JAL JGC修行4-1:成田空港から出国する時に覚えておきたいポイント。ビジネスクラスは北ウィング、JGCになったら南ウイングがオススメ

JAL723便

5月、GW真っ只中。

JGC修行も早いもので第4回目となりました。

4月中旬から2ヶ月程で全80,000FOPを稼ぎ、JGCプレミアを目指すスケジュールなので、かなりタイトに旅程を消化していかなければなりません。

今回は成田ークアラルンプールの往復。宿泊はせず、同一機材での折り返しを予定しています。

一体どんな旅になるのでしょうか。

スポンサーリンク

エアポート快特で成田空港へ

いつも成田空港に行く時には、銀座や東京駅から1,000円で乗車できる「THEアクセス成田」という高速バスを使っていました。

ANAダイヤ修行記2-2:沖縄でお買い物!格安高速バスTHEアクセス成田は快適便利
ANAダイヤ修行第2回の2日目、朝。 せっかくまた飛行機修行を始めるなら、SFC修行では出来なかったことをしよう!と思っていたので、まず叶えやすいところから。 定宿のKARIYUSHI LCH. Izumizaki 県庁前は、1階がローソンになっています。これもこのホテルのステキポイントの一つです。 「LCH=ローコストホテル」の名の通り、基本的に客室にはタオル以外のアメニティはありませんから、24時間開いているコンビニが建物内にあるって本当に便利です。 ...

しかし、この日はGW中でしたので、もし万一高速道路で渋滞などのトラブルがあると困ると思い、久しぶりに京成電鉄のエアポート快特を利用することにしました。

エアポート快特

高速バスに比べるとどうしても時間がかかりますし、停車駅も多いのでとても待ち長かったです。

が、やはり時間が読めるのは利点ですね。無事定刻通り成田空港に到着しました。

成田空港第2ターミナル

成田空港第2ターミナルには北ウイングと南ウイングがあります。

今回は南ウイングにあるJALカウンターに来てみました。前回クアラルンプールに行った際は、バス降車場から近い北ウイングを利用したので、南ウィングは初めてです。

成田空港第1ターミナル

JALのチェックインカウンター

南ウイングにあるカウンターのうち、JからQがJALのカウンターです。

カウンターJ/Kがビジネスクラス、LがファーストクラスとJGC、Mがプレミアムエコノミークラス。そして、エコノミークラスがP/Qと分かれています。

成田空港 JALカウンター

(JAL公式HPより)

南ウィングにJAL上級会員向けファストレーンあり

第2ターミナル南ウイング側の出国審査場には、JALのファストセキュリティレーンが設置されています。

成田空港JALファストセキュリティレーン

スターアライアンス系の航空会社が入居する第1ターミナルには、ANAファーストクラス利用者とダイヤモンドメンバーが利用できるSUITE CHECK-in、通称「Z屋敷」がありますが、そちらと同じように独立した空間です。

ただ、ANAのZ屋敷がANA便のファーストクラス・ダイヤモンドメンバー(つまり、最上級の会員のみ)に対象を限定しているのに対し、JALの方は、JGC(ノーマル)やJGCプレミア、サファイアでも利用することが出来ます。

この点に関しては、ANAのSFC会員よりもJALのJGC会員の方が恵まれているようです。

きっとJALの上級会員はANAに比べて相対的に少ないのでしょうね。

ビジネスクラス用ファストトラックは北ウィング1箇所のみ

今回はJALのビジネスクラスを利用しますが、この南ウィングにはビジネスクラス利用客用のファストレーンはありません。

このため、JALの上級会員でないビジネスクラス利用者が南ウイング側の出国審査場を利用する場合、通常のレーンに並ぶ必要があります。

空いていれば通常レーンでも問題ありませんが、GWで大変な混雑でしたので、かなり時間がかかりそう。

ということで、ビジネスクラスファストラックがある北ウィングまで行き、そこから出国しました。

成田空港第1ターミナル北ウィング

JGCを持っていないビジネスクラス搭乗者は北ウイングのファストトラック、JGCを取得した後は南ウイングのファストセキュリティレーンと覚えておけばよさそうですね。

なお、ファストセキュリティレーンを利用できるのはJAL便を利用する時だけですのでご注意を。

スポンサーリンク

ラウンジで朝食

この日の搭乗口はサテライト92番。

サテライトへ向かう前に、前回のKULタッチで一番快適だと感じた本館サクララウンジで朝ごはんを頂きました。

成田空港サクララウンジ

全くカレー好きではなかったのですが、やっぱりこのサクララウンジのカレーは美味しい!朝から幸せです。

その後、生ビール(サッポロ黒ラベル)とクッキー等もいただきました。今日はクアラルンプール市内で移動する必要もないですし、初っ端からリラックスモードです。

成田空港サクララウンジ

サクララウンジの全貌は、こちらで詳しくご紹介しています。

JAL JGC修行1-6:【国際線】すべてがトップクラス!本館サクララウンジは成田空港のベストチョイス
成田空港第2ターミナルのワンワールドラウンジホッピング、アメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィック航空ラウンジ、カンタス航空ラウンジ、JALサクララウンジ(サテライト)と来まして、最後は本館にあるJALサクララウンジです! 第2ターミナルのワンワールドラウンジの中で、最も豪華(ファーストクラスラウンジは除く)という評判ですから、否応なく期待も高まります。

出発50分前にサテライトのカンタス航空ラウンジへ移動。

成田空港カンタス航空ラウンジ

カンタス航空ラウンジにしかない「フラットホワイト」をいただきました。

成田空港カンタス航空ラウンジ

オーストラリア名物のこのコーヒーはミルクたっぷりで優しい味。搭乗前にこうしてのんびり出来るって本当にありがたいことですね。

カンタス航空ラウンジの詳細については、こちらをご覧ください。

JAL JGC修行1-4:アメニティはジュリーク!成田カンタス航空ラウンジは女性にオススメ
アメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィック航空ラウンジと見学を終え、次に目指すはオーストラリアのナショナルフラッグキャリア、カンタス航空ラウンジです。 カンタス航空のラウンジ「カンタスクラブ」は、成田空港第2ターミナルのサテライトに設置されています。

いよいよクアラルンプールへ出発!

搭乗開始10分ほど前に、92番搭乗口にやってきました。

成田空港第1ターミナル92番搭乗口

前回以上に搭乗待ちの人が沢山並んでいます。この日もビジネスクラス優先レーンから入場しました。

窓側シートを確保

この日のシートは念願の窓際!4Aです。

パーテーションを閉めてしまえば、完全に人目が遮断されてプライベート感満載。一人旅なら断然こちらが快適です。

JAL724便

お陰でブログ仕事もはかどりました。

JAL724便ビジネスクラス

スタッガードになっていて、隣席に干渉することなく通路に出ることが出来ます。

JAL724便ビジネスクラス

足元もこの通り広々快適。

JAL724便ビジネスクラス

ただ、窓側の席だとすぐ手の届くところに小物入れがないのが、人によってはちょっぴり不便かもしれません。

離陸

今日も定刻通り離陸!

機材はB787-900。

席から大きなエンジンが見えます。迫力満点。これもB8の魅力の一つですよね。

B787−900

行ってきます!

機内食

まずはシャンパンをいただきました。

JALビジネスクラス

今日のグラスには鶴丸マークが入ってません。せっかく窓側なので、例の構図で撮影しておきました。

先日頂いた和食があまりにもおいしかったので、また同じものを予約。

JAL JGC修行2-2:ANAとのビジネスクラス機内食対決はJALの圧勝!機内販売の森伊蔵は抽選必至?
今回はJALビジネスクラスの機内食と機内販売のレポートです。 これまでANA一筋だっため、JALの機内食は初めて。 ANAのビジネスクラスに乗った時も機内食の美味しさに感動しましたが、JALはANA以上に美味しいと評判のようなので、とっても楽しみにしていました。 結論から申しますと「JALさん凄すぎです!」 詳細は以下でご紹介していきます。

美味しいと思ったら、飽きるまで食べ続けるタイプです。洋食のレポートもしたいと思いつつ、つい。

JALビジネスクラス機内食

今回もとっても美味でした。

JALビジネスクラス 機内食

くろぎさん監修の機内食は今回で食べ納めかと思ったら、夏のメニューも担当されるそうで、次回も楽しみです!

7月までのメニューはこちら(公式HPより)。

JALビジネスクラス 機内食

うーん、美味しそう。ますます洋食から遠ざかってしまいますね…。

バーカウンター

JALのビジネスクラスで楽しみにしていたものの一つが、ジャン・ポール・エヴァンのパレショコラ。

バーカウンターに置いてあるとのことだったのですが、前回はドライ納豆しかなく残念に思っていました。

が、今回はこの通り!

ドライ納豆とあられが入ったバスケットの下にチョコレートがありました。

JALビジネスクラス バーカウンター

しょっぱいもの・甘いものが選べるというだけで嬉しいのに、大好きなジャン・ポール・エヴァン。最高です。

1枚取って帰ろうとするとCAさんがやって来て、「せっかくですから4種類試してみてください!」と渡してくださったので、お言葉に甘えて頂いて来てしまいました。

ジャン=ポール・エヴァン JAL パレショコラ

種類は左から下記の通りです。

プティパレマカエ 62%(JALオリジナル)
ブラジル産カカオを使用。香ばしいビスケットの風味とスパイシーな後味がほのかに香るビターチョコレート。

プティパレレ ブレジリエン
アーモンドの香ばしい風味にキャラメルの香りのバランスが絶妙なミルクチョコレート。

プティパレレ カフェ(JALオリジナル)
ミルクチョコレートに砕いたコーヒー豆をトッピング。

プティパレブレジリエン ノワール(JALオリジナル)
香ばしく炒ったアーモンドを、南米産カカオ使用のビターチョコレートにトッピング。

いずれも美味しくいただきました。

ジャン=ポール・エヴァン JAL パレショコラ

最後はコーヒーとハーゲンダッツのアイス。ごちそうさまでした!

クアラルンプール到着

離陸から7時間20分ほどでクアラルンプール上空に達しました。

クアラルンプール上空

お花の形の水上コテージが気になったので写真撮影。

これは、クアラルンプール国際空港から45km離れたポートディクソンという町にある高級ホテル「レクシス ハイビスカス ポート ディクソン」だそうです。

こんなところでバカンスを過ごせたら素敵でしょうね。

数分後、クアラルンプール国際空港に着陸しました。とってもいいお天気!

クアラルンプール国際空港

折り返しの帰国便出発時刻までは6時間弱あります。今回は入国せず、空港内のラウンジで過ごしたいと思います。

<次の話>

JAL JGC修行4-2:マレーシア航空ゴールデンラウンジはとにかく広い!クアラルンプール国際空港6時間滞在記
JGC修行第4弾で、今年2回目のクアラルンプールにやってきました。 前回は1泊しましたが、今回はまさにとんぼ返り。到着した6時間後に折り返し便(同じ機材)で帰国します。 タイトなスケジュールですが、日帰り修行(厳密にいうと日付を跨ぎます)になるため、短期間で宿泊費用をかけずに修行ができるのが最大のメリット。 ただ、とても観光する暇はなさそうなので、入国せずにクアラルンプール空港(KLIA)内の制限エリアにあるラウンジで過ごすことにしました。

<前の話(第3回JGC修行)>

JAL JGC修行3-1:リニューアルされた那覇空港サクララウンジはとってもオシャレ。海外発券の国内線区間4レグ修行開始です!
JGC修行第三弾は、クアラルンプール線海外発券の国内区間として切り込んだ羽田-那覇-関西-那覇-羽田の4レグを日帰りでこなすスケジュールです! 小さい子供がいるため、できれば宿泊せずに日帰りで済ませたいと考えた結果、このような詰め込みとなったわけですが、やはり体力的には結構厳しいものがありました…。 今回の記事では、第1レグである羽田ー那覇のフライトと、リニューアルされた那覇空港のJALサクララウンジについて詳しくご紹介したいと思います。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク