JGC修行9:晴れてJGPに到達!ワンワールドエメラルドメンバーになりました

JALの上級会員ステータス、「JGCプレミア=JGP」を獲得すべく、4月から飛行機に乗り続けること2ヶ月。

ようやく、最後の9回目となりました。

今回の旅程は、海外発券したクアラルンプール往復。行きはビジネスクラス、帰りはエコノミーです。

どんな旅になるのでしょうか?詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

成田国際空港から出発

クアラルンプール行きのJL723便の出発時刻は11時20分。およそ2時間半前の朝8時45分に成田国際空港に到着しました。

JALの上級会員や、ビジネスクラス以上の乗客には、一般と異なる優先手荷物検査場が用意されています。

上級会員向けは南ウィング、ビジネスクラス・ファーストクラス乗客用は北ウィングです。

5月、GW真っ只中。 JGC修行も早いもので第4回目となりました。 4月中旬から2ヶ月程で全80,000FOPを稼ぎ、JGCプレミアを目指すスケジュールなので、かなりタイトに旅程を消化していかなければなりません。 今回は成田ークアラルンプールの往復。宿泊はせず、同一機材での折り返しを予定しています。 一体どんな旅になるのでしょうか。

6回目の修行後にJMBサファイア会員になったため、今回も南ウィングのJALファストセキュリティレーンから検査を受けることにしました。

検査後は、一般乗客と同じ出国審査場に進みます。

この日はほとんど並んでいなかったので、スムーズに出国することができました。

サクララウンジで和朝食

まずはサクララウンジへ。

これまで成田国際空港サクララウンジに来た時には、欠かさずJAL特製ビーフカレーを頂いて来ましたが、この日は並んでいた和食がとっても美味しそうでしたので…

和朝食を頂くことにしました。

人混みの中、お盆に乗せるのに精一杯で気づきませんでしたが、食器の並びがおかしなことになってますね…。

どれも美味しかったのですが、特に明太子がとっても上品な味わいでびっくり!無料でいただけるとは信じられません。個人的に無着色なのも嬉しい。

機内でも美味しい和食が待っているので、少しだけにしておきましたが、しみじみ幸せな朝ごはんになりました。

JALさんはラウンジも機内も、飲食物にものすごく力を入れているなぁと利用するたびに実感します。

なお、サクララウンジについて詳しくはこちらでご紹介しています。

成田空港第2ターミナルのワンワールドラウンジホッピング、アメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィック航空ラウンジ、カンタス航空ラウンジ、JALサクララウンジ(サテライト)と来まして、最後は本館にあるJALサクララウンジです! 第2ターミナルのワンワールドラウンジの中で、最も豪華(ファーストクラスラウンジは除く)という評判ですから、否応なく期待も高まります。
成田空港第2ターミナル本館のアメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィックラウンジ、そしてサテライトにあるカンタス航空ラウンジと、3つのラウンジを回ってきました。 キャセイパシフィック航空のビジネスクラスチケットで入れるラウンジはあと2つ。 サテライトと本館それぞれに1つずつある、JALのサクララウンジです。

カンタス航空ラウンジでコーヒーブレイク

食後のコーヒーは、カンタス航空のフラットホワイト(オーストラリアで好まれているミルク入りコーヒー)が好きなので、サテライトまで移動しました。

こちらのラウンジでも、大きな窓から飛行機を眺められるのがいいですね。

しかも毎回ほとんど人がいません。おそらく自社便の出発時刻には賑わうのでしょう。

カンタス航空ラウンジの魅力についてはこちらからどうぞ!

アメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィック航空ラウンジと見学を終え、次に目指すはオーストラリアのナショナルフラッグキャリア、カンタス航空ラウンジです。 カンタス航空のラウンジ「カンタスクラブ」は、成田空港第2ターミナルのサテライトに設置されています。

JL723便搭乗

11時間近に搭乗口へ。すでに優先搭乗の列ができていました。

右の列が最優先のJMBダイヤモンド・JGCプレミア・ワンワールドエメラルドの列、私が並んでいる左側が、ビジネスクラス・JMBサファイア・JGC・ワンワールドサファイアの列です。

今回の旅行が終了すれば、晴れて右側に並べるというわけですね。楽しみです。

本日の機材はB787-900。

7時間弱、お世話になります!

快適!JAL SUITE Ⅰ

JALのビジネスクラスシートは、7種類あります。

今回搭乗するのは、1段目左端の長距離線用「SKY SUITE Ⅰ」。

写真でもお分りいただけるかと思いますが、隣席との間に自動開閉式のしっかりしたパーテーションが設けられており、高いプライベート性を誇るシートです。

今回は窓側の席を予約しました。シートの詳しい紹介はこちらの記事をどうぞ。

2017年第2回目のJGC修行は、JALビジネスクラスで行く成田ークアラルンプール往復! JALの国際線&ビジネスクラスが初めてなら、クアラルンプールも初めて。一体どんな旅になるんでしょう。とっても楽しみです。 早朝6時30分。ほとんど車も歩く人もいない銀座にやって来ました。 いつも通り、高速バスTHEアクセス成田で成田空港に向かいます。都心から成田空港への移動手段は断然バスがオススメです。

機内食も安定の美味しさ

機内食はこちら。前回から引き続き、東京芝大門「くろぎ」さんが監修されています。

メニューは下記の通りです。

・夏野菜と若布のポン酢ジュレ掛け セロリの土佐酢漬け
・そば真砂和え
・蛸旨煮
・南瓜
・茄子揚げ出し
・うどと人参のきんぴら
・きぬさや
・うざく 辛子酢味噌
・真鯛の昆布〆
・田舎風出汁巻き玉子
・京風出汁巻き玉子
・丸十蜜煮
・あんず蜜煮

夏らしい素材を使った、目にも美しいお料理の数々。もちろんお味も安定しています。

続いて台の物。

・和風牛タンシチュー
・銀鱈味噌漬け
・炊きたてのご飯「雪蔵今摺り米」
・味噌汁
・香の物

和風のシチューなど、ちょっと目先の変わったものもあって、楽しく美味しくいただきました。機内食でここまで美味しい食事が出来るなんて、毎回驚いてしまいます。

最後は水羊羹です。

今回の機内食も大満足。ごちそうさまでした!

個室さながら、思い思いの過ごし方を

1時間弱かけて食事を楽しんだ後は、ブログ仕事に没頭。

もともとこのSKY SUITE Ⅰは仕切りが高く、プライバシーが保たれていますが、特に窓際の席だと、より一層周囲の目を気にすることなく作業出来るのが嬉しいですね。まさに自分専用スペースという安心感があります。

そうこうするうちに、クアラルンプール上空までやって来ました。

クアラルンプール国際空港到着

定刻通りにクアラルンプール国際空港に到着です。

4月から数えて、通算4回目のクアラルンプール。この空港もだいぶ慣れて来ました。

また約5時間後にこの搭乗口へ戻ってくる予定です。

三井アウトレットパークKLIAセパンへ

これまでの3回のうち、2回は市内に出て宿泊、1回は日帰りで、空港から出ずにラウンジ巡りやお土産探しなどに費やしました。

今回は、クアラルンプール中心地にある「ダブルツリーバイヒルトンクアラルンプール」に一泊します。 ダブルツリーはヒルトン系列のホテルですので、ヒルトンオナーズダイヤモンドステータスの特典として、お部屋のアップグレードという制度があります。 以前、ヒルトン東京を利用した際には、2番目にいいお部屋にアップグレードしていただきましたが、今回はどうなるのでしょうか。 海外のヒルトン自体が初めてなので、お部屋やサービス内容もとても楽しみです!
先日、マレーシアの首都クアラルンプールにあるホテル「ヒルトン・クアラルンプール」に宿泊して来ました! クアラルンプール空港(KLIA)からのアクセスも大変良く、近代的で快適なホテルです。 外国での宿泊には不安を感じる方もいるでしょうが、世界的に有名なホテルチェーン(90カ国以上で4,000軒以上のホテルを運営している)ヒルトングループのホテルですから、安心して宿泊できます。
JGC修行第4弾で、今年2回目のクアラルンプールにやってきました。 前回は1泊しましたが、今回はまさにとんぼ返り。到着した6時間後に折り返し便(同じ機材)で帰国します。 タイトなスケジュールですが、日帰り修行(厳密にいうと日付を跨ぎます)になるため、短期間で宿泊費用をかけずに修行ができるのが最大のメリット。 ただ、とても観光する暇はなさそうなので、入国せずにクアラルンプール空港(KLIA)内の制限エリアにあるラウンジで過ごすことにしました。

今回は一旦入国し、空港からほど近いアウトレットへ出かけることに。

詳しい内容はこちらから。

日本から直行便で7時間のマレーシア・クアラルンプール国際空港。 その巨大な敷地のすぐ側に、日本でもおなじみの三井アウトレットパークの支店、「三井アウトレットパークKLIAセパン」があります。 有名ブランドショップだけでなく、マレーシアのブランドショップも揃っており、見どころ満載。 クアラルンプール市内まで出なくてもお買い物ができるため、トランジットの空き時間活用や、出発前のお土産調達にもうってつけです。 今回は、空港からの行き方と、実際に行ってみた時の様子をご紹...

無料で行けますし、ちょうど空き時間にぴったりでした。

空港内の売店はあまり品揃えが良くないので、お土産調達にももってこいだと思います。

おかげで充実した時間を過ごすことができました!

夕食はキャセイパシフィック航空ラウンジ

余裕を持って空港に帰って来たため、出発まであと2時間半ほどあります。そろそろ夕食を取っておきましょう。

前回キャセイパシフィック航空ラウンジで頂いたラーメン(?)がとっても美味しくて忘れられず、今回もやって来ました。

が、ほんの数週間でメニューが変更になったらしく、この日カウンターに置いてあったのは、前回とは違ってなにやらエスニックの香り漂うラクサらしき麺料理。

またあれが食べたかったな…とちょっと残念に思いつつ頂いてみると、あれ?こちらもすごく美味しい!!

思ったほど辛くなく、マイルドなスープに具もたっぷりで、病みつきになりそうな味でした。

クアラルンプール国際空港には他にもマレーシア航空やカードラウンジがありますが、やはり個人的にはこちらのラウンジが一番。

何より清潔ですし、落ち着いた雰囲気が気に入っています。

詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

今回は、クアラルンプール国際空港サテライトターミナルにある、キャセイパシフィック航空のラウンジをご紹介します。 こぢんまりしていますが、なかなか居心地の良いラウンジでした。 インテリアも明るく清潔感があって、マレーシア航空ゴールデンラウンジやプラザプレミアムラウンジよりも日本人好みだと思います。 食事やドリンクももちろん用意されていて、気持ちよくくつろげる雰囲気だと感じました。

帰国の途へ

出発30分前。搭乗口へ戻って来ました。

先ほど送り出してくれた錦織選手にまたまた遭遇。

機材ももちろん変わっていません。が、往路と異なり、復路はエコノミークラスです。

少しでもゆったり出来るよう、普通席最前列の窓側を確保。ご覧の通り足元が広く、トイレにも立ちやすい席です。

しかし、マガジンラックが隣席と共用になっていたため結構気を使いました。家族連れや友人同士ならいいのでしょうけれども…。

水平飛行になるや、機内食の提供開始。

すでに23時を過ぎていましたし、先ほどラウンジで食べたばかりなので、辞退してお水だけ頂くことに。

すぐに耳栓とアイマスクをして眠りにつきました。ビジネスクラスとは当然比べるべくもありませんが、そこそこ眠れて何よりでした。

以前エコノミーに乗った時の記事はこちら。

2017年6月初旬、今年になって3回目のクアラルンプールに行って来ました! 今回はJALのエコノミークラスを利用します。 成田からマレーシアまでは6時間半ほどのフライトですが、ここ一年以上、国際線を利用する時はビジネスクラスばかりだったので、体力的・精神的にどうなるやら少々心配。 一体どんな旅になるのでしょうか。

楽しかったJGC/JGP修行もこれでおしまいです!

最後に

無事に当初の予定通り、80,596FOPを獲得し、JGCプレミアに到達しました。

最後は割とあっさり終わってしまいましたが、修行がなければおそらく行くこともなかったであろう台湾やマレーシアの魅力、また、JALの素晴らしさを知ることが出来て、単にステータスを獲得するためだけではない、非常に実りある2ヶ月間でした。

ただ、6月時点でJGPに到達したにも関わらず、その後沖縄旅行世界一周旅行シドニー旅行などなど、ANA(スターアライアンス系)を利用する機会が多く、なんとまだ一度もJGP特典を享受できていません…(涙)。

シドニー旅行の後は、今度こそ各地のダイヤプレミアラウンジや、海外のワンワールドラウンジを訪れてみたいなと思っています。

実現する日が今からとっても楽しみです!

ワンワールドとは、世界的な規模の航空連合(航空会社間の連合組織)の1つで、スターアラインアンス、スカイチームと共に世界3大アライアンスに数えられています。 日本の航空会社では、JAL(日本航空)が加盟しており、JALの上級会員になれば、自動的にワンワールドの上級会員になることが可能です。 ワンワールドの上級会員になると、JALの飛行機を利用する場合だけでなく、他の加盟航空会社においても特別なサービスを受けることが出来ます。 私の場合、2017年のJGC修行(JGP修行)...

関連記事

JGC修行の記録を最初から読みたい方はコチラです。

今年はお正月に宮崎に帰省、そして大阪に日帰り旅行をしたっきり。 SFC修行をしていた一年前の同時期と比べると、格段に搭乗回数が落ちて寂しく感じていましたが、いよいよ満を辞して、JAL JGC修行開始です! JGC修行1回目は台湾 第一弾は、キャセイパシフィック航空ビジネスクラスで行く台湾往復。 この旅程は、2月に出た楽天トラベル20,000円クーポンのおかげで、なんと2泊3日で43,974円という破格のツアーを利用します(現在は配布終了)。

2ヶ月でアジア行特典航空券分が貯まる、マイルの効率的な貯め方はこちらから。

マイルの貯め方はいろいろあれど、効率的に大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!私はこの方法を使って、わずか半年間で30万マイル貯めました。あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。

充実したホテルライフに必携!今一推しのSPGアメックスはこちらでご紹介しています。

SPGアメックスに最もお得に入会するための方法である「紹介キャンペーン」の内容と利用方法について詳しく解説しています。SPGアメックスは年会費が必要なクレジットカードですが、実質無料で入会することができますよ。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク