ソラチカ効率化!レシポでPeXギフトコードを大量GET

レシポは、買い物レシートのアップロードでポイントが獲得できるお得なサイトです。

主にスーパーマーケット等での購入をターゲットにしているようで、食料品や生活用品など、日常生活には欠かせない身近な商品の購入でポイント還元を受けることができます。

パリのマルシェ

レシポで還元されたポイントは、陸マイラーにはお馴染みのPeXに交換することができます。レシポで貯めたポイントは、現金化できるだけでなく、PeX経由の「ソラチカルート」を使ってANAマイルに移行することが可能なのです。

スポンサーリンク

レシポの特徴

レシポはANAマイル獲得源として利用可能なサイトですが、通常のポイントサイトとは異なる特徴を持ったサイトです。

以下では、簡単にレシポの特徴を紹介していきます。

商品ごとの還元額が少ない

レシポの還元ポイントは、対象商品ごとに定められています。

しかし、レシポの対象商品は低価格のものがほとんどのため、還元されるポイントも数十ポイント(数十円)単位であることが多いです。

還元ポイントが100ポイント(100円)を超えてくるだけでも、レシポの中だけで見れば比較的高額の案件と言えます。

レシポの基本的な使い方は、実質無料で商品をGETするというよりも、毎日のお買い物を少しだけお得にするというイメージです。

還元率が変動する

レシポでは、商品ごとに獲得ポイントが提示されているだけで、還元率については明示されていません。

これは、レシポでの還元額が、購入価格とは関係なく「固定ポイント」になっているからです。

例えば、還元ポイントが50ポイント(50円)の商品があったとします。この場合、対象商品を、200円で購入しても、100円で購入しても、貰えるポイントは50ポイントで変わりません。

このため、200円で購入した場合の還元率は25%ですが、100円で購入できた場合の還元率は50%にもなります。

つまり、レシポでポイントを貯める場合には、「安いお店で買った方がお得!」なのです。

レシポの対象商品が近くのスーパーで激安特価になっている場合、還元率は一気に跳ね上がります。

ただし、購入すべき店舗が決められている案件もあるので注意してくださいね。

ネットスーパーも利用可

レシポはネットスーパーでの購入も還元対象になります。この場合、レシートの代わりに納品書等の画像をアップロードすればOKです。

買いたいけれど買いに行く暇がない忙しい方や、重いものをたくさん買って運ぶのは嫌だという方は利用価値ありですね。

マイナーな商品の場合、せっかくスーパーまで行ってみたけれど、取り扱いされていなかったということも結構ありますから、ネットだけで買い物が完結するネットスーパーは非常に優れています。

私はスーパー巡りも好きですけどね。

【レシポで節約】陸マイラーが子連れで貯めるANAマイル
いよいよゴールデンウィークが始まりました。 今年は2日間休みをとれば10連休になるため、旅行に出かけるという人も多いかもしれませんね。残念なが...

ちなみに、アマゾンや楽天市場等のショッピングモールは、レシポの還元対象とはなりません。あくまで実店舗があるネットスーパーに限られるようです。

事前の応募が必要ない

ポイントサイトの商品購入モニターでは、事前に応募して当選してから購入をしなければならないことがあります。落選した場合、当選前に商品を購入している場合はポイント還元の対象になりません。

しかし、レシポでは事前応募は必要ありません。購入後にレシートと商品の画像をアップロードするだけでOKです。(一部例外として、抽選型の案件もありますが、ほとんどが事前応募不要の案件です。)

このため、商品を購入した後にレシポで対象商品を見つけた場合であっても、ポイントを獲得できることがあります。

商品ごとに購入期間が決まっているため、いつのレシートでもOKというわけではありませんが、遠くない過去のレシートであれば後出し利用できる可能性があります。

レシポを見て、「そういえば、これ3日前に買ったよなぁ」という商品を見つけた場合、レシートと対象商品が手元に残ってさえいれば、正常にポイントを獲得できてしまうのです。

複数購入OKな案件がある

レシポには、複数個の購入が可能な案件も存在しています。対象商品を複数個購入した場合、個数に応じてポイントが貰えるのです。

例えば、還元ポイントが50ポイントの商品を10個買えば、50×10=500ポイントを獲得できます。このような案件では、買えば買うほどポイントを獲得できてしまいます。

ただし、購入可能な個数については1人あたりの制限が設けられることがあります。また、案件全体としての個数は予め決まっているので、完全に無制限に購入できるわけでもありません。

とは言え、複数購入OKな案件を活用すれば、還元額が低めのレシポでも、大量のポイントを獲得することができます。1人あたりの個数制限がない商品に関しては、1人で万単位のポイントを稼ぐことも可能です。

【レシポ!】モニター少額案件で大量のANAマイルを貯める方法
レシポ!を活用すれば、少額のモニター案件でも大量のマイルを貯めることができます。誰でも簡単に実践できるテクニックですので、利用したことのない方はぜひ試してみてください。

なお、複数購入の場合、大量の商品を一回で購入する必要はありません。

通常、ポイントサイトでの還元対象は初回購入時に限られますが、レシポでは購入する度にレシートをアップロードすることで、その都度ポイントが還元されます。

そういう意味では、「複数個購入可能」というよりも、「複数回参加可能」と表現するのが正しいのかもしれません。

PeXへの交換はギフトコードを使う

レシポで貯めたポイントを現金化、あるいはANAマイル化したい場合には、PeXへの交換が必要です。PeXへの交換は100ポイント(100円)単位で行えます。

PeXへのポイント交換を申請すると「PeXギフトコード」が発行されます。レシポからPeXへの交換では、直接ポイント交換が反映されないため、交換を完了させるためにはPeXのホームページでギフトコードを入力しなければいけません。

ギフトコードのメリット

少しだけ手間がかかりますが、ギフトコードによる交換にはメリットもあります。

それは、「他人へのポイント譲渡」ができてしまうところです。

つまり、自分が稼いだレシポのポイントを、他人のPeXアカウントに移し替えることができます。実際に、私がレシポで稼いだポイントを、妻のPeXアカウントに譲渡できることを確認済みです。

レシポの運営側としては、このようにポイントを譲渡するケースは想定していないでしょうが、ギフトコードというシステムを利用している以上、他人への譲渡は可能です。

ちなみに、ハピタスからドットマネーへの交換がギフトコードで行われることが決まった際にも、他人へのポイント譲渡は話題になりました。

【ソラチカ】ハピタスからドットマネーに交換開始でANAマイル移行が無料化
ソラチカルートを利用する際の交換ルートに、ハピタスからドットマネーへのルートが追加されました。ドットマネーはメトロポイントへの交換手数料が無料のため、ハピタスで貯めたポイントを無料でANAマイルに移行することが可能となります。

ソラチカルートの効率化

他人へのポイント譲渡は、「ソラチカルート」を使ったANAマイル化に大いに役立ってくれる可能性があります。

ソラチカルートには毎月20,000ポイント(18,000マイル)という移行上限が設定されているため、1人の力では、どうやっても1月18,000マイル以上稼ぐことはできません。

しかし、ポイントを譲渡できれば話は違ってきます。

家族がソラチカカードを保有していることが条件にはなりますが、家族にもソラチカルートを使ってANAマイルを貯めてもらうことができるようになります。つまり、譲渡したポイントを別のソラチカルートでANAマイルに移行してもらうのです。

例えば、1人で毎月40,000ポイント(4万円相当)を稼げる状況にあるとすれば、ソラチカルートで移行できるポイントは20,000/月なので、残りの20,000ポイントは移行できずに余ってしまいます。

しかし、余った20,000ポイントを家族に譲渡することができれば、その20,000ポイントも家族のソラチカルートで移行できるようになり、結果として、18,000×2=36,000マイルを1ヶ月で貯めることができます。

もちろん、その家族が自分でも十分なポイントを稼げている場合には意味がありませんが、そこまで陸マイラー活動に協力的な家族がいない方も多いはずです。

そのような場合には、ポイント譲渡によるソラチカ別ルートの確保が絶大な効果を発揮します。

現在開催中のレシポおすすめ案件

今すぐレシポを試してみたくなってしまった方に、現在開催中の案件の中でも、特にお得な案件を2つ紹介したいと思います。

なお、以下の案件の開催期間は8月31日(水)までとなっているので、もし購入するなら急ぐ必要があります。

トーラクらくらくホイップの購入で150ポイント還元

レシポのらくらくホイップ案件

「トーラクのらくらくホイップ」を購入して、レシートおよび商品の画像をアップロードすると、150ポイント(150円相当)が還元されます。

購入店舗は、東京、神奈川、埼玉、千葉ならどこでもOK、その他の地域は「関西スーパー」での購入に限定されます。

この商品は、私の近所のスーパーでは200円弱で販売されています(ダイエーのネットスーパーでも199円(税込)で購入できることを確認しました)。

200円の商品を購入して150円相当のポイントが還元されるのですから、還元率は約75%です。

ポイントを現金化した場合、実質50円で購入できることになります。また、ソラチカルートを使ってANAマイルにすれば、150×0.9=135マイル(1マイル=2円換算で270円)になるので利益が出ます。

なお、この案件は複数購入可能となっており、1人あたりの個数制限もありません。このため、案件全体としての応募上限に達しない限りは、いくつ買ってもポイント還元を受けることができます。

例えば、100個買えば、150×100=15,000ポイント(15,000円相当)を獲得することもできてしまいます。

ただし、この製品は賞味期限が製造から30日となっているので、大量に購入しても消費し切れない可能性があります。

超特大のバースデーケーキを作る予定がある人でもなければ、何十個も購入してポイントを稼ぐのは現実的な話ではないでしょうね。

Livitaパルスイートの購入で300ポイント還元

レシポのパルスイート案件

「Livitaパルスイート カロリーゼロ」を購入して、レシートおよび商品の画像をアップロードすると、300ポイント(300円相当)が還元されます。

この案件に購入店舗の条件は課されていないため、どこで買っても大丈夫です。

対象商品は複数あります。

  • 液体タイプ 600g
  • 液体タイプ 300g
  • 顆粒袋入 170g
  • 顆粒スティック 80本

「Livita」のマークがない商品は対象外です。かなり似通ったパッケージなので、間違って購入しないように気をつけて下さい。

上記対象商品の購入であれば、どれでも300ポイントが還元されますが、おそらく「液体タイプ 300g」が一番安く売られているはずなのでオススメです。

私の近所のスーパーでは450円~580円程度の価格帯で販売されていました。仮に450円で購入できたとすると、還元率は約67%です。

ポイントを現金化した場合、実質150円で購入できることになります。また、ソラチカルートを使ってANAマイルにすれば、300×0.9=270マイル(1マイル=2円換算で540円)になるので利益を出すことも可能です。

なお、この案件は複数購入可能となっていますが、1人あたりの購入個数が10個までに制限されています。10個を超えた分のポイントは還元されないので注意して下さい。

仮に10個買ったとすると、300×150=3,000ポイント(3,000円相当)を獲得することができます。

上記「らくらくホイップ」と比べると賞味期限は長そうですから、10個くらいなら、なんとか消費できそうな気もしますね。

以上、私がオススメする案件を少しだけ紹介しました。

これらの案件はすぐに終了してしまいますが、この程度の案件はレシポでは特別珍しいものではありません。

そのうち同じような案件が出てくるでしょうから、間に合わなかった場合でも、レシポをチェックし続けてみて下さい。

まとめ

  • レシポは毎日のお買い物がお得になるサイト
  • レシポで貯めたポイントは現金化だけでなくANAマイル化も可能
  • 安いお店で買えば還元率を上げることができる
  • コツコツ貯めるのが基本、でも複数購入で大量ポイントも獲得可能
  • PeXギフトコードで他人にポイントを譲渡可能

興味のある方は、まずはレシポに登録してみましょう!

レシポの新規会員登録をする場合、ポイントサイト経由でポイントが貰えます。100円程度のわずかな額ですが、貰えるものはしっかりと貰っておきたいですね。

還元額の高いポイントサイトは変動するので、「どこ得」などで還元額を比較してから登録するのがオススメですよ。

ポイント還元比較サイト「どこ得」を使って もっと賢くANAマイルを貯める
陸マイラーにとっては当たり前のことですが、ANAマイルを大量に貯めようとする場合には、まずはポイントサイトを使ってポイントを貯めなければいけません。...
マイルを貯めるために本当におすすめできるポイントサイト一覧
マイルを貯めるためにはポイントサイトの利用が最も効率的です。数あるポイントサイトの中でも、実際に私がポイントを稼げているポイントサイトを厳選して紹介します。