JAL JGC修行4-3:プライオリティパスで入れるKLIAプラザプレミアムラウンジは、シャワーと食事どちらもオススメ

今回は、クアラルンプール国際空港サテライトターミナルにある「プラザプレミアムラウンジ(PLAZA PREMIUM LOUNGE)」をご紹介します。

こちらのラウンジは、エアライン直営ラウンジではありません。

入室するために、航空会社の上級会員である等の条件はなく、指定の料金を払えば誰でも利用することが出来ます。また、プライオリティを持っている場合は無料で利用することも可能です。

修業中は、まだ上級会員としての資格を持っていないはずですから、ラウンジ利用資格のないエコノミークラスを使って修行する場合は、このようなラウンジを活用するのがオススメ。

それでは、早速ラウンジの中の様子をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

まずはラウンジ受付です

昨年、ANAのSFC修行でOKA-SINタッチする時に使った「プライオリティパス」を準備して受付に向かいます。

ANA SFC修行 OKA-SINタッチに向けて チャンギ空港編:プライオリティパスのために楽天プレミアムカードに入会
SFC修行として実行するOKA-SINタッチの準備を進めています。 前半では、SINタッチする際の成田空港での過ごし方をご紹介しましたが、続いてシンガポール チャンギ空港での過ごし方について。 ハードなスケジュールを乗り切るためには、事前に対策を練っておく必要があります。 チャンギ空港はSKYTRAXのランキングで3年連続世界1位! チャンギ空港といえばアジアを代表するハブ空港であり、イギリス国際運輸調査機関SKYTRAXが発表するAirport of the yearで、ここ3...

プライオリティパスを提示すれば、無料でラウンジに入ることができます。

ちなみに、有料で利用する場合は時間制で、料金は下記の通りとなっています。

利用時間 料金
2 hours 168(≒4,350円)
5 hours 238(≒6,168円)
10 hours 258(≒6,687円)

なかなかいいお値段ですね…。

もし出発する日まで時間に余裕があるのなら、プライオリティパスを作って利用することをおすすめします。

インビテーションカードも利用可能

プラザプレミアムラウンジは、航空会社の指定ラウンジにもなっているため、下記航空会社発行のインビテーションカードを持つ人も利用可能です。

  • ANA
  • バンコク・エアウェイズ
  • ビーマン・バングラデシュ航空
  • 中国南方航空
  • エチオピア航空
  • エバー航空
  • フライナス
  • ガルーダ・インドネシア航空
  • イラン航空
  • クウェート航空
  • マーハーン航空
  • ミャンマー国際航空
  • ネパール航空
  • パキスタン国際航空
  • カタール航空
  • リージェント航空
  • ロイヤルブルネイ航空
  • ロイヤル・ヨルダン航空
  • サウディア航空
  • スリランカ航空
  • ターキッシュエアラインズ
  • ベトジェットエア
  • 厦門航空
  • イエメニア

インビテーションカードをどうやって入手するのかは残念ながら不明です。

おそらく、上記航空会社のビジネスクラスやファーストクラス利用者に配られるのでしょう。

プライオリティパスは左のレーンから

受付は2列に分かれていました。

インビテーションカードを持っている人は右、バンクカードは左となっています。

が、プライオリティパスはどちらに並べばよいのでしょうか?

バンクカードが具体的に何を指すのかよくわからなかったのですが、インビテーションカードではないしなぁと左の列に並んでみたところ、問題なく受付を済ませることができました。

プライオリティパスや料金を支払ってチェックインする場合は、左(バンクカードの列)で大丈夫なようです。

いざ入室!

それでは、ラウンジの中に入ってみましょう!

レセプションから室内を見ると、バーカウンターが目に入ります。

アルコールはセルフサービスではなく、こちらで頼まなければならないようです。マレーシアの国教がイスラム教であるがための配慮なのかもしれません。

それにしても混んでいます。

この時、夕方6時半頃。出発便が重なっているのでしょうか。一人分の椅子すら見つからないほど。

仕方がないので、先にシャワー室をお借りすることにしました。帰ってくる頃には空いているかもしれませんしね。

シャワールーム

シャワー室は最奥、トイレの並びにあります。

利用したい場合は、下の写真奥に見えるお部屋で申し込みが必要です。チケットとパスポートを提示しました。

ちょうど1室空いているとのことで、すぐに通してもらえることに。

シャワー室は全部で5室。男女の別はありません。時間によっては混雑しそうです。

スタッフさんが「タオルだけ交換するからちょっと待って」と先に部屋に入り、ちょこちょこと体裁を整えてくれました。

使う前に点検してもらえると安心しますね。マレーシア航空のラウンジではなおざりでしたから…。

キレイで使いやすいシャワールームでした

シャワー室の中はこんな感じ。

水気は残っているものの、概ねキレイにされています。

アメニティは「magenta」というメーカーのもので、ボディウォッシュとシャンプーをいただきました。

私はショートカットなので、コンディショナーがなくても大丈夫でしたが、髪が長い方はもつれが気になるかもしれません。

洗面台もぴかぴか。

引き出しの中にドライヤーや歯ブラシ、シャワーキャップが入っています。

スツールもありますし、とても使いやすい!

クアラルンプール国際空港サテライトでシャワーを使いたい時は、マレーシア航空ゴールデンラウンジより、断然こちらの方がいいなと個人的には思いました。

ドリンク&フード

シャワーを終えて出てくると、だいぶ人が減っていました。

ダイニングエリアのテーブルも随分空いてきたので、夕飯を頂くことにしましょう。

まずはドリンクから。

レモンやリンゴの輪切りが入ったフレーバーウォーターに、オレンジジュース。ネスカフェのドリンクサーバーには、ホワイトコーヒー、ミロ、テ・タリが入っています。

「テ・タリ」とは、ムスリム・インド系住民が広めたと言われるミルクティーのこと。紅茶とコンデンスミルクを混ぜてあります。こういう地域色を感じられるのがいいですね。

こちらはサラダ類。スティック野菜に、豆や穀物を使ったメニューが並んでいます。

温かいお料理は有人カウンターに用意されていました。

スタッフさんに注文すれば麺類も出してもらえるようです。

スープやパン、サラダ。

セイロの蓋は開けませんでしたが、「Pandan Kaya」と書かれているので、カヤジャムを使った点心のようなものではないかと思われます。隣はご飯(元々開けっ放しになってました)。

カレーとロティ・カナイ。

ロティは昨年シドニーのマレーシア料理店で食べてとっても美味しかったので、夕飯はこれにすることにしました。

ANAダイヤ修行記1-6:Mamakで絶品マレーシア料理を堪能&ナチュラルコスメ探索
Featherdale Wildlife Parkでコアラを始め、可愛い動物たちを堪能した後、1時間弱でシドニーの中心地Central駅まで戻ってきました。 時刻は17時半。 すっかり春のシドニーでは、まだまだ日が沈む様子はありません。 シドニー初日の夕食はMamakで! この日の夕食は迷いに迷って、マレーシア料理店「Mamak」に行くことにしました。 グローバルな口コミサイト「ZOMATO」で調べた所、なかなか評判がよかったのです(口コミは必ずしも当てにな...

飛行機を見ながらの食事

ロティ・カナイにカレー、ひよこ豆のサラダをちょっぴり。

さすが、本格スパイシーで美味しい!

ロティは時間が経っていたせいか、だいぶ固くなっていましたが、味は良かったです。いい顎の運動になりました(笑)。

食後にはテ・タリを一杯。

思ったほど甘くはなく、さっぱり頂くことが出来ました。

テ・タリといえば、シンガポールが有名ですが、昨年行った時には時間がなくお店に寄ることができなかったので、今回ラウンジで味わうことが出来て良かったです。

ANA SFC修行6-1:いよいよOKA-SINタッチの始まり!まずは羽田から那覇、そしてすぐ成田へ
2016年ANA SFC修行、とうとう最終回がやって来ました! 全6回で予定していた修行も今回で終了です。 厳密には、6回目の旅程を終えた段階で、ANAプラチナメンバー&SFC会員になれる50,000プレミアムポイント(PP)まで約1,000PP足りないのですが、そこはSFC修行前から決まっていた3月の帰省でクリアなので、SFC修行として組んだ旅程はこれで最後になります。 SFC修行最後の旅程は、「OKA-SINタッチ」と呼ばれる定番のルートです。シンガポール往復の前後...

窓の外は駐機場。沢山の飛行機を見ながら夕食を堪能できて幸せでした。

プラザプレミアムラウンジ総評

マレーシア国際空港サテライトターミナルにある「プラザプレミアムラウンジ」は、エアライン直営ではないものの、なかなか満足度の高いラウンジでした。

かなり狭いラウンジなので、時間帯によっては混雑していて席を見つけにくいのが難点ですが、シャワールームや食事の質はかなり良いと思います。

次回は同じくサテライトターミナルにある「キャセイパシフィック航空のラウンジ」をご紹介する予定です。

<次の話>

JAL JGC修行4-4:日本人向けKLIAくつろぎスポット。キャセイパシフィック航空ラウンジ
今回は、クアラルンプール国際空港サテライトターミナルにある、キャセイパシフィック航空のラウンジをご紹介します。 こぢんまりしていますが、なかなか居心地の良いラウンジでした。 インテリアも明るく清潔感があって、マレーシア航空ゴールデンラウンジやプラザプレミアムラウンジよりも日本人好みだと思います。 食事やドリンクももちろん用意されていて、気持ちよくくつろげる雰囲気だと感じました。 ラウンジの入場資格 キャセイパシフィック航空が運営するラウンジですから、基本的にはキャセ...

<前の話>

JAL JGC修行4-2:マレーシア航空ゴールデンラウンジはとにかく広い!クアラルンプール国際空港6時間滞在記
JGC修行第4弾で、今年2回目のクアラルンプールにやってきました。 前回は1泊しましたが、今回はまさにとんぼ返り。到着した6時間後に折り返し便(同じ機材)で帰国します。 タイトなスケジュールですが、日帰り修行(厳密にいうと日付を跨ぎます)になるため、短期間で宿泊費用をかけずに修行ができるのが最大のメリット。 ただ、とても観光する暇はなさそうなので、入国せずにクアラルンプール空港(KLIA)内の制限エリアにあるラウンジで過ごすことにしました。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク