミナルサテライトサクララウンジ

落ち着いたインテリア

赤を多用していたキャセイやカンタスとは異なり、こちらは落ち着いたアースカラーが基調。

サクララウンジインテリア

JAL利用者はANAよりも年齢層が高いと聞きますが、確かに若者向けのインテリアではないように感じられました。

奥行きが広く、ファミリーや商談向きのボックス席、カップル席、カウンター席と、席の種類&数は十分です。

サクララウンジ室内

カンタス航空とは反対側となる、サテライト~本館の駐機場を広々見渡すことができます。

サクララウンジ窓際

スポンサーリンク

フードコーナー

12時も過ぎましたし、お腹はペコペコ。早速フードコーナーを見てみることにしましょう。

すっきりとしたアイランド型になっています。

サクララウンジフードコーナー

まずは、サラダバー。アメリカン航空アドミラルズクラブでも提供されていましたね。

サクララウンジサラダバー

ドレッシングは、グリーンゴッデス・野菜ドレッシング・和風ドレッシング・中華ドレッシングの4種類。

JALドレッシング

グリーンゴッデスとはなんぞや?と思って調べて見たところ、アンチョビやワインビネガー、パセリで作られた、クリーミーなドレッシングとのこと。サンフランシスコのシェフが約100年前に作ったレシピで、現在ロイヤルホストやbillsでも提供されているそうです。

何となく冒険を避けて、無難な和風にしてしまいました…次回は試してみたいと思います。

牛丼なんてメニューもありました。

サクララウンジ牛丼

ハンバーグトマトソース。お子さんに良さげです。

サクララウンジハンバーグ

ご飯は山形県産のはえぬき。

JALご飯

お味噌汁やユッケジャンスープも。美味しい白ご飯を引き立ててくれそうです。

JAL汁物

ありました!これがかの有名な、JAL特製オリジナルビーフカレーです。

JAL特製オリジナルビーフカレー

カレーには外せない漬物も、ちゃんと隣に用意されていました。福神漬け、らっきょう漬け、花しば、かつお梅干しの4種類です。

サクララウンジ漬物

パン各種。

サクララウンジ パン

右から苺マフィン、チョコレートデニッシュ、クロワッサン、バゲットモンジュ。左端にあるのが、今月のメゾンカイザーコラボメニューの「抹茶のレザンノア」。

結構硬めで酸味と苦味があり、お子様舌の私はあまり好きな味ではありませんでした…。大人ヘルシー志向の方はお好きかもしれません。

ジャム。

サクララウンジジャム

バター。

サクララウンジ バター

ドリンクバー

まずは、冷蔵庫上段にジュースが4種(トマト、オレンジ、アップル、グレープフルーツ)。

サクララウンジ 冷蔵庫

中段には牛乳とキウイジュース。この牛乳はロングライフタイプで濃厚で美味と評判のようです。

キウイが描かれたパックは、現在機内でも提供されているJALオリジナルジュース「SKY TIME(スカイタイム)」。元々は1992年から2004年まで機内提供されていたもので、終了から10年後の2014年、多くの要望に応えて復刻したのだそうです。果汁分は3%と少なく、結構甘め。

サクララウンジ スカイタイム

下段には烏龍茶とポカリスエットが置かれていました。

ジュースサーバーには、綾鷹、炭酸水、コカコーラ、ジンジャーエール、トニックウォーター、アイスティー、アイスコーヒーが入っています。

サクララウンジ ジュースサーバー

コーヒーメーカー。

サクララウンジ コーヒーメーカー

ブレンドコーヒー、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノの4種です。

ビールはいずれもサッポロ生ビールと書かれています。黒ラベルのことでいいのでしょうか。

サクララウンジ ビールサーバー

ウィスキー、スピリッツ。

サクララウンジ 酒類

純米酒やワイン。

サクララウンジ 酒類

JAL特製カレーが美味!!

さっそくカレーを頂いてきました。

実は子供の頃から、あまりカレーが好きでない私。これまで美味しいと感じたことは、宮崎が誇るガンジスカレーや虎ノ門ニルヴァナムなど、数えられる程しかありません。

評判のJAL特製カレーはどうでしょうか…いざ実食!

JAL特製オリジナルビーフカレー

……

………美味しい~!!

口に入れるとまず甘みが広がり、その後スパイスの香りと少々の辛味が感じられます。

大きくカットされた牛肉は脂の臭みもなく、とろとろに煮込まれていて、スプーンでも容易にほぐれてしまうほど。

ANAの国際線ラウンジでもチキンカレーが提供されていて、以前頂いたことがありますが、レベルが違いますね…これは評判になるはずです。

そんなに辛くはないのに、大人でも満足できてしまうのは、贅沢な具材と深みのある香りのせいでしょうか。子どもから大人まで、きっと皆大好きな味だと感じました。

食いしん坊の私は、この味に出会えただけでもJGC修行始めて良かったな~!と感動。ANA一筋でいたら、味わう機会もなかったでしょうから。

飲み物は、アップルジュース:炭酸水=2:1でApfelschorle(アプフェルショーレ=ドイツでよく飲まれるリンゴ炭酸ジュース)にしてみました。カレーによく合います。

アプフェルショーレ

大満足の昼食となりました。ごちそうさまでした!

極楽マッサージ

食後はマッサージコーナーへ。

混雑時には順番待ちなのでしょうが、ラウンジに私一人きりなので選び放題です。

サテライトサクララウンジ マッサージチェア

マッサージしながら飛行機を眺めることも出来ます。

マッサージチェア

傍らには、ヘッドレストカバーと「蒸気でホットアイマスク」が置いてあります。

JALマッサージチェア 備品

目も体もいっぺんにほぐすことが出来て、至福のひととき。

マッサージチェアもかなり本格的で、このようにほとんど仰向けになって背中や腰をじっくり揉んでくれます。極楽極楽。

マッサージチェア

ちなみに、サテライトのサクララウンジにはシャワールームがありません(ファーストクラスラウンジにはあり)。

シャワーを使いたい方は、出国審査場を出てすぐのJALサクララウンジ(本館)か、またはこのサテライトなら、近くのカンタス航空ラウンジに行く必要がありますのでご注意を。

まとめ

・JALサクララウンジ名物、特製カレーが美味!

・駐機場を見渡せる席が豊富。

・マッサージチェアは本格的な上、アイマスクまで用意されているという充実ぶり!

・シャワー室はなし。

とにかくカレーが美味しくて感動でした。この時はサテライト出発便がないためとても空いていましたが、後日利用した際は、人・人・人で席を見つけるのも困難な状況でした。当然ですが、混む時は混むんですね。

いよいよ次回はラウンジツアー最終回、本館のサクララウンジをご紹介します!

<次の話>

成田空港第2ターミナルのワンワールドラウンジホッピング、アメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィック航空ラウンジ、カンタス航空ラウンジ、JALサクララウンジ(サテライト)と来まして、最後は本館にあるJALサクララウンジです! 第2ターミナルのワンワールドラウンジの中で、最も豪華(ファーストクラスラウンジは除く)という評判ですから、否応なく期待も高まります。

<前の話>

アメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィック航空ラウンジと見学を終え、次に目指すはオーストラリアのナショナルフラッグキャリア、カンタス航空ラウンジです。 カンタス航空のラウンジ「カンタスクラブ」は、成田空港第2ターミナルのサテライトに設置されています。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク