JAL JGC修行2-3:KLIAエクスプレスはマスターカード決済で20%引き!クアラルンプール空港から市街地までの電車乗り換え案内

クアラルンプール国際空港

7時間半のフライトを終え、クアラルンプール国際空港(俗称KLIA= Kuala Lumpur International Airport)に到着しました。

到着したのは現地時間18時少し前。これから観光するには遅い時間なので、ホテルに直行することにします。

宿泊予定のホテルは、クアラルンプールの中心地「KLCC(クアラルンプール・シティ・センター)」の近く。

初めてのクアラルンプールで迷わず目的地にたどり着けるでしょうか…

スポンサーリンク

クアラルンプール国際空港

このクアラルンプール国際空港は、かの有名な建築家、黒川紀章氏が設計し、メインターミナルを大成建設、サテライトを竹中工務店が施工したため、至る所に日本語の表記を見つけることが出来ます。

クアラルンプール国際空港

開港は1998年と20年近く前ですが、全く古さを感じさせない、現代的で開放感あふれる素敵な空港です。

コンセプトは「Airport in the forest,forest in the airport. 森の中の空港、空港の中の森」。マレーシアらしい自然の風景が中庭にも取り入れられていました。

空港本館へはシャトルで移動

まずは入国審査に進みましょう。

JAL723便が到着したのは、KLIAのサテライト。入国審査場のあるメインターミナルまでは、無人シャトル「エアロトレイン(Aerotrain)」で移動します。

クアラルンプール国際空港 エアロトレイン

「カートの持ち込みはご遠慮ください」と日本語で書いてあります。

英語と併記されているのが、公用語であるマレー語ではないのが何だか不思議ですね。

クアラルンプール国際空港

他にも到着便があったらしく、中は満員ぎゅうぎゅう詰め。シャトルは猛スピードでサテライトを後にします。

クアラルンプール国際空港 シャトル

「手荷物受取所」の案内板に従って進むと、奥に入国審査場がありました。

クアラルンプール国際空港

ビジネスクラス乗客はプレミアレーン利用可

クアラルンプール国際空港では、ビジネスクラスの乗客用に入国審査プレミア・レーン(優待通路)を設置しています。

事前に機内でこちらのファストパスをいただいていました。

クアラルンプール国際空港 プレミアレーンパス

プレミアレーンカウンターは29・30番。

クアラルンプール国際空港 ファストパス

これさえあれば、あっという間に入国できるはず…だったのですが、2つある窓口のうち1つしか開いておらず、しかも到着便が重なって長蛇の列。当然遅々として進まず、入国するまでにかなりの時間を要しました。

前後の時期にKLIAに到着した方々のツイートやブログを拝見するに、どうやらこの状況はこの日だけではなかったようです。毎日のように「プレミアレーンなのにまったく動かない」「一体いつまでかかるんだろう」という感想が目に入ってきました。

マレーシアの祝日か何か?と思い色々調べてみましたが、それらしい情報は見つかりませんでした。

ちょうど隣のレーンが、審査の進みが早いマレーシア国籍者用だったこともあり、あっという間に捌けていく様子を見ながら、プレミアレーンに並んでいた皆さん、「違うレーンに行ったほうがいいかな?」と戸惑い相談し合う声が聞こえてきました。

もっとスムーズに入国する方法があればいいのですが…これでも普通のレーンよりは早かったのでしょうか。

マレーシア入国!

待つこと30分以上、ようやく行列から開放され、無事マレーシア入国。

クアラルンプール国際空港

気を取り直して、さっそくホテルに向かいましょう。

クアラルンプール市内まではKLIAエクスプレスを利用

クアラルンプール国際空港からクアラルンプール市内まではおよそ60kmと、結構な距離があります。東京駅から60kmというと、鎌倉あたりまで。

普通に考えれば、移動に1時間位はかかりそうなものですが、旅行者のほとんどが使うであろう主要な交通手段「KLIAエクスプレス(KLIA Ekspres)」なら、たった28分です。

この電車は、KLIA(クアラルンプール国際空港駅)~KL Sentral(クアラルンプールセントラル駅)区間をシャトル運行しています。

目指すKLCC方面へは、KL セントラルで別の電車への乗り継ぎが必要です。というわけで、とりあえずKLIAエクスプレスのチケットを購入しましょう。

チケットはマスターカード決済で20%オフに!

手荷物受取場にもチケットオフィスがあり、とても空いていたのでこちらで切符を買うことにしました。

クアラルンプール国際空港 KLIA Ekspres チケット売り場

KLIAエクスプレスのチケットを購入する際に注意すべき点は1つ!それは、Master card(マスターカード)で決済すること。

そうすれば、20%割引価格で購入することが出来るのです。

片道・往復&割引・通常運賃はそれぞれ下記の通り。

片道 往復
通常運賃 RM55(1,430円) RM100(2,600円)
マスターカード割引運賃 RM44(1,144円) RM80(2,080円)

(RM=マレーシアリンギット/ RM1≒26円(2017年5月11日現在))

往復チケットの方が、片道よりもお得ですね。

チケット有効期限は購入から1ヶ月とたっぷり余裕がありますので、ここはもちろん往復チケット一択。

チケットは、自動販売機で購入します。

クアラルンプール国際空港 KLIA Ekspresチケット販売記

出発地・到着地・人数などを選択し、決済画面でマスターカードを差し込むと…

クアラルンプール国際空港 KLIA Ekspres 切符販売機

自動的に20%オフが適用され、RM80(≒2,080円)となりました。

マスターカード割引分のRM20は、日本円に換算すると500円以上。マレーシアは物価が安いので、500円といえど侮れません。2食分くらいにはなるでしょう。

クレジットカードがうまく読み取られず、カウンターの店員さんに助けてもらいながら発券完了。

チケットはペラっとした紙製なので、失くしたり破ったりしないよう注意が必要です。

クアラルンプール国際空港 KLIA Ekspres チケット

ぼかしてしまってますが、右側のQRコードを改札の読取機にかざすと入場することが出来ます。

さっそく駅へ向かいましょう。

KLIAエクスプレス乗車

KLIAエクスプレスの駅はレベル1にあります。この到着フロアはレベル3。エスカレーターで下へ降ります。

クアラルンプール国際空港 KLIA Ekspres

改札に到着。

クアラルンプール国際空港 KLIA Ekspres 改札

チケットをスキャンして入場します。

ホームに着くと、ちょうどKLIAエクスプレスが到着しました。

クアラルンプール国際空港 KLIA Ekspres

電車には、KLセントラル駅まで直行の「エクスプレス(Ekspres)」と、途中3駅に停車する「トランジット(Transit)」の2種類があります。

KLIAエクスプレス KLIAトランジット
KL Sentral迄の所要時間 28分 35分
停車駅 KL Sentral~KLIA~KLIA2 KL Sentral~Bandar Tasik~Selatan Putrajaya & Cyberjaya Salak~Tinggi~KLIA~KLIA2

KLセントラル駅に行くなら、断然エクスプレスが有利。

7分の差とはいえ、入国審査で予想外に時間を取られてしまったので、エクスプレスに乗ることが出来て幸いでした。

クアラルンプール国際空港 KLIA Ekspres

クアラルンプール市内へ

飛行機を降りてから殆ど屋外の様子を見ずにここまで来たため、なんだかもうすっかり夜の気分で来ましたが、意外とまだ日が残っていました。

クアラルンプール国際空港 KLIA Ekspres

とても空が広く、のどかな農地の向こうに都会的な建物を臨むことが出来ます。

南国の雰囲気も相まって、なんとなく故郷の宮崎を思い出しました。まだ何を見たわけでもありませんが、マレーシア、きっと好きになれそうな気がします。

終着地に近づくにつれ、農作地はすっかり姿を消し、有名なペトロナスタワーや、東南アジア1位の高さを誇る通信塔、KLタワーが間近に迫ってきました。

クアラルンプールの夜景

同じ東南アジアでも、シンガポールとはまた違った雰囲気ですね。

KLセントラル駅到着

定刻通り、終点のKLセントラル駅に到着しました。

電車内はとても清潔でしたし、TVモニターやフリーWi-Fiもあって退屈しない28分間でした。

KL Sentral駅

KJLに乗り継ぎ

ここから先は、また別の電車に乗ってホテルへ向かうのですが、どの電車に乗ればいいのか調べておくのをすっかり忘れていました。

今回は滞在期間も短く、クアラルンプールではフリーWi-Fiが至る所にあると聞いていたため、SIMカードを購入せず…。

あいにくこの駅構内ではWi-Fiに繋ぐことが出来なかったので、インフォメーションらしきところで尋ねてみると、とても親切に教えてもらえました。

ホテル最寄りの駅名だけは覚えておいて良かったです。「Ampang Park=アンパンパーク」という名前なので、とても覚えやすかったんですよね。

お兄さんに教わった通り、難なく乗り場を見つけることが出来ました。

KJL乗り場

チケット購入

乗るべきは、KJL=Kelana Jaya Line、ラピドKLクラナ・ジャヤ線という電車だったようです。

アンパンパークまでは6駅、約15分。ペトロナスタワー最寄りのKLCC駅に行くのなら、同じ路線でアンパンパークの1駅手前です。

さっそく切符を購入しましょう。

KJL 切符自動販売機

機械にはクレジットカードの挿入口があるのですが、画面上ではクレジットカードのマークに大きくバツが付いており、現金精算しか出来ないようになっていました。

KJL 切符自動販売機

KJLは5番、左から2番目の電車をタッチ。似たような電車の絵が並んでいるので、利用する路線の名前がわからないとまごついてしまいますね…。

KJL 切符自動販売機

その後は目指す駅名をタッチし、お金を入れてチケットを受け取るだけです。KLセントラルからアンパンパークまではRM2.70(≒70円)でした。

チケットは、台湾と同じトークンタイプ

KJLトークン

チケットさえ買えてしまえば、あとは迷いなく移動できると思います。

プラットホームの表示もわかりやすいです。

KJL案内板

アンパンパークは右手、1番ホームですね。エスカレーターで2階に上がります。

KJL乗車

ちょうど電車がやってきました。

KJL プラットホーム

平日の19時半頃でしたが、満員です。皆さん仕事帰りなのでしょうか。

KJL プラットホーム

マレーシアは治安が悪いという記事を沢山目にして来たので、少なからず心配していましたが、ブランド品を持った女性も普通に乗車していましたし、怪しい雰囲気は全く感じられませんでした。

最終目的地、アンパンパーク駅に到着!

アンパンパーク駅

時刻はまもなく20時になろうかというところです。

クアラルンプール国際空港に到着したのは18時前でしたので、ここまで2時間ほど。結構かかりましたね。

今日のホテルは、この駅から3分ほどの「ダブルツリーバイヒルトンクアラルンプール」です。

ヒルトンオナーズダイヤモンドメンバー特典で、多少なりともアップグレードされていると嬉しいのですが。海外で利用するのは初めてなので、ドキドキワクワクです。

さっそく行ってみましょう!

<次の話>

今回は、クアラルンプール中心地にある「ダブルツリーバイヒルトンクアラルンプール」に一泊します。 ダブルツリーはヒルトン系列のホテルですので、ヒルトンオナーズダイヤモンドステータスの特典として、お部屋のアップグレードという制度があります。 以前、ヒルトン東京を利用した際には、2番目にいいお部屋にアップグレードしていただきましたが、今回はどうなるのでしょうか。 海外のヒルトン自体が初めてなので、お部屋やサービス内容もとても楽しみです!

<前の話>

今回はJALビジネスクラスの機内食と機内販売のレポートです。 これまでANA一筋だっため、JALの機内食は初めて。 ANAのビジネスクラスに乗った時も機内食の美味しさに感動しましたが、JALはANA以上に美味しいと評判のようなので、とっても楽しみにしていました。 結論から申しますと「JALさん凄すぎです!」 詳細は以下でご紹介していきます。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク