関西国際空港の国内線JALサクララウンジってどんなところ?利用条件・営業時間は?

関西国際空港は、大阪府泉佐野市・泉南郡田尻町・泉南市にまたがる国際空港で、伊丹空港(大阪国際空港)・神戸空港と並んで、関西三空港のひとつに数えられています。

日本を代表するハブ空港ですから、当然空港内の設備も充実しており、JAL(日本航空)直営のサクララウンジもあります。

サクララウンジは、飛行機搭乗前に、ゆったりとドリンクやおつまみを頂きながらリラックス出来る場所です。

今回は、関西国際空港の国内線JALサクララウンジについて、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

サクララウンジの場所

関西国際空港のJALサクララウンジは、南出発口(下写真奥)から手荷物検査を受けた後、左折した奥にあります。

下のフロアマップで見ると、右側の赤枠で囲んだ黄緑色のところです。

(関西国際空港公式ホームページより)

入口はこちら。ひっそりしていました。

受付

受付はこちら。今まで訪れた羽田空港那覇空港サクララウンジとは少し雰囲気が異なり、若干時代を感じさせますね。

営業時間は?

営業時間は、下記の通りです。

毎日5:40~最終便出発まで
始発から最終便の出発に合わせてオープンしています。

JALサクララウンジを利用できるのは?

サクララウンジの利用対象者は下記の通りです。

  1. JAL国内線ファーストクラスで出発、または当日乗り継ぐ人
  2. JAL国際線ファーストクラス・ビジネスクラスから、もしくは同クラスへ翌午前2時までに乗り継ぐ人
  3. JAL上級会員(JMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイア、JALグローバルクラブ)
  4. JMBクリスタル会員(会員本人のみラウンジクーポンにて利用可)
  5. ワンワールドエリート「エメラルド」「サファイア」会員

以上のように、サクララウンジは特別な会員を対象としているラウンジです。今回は、先日晴れてJMBサファイア会員に到達したため、入場することが出来ました。

ですが、実は一般旅客も利用できる場合があります。それは、ドコモゴールド会員以上が応募できるプレミアムクーポンで入場する方法。

私も先日、当選したクーポンを使って那覇空港サクララウンジを利用してみました。

JGC修行第三弾は、クアラルンプール線海外発券の国内区間として切り込んだ羽田-那覇-関西-那覇-羽田の4レグを日帰りでこなすスケジュールです! 小さい子供がいるため、できれば宿泊せずに日帰りで済ませたいと考えた結果、このような詰め込みとなったわけですが、やはり体力的には結構厳しいものがありました…。 今回の記事では、第1レグである羽田ー那覇のフライトと、リニューアルされた那覇空港のJALサクララウンジについて詳しくご紹介したいと思います。

このクーポン、当選確率がとても高いので、ゴールド以上のステータスをお持ちの方は試してみる価値アリです!

スポンサーリンク

いざラウンジの中へ!

それでは、さっそくサクララウンジに入室してみましょう。

部屋の入口付近、進行方向左手にモニターとクローク、カウンター席がありました。

下の写真は、お部屋の最奥から入口側を見た図です。少々狭めな事がお分かりいただけるかと思います。

座席は全部で50席。

通話ブースは用意されていましたが、喫煙室やビジネスセンターはありません。

ドリンク&フード

飲食物のカウンターを見てみましょう。

こちらはジュースサーバーとコーヒーメーカー。

冷蔵庫には、牛乳、トマトジュース、ポカリスエットイオンウォーターが入っていました。

サクララウウンジの牛乳はコクがあって美味しいと一部修行僧の間で話題になっていましたので私も頂いてみましたが、たしかにいつも家で飲んでいるものよりクリーミーでした!

なんでも噂によれば、ラウンジでは「ロングライフ牛乳」という通常の牛乳よりも賞味期限が長く、常温保存可能な牛乳を提供しているのだそうです。

常温で長く置いておけるなんて保存料が入っているのかと思いきや、そうではなく、製造工程での殺菌と保存容器の工夫によって、その品質を保持することができるとのこと。勉強になりました。

ビールは「アサヒスーパードライ」1種類のみ。

関西国際空港は、全国的に見てもかなり大きな主要空港の一つですが、サクララウンジ自体がこぢんまりしている分、飲食物のラインナップもかなり限られている印象です。

ただ、他空港のラウンジよりも優れているのがおつまみの種類。

あいにく訪問時はほとんど売り切れ状態でしたが、おなじみの「柿の種」だけでなく、「あられお醤油海苔巻」「あられ塩昆布揚げ」の全3種類が置いてありました。

個人的には、羽田や那覇と違って個包装タイプなのも衛生的でいいなと思いました。

最後に

関西国際空港国内線のサクララウンジは、どこか懐かしさを感じさせるラウンジでした。

国際線の方は2015年にリニューアルしたそうですし、最近、那覇空港や福岡空港と、サクララウンジのリニューアルオープンが続いていますので、もしかしたらそろそろ国内線の方も手が入るかもしれませんね(希望的観測ですが)。

他のラウンジでは見かけなかったおつまみも味見してみたいので、次回行く時には在庫があるといいなぁ(笑)。

他空港の国内線サクララウンジは、以下にてご紹介しています。

羽田空港国内線第1ターミナルにある「JALサクララウンジ」に行ってきました。 羽田空港には、カードラウンジを含めていくつもラウンジが用意されていますが、サクララウンジは羽田空港を拠点とする航空会社JAL(日本航空)が運営するラウンジですから、他のラウンジと比べてもかなり高級感があります。
JGC修行第三弾は、クアラルンプール線海外発券の国内区間として切り込んだ羽田-那覇-関西-那覇-羽田の4レグを日帰りでこなすスケジュールです! 小さい子供がいるため、できれば宿泊せずに日帰りで済ませたいと考えた結果、このような詰め込みとなったわけですが、やはり体力的には結構厳しいものがありました…。 今回の記事では、第1レグである羽田ー那覇のフライトと、リニューアルされた那覇空港のJALサクララウンジについて詳しくご紹介したいと思います。

国際線のサクララウンジは国内線より豪華!

成田空港第2ターミナルのワンワールドラウンジホッピング、アメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィック航空ラウンジ、カンタス航空ラウンジ、JALサクララウンジ(サテライト)と来まして、最後は本館にあるJALサクララウンジです! 第2ターミナルのワンワールドラウンジの中で、最も豪華(ファーストクラスラウンジは除く)という評判ですから、否応なく期待も高まります。
成田空港第2ターミナル本館のアメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィックラウンジ、そしてサテライトにあるカンタス航空ラウンジと、3つのラウンジを回ってきました。 キャセイパシフィック航空のビジネスクラスチケットで入れるラウンジはあと2つ。 サテライトと本館それぞれに1つずつある、JALのサクララウンジです。

ANAのラウンジはこちらのレポートをどうぞ。

あけましておめでとうございます。皆様素敵なお正月をお迎えのことと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 我が家は2017年明けて早々、待ちに待ったANAダイヤモンドメンバーになって初めてのフライトを楽しんで来ました!行先は宮崎。お正月帰省です。 今回は、ダイヤモンドメンバー特典の数々をご紹介したいと思います。 あまりにも楽しみで前夜はあまり眠れませんでしたが、幸い皆体調を崩すこともなく元気に羽田空港へ。モノレールからは、綺麗な富士山が見えました。 今年も...
羽田空港国際線ターミナルには、ゴールドカードの会員等が利用できるカードラウンジの他、特定の航空会社の上級会員等が利用できる航空会社運営のラウンジがあります。 航空会社のラウンジは、ビジネスクラスやファーストクラス搭乗者が利用するラウンジでもあるため、カードラウンジと比べると設備もサービスも豪華。飛行機の待ち時間を快適に過ごすことができます。
第1回SFC修行2つ目の記事からは本格的な旅行記になります。 まずは「成田空港へ向かう電車」と「成田空港のANAラウンジ」の話です。 SFC修行は飛行機に乗る修行ですが、そのためには空港まで地上を移動する必要がありますし、空港で過ごす時間も必然的に多くなります。 修行のメインは飛行機ですが、個人的には飛行機にの乗るまでの時間を快適に過ごすことも結構重要だと考えています。 修行開始当日!いざ成田空港へ SFC修行の記念すべき第1レグは「成田-那覇」です!SFC修行には定番中の...
ANAが展開する最上級ラウンジ、ANAスイートラウンジ(国内線)は、全国に羽田・伊丹・新千歳・那覇の4箇所しかありません。 その内の一つ、那覇空港のスイートラウンジは、小さいながらも搭乗間際まで沖縄気分を楽しめる工夫が感じられて、とっても素敵なラウンジでした。 以下では、その魅力を余すところなくご紹介します。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク