ANA SFC修行3-1:飛行機に乗る前にスッキリ!成田空港のアライバルラウンジは無料でシャワー室が使えます

2016年 ANA SFC修行3回目の始まりです。

早いもので、SFC修行ももう3回目!

全6回で50,000プレミアムポイント(pp)に到達する予定ですので、これで半分終わることになります。

何度でもやりたいくらい毎回楽しいので、早くも寂しさを感じるこの頃…。

今回は、成田-沖縄(那覇)を往復。

成田空港は家から遠くて地上の移動が億劫なのですが、ANAアライバルラウンジというお楽しみがあります。

スポンサーリンク

成田空港のANAアライバルラウンジ

成田空港にある国内線ANAラウンジは、国際線のアライバルラウンジ(帰国後に利用できるラウンジ)を兼ねています。

国際線水準のラウンジになっているため、食べ物も設備も、他の国内線のANAラウンジよりずっと豪華です!

(前回、成田空港のANAラウンジを利用した時のレポートはこちら↓)

第1回SFC修行2つ目の記事からは本格的な旅行記になります。 まずは「成田空港へ向かう電車」と「成田空港のANAラウンジ」の話です。 SFC修行は飛行機に乗る修行ですが、そのためには空港まで地上を移動する必要がありますし、空港で過ごす時間も必然的に多くなります。 修行のメインは飛行機ですが、個人的には飛行機にの乗るまでの時間を快適に過ごすことも結構重要だと考えています。 修行開始当日!いざ成田空港へ SFC修行の記念すべき第1レグは「成田-那覇」です!SFC修行には定番中の...

アライバルラウンジのシャワールームに行ってみました!

国内線のANAラウンジには基本的にシャワー室はありません。しかし、成田空港のANAアライバルラウンジには無料で使えるシャワー室があります。

どんなものか使ってみたかったので、ラウンジに到着したらすぐに申し込んでみました。

この日、ラウンジに入ったのは16時頃でしたが、ちょうど混んでいる時間帯だったようで、順番待ちしなければなりませんでした。

準備が出来たら呼びますと言われ、受付で↓のベルを渡されました。フードコートでよく目にするものと同じです。

DSC09824

ラウンジ内に進むと、空席を見つけるのが難しいほどの混み具合でした(ので写真はありません)。何とか席を見つけて、サンドイッチやサブレを頂きながら待ちます。

15分ほどしたらベルが鳴ったので、受付でカギを受け取ってさっそくシャワー室へ!

DSC09825

シャワー室は完全個室になっています。

DSC09826

全部で6室くらいあったと思います。私は2番でした。

ピークが過ぎたのか、3室は開いていて、お掃除の方が入っていました。

室内はとても清潔で、内装もスタイリッシュです。

DSC09827

清掃が行き届いていて、湿気もなく、前の人の痕跡はありません。

途中、他の部屋を掃除する音がずっと聞こえていましたから、よほど丹念に磨かれているんだと思います。

アメニティもいろいろありました。櫛と歯ブラシを忘れてきたので、それだけ頂きました。

DSC09830

シャワーは、ボディシャワーも付いているタイプでした。あっという間に温まるので、冬には特に嬉しいですね~。

DSC09833

ドライヤーは小さいけれど、イオニティ。仕上がりしっとりのイオンドライヤーは有り難い限りです。

DSC09835

使い捨てのスリッパもありました。

DSC09834

出発前にシャワーを済ませておけば、夜遅くホテルに着いてもあとは寝るだけ!

ホテルのシャワーも宿泊費が安い割には十分な質ではあるんですが、こんなステキなシャワー室を無料で使えるなんて、やっぱりうれしいです。

しっかりしたお部屋の作りなので、隙間風で湯冷めすることもないし、髪を乾かすにも大きな鏡があって便利だし、ほんとに何も言うことはありません。とっても快適、天国のようでした。

シャワー後はラウンジでくつろぎます

シャワーを終え、ラウンジのテーブルに戻ってきました。

お風呂上がりに飲むポカリはまた格別です!前日飲みすぎたので、ビールは遠慮しておきました。

DSC09836

マッサージチェアも使ってみたかったけれど、今日こそは優先搭乗をしようと思っていたので、この辺で切り上げます。

成田空港国内線ターミナルから発つのは、SFC修行中、これで最後になります。

プラチナ&SFCになるまで、このラウンジともしばしのお別れ…。

いよいよ搭乗

ラウンジを出て搭乗待合室に入ると、結構な混み具合でした。

ここで出発を待つのは結構辛そう。

ギリギリまでラウンジでゆっくり出来るのって、やっぱりいいですね~。

GV_ueoe1eM6cdr21454323812_1454323903

ちなみに、成田空港のANAアライバルラウンジは、エアラインラウンジとしては珍しく、手荷物検査を受ける前=制限区域外にあります。制限区域内にあると、もっとのんびり出来るんですけど…。

最近贅沢に慣れてしまった気がします。ちょっとまずい傾向です。

やめときゃよかった優先搭乗

最近体調が悪くて早く座りたい&荷物をしまって落ち着きたいので、優先搭乗することにしました。

しかし、今回利用するNH2159便はバス移動、つまり…搭乗機はターミナルから離れた屋外に吹きっさらしです。

プレミアムクラスの最前列だったため、ドアが閉まるまで寒くて寒くて、全員が乗り終わるまですごく長く感じました。

DSC09839

CAさんが気を遣って毛布を3枚持ってきて下さり、何とかしのげましたが、バス移動の時は優先搭乗しない方がいいですね…完全に盲点でした。

それでは、いよいよ出発です!

<次の話>

ドアクローズ後、滑走路混雑の為30分ほど待機してようやく離陸。 成田発便は毎回揺れます…。そういう気がするだけでしょうか。 水平飛行になって、ベルト着用サインが消灯してから、機内食『PREMIUM GOZEN』が提供されました。 成田発NH2159のプレミアムGOZEN 今回の中身は洋食です。 メニューは… チェダーチーズとボローニャハムのサンドイッチ キュウリとトマトのサンドイッチ オレンジ・キウイフルーツ チーズケーキ 鴨とオレ...

<前の話(SFC修行第2回)>

2016年第2回目のSFC修行を終えてきました。 前回のSFC修行は、「成田-那覇-関空-那覇-成田」というルートでしたが、今回は「羽田―那覇―成田」の短めルートです。 このルートの最大のメリットは「日帰りできるので宿泊費が発生しない」という点です。 宿泊費のことを考えない場合でも、社会人がSFC修行のためだけに休みをとるのは簡単ではありませんから、日帰りの修行ルートは結構使えます。週末の休みだけで完結できますからね。 羽田空港に向かいます 前回は成田空港発でしたが、今回の...

1月のSFC修行予定はこちら↓

2016年1月に実践したSFC修行の全旅程を公開しています。修行してみたいけど旅程の組み方が分からないという方は、ぜひ参考にしてみてください。1月は特に効率よくプレミアムポイントを稼ぐことができますよ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク