2016年 ANA SFC修行第2回-2:たった1時間半の沖縄滞在

搭乗20分前になりましたので、66番搭乗口を目指してラウンジを出ます。

ANAラウンジに一番近い62番からたった4番違いとはいえ、羽田第2ターミナルは横に長いので地味に遠いです。
DSC09693

またしても、優先搭乗に間に合いませんでした…。

沖縄線はリゾート路線のため、観光客が多い=飛行機に乗り慣れていない率が高くゲートエラー続発でなかなか進まない、しかも514人乗りのB777満席ということで、席につくまでにだいぶかかってしまいました。

次回はこの教訓を活かして、もっと早めにラウンジを出たいと思います。

スポンサーリンク

羽田―那覇NH463機中にて

機窓からは綺麗な富士山が見えました。今年は暖冬と言われますが、確かに例年より雪が少ないようですね。
DSC09702

この日のプレミアムクラス機内食メニューは、厚焼き玉子、赤魚照焼き、鶏そぼろ蓮根、なます、北海道産鮭のちゃんちゃん汁でした。

さすがに直前にベーグル2個は食べ過ぎたと少々後悔しました…。何も食べずに乗ると、絶対に足りない量ではあるんですが。

DSC09705

事前の情報収集で、羽田発は朝も温かい食事が出ると思っていたのですが、成田発の便と同様冷たかったです。

ちゃんと調べてみると、お昼と夜の食事だけ温かいそうで。

ということはつまり、私の計画ではSFC修行中に温かい食事に当たることはないみたい…残念。

ちゃんちゃん汁はフリーズドライっぽかったですが、鮭も結構入っていたし、バターが効いて優しい味でした。ちゃんちゃん焼きはたまに家で作りますが、お味噌汁にするのもいいですね。体が温まります。

着陸1時間前にはうわさの「黒糖アイス」が配られました。

同じ東京発なのに、成田線では出なかったんですよね。さすが、羽田発は運賃が高いだけあります。

DSC09709

ほんのり黒糖が香るまろやかな味わいで、おいしく頂きました。

那覇空港に到着

ついこの間来たばかりなのに、ひどく懐かしい気分です。

南国の明るい空気がそうさせるのでしょう。

今回は日帰り修行のため、沖縄に滞在できるのは、たった1時間半です。それだけしかいられないなんて、寂しすぎます…。

DSC09713

まったく外の空気を吸わずに終わるのは悲しいので、せめてとゆいレール那覇空港駅まで行ってみました。

前回よりもずっといい天気!乗りたい…乗って街に出たい…。

DSC09721

今回は夫に沖縄そばを買ってきて!と頼まれていたので、ひとまずおみやげ屋さんへ。

DSC09722

冷蔵の生麺の方が美味しいかなとも思いましたが、ANAカードで10%引きになるANAFESTAでは取扱がなかったので、常温の「沖縄そば巡り」を買いました。

沖縄、宮古、八重山の味が楽しめるというものです。

DSC09745

帰宅後、さっそく夕飯で頂きました。私のは「こってり宮古」。
…こってり…?こってりか…うーん、こってりっていうか、しょっぱいかな。こってりではないです。

なにぶん「こってり派」のため、あっさり塩味はちょっと物足りないのですが、沖縄そばにこってりを求めてはいけないのでしょう。

これまでに美味しい!と思えた沖縄そばがないので、修行中に出会えたらいいなと思っています。

このお土産物でそれは厳しいだろうと、まあ予想の範疇ではあります。3種類それぞれに違いは感じられましたし、小さいですがソーキもついていたので、気分を味わうにはいいと思います。

食べログ評価の高い「那覇空港食堂」でテイクアウトもできるそうなので、次回はそちらを試してみようかな。

那覇空港クレジットカードラウンジ華

前回の修行ではスルーした、那覇空港のクレジットカードラウンジ「華」に行ってみました。

場所は、制限区域外、到着ロビー1階にあります。

結構ギュウギュウにお客さんがいたので、客席の写真はありません。

DSC09717

ドリンクサーバー一通りと、シークワーサー・グアバのジュースが冷蔵庫に置いてありました。

DSC09718

時間もないので、写真を撮ったらそそくさ退散…。我ながら怪しい行動でしたが、実際ゆっくり座れる雰囲気でもなかったので。

那覇空港ANAラウンジ

続いて、ANAラウンジ。

↓の写真の右側が入口です。

DSC09731

実は到着直後にも行ってみたのですが、前回、関西国際空港のANAラウンジでは、到着後にラウンジ受付で復路便のチェックインをしてもらってそのまま入室できたのに対し、那覇空港のANAラウンジではチェックイン操作ができないそうで、到着直後には入れませんでした。

近くにある空席待ちカウンターに行ってくださいと言われましたので、修行僧の皆さんお気をつけ下さい。

ANAラウンジもカードラウンジと同様かそれ以上の混雑で、とても室内の写真を撮れる感じではありませんでした。出発便が混む時間帯なのでしょうか。

那覇空港のANAラウンジはただでさえ狭いですからね…。

ドリンクを注ぐのも順番待ちです。

しばらく並んだ後、前回の修行で逃してしまったオリオンビールを頂きました。

DSC09733

暑い沖縄でゴクゴク飲めるように作られているのでしょうね。あっさり飲みやすいビールでした。

沖縄滞在終了 那覇-成田NH2158

ラウンジでしばしのんびりしていると、あっという間に帰りの便の時刻になってしまいました。

朝の教訓が活かして、帰りこそは優先搭乗しようと考えていましたが、またしてもラウンジを出る時間が遅くなって、タッチの差で優先搭乗を逃しました。

DSC09735

この時の便は、米軍関係者と見られる搭乗客が半分かそれ以上を占めていました。

観光客じゃないからそこまで待たずに入れるかと思いきや、前方で何かあったらしく、ゲートまで列が伸び動かず…。

DSC09736

ゲートから飛行機の入口にたどり着くまで、5分以上かかったと思います。

この機材は前回と違うシートでした。

DSC09743

後ろから見るとゴツゴツしてます。

DSC09738

水平飛行になったら食事の時間です。

プレミアムクラスの機内食メニューは、島豆腐チャンプルー、赤魚西京焼、はじかみ、煮物 (大根、南瓜、隠元、人参信田、人参)、紅鮭菜めしご飯、沖縄黒糖ぜんざいでした。

DSC09742

前回もそうでしたが、沖縄発便の「GOZEN」はおいしい!

味付けが東京発よりもわかりやすいんだと思います。

薄めの上品な味付けもいいのですが、機上では少々濃い目がちょうどよく感じます。まして冷たいお弁当ならなおさら。

島豆腐チャンプルーがほんのちょっとしか入ってなくて残念だったのですが、ごはんが進む味でした。黒糖ぜんざいも不思議な美味しさ。地域色を前面に出しているのも好感持てます。最後まで沖縄気分でいたいですからね。

第2回SFC修行 まとめ

今回はとっても短い沖縄滞在でしたが、やっぱり沖縄は何度行ってもいいですね~。リピーターが多いのもわかります。

のんびりゆったりした空気、明るく穏やかな気候、独特の文化、こんなに短時間で離れるなんて、ほんとになんて勿体ないことでしょう…非常に後ろ髪ひかれます。

が、それがSFC修行というものなので仕方ありません。

沖縄リゾートを楽しむのは、SFC取得後でも遅くないですから、頑張ってマイルを貯めて、いつか家族全員で旅行できたらいいな。

マイルを大量に貯めるために最も効率的な方法とは
マイルを貯める方法はいろいろあれど、大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。

第2回SFC修行では、5,720プレミアムポイント(pp)を獲得&pp単価9.44(羽田線10.56、成田線8.34)。

前回からの累計は15,934ppとなりました。

ANAプラチナ&スーパーフライヤーズまであと34,066pp!
pp実績

次回、第3弾のSFC修行はこちら↓

2016年 ANA SFC修行第3回-1:成田空港アライバルラウンジでシャワー体験
2016年 ANA SFC修行3回目の始まりです。 早いもので、SFC修行ももう3回目! 全6回で50,000プレミアムポイント(pp)...

前回の記事はこちら↓

2016年 ANA SFC修行第2回-1:羽田空港国内線第2ターミナルのラウンジ比較
2016年第2回目のSFC修行を終えてきました。 前回のSFC修行は、成田-那覇-関空-那覇-成田というルートでしたが、今回は羽田―那覇―成田...