ハピタスのアンケート考察!陸マイラーへの影響は?

ハピタスから「マイルと電子マネーに関するアンケート」が届いていました。

ハピタスのマイルに関するアンケート

アンケート回答で貰えるポイントはたった3ポイント(3円相当)なので、回答しないまま放置しようかとも思ったのですが、アンケートタイトルに「マイル」と書いてあったので、なんとなく回答してみる気になりました。

スポンサーリンク

今回のアンケートは陸マイラー向け

アンケート内容は、「マイル」と「電子マネー」に関するものでしたが、いずれの設問も、かなり陸マイラーを意識したものになっていました。

<アンケート内容の一部抜粋>

  • マイルを貯めていますか?
  • どこの航空会社のマイルを貯めていますか?
  • マイルへの移行レートのよいクレジットカードがあれば申込みますか?
  • ハピタスはマイルを貯めるために利用していますか?
  • マイルを貯めるためにハピタス以外のポイントサイトを利用していますか?
  • ハピタスの交換先に、マイルやメトロポイントがあっても、他サイトを利用しますか?
  • スイカやパスモを利用していますか?
  • ソラチカカードを持っていますか?
  • メトロポイントを貯めていますか?
  • ハピタスの交換先にメトロポイントがあったら交換しますか?
  • メトロポイントに交換する理由を教えて下さい。
  • メトロポイントが交換先に増えたら、ハピタスを紹介するきっかけになりますか?

ポイントサイトの陸マイラー需要が増加しているためか、ハピタスも陸マイラーを対象とする今後の対応策を検討しているようですね。アンケート内容からは、他のポイントサイトを利用しているユーザーにも、できる限りハピタスだけを使ってもらいたいというハピタス側の本音が見えてきます。

ソラチカカードの有無やメトロポイントのことを聞いてくるあたり、ソラチカルートでのANAマイル移行を目的とする会員の利便性を向上させることで、ユーザーの囲い込みを図ろうとしているのではないでしょうか。

陸マイラーとしては嬉しい傾向です。

今後のハピタスはどうなる?

「ハピタスの交換先にメトロポイントがあったら交換しますか?」という質問からも分かるように、ハピタスはメトロポイントへの直接交換を検討しているみたいですね。

もしかしたら、近いうちに「ハピタス⇒メトロポイント」の直接交換ルートが開通するのかもしれません。

ハピタスからメトロポイントへの直接交換が実現すれば、PeXやドットマネー等のポイント中継サイトを利用する必要がなくなるため、「ソラチカルート」でのANAマイルへの移行が簡単になります。

ハピタスからメトロポイントに直接交換

ソラチカルートを利用する際のポイント移行手続きは、手間になるというほど複雑なものでもありませんが、交換が1回省略できるとなれば、ポイント管理はだいぶ楽になります。ぜひとも、メトロポイントへの直接交換を実現してもらいたいものです。

ただ、ポイントサイトの本分はポイントを稼ぐことですから、ハピタスの利用頻度が増えるか否かは、結局のところ他のポイントサイトよりもお得な案件が取り扱われているかで決まると思います。

交換先が増えるのも嬉しいですが、やはり還元額の高い案件をドンドン出してもらいたいですね。

もう1つのハピタスアンケート

2016年8月10日(水)から、ハピタス恒例の友達紹介キャンペーンが始まりました。

2016年8月のハピタス友達紹介キャンペーン

このキャンペーンに紹介者(紹介する側)として参加するためにはエントリーが必要なのですが、その際にアンケートへの回答が求められます。

そのアンケートの設問に「今後キャンペーンの特典として希望するものはありますか?」というものがありまして、回答の選択肢に「ハピタス交換上限の引き上げ」が挙げられていました。

ハピタスキャンペーンエントリーアンケート

多くの方がご存知のように、ハピタスには毎月30,000ポイント(30,000円相当)という交換上限があり、それ以上のポイントは翌月以降にならないと交換できません。このため、例えば友達紹介制度などで毎月30,000ポイント以上稼いでいる会員にとっては、使うことのできないポイントが貯まる一方になってしまいます。

ですから、仮にこの交換上限が引き上げられるとなると、ポイントをたくさん稼いでいる会員が受ける恩恵は絶大なものであると考えられます。紹介モチベーションはかなり上がるでしょうね。

交換上限引き上げに対する杞憂

紹介特典として「交換上限の引き上げ」が採用された場合、例えば紹介人数に応じて交換上限が段階的に上がっていくようなシステムだと面白いかもしれません。

「10人紹介する毎に交換上限が10,000ポイント上がる」なんてことになれば、紹介する側にも力が入るでしょう。

ただし、過度な交換上限を引き上げは、ハピタスの運営側に負担がかかってしまいます。それまでポイントを貯め込んでいた会員たちが一気に換金を始めることになりますから、ハピタス側の出費が増えてしまうことは避けられません。

毎月の交換上限こそがハピタスの強力な紹介制度の礎になっているはずですから、それが崩壊してしまうと、それこそ大変なことになってしまいます。

もし「交換上限の引き上げ」がキャンペーン特典として採用される場合には、まずは当然、運営側の利益が守られるよう設定されるでしょうが、可能な限りユーザー側の利益とのバランスが取れるような形にしてもらえたら嬉しいなと思う次第です。

不安な旅の始まり

紹介される側にも更なるメリットを

個人的にも「交換上限の引き上げ」は非常に魅力的な特典なのですが、それでは紹介する側だけがメリットを享受することになってしまいますから、できれば紹介される側にもメリットがある特典も採用してもらいたいと考えています。

紹介する側としては、紹介された側にも満足してもらいたいですからね。善人ぶるつもりはなく、その方が長期的に見て自分の利益になると考えるからです。

現行のキャンペーンでは、紹介する側も500ポイント、紹介される側も500ポイントが貰えるわけですが、これを紹介される側だけに1,000ポイントにしてみるのも面白いかなと考えています。

そもそもハピタスの紹介制度は、紹介する側にとって紹介人数が増えるだけでも相当なメリットがあるので、さらに紹介人数×500ポイント貰わなくても十分に利益になります。

仮に紹介する側が貰えるポイントがゼロになったとしても、その後の友達還元ポイントまで考えれば、おそらく損失にはならないはずです。

ここは「損して得取れ」の精神で、紹介者を増やすことに注力するのもありかなと。

もちろん、紹介される側が貰えるポイントを増やしたとして、それがどの程度の結果に繋がってくれるかは、実際にやってみないと分からないことです。紹介される側のポイントが増えても、紹介人数は全然増えないという結果になるのかもしれません。

でも、もし紹介する側とされる側のポイント配分を変えられる機会があったら、どういう結果になるのかぜひ実験してみたいです。

ハピタス入会キャンペーン実施中!今なら新規登録で1,000円貰えます!
ハピタスに新規登録するとボーナスポイントが貰えるキャンペーンが始まりました。 ハピタスでは同じようなキャンペーンが定期的に開催されていますが、...