アンバサダートランジットホテルの予約方法@シンガポール・チャンギ空港

2月のSFC修行ではSINタッチを予定しています。

SINタッチは、一度に大量のプレミアムポイントを貯めるSFC修行ルートの定番です。シンガポールに行く国際線の前後に乗継便として国内線(片道5,000円と破格!)を利用することで、PP単価を低くすることができます。

私が予定している修行ルートは、東京-沖縄の往復が多いのですが、SFC修行をするからには、いかにも修行らしい過酷なルートも体験してみたいと思い、1度だけSINタッチを実行することにしました。外国にも行ってみたいですしね!

2016年2月に実践したSFC修行の全旅程を公開しています。SFC修行は、航空券が安くなる時期を狙うことで修行効率(プレミアムポイント単価)を高めることができます。

予定ではシンガポールには深夜0時40分着。睡眠が何よりの好物な私としては、高いタクシー代と労力をかけて夜中に市街地に出るなんて不可能です。

となると、宿泊先として選択できるのは制限区域内のトランジットホテルしかありません。

トランジット(乗り継ぎ)とホテル名に付いてますが、到着後入国する場合でも普通に利用できます

いろいろと予約方法など調べてみましたが、旅行サイトで調べると満室の表示ばかりでしたので、素直にオフィシャルサイトから手配することにしました。

Ambassador Transit Hotel. Singapore Changi Airport Transit Hotel and Lounge. With Food and Beverages and other Services.

おそらく英語のみ…?
予約方法を詳細に解説しているサイトを見つけられなかったので、覚書がてらご紹介していきます。

スポンサーリンク

オフィシャルサイトでの予約手順

アンバサダートランジットホテルのオフィシャルサイトは、こんな感じのトップページです。
アンバサダートランジットホテル オフィシャルHP トップページ

まずは、ページ上部のメニューにある「Transit hotel」をクリックしましょう。

次のページを下へスクロールしていくと、お部屋タイプ別に予約ボタンがあります。
アンバサダートランジットホテル オフィシャルHP 部屋別予約ページ

今回は、一番安いバジェットルーム(55シンガポールドル/6時間)を選択。(情報入力後に部屋を選択し直すことも可能です。)

Book Now」ボタンをクリックしてください。

そうすると、このような情報入力ページに飛びます。
アンバサダートランジットホテル オフィシャルHP 情報入力ページ

仮に、下記日程で旅行しようとする場合、

<往路>
1/15
NH845
18:05 成田
00:40 (翌日) シンガポール
着後、6時間ホテルで過ごす。

<復路>
1/17
NH846
00:31 シンガポール
08:25 成田

1.到着予定日→1/16
2.出発予定日→1/17
※飛行機の現地到着・出発の日付ですのでご注意。
3.到着便名→NH845
4.チェックイン日→1/16
5.チェックアウト日→1/16
6.ターミナル選択
※バジェットルームの場合は、ターミナル2のみ選択できます。
7.飛行機到着予定時刻→00:40
8.飛行機出発予定時刻→00:31
9.出発便名→NH846
10.チェックイン予定時刻→1:10

※予約は飛行機着陸後90分、チェックイン希望時刻から60分キープされます。

実際に行ったことがないので、ホテルまで歩いてどの程度時間がかかるのかが分からず、適当に飛行機到着予定時刻の30分後にしておきました。(追記:飛行機を降りてからホテルに辿り着くまで、少々迷ったこともあって20分ほどかかりました。)

着陸時刻をホテルが把握しているようなので、よほど寄り道に時間をかけなければ大丈夫だと思います。

11.チェックアウト予定時刻→7:10

※6時間以上滞在したい場合は、チェックアウト時間をそのように入力すれば自動的に計算してくれます。ただし、料金をよく確認してくださいね。



上記手順で予約フォームに必要事項を入力後、右下の「Click here to select room」をクリックすると、下記のような画面に切り替わります。

hotel4

ここでお部屋を決定します。

ここで選択できても、予約確定は翌営業日以降のメールを待たないといけませんのでご注意ください。

次は、個人情報とクレジットカード情報です。ここは一般的な内容ですので、詳細は割愛します。住所の書き方などがわからない場合は、恐縮ですが他サイトさんなどを参考にしてくださいね。

アンバサダートランジットホテル オフィシャルHP 送信画面

入力が完了したら、便名、利用人数などにも間違いがないかよく確認してください。「Submit(送信)」を押して完了です。

私は予約時に便名を間違って入力してしまい、メールでホテルに問い合わせをしました。どうなるか不安でしたが、翌日が土日であっても、ホテルからの返信は有りました。

レスポンスの感じもよかったので、分からないことがあれば躊躇わずメールしてみるのがいいと思います。

宿泊も手配完了して、ますますSINタッチが楽しみになってきました!

SINタッチ情報↓

SFC修行の定番路線になりつつあるOKA-SINタッチ。その過酷な旅程を少しでも快適に過ごすためのテクニックをご紹介します。しっかりと準備をすればOKA-SINタッチも怖くありません。
SFC修行として実行するOKA-SINタッチの準備を進めています。 前半では、SINタッチする際の成田空港での過ごし方をご紹介しましたが、続いてシンガポール チャンギ空港での過ごし方について。 ハードなスケジュールを乗り切るためには、事前に対策を練っておく必要があります。 チャンギ空港はSKYTRAXのランキングで3年連続世界1位! チャンギ空港といえばアジアを代表するハブ空港であり、イギリス国際運輸調査機関SKYTRAXが発表するAirport of the yearで、ここ3...
2016年ANA SFC修行の締めとして、先日OKA-SINタッチを行いました。 OKA-SINタッチは、プレミアムポイントを効率的に稼ぐのに適していますが、通常ではあり得ないようなフライトをこなす必要があるので、初めて実践する修行僧には難易度も高め。 実際に、私もいくつかアクシデントに見舞われました。 以下では、私がOKA-SINタッチを遂行して得た教訓や反省をまとめておきたいと思います。これから修行に出る方へ、何かの参考になれば幸いです。 現地で使えるWiFiは必須です ...

SINタッチを無事終えてきました↓

2016年ANA SFC修行、とうとう最終回がやって来ました! 全6回で予定していた修行も今回で終了です。 厳密には、6回目の旅程を終えた段階で、ANAプラチナメンバー&SFC会員になれる50,000プレミアムポイント(PP)まで約1,000PP足りないのですが、そこはSFC修行前から決まっていた3月の帰省でクリアなので、SFC修行として組んだ旅程はこれで最後になります。 SFC修行最後の旅程は、「OKA-SINタッチ」と呼ばれる定番のルートです。シンガポール往復の前後...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク