2月末時点でのANAマイル&ポイント獲得実績

少しだけ短い2月が終わり、3月になりました。

私は昨年11月末からANAマイルを本格的に貯め始めたので、ようやく陸マイラー歴3ヶ月です。まだまだひよっこですね。

青空と草原

今回の記事では、我が家の陸マイラーとしての実績を紹介してみたいと思います。

いくらブログで「マイルが貯まる!」と書いても、当の本人に実績がなければ説得力がないですからね。

スポンサーリンク

2月末時点でのANAマイル口座

我が家はANAのファミリーマイル制度を利用して家族のマイル口座を合算しています。親会員(代表者)は我が家で最も飛行機に詳しい妻で、私と上の娘が子会員です。下の娘はまだ幼児なのでマイル口座はありません。

2月末時点でのマイル口座は以下の通りです。

ANAマイル口座概要

「現在の有効マイル残高」とあるのが親会員である妻1人分の獲得マイルで、「ANAカードファミリーマイル合算マイル口座残高」とあるのが家族全員分の獲得マイルです。

つまり、妻1人で58,589マイル貯めており、私と娘の分を合算すると79,220マイルになるということです。娘のマイル口座はほぼゼロの状態なので、私の分のマイルは約20,000マイルといったところでしょうか。私のマイル内訳は、初回のソラチカルートで入ったマイルが18,000マイル、残りのプラスαはANAカード入会特典マイルなどです。

割合で見ると、妻のマイルが全体の約74%を占めています。これは、妻はSFC修行をしている関係で、フライトマイルがたくさん貯まっているからです。
http://rikei-miler.com/sfc/post-79

ちなみに、マイルを貯め始める前(昨年11月時点)の合算マイルは3,000マイル程度でしたので、3ヶ月で約76,000マイル(夫婦2人で貯めているので1人あたり38,000マイル)貯めたことになります。

さて、この数字を見てどう思いましたか?

意外と少ないなと思った方も多いはず。

しかし、陸マイラーとしての本領発揮はこれからなのです。

ポイントは結構貯まっている

我が家はソラチカルートでのマイル移行が、まだ1回しか完了していません。ソラチカルートでの移行は最短でも約2ヶ月かかりますから、これだけはどうしようもないです。
http://rikei-miler.com/mile/post-124

しかし、マイルに移行可能なポイントは、それなりに貯まっています。つまり、ANAマイルの前段階であるメトロポイント、PeXやネットマイル等の中継基地のポイント、ハピタスやポイントタウン等のポイントサイトのポイント、ANAマイルに交換可能なクレジット会社のポイントは、上で紹介したマイルとは別に貯まっているのです。

肝心のポイント保有数は以下の通り(1円=1ポイントになるように換算してます)。

  • 妻の保有ポイント 196,295ポイント
  • 私の保有ポイント 275,852ポイント
  • 合計保有ポイント 472,147ポイント

今後は、このポイントを毎月2万ポイント×2人分=40,000ポイントずつソラチカルートで移行させていきます。ソラチカルートの移行レートは0.9倍なので、2人で毎月36,000マイルが貯まっていく予定です。
http://rikei-miler.com/mile/post-117

上記ポイントを全てソラチカルートでマイルに移行できたと仮定した場合の仮想マイル数は下記のようになります。

  • 妻の仮想マイル 176,665マイル
  • 私の仮想マイル 248,266マイル
  • 合計仮想マイル 424,931マイル

ソラチカルートが閉ざされることなく移行できた前提ですが、42万マイル以上貯まっていることになります。私の目標である「ビジネスクラスでヨーロッパ旅行」も1人8万マイル(ローシーズン)で行けますから、余裕で実現可能です。

私がANAマイルを貯めた方法

私が実践した方法は、これまで当ブログで紹介してきたものばかりです。その中でも大部分を占めるのは、クレジットカードの新規発行、FXの新規口座開設、外食モニターですかね。

クレジットカードの新規発行でANAマイルは大量に貯まる
クレジットカードの新規発行はマイルを貯める方法の定番の1つです。クレジットカードを発行するだけで、なぜ大量のマイルを獲得できるのか、その秘密を詳しく解説します。
マイルを貯めるためにFXを始める人が注意すべきこと
FXには怖いイメージがありますが、計画通りに取引を行えば、最低限のリスクで大量のマイルを獲得することができます。FX初心者でも失敗することなくマイルを貯めることができますよ。
外食モニターでANAマイルを貯めて食事代を実質無料にする方法
レストランなどで外食する場合には、クレジットカードで食事の代金を支払うことでANAマイルを貯めることができます。 ANAカードを使った場合には...
たぶんこれは他の陸マイラーの方も同じなのではないかと思います。一度に大量のポイントを獲得するのであれば、上記3つの方法がオススメです。

案件単位で見れば、やはりダイナースの存在が大きかったです。ダイナースのキャンペーンがなければ獲得ポイントは大幅に減っていたでしょう。ちなみに、私はダイナースクラブカード(プロパー)とANAダイナースを2枚持ちしています。
http://rikei-miler.com/mile/diners-3months

クレジットカードの年会費や外食の飲食代金がかかっているので、完全に手出しなしでマイルを貯めているわけではありませんが、かなりの黒字であることは分かって頂けると思います。

実マイルと仮想マイルを合算すると約50万マイルとなり、1マイル=2円で換算すると100万円貯まっていることになりますからね。
http://rikei-miler.com/mile/post-32

我が家は2馬力でやってますが、1人あたりで換算しても50万円相等のマイルを貯めたことになります。個人的には、3ヶ月分の成果としては十分過ぎると思っています。

まとめ

陸マイラー初心者であっても、3ヶ月あれば実質的に50万円相当のマイルを貯めることが実証されました。2人で貯めれば100万円貯めることも可能です。

もちろん、稼ぐペースは人それぞれなのですが、そこまで難しいことをしなくても50万円くらいは貯まるということです。上手くやれる人であれば、私なんかよりもっと稼げるでしょう。

ソラチカルートを利用する前提なので、マイルとして確定するまでには更に時間が必要ですが、仮に今後ポイントを全く稼げなくてもマイルは貯まっていきます。といっても、ポイントサイトでは次々と新しい案件が出てきますので、全く稼げなくなる可能性は低いと思います。

3ヶ月でこれだけのポイントを稼いでも、当然全ての案件をやり尽くしたわけではありません。毎月めぼしい案件が出るので、ポイントサイトがこの調子で続けば、毎月最低でも一人あたり10,000ポイント(=9,000マイル)以上は無理なく稼げるでしょう。

陸マイラー最高です!
http://rikei-miler.com/mile/post-38

3月17日(木)まで新規登録キャンペーン実施中↓
http://rikei-miler.com/point-site/hapitas-amazon