JAL JGC修行5:宮古島日帰りフライト!梅雨時の沖縄地方は運行情報に注意が必要です

2017年5月某日。

全9回を予定しているJAL JGC修行も、とうとう折り返し地点の5回目を迎えました。

今回の旅程は、羽田ー宮古の日帰りです。

JTA021 羽田-宮古 6:40-9:40
JTA022 宮古-羽田 19:40-22:25

朝6:40羽田発、夜19:40宮古発。現地での時間はちょうど10時間です。

初めての宮古島、一体どんな旅になったのでしょうか。

スポンサーリンク

早朝の羽田空港へ

早朝5時すぎ。眩しい朝日に見送られ、早速モノレールで羽田空港に向かいます。

6時前の羽田空港第一ターミナルは人もまばら。

この時間、九州・沖縄方面行きの飛行機が集まる南ウイングのJALカウンターはオープンしていますが、北海道・東北・北陸・東海・近畿方面行きの北ウィング側は、まだ営業していないようです。

クリスタル会員クーポンでJALサクララウンジを利用

前回の第4回JGC修行で、獲得累計30,000FOPを超え、無事JMBクリスタル会員となりましたが、JALサクララウンジを無料で利用できるのはサファイア以上の会員だけ。クリスタル会員は対象ではありません。

ただ、今回は期間限定のキャンペーンで、クリスタル到達時に羽田空港国内線サクララウンジを利用できるクーポンを10回分頂くことができました。

羽田空港国内線を利用する直前という、ばっちりなタイミングでクーポンを手に入れることができてラッキー。早速ラウンジへ向かうことにします。

サクララウンジ内部の様子は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

羽田空港国内線第1ターミナルにある「JALサクララウンジ」に行ってきました。 羽田空港には、カードラウンジを含めていくつもラウンジが用意されていますが、サクララウンジは羽田空港を拠点とする航空会社JAL(日本航空)が運営するラウンジですから、他のラウンジと比べてもかなり高級感があります。

飛行機を見ながらのコーヒーは格別でした。が、サクララウンジには朝食がありません。

早朝便を利用する時は、同じく羽田空港国内線第1ターミナル南ウィングにある、クレジットカードラウンジ「POWER LOUNGE」に行ってみるのもよさそうです。

こちらはアルコールが別料金となるものの、朝の時間帯はクロワッサンを無料で提供しているとのこと。ゴールドカードを持っていれば、誰でも無料で入ることが可能(大人1名1,080円で有償利用も可)です。

詳しくはこちらの記事が参考になりました。

http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1056644.html

私も次回は行ってみたいと思います!

いざ搭乗

クリスタル会員は国内線の優先搭乗対象外のため、出発15分前に着くよう搭乗口に向かいましたが、すでに優先搭乗と後方座席の搭乗が終了し、最終案内が始まるところでした。

今日お世話になる飛行機はこちら。165人乗りのボーイング737-800です。

JALは国内線Wi-Fiがずっと無料

JAL国内線では、誰でも無料でWi-Fiを利用することができます。飛行機の中でもネットが使えるのは嬉しい限り。

この無料Wi-Fiは、当初2017年8月31日までの期間限定で提供される予定でしたが、先日9月1日以降も無料期間を継続することが発表されました。

しかし、今回の機材はあいにく「JAL SKY NEXT」ではないため、機内でWi-Fiを使うことが出来ません。

宮古までの3時間、音楽を聴いて過ごしました。

ヤンバルクイナ印の特別機!

離陸後ふと窓の外を見ると、ウィングレットにヤンバルクイナが。

こちらの機材、実は2017年4月14日に運行開始されたばかりの特別機なのだそう。

奄美大島・徳之島・本島北部・西表島の世界自然遺産登録を後押しする活動の一環として、このヤンバルクイナを始め、該当地域に生息する全3種の希少動物が順次登場の予定となっています(7月にイリオモテヤマネコ、10月にアマミノクロウサギ機材の運行開始を予定)。

なんと、デザイン原案はJTAのCAさんが担当されたんだとか。

(出典:http://www.aviationwire.jp/)

図らずも、運行開始まもない特別機に乗ることが出来て、とっても嬉しかったです。

それにしても、沖縄に近づくにつれ雲行きが怪しくなり、ものすごい揺れを何度も感じました。

梅雨真っ只中ですから仕方のない事とはいえ、今後の旅程に若干の不安を覚えますね…(そして、その予感は見事に的中することになります)。

宮古空港到着

そうこうするうち、ほぼ定刻通りに宮古空港に到着。

さくらジンベエジェットと同柄のトーイングカーがカワイイですね。

レンタカーで宮古市内へ

宮古の天気は、かろうじて曇り。今にも降り出してきそうです。

最初はタクシーを使って観光しようかとも思いましたが、台数が少なく不便なのと、金銭的にもレンタカーを借りた方が安く済みそうだったので、バジェットレンタカー(1日3,000円)を手配しておきました。

閑散期とのことで、予約していたのは私一人。送迎車で空港から店舗に向かいます。

店舗までは10分かからなかったと思います。

手続きも、夏休みなどのオンシーズン中はきっと混雑するのでしょうが、あっという間に完了しました。

借りたのは、まだ新しい匂いのする黄色のPASSO(その後、ランチで訪れたソラニワカフェにて撮影)。

車の運転が久しぶりな上、あまり好きな方でもないので、入念にならし運転をしておきます。

宮古島の人気パン屋さん

まずは、宮古島に来るなら絶対に行きたいと思っていたお店へ。

空港から北西に5kmほど、宮古市役所にほど近い「モジャのパン」さんです。

こちらの記事を拝見して、こだわりの材料を使ったシンプルで優しいパンを是非子どもたちへのお土産にしたいと思いまして。

11時になると小さなガラス扉が開き、そこから店主の室上智宏さんが顔をのぞかせると、幅3m、奥行きは2mもないくらいの小さなお店から焼きたてのパンのふんわり芳ばしい香りが漂ってくる。どこにでもあるごく普通の路地に、お客さんがどこからともなく集

売切れ次第終了とのことで、気合を入れて開店時間の11時ぴったりに到着するようにやってきましたが…はて、開いていない。

他にも、こちらを目当てに来ていたっぽい車がいましたが、そのまま去っていってしまいました。

これはもしや?と思ってFACEBOOKの公式HPを見てみると、なんと愛知でのイベント出店のため長期休業中!

大ショック…。

旅行前にチェックした時には見つけられませんでした。残念無念です。

次宮古に来る機会は一体いつになることでしょう。なんとかまたリベンジしてみたいものです。

雨のドライブ

旅にはトラブルがつきもの。気を取り直して、ランチに向かいます。

宮古島から伊良部島へ渡るべく、伊良部大橋にやってきました。

こちらは、2015年に供用開始されたばかりの新しい橋です。全長は3kmを超え、通行無料の橋としては日本最長を誇ります。

晴れていれば、エメラルドグリーンの海を遮るものもなく満喫できたのでしょうが、これもやむなし。絶景はいつか家族と来て楽しむことにして、今回は予行練習のつもりで橋を渡ります。

伊良部島のランチ、そしてその後お茶をしに行った来間島のカフェについては、こちらで詳しくご紹介しています。

5月、沖縄地方は梅雨真っ只中。雨の宮古島にやってきました。 あいにく泳ぐことは出来ませんが、宮古島のお楽しみはビーチだけではありません。 宮古島と、それに連なる伊良部島(いらぶじま)、来間島(くりまじま)には、素敵なカフェが沢山あることでも有名です。 今回、2つの素敵なお店に行ってきましたので、ご紹介したいと思います。

その他にはお土産を探し回ったり、

旅行では、家族や友人へのお土産探しも楽しい時間です。 今回は初めての宮古島旅行。せっかくならローカル色があって、かつ手頃で美味しいものを選びたい。 沖縄土産といえば、ラフテーや海ぶどうなど色々ありますが、できれば宮古島ならではのお土産が欲しいところです。 今回は、宮古島に行く予定があるけれど、お土産に何を買えばいいか悩んでいるという方にぜひとも読んでもらいたい記事です。

一人ぼーっと海を眺めたり(ぬかるみに足を取られ、派手に転倒して泥だらけになるおまけ付き)、滞在時間を目一杯使って観光することが出来ました。

宮古空港に帰ってきました

最後の最後まで、レンタカー店舗がナビ検索にひっかからず迷うトラブルもありましたが、なんとか18時過ぎに無事宮古空港に戻ってきました。

宮古空港には、ラウンジも優先レーンもありません。

出発まであと1時間ほどありますが、搭乗待合室でゆっくりすることにしましょう。

天候不良のため出発遅延発生…

と、ここでまたまたハプニング。

何の気なしに他の搭乗口に目をやると、とっくの昔に搭乗開始しているはずの時刻なのに、お客さんの列もないし、何の案内もしていません。

よくよく案内板を見ると、「使用機到着遅れのため1時間遅延」とのこと!

まさかと思いつつ、自分が乗る予定の羽田行きの搭乗口に行ってみると、なんとこちらも同じように小さく遅延予定と書いてあります。

WEB上では通常運行のままなのになぁと思いつつ、係員さんに確認したところ、宮古の天候が悪いため使用機が着陸できない状況が続いていて、なんと順調に行っても1時間は遅れる予定と仰るではありませんか…。

うーむ。梅雨時の沖縄、おそるべし。

元々の定刻通りに着いたとしても、22時半ごろと遅い時刻だったのに、1時間以上の遅れとなると、下手すると日付をまたいでしまうかも…。

夕食は売店のおにぎり

幸い、搭乗待合室内はまだそれほど混雑していません。

今のうちに夕食を確保しておかねば。ということで、取り急ぎ目についたおにぎりを購入。

じゅーしー(沖縄の炊き込みご飯)と油味噌おにぎりの2種類で230円。

これがとっても美味しかったです!ちょっと甘めで家庭的な味。いい意味で予想を裏切られました。

その後、私と同じように夕食を求めるお客さんが集まってきて、あっという間におにぎりは売り切れてしまいました。

上の写真奥に見えるイートインスペースで軽い食事も提供されていたのですが、そちらも早々に閉店していましたので、いいタイミングで購入できて良かったです。

1時間以上遅れて宮古を出発

結局、なんだかんだで復路便は1時間15分遅れで出発。

スムーズに飛んでくれさえすれば、なんとかモノレールの最終便(0:06発)には間に合いそうです。

外はあいかわらずの雨。

また気候のいい頃に再訪したいものですね。宮古島、さようなら!

予定到着時刻は23時半に

機内でも、なかなかフライト所要時間が表示されず気を揉みましたが…

鹿児島あたりまで来たところで、

やっと残り時間が表示されました。このまま順調にいけば23:24頃に羽田空港に到着できるはずです。ようやく一安心。

深夜の羽田空港に到着

搭乗前は「宮古で宿泊することになったら、または羽田の運用時間内に間に合わずダイバート(行き先変更)にでもなったら…」等々不安もありましたが、なんとか無事帰ってくることが出来ました。

降機時、時刻は23時30分。ターミナル内のお店は軒並み閉店してしまっています。

こんなに遅い時間の羽田空港は初めて。

いつもは人でいっぱいなのに、人っ子一人見当たりません。静かすぎてちょっと緊張してしまいますね。

終電に乗り遅れると身動きがとれなくなってしまうので、早朝からの日帰りフライトで疲れている体に鞭打って、モノレール乗り場まで全力ダッシュ!

終電までまだ1便残っていました。よかったよかった。これで今回の修行もどうにか無事終了です。

最後に

今回は雨に振られ、パン屋さんに振られ、危うく飛行機にも…とトラブルの連続でしたが、振り返ってみれば、いい経験が出来たような気もします。

これも修行の醍醐味と言えるかもしれませんね。

何はともあれ、無事公共交通機関で帰ることが出来て、本当にホッとしました。

今回の旅程で獲得したのは、下記の通りです。

便名 区間 時間 クラス 運賃種別 価格 FOP FOP単価
JTA021 HND-MMY 6:40-9:40 Y ウルトラ先得 9,790 1,738 5.63
JTA022 MMY-HND 19:40-22:25 Y ウルトラ先得 9,790 1,738 5.63
19,580 3,476 5.63

累計獲得FOPは、42,618となりました。

JMBサファイア&JGCまで、残すところあとわずか7,382FOPです!

<次回(第6回)の修行記>

2017年5月末。JGC修行第6回目は、羽田ー石垣の往復です。 飛行距離が長い路線ですので、国内線の中では獲得FOPトップクラス。かなり人気の路線ですが、なんとか予約することができました。 今回は石垣島で一泊の予定。石垣島自体は2度目ですが、市街地まで出るのは初めて。 石垣島がどんなところなのか、とっても楽しみです!

<前回(第4回)の修行記>

5月、GW真っ只中。 JGC修行も早いもので第4回目となりました。 4月中旬から2ヶ月程で全80,000FOPを稼ぎ、JGCプレミアを目指すスケジュールなので、かなりタイトに旅程を消化していかなければなりません。 今回は成田ークアラルンプールの往復。宿泊はせず、同一機材での折り返しを予定しています。 一体どんな旅になるのでしょうか。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク