JAL JGC修行7:行きはエコノミー、帰りはビジネスクラス。マレーシア・クアラルンプール1泊2日の旅

JAL JGC修行の第7回目は、成田発のクアラルンプール(マレーシア)往復。往路はエコノミークラス、復路はビジネスクラスです。

前回マレーシアを訪れた際には、入国せずに日帰りする便を利用しましたが、今回は市街地の観光も兼ねて現地で一泊する予定。

クアラルンプールも今年に入ってすでに3回目となりましたので、これまでとは違う体験がしてみたいところです。

一体どのような旅になるのでしょうか。

スポンサーリンク

JMBサファイアに到達しました!

前回の修行後、りそな銀行スマート口座開設特典として1,000FOPが加算されたため、今回のフライトの直前に、晴れてJMBサファイア会員となりました。

というわけで、この日はエコノミークラスではありますが、ビジネスクラス&上級会員優先レーンに並んでみることにします。

その横には、JMBダイヤモンド&JGCプレミアレーンがありました。

このレーンに並べる日まであと少し!今から楽しみでなりません。

初のJALエコノミークラスはとっても快適で、あっという間の6時間半でした。

機内での様子は下記記事で紹介しています。

2017年6月初旬、今年になって3回目のクアラルンプールに行って来ました! 今回はJALのエコノミークラスを利用します。 成田からマレーシアまでは6時間半ほどのフライトですが、ここ一年以上、国際線を利用する時はビジネスクラスばかりだったので、体力的・精神的にどうなるやら少々心配。 一体どんな旅になるのでしょうか。

マレーシア入国

前回、5月にマレーシアに入国した際は大変な混雑で、ファストトラックでも1時間近く審査待ちでしたが、この日はガラガラで5分もかからず無事入国。

今回はラマダン期だったことも何か関係があるのでしょうか。謎です。

この日もKLIAエクスプレスに乗って、市街地を目指します。

順調にKLセントラル駅に到着しました。

この日のホテルは、駅直結の「ヒルトン・クアラルンプール」です。

お部屋とエグゼクティブラウンジの様は、こちらの記事でご紹介しています。

先日、マレーシアの首都クアラルンプールにあるホテル「ヒルトン・クアラルンプール」に宿泊して来ました! クアラルンプール空港(KLIA)からのアクセスも大変良く、近代的で快適なホテルです。 外国での宿泊には不安を感じる方もいるでしょうが、世界的に有名なホテルチェーン(90カ国以上で4,000軒以上のホテルを運営している)ヒルトングループのホテルですから、安心して宿泊できます。
先日宿泊した、ヒルトン・クアラルンプール。 このホテルには、ヒルトンではお馴染みの「エグゼクティブラウンジ」があります。 エグゼクティブルーム宿泊者またはヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーしか入室することができない特別なラウンジだけあって、フリードリンクを頂きながらゆっくり寛ぐことができますし、時間帯によっては食事やスイーツ等も無料で提供されます。 とってもラグジュアリーで素敵なラウンジでしたので、以下で詳しくご紹介していきます。

ショッピングへ

翌日もとってもいいお天気。

前回はKLCCで買い物を楽しみましたが、今回はよりこのKLセントラルに近い、ミッドバレーにあるショッピングセンターに行ってみることにしました。

前日のKLIAエクスプレスからイオンの看板が見えて、どんなところなのかと気になっていたんですよね。

KTM Komuterでミッドバレーに向かいます

KLセントラルからミッドバレーまでは、KTM Komuter(KTMコミューター)という電車で一駅です。

有人チケットカウンターは、原則として車椅子など事情のある方優先で、できる限り自販機を使って欲しい、といった記載がありましたので、そちらで購入することにします。

もちろん英語で購入することが可能です。支払い方法は現金のみで、運賃は1マレーシアリンギット。日本円にして26円くらい。お安いですね。

切符は東南アジア諸国でおなじみのトークンタイプとなっています。

ミッドバレー方面は6番ホーム。

マレーシアにも女性専用車両があるんですね。

しかし、なかなか電車が来ません…。

よくよく電光掲示板を見てみると、オフピーク時の運行間隔はなんと45分!

街中を走る近郊電車でこんなに待ち時間が長いとは、全く想定外でした。

上の写真はだいぶ後になって撮ったもので、実際はタイミングが悪く40分ほど待っていました。

お待ちかねの電車が到着。

ホームに座り込んでいたたくさんの人々がわらわらと集まってきて、あっという間に車内はいっぱいに。

一駅なら、歩いた方が確実に早かったですね…。乗車後2分ほどで、ミッドバレーに到着しました。

改札も大行列です。

ミッドバレー・メガモール

イオンの看板が目印の「ミッドバレー・メガモール」は、駅から直結の便利な商業施設です。

東南アジア最大級の規模を誇り、とても一日で全てを見ることはできないほど。

電飾なども凝っていて、非常に近代的なモールです。マレーシアに来る前に抱いていたイメージとは全く異なっていました。

シンガポールの名物、カヤトーストを提供するトーストボックスも。

お気に入りの子供靴屋さんを発見

しばらくモール内をうろついていると、我が家の子ども達が愛用しているアメリカの子供靴メーカー、「stride rite(ストライドライト)」を発見しました。

とても丈夫で、子供の足の成長をよく研究している靴が多く、デザイン的にもなかなか凝っています。

残念ながら日本には直営店がないので、これまで米アマゾンセールの時に取り寄せて購入していましたが、今回図らずも実店舗に来ることができました。

この日はタイミングよくセール開催中で、20〜30%オフ。

せっかくですから何足か買って帰ろうかと思いましたが、ちょどよいサイズが見つからず。泣く泣く購入を断念しました…。

日本っぽさ溢れるイオンモール

日本でおなじみのイオンモールにやってきました。なんとなく陳列方法などに親しみが感じられるような。

並んでいる商品も、お手頃なものが多い印象でした。

ミッドバレーモール直結のデパート「The Gardens」

ミッドバレーショッピングモールは、「The Gardens」というワンランク上のショッピングセンターに連結されています。

こちらはハイブランドショップが多く、伊勢丹も入っていました。

マレーシアの可愛い子供服ショップや、

リモワなどを冷やかし(お値段は特にお得ではありませんでした)、

イギリスのデパート、マークス&スペンサー(M&S)のフードコーナーを見つけたので入店。

つい、マレーシアとは関係ないお菓子を買ってしまいました…。

M&Sのお菓子って、パッケージがおしゃれな上に、バターの風味がとっても贅沢で美味しいんですよね。

マレーシア土産と言うには??ですが、日本では直営店を見かけないので、これはこれでまあよしとしましょう。

それにしても、イオンや伊勢丹、M&Sといい、マレーシアは外資系企業を積極的に受け入れているんですね。買い物の選択肢が増えて、消費者にとっては嬉しいことなのではないでしょうか。

帰りの電車でも受難

買い物を終えて、ホテル(ヒルトン・クアラルンプール)へ戻ります。

時刻表が見当たらないので、駅の方にあと何分で電車が来るのか尋ねると、「15分」とのこと。

往路で40分待ったことに比べれば短いものです。

と思ったら、5分もせずに電車が到着しました。

うーむ、南国っぽい適当加減です。

早い分には助かるなぁと思いながら乗車しましたが、この直後、思いもよらぬトラブルが…

電車が停まってしまいました

駅を出て電車は順調に走行…と思いきや、200mくらい走行したところで、何の前触れもなく突然停止してしまいました。

周りの乗客も気にしていない様子でしたので、よくあることなのかなと動き出すのを待っていましたが、その後も電車はまったく動く気配を見せません。

その後、何のアナウンスもなく缶詰状態に…。

さすがにこれは普通ではないと思いましたが、Wi-Fiを持っていなかったので、何が起こったのか調べようがありません。周りのお客さん達にも、なぜ停まっているのか聞いてみましがが「検討もつかない」とのこと。

この時、13時過ぎ。

帰りのフライトは夜23時ですし、ホテルも18時までレイトチェックアウト申請をしているので、慌てる必要はないと自分に言い聞かせるものの、日本ではありませんから今後どうなるかわかりません。

しばらく不安な時間を過ごすことになりました。

結局、停車から30分くらい経過したところで、何事もなかったかのように運行が再開。ようやく駅に着いた時にはどっと疲れが。

大げさかもしれませんが、生きた心地のしない30分でした…。

外国では、時間に余裕を持って行動した方がいいなと改めて思いました。

クアラルンプール国際空港へ

18時ごろ、ホテルをチェックアウトして空港に向かいます。

前回は間違って各駅停車のトランジット専用ホームに行ってしまいましたが、今日は教訓を生かして、迷うことなくエクスプレス(急行)ホームへ。

今回もいろいろありましたが、無事に旅を終えられそうです。

出国後、マレーシア料理店「Grandmama’s」へ

クアラルンプール市内で宿泊するのは今回の修行で最後なので、街中のレストランに行くつもりでしたが、時間と体力の都合がつかず断念。

代わりに、空港内のGrandmama’s(グランママズ)にやってきました。

マレーシア料理を出すお店で、口コミサイトではなかなか高得点の様子。

サテライトターミナル2階、キャセイラウンジカードラウンジと同じフロアにあります。

昨年シドニーで食べた絶品サテーが忘れられず、せっかく本場マレーシアに来たので、本場の味を試してみることにしました。

チキンサテーにタイガービールを注文。セットで1,000円くらいでした。

待つこと10分ぐらいで料理が出来上がりました。

サテーが5本と、付け合わせはきゅうり、玉ねぎ、ライスキューブ(お餅のようなもの)。

想像していたよりも少し辛味が強いソースでしたが、ビールとの相性はバッチリ。あっという間に完食してしまいました。

ただ、甘めのたれが好みの私には、シドニーのmamakのサテーの方があっているのかもしれません。また食べに行きたい…。

Featherdale Wildlife Parkでコアラを始め、可愛い動物たちを堪能した後、1時間弱でシドニーの中心地Central駅まで戻ってきました。 時刻は17時半。 すっかり春のシドニーでは、まだまだ日が沈む様子はありません。 シドニー初日の夕食はMamakで! この日の夕食は迷いに迷って、マレーシア料理店「Mamak」に行くことにしました。 グローバルな口コミサイト「ZOMATO」で調べた所、なかなか評判がよかったのです(口コミは必ずしも当てにな...

キャセイパシフィック航空ラウンジ

飛行機の搭乗開始までは、キャセイパシフィック航空のラウンジで過ごすことにしました。

キャセイラウンジと言えばヌードルバーが名物ですが、このラウンジには残念ながら設置されていません。

代わりに、フードコーナーにヌードルメニューが置いてあります。

この日は「スピナッチヌードル」が提供されていました。ついでに、デザートも少しだけ頂くことにします。

こちらの麺、カリカリに揚げた煮干しとひき肉、小松菜が入っていて、びっくりするくらい美味しかったです!!

今すぐもう一度食べたいくらいなのですが、残念ながらメニューが変わってしまったようで、その後出会うことはありませんでした。

ケーキも意外と本格的な味で美味しかったです!

ビジネスクラス搭乗

今回も充実したマレーシア滞在でした。いよいよ搭乗です。

行きはエコノミーでしたが、帰りはビジネスクラスなので、ゆっくりできそう。

以前、帰国便で洋食を選びましたが、和食も食べてみたかったので、今回お願いしてみました。

見た目は問題ありませんが、うーん…ちょっと違和感を覚える味付けでした。海外発便の場合は、和食より洋食の方がいいかもしれません。

ちなみに、私が利用したJL0724便で食事が提供されるのは、日本時間の朝4時ごろ。早朝に起こされるのは結構ハードなので、個人的には食べない方がよさそうだと改めて実感しました。

JGC修行第7回の成果

今回の修行で獲得したマイル&FOPは以下の通りです。

便名 区間 クラス マイル FOP
JL0723 成田-クアラルンプール Y 3,421 2,904
JL0724 クアラルンプール-成田 C 8,555 6,659
 11,976 9,563

往路がエコノミークラスなので、復路のビジネスクラスと比べると少し効率が悪くなってしまってますが、それでも1往復で1万弱のFOPを獲得できました。

これまでの獲得累計は、61,853FOPに。

最終目標JGCプレミア(80,000FOP)まで、残り18,147FOPです!

<次の話(JGC修行第8回)>

近日公開予定

<前の話>

2017年5月末。JGC修行第6回目は、羽田ー石垣の往復です。 飛行距離が長い路線ですので、国内線の中では獲得FOPトップクラス。かなり人気の路線ですが、なんとか予約することができました。 今回は石垣島で一泊の予定。石垣島自体は2度目ですが、市街地まで出るのは初めて。 石垣島がどんなところなのか、とっても楽しみです!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク