吉野家の新メニュー無料試食会でANAマイルを貯めてきました

牛丼でおなじみ吉野家で、一般の人も参加可能な試食会が行われていることをご存知でしょうか?

吉野家の試食会は、大々的に宣伝されることはありませんが、新メニューを投入する前などにちょくちょく実施されています。試食会ですから、当然無料で吉野家のメニューを食べることができます。

常時実施されているわけではないので、好きなときに参加できるわけではありませんが、タイミングが合えば、とってもお得に吉野家を利用することができてしまいます。

吉野家の試食会に参加する方法

吉野家の試食会に参加する方法はいくつかありますが、私が利用したのはモニターサイトの「ファンくる」です。ファンくるでは、多くの外食モニターが取り扱われており、その中に今回ご紹介する「吉野家の試食会」が含まれていました。

<ファンくるの利用手順>

  1. ファンくるのHPから会員登録(無料)
  2. 利用したい外食モニターを見つけて応募
  3. 当選or落選
  4. お店に来店して食事をする
  5. レシートやアンケート等を提出
  6. ファンくるから謝礼が支払われる

運の良いことに、私は今月だけで2回も吉野家の試食会に当選しました。

私が知る限り、合計で3回募集があったのですが、1回目はあえなく落選。おそらく事前アンケートで条件にマッチングしなかったのでしょう。

2回目は、どうせまた落選だろうと思っていたら予想外の当選。3回目は、一度当選した人は対象外だろうとダメ元での応募でしたが、まさかの当選。とりあえず応募してみて正解でした。

⇒ファンくるに登録してみる

ちなみに、「ファンくる」からの謝礼はRポイントというポイントで支払われます。このRポイントは、現金化できるだけでなく、PeX経由の「ソラチカルート」でANAマイルを貯めることができます。つまり、この試食会ではANAマイルが貯まるのです。
http://rikei-miler.com/mile/post-117

先日、当選分の2回の試食会を終えてきたので、吉野家の試食会がいったいどんなものなのか、簡単にですが紹介していきたいと思います。

その1:ねぎ塩豚丼試食会

最初の試食会は「ねぎ塩豚丼」でした。
吉野家ねぎ塩豚丼
私はそこまで頻繁に吉野家を利用しないのであまり詳しくないのですが、毎年初夏頃から期間限定で販売されるメニューみたいですね。

試食会場へ

試食会場は馬喰町にある「吉野屋馬喰町ビル」でした。私は自転車で行きましたが、馬喰町駅の出口を出てすぐのところにあるので、電車で行く人にとってもアクセスはよいと思います。

ビルの1階には吉野家グループの「カレーうどん千吉」が入っています。
カレーうどん千吉
試食会場は6階とのことだったので、写真右手の階段で登って行くのかと思いきや違いました。

試食会場への入口はビルの裏手に回りこんだところにあります。
吉野家馬喰町ビル

入口の扉に案内の張り紙がありました。

写真を見ても分かるかと思いますが、正直とっても見つけにくかったです。今回の試食会は事前に当選した人だけが参加できるクローズドなものなので、関係者以外の人が間違って入ってこないようになんですかね。

ビルに入ってエレベータで6階に上がると試食会の受付があります。受付では受付カードを貰えます。

ちなみに、受付では特に氏名等の確認はありませんでした。誰でも入れてしまう気がするんですけど大丈夫なんでしょうか…?

会場は貸会議室のような部屋でした。雰囲気的には少し味気ないですけど、試食会ですし仕方ありません(会場内では写真撮影を控えたので、以降の写真はなしです)。

昼時は混んでいるだろうと思い14時頃に行ったのですが、他の参加者は1人も見当たりません。結構広めの会議室だったのですが、1人ポツンと待たされることになってしまいました。(ちなみに、試食会は10時~19時まで開催されていました。事前アンケートで何時頃に来場するかという質問があるのですが、あくまで参考程度のようで開催時間内ならいつ行っても大丈夫みたいです。)

いざ試食開始

椅子に座って2分ほどで「ねぎ塩豚丼」が運ばれてきました。出来たて熱々です。調理場らしき場所は見当たらないのですが、一体どこから運ばれてくるのでしょう…謎です。

会議室に参加者は私1人、スタッフの方達に見守られながら非常に気まずい雰囲です。…が、ここまできて食べないわけにはいきません。おそるおそる箸に手を伸ばします。

普段はせかせかと食事を済ませる私ですが、ゆっくり一口ずつ味わっていきます。こんなに緊張しながら食事をしたのは初めてかもしれません。ある意味、高級レストランでの食事より緊張しました。

味は申し分なかったのですが、緊張のせいであまり記憶に無いです。食事するときの雰囲気って大事ですね。

事前にアンケート用紙が配られていたので、それに記入しながらの食事でしたが、15分ほどで完食しました。以上で、試食会は終了。「ご協力ありがとうございました」とスタッフから声をかけられて出口へ案内されます。

帰り際、アンケート用紙をスタッフの方に手渡そうとしましたが、帰宅後にパソコンでアンケートに回答するときに使ってくださいとのこと。記入したアンケート用紙は自宅に持ち帰り、パソコンでアンケートに回答するときに参考にするだけのようです。

アンケート回答

帰宅後、パソコンでアンケートに回答します。全部で30問程度ありましたが、すでに記入していたアンケート用紙の答えを写していくだけでいいので簡単です。2、3分で終わります。

その他、参加証明として受付カードの写真をアップロードすれば全ての作業が完了。これらの作業は、試食会当日中に済ませなければいけないので注意が必要です。
ねぎ塩豚丼試食会 受付カード

たったこれだけで、ファンくるのポイント2,000円分を獲得できました。ソラチカルートでANAマイルに移行させれば1,800マイル(3,600円)相当です。

無料で食事した上にこんなに貰っていいんでしょうか。

その2:牛丼とみそ汁試食会

2回目の試食会は「牛丼とみそ汁」でした。
吉野家牛丼

再び馬喰町へ

会場は前回と同じ吉野家馬喰町ビル。

今さらですが隣のビルの1階に吉野家が入っていました。
試食用の牛丼はここから運ばれてくるのでしょうか…?
吉野家
前回の来場が遅すぎたみたいなので、今回は13時少し前に到着です。
しかし、今度はお昼休みの時間帯ということもあり、周辺にサラリーマンが多く、人混みの苦手な私はそれだけで疲れてしまいました。なかなか上手くいきませんね。

2回目になると慣れたもので、到着後は迷わず裏手の入口に向かいます。
吉野家馬喰町ビル入口
入口の扉の張り紙を確認して建物の中へ。

エレベータで6階に上がります。
吉野家馬喰町ビル エレベーター
会場は前回と全く同じ部屋でした。

2度目の試食

会場に入ると、今回は私の他にもモニター参加者の方が3、4人ほどいました。仲間がいてちょっぴり安心。昼時でこの程度であれば、いつ来場しても待たされることはなさそうです。

椅子に座ると、前回と同様に2分程度で牛丼とみそ汁が運ばれてきました。隣のビルの吉野家から運んできたにしては早すぎるけれど、料理は出来たて…不思議ですね。

肝心の牛丼ですが、パッと見て分かるくらいお肉の量が多かったです。実際に頼んだことはないのですが、これが「アタマの大盛り(ごはんは普通で肉だけ大盛り)」というものなのでしょうか。

味はいつも食べているものと同じですね。ただ、私は紅しょうがを多めに入れて食べるのが好きなのですが、お持ち帰り用の小袋入りのものしかなかったため、少し物足りなく感じました。

帰宅後

前回と同じようにアンケートに回答。そして、参加証明の受付カードの写真をアップロードします。
吉野者試食会受付カード2

今回の試食会の謝礼は、ファンくるのポイント1,500円分でした。前回の試食会と比べると500円減です。吉野家としては「ねぎ塩豚丼」の方に力を入れているということなのでしょうかね。

もちろん、無料で食事出来たので文句はありません。ファンくるのポイント1,500円分はソラチカルートでANAマイルに移行すれば1,350マイル(2,700円相当)です。

まとめ

今回の吉野家試食会で獲得できたポイントは合計すると3,500円分。まだソラチカルートでのANAマイル移行は完了してませんが、3,150マイル(6,300円相当)を獲得できる予定です。

通常、ファンくるのモニターは、飲食代金を支払った上でポイントが還元されます。このため、仮に100%還元の案件であっても多少は手出しが必要なります。
http://rikei-miler.com/mile/post-237

しかし、試食会案件では、完全に無料で食事ができた上でポイントも獲得できます。今回の例では、私が支払った代金は0円ですが、ねぎ塩豚丼+牛丼+みそ汁+3,150マイルを手に入れたことになります。仮に多少の交通費を支払ったとしても十分に元はとれるでしょう。

試食会案件の募集は常時行われているわけではりませんが、定期的に出てきます。人気があるためすぐに当選枠が埋まってしまうのが難点ですが、それでもチャレンジしてみる価値はありです。

特にANAマイルを貯めている陸マイラーの方にはオススメなので、ぜひ「ファンくる」をチェックしてみてください↓
グルメもショッピングも最大100%キャッシュバック!
http://rikei-miler.com/fancrew

余談ですが、2016年2月15日から、吉野家でTポイントが貯まるようになりました(200円で1ポイント)。TポイントはANAマイルに交換できるので、普段食べる牛丼でもANAマイルが貯められるようになったということですね。
http://rikei-miler.com/mile/post-139