JGC修行初めての海外発券に挑戦!クアラルンプール発JALビジネスクラスFOP単価6.48

 

ANAのSFC修行は国内線(特に沖縄方面)が人気ですが、JALのJGC修行では、国内線よりも国際線、中でも「海外発券」の効率がいいという話をよく聞きます。

海外発券とは、海外から日本に来るための航空券を発券することです。

海外の空港が起点になるため、海外在住の方でなければ利用できなさそうな気もしますが、前後に別途日本からの往復便を追加することで、日本を起点とするスケジュールを組むことができます。

例えば、バンコクを起点とする海外発券では、「バンコク→東京→バンコク」といったルートが考えられますが、この前後に、東京からバンコク往復のチケットを別に用意すると、「東京→バンコク→東京→バンコク→東京」という東京起点のフライトが出来上がります。

このように日本を起点とする場合でも、価格的にお得な海外発券を上手に利用することで、とってもお得に修行できてしまうのです。

スポンサーリンク

海外発券は難しい?

海外発券という響きだけ聞くと、「良くわからないけど、海外現地語のサイトから発券しないといけないのかな?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

日本の航空会社、JALやANAなら、海外発であっても日本語で予約発券することが可能です。

JALの場合、国内向けのページではなく、現地向けのページ(日本語表記)が用意されていますので、そちらから海外発券することができます。

(日本航空 マレーシア地区公式サイトより)

驚異的なFOP単価!クアラルンプール発の海外発券

いかに海外発券分が安いといっても、日本からの往復が高いと意味がなくなってしまうし…と、なんとなく腰が引けていたのですが、先日こちらの花梨さんのブログを拝読して考えが変わりました。

2017年JGC修行は海外発券を中心にしているのですが、その中でもマレーシア/クアラルンプール発券はかなりFO&

花梨さんは、マレーシア・クアラルンプール発のプレエコを選択された結果、FOP単価が3.4になったとのこと。衝撃的な数字です。エコノミーならいざ知らず、ラウンジや専用チェックインカウンターが使える「プレミアム」エコノミーですから。

ただ個人的には、プレエコはエコノミーに比べれば断然楽なものの、一度ビジネスクラスに慣れてしまった後ではかなり辛く感じられました…。

OKA-SYDタッチ2レグ目で沖縄から羽田へと帰ってきました。一息つきたいところですが、今度はシドニー行きの飛行機に乗らなければいけません。 今回のシドニー行きの便は初めての「プレミアムエコノミー」です。 飛行機に乗るまでの話から、プレミアムエコノミーの乗り心地まで、できるだけ詳しく解説していきたいと思います。 国際線ターミナルに移動します 沖縄‐羽田便も、航空路混雑のため予定より15分ほど遅延してしまい、到着したのは20時55分。 シドニー行きの出発時刻22時10分ま...
ANAのビジネスクラスに搭乗する瞬間がいよいよ近づいてきました。 この日の羽田発パリ行きANA215便の搭乗口は「108A」。 搭乗時間が待ち遠しくてたまらなくなってきました。 憧れのビジネスクラスはもうすぐそこです。 ANA最新機B787-900 羽田発パリ行きANA215便の使用機材は「B787-900」。 ANAが導入している中で最も新しい機種です(2014年~)。 このB787は他の機種に比べて、上空での湿度や気圧が高く保たれるため、快適...

私はビジネスクラスを選択しました

というわけで、プレミアムエコノミーでFOP単価3.4なら、ビジネスクラスでもかなりお安く行けるのでは?と、私は最初からビジネスクラス狙いでプランを組んでみました。

このプランのミソは、

・クアラルンプール発なら、国内線(国際線航空券に含まれる日本国内区間)を4区間まで追加料金なしで取ることが出来る(通常は2区間まで)
・日本国内区間は実質無料であるにも関わらず、FOP加算率は100%で効率良く稼げる
・日本国内で2回ストップオーバー(24時間以上の地上滞在)が可能
・国際線ビジネスクラス利用の場合、国内区間をJクラスで取ることが出来る

…というところです。

クアラルンプール・成田間ビジネスクラスの最安が5,000マレーシアリンギット(約12万7500円)。これに国内線が4区間、実質追加料金無し(空港使用税等はかかります)で付きます。

<追記>
残念ながら、クアラルンプール発券での国内線4区間切り込みはできなくなったそうです。2017年3月中の出発であれば発券できたとの情報もいただきましたが、詳しくは直接JALさんにご確認ください。

ビジネスクラス利用時のFOP単価は6.48!

実際に取った予約はこちらです。

諸税込価格145,678円÷獲得FOP22,498=FOP単価6.48。ビジネスクラスで6.48なら、かなりいい数字だと思います。

プレエコほどの破壊力はないものの、フルフラットシートに豪華な食事が心ゆくまで楽しめるなら相当リーズナブルです。

私が搭乗する6月には変更されている可能性大ですが、食事は「くろぎ」さん監修とのこと。

お父様のお店「実家くろぎ」にお邪魔した記憶も新しく、出来れば味わってみたい…。

ANAダイヤ修行3回目は、子供達の七五三のため宮崎に帰省しました。 七五三の日だけ猛烈な雨と風に見舞われ、日頃の行いの悪さを呪いましたが、なんとか無事終了。 最終日前日は夫の姉夫婦が子供達を遊びに連れて行ってくれたので、夫婦でゆっくりさせてもらうことにしました。 宿泊先には駅前のホテルを予約していますが、まずは2人でランチに向かいます。 ランチはシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートへ まずは、子連れでは行きにくいお店でランチとしましょう。 湯島「くろぎ」監修の...

しかも、ジャン・ポール・エヴァンのチョコレートも頂けるそうで。

(写真はいずれもJAL公式サイトより)

おそるべし、JALのビジネスクラス…ANAも頑張って欲しいものです。

予約はJAL国際線予約センターへの電話が必要

単純な海外発の往復だけ(クアラルンプール→東京→クアラルンプール)なら、JALの海外発便予約サイトから予約が出来るのですが、上記のように国内4区間を組み入れた複雑なプランは、JAL国際線予約センターに電話して、オペレーターさんに手配してもらわなければなりません。

最初はどうやって希望を伝えたらいいものか迷いましたが、まず、クアラルンプール発券で国内線4区間を国際航空券に組み込みたいと伝え、全体を整えていきました。

日本発の航空券はWeb上で手配

その後、日本発クアラルンプール行き往復航空券をWeb上で手配。

3月末までの搭乗ならプレエコのお得な運賃があるのですが、私の搭乗予定日は対象外期間のため、エコノミーの安い運賃で我慢することに。さすがにこの旅程までビジネスクラスには出来ませんでした(日本発券の運賃は30万円超でしたので…)。

日本発券分が往復60,180円なので、全てを含めて計算すると、205,858円÷獲得FOP28,306=FOP単価は7.27となりました。

10日かけて8レグ消化

この旅程は、一息に行うものではありません。日本国内で2回まで可能なストップオーバーを活用します(赤下線が該当部分)。

1日目…成田-クアラルンプール
(現地で一泊)
2日目…クアラルンプール-成田
(自宅に戻り、三泊)
5日目…羽田-沖縄-関西-沖縄-羽田
(自宅に戻り、六泊)
11日目…成田-クアラルンプール-成田

ということで、10日ほどかけて修行日程(8レグ)を消化することになりました。最初のクアラルンプール行きと最後の帰国便だけがエコノミークラスです。

8時間弱のエコノミーは辛いですが、それぞれ片道はビジネスクラスですし、OKA-SINタッチのように、国際線到着から間をおかず沖縄往復というスケジュールではないので、割と余裕があるのではないかな、と。

1日で羽田-沖縄-関西-沖縄-羽田と4レグをこなさなければならない、5日目の国内線修行日が何気に一番辛そうです(苦笑)。

国内区間については、規定上、羽田-沖縄の単純2往復(例:羽田-沖縄-羽田-沖縄-羽田)は出来ず、必ず沖縄から別の場所を経由しなければなりません。

私は出費を抑えるべく、宿泊を避けたかったので、それなりに便数も獲得FOPもありそうな関西空港を挟みましたが、もし沖縄から直行便が出ている地域に在住の場合は、その最寄り空港を挟み、2日に分けて行うのも良いかもしれませんね(例えば福岡在住なら、羽田-沖縄-福岡-沖縄-羽田で、途中の福岡に一泊するなど。ただこの場合、関西より距離が短い分、稼げるFOPは少なくなってしまいます)。

花梨さんが勧めていらっしゃるように、沖縄を石垣や宮古島に変えて一気にFOPを稼ぐのも良さそうです。

発券手数料を無料にする方法

電話で予約した場合、Web上では発券ができません。そうすると発券手数料5,400円が別途かかってしまいます。

通常であれば支払う必要のない手数料が発生するのはもったいない気がしていましたが、これを回避する手段も紹介されていたので、真似してみました。

まずは金券ショップでJAL旅行券を1枚購入します。

額面は1,000円/10,000円がありますが、あいにくこちらには10,000円券しか在庫がありませんでした。1枚あればいいので、陸マイラー的には1,000円券を1枚買って、残りをクレジットカード決済するのがベターかもしれません(クレジットカードの還元率にもよります)。

ちなみに、10,000円券1枚で9,700円でした。この段階で300円お得になりますね。

そしてJALプラザ有楽町へ。

マイレージカードを提示し、発券をお願いします。

予習していた通り、JAL旅行券を1枚でも支払いに使えば、発券手数料は免除されるとのことでした。5,400円は大きいです。おかげさまで助かりました!

なお、航空券1冊(1つの予約)あたり、発券手数料が5,400円かかります。つまり、航空券1冊に1枚、JAL旅行券が必要ということです。

今回の海外発券分「クアラルンプール-成田(-)羽田-沖縄-関西-沖縄-羽田(-)成田-クアラルンプール」は、日程こそ間が空いていますが、1冊の航空券として発券していますので、旅行券1枚で済みました。

マレーシアで何をするか?

まず、ヒルトン・クアラルンプールに行くことが一番大きな目的です。

せっかくANAダイヤからステータスマッチで得たヒルトンオナーズダイヤモンド、一度くらいは使ってみたい!どのくらいアップグレードしてもらえるものなのか興味津々です。

それに、例えばニューヨークのヒルトンは高い割に評判が芳しくありませんが、マレーシアはその逆。低価格で高評価なのです。

(写真はヒルトンクアラルンプール公式HPより)

すでに予約を入れましたが、一泊9,700円とお手頃価格でした。

後はブルーモスクやペトロナスツインタワーでしょうか。

たった一日しかないので、どこまで行けるか分かりませんが、今からとっても楽しみです。

まとめ

  • 海外発券、中でもクアラルンプール発便のFOP単価が群を抜いてお得
  • 予約はWebではなく電話でする必要がある
  • JAL旅行券で支払うと、発券手数料5,400円を節約出来る

ということでした。

このルールの航空券自体は昨年から販売されているため、特にバグ等ではないようです。

シンガポールや香港からでも安く買えたりするのかな?と一通り調べましたが、どこもチケット自体30万円前後と高額な上に、国内線は2区間までしか付けることが出来ませんでした。見る限り、この好条件はクアラルンプール限定の模様。

日本から出発する便はエコノミーとしても、そこさえ我慢できるのであれば、期間を空けて修行することが出来るので、仕事を休めなくて海外はムリ、という方にも良いプランではないでしょうか。所定期間6ヶ月間のうちに完結すればOKです(種別Xの場合)。

末筆となりましたが、花梨さん、有益な情報を有難うございました。

ANAダイヤ修行も終わり、2017年はダイヤを維持するかそれともJGC修行か… まあまだ時間に余裕もあるし、おいおい考えていけばいいかなと思っていましたら、今朝とんでもない情報が飛び込んできました。 ソウルーニューヨークJALファーストクラス往復が30万円! それは、Tortさんがブログで紹介されていたAA(アメリカン・エアラインズ)のソウル-ニューヨーク(成田経由)のファーストクラス(機材とクルーはJAL)がなんと30万円台というニュースです! くわしくはTor...
2017年はJGC修行だ!!! …と言いながら、実は「ANAダイヤもあるのに、滅多に乗らないJALの上級会員にまでなる必要が本当にあるのだろうか…?」とイマイチ踏ん切りがついていない状況が続いていました。 が、あっという間に年も明けてしまいましたので、あまり迷っていて流れに乗り遅れてもいけません。 ということで今回は、もう一度JGCを目指すべきかどうかを一から検討し直してみたいと思います。 なぜJGCが必要なの? JALのJGC(JALグローバルクラブ)に入会すれば...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク