ANA SFC修行5-2:2月半ばの沖縄は夏!那覇空港から1駅の「オハコルテ小禄店」でお土産のタルトを購入

羽田-沖縄線プレミアムクラス限定の黒糖アイスなど頂いているうちに…

DSC00216

あっという間の那覇空港到着です。

着陸してすぐから、何やらもやもや~っとした空気を感じていましたが、ドアオープンと同時に外の熱風が機内に入り込んできました。

スポンサーリンク

夏日の沖縄に到着!

今日の那覇、夏日です!

セーターを着て来てしまった…大失敗。

MWRSlqqGqUsUnwU1455672305_1455672327

この日は復路便出発まで2時間ほどありましたので、ゆいレールに乗って外に出てみることにしました。

この青空!2月だなんて信じられません。すっかり夏の様相です。

DSC00223

そんなに遠出する時間的余裕はないため、降りたのは空港から1駅の赤嶺駅。日本最南端の駅なんだそうです。

最南端到達の記念パネルがあったので、撮ってみました↓

DSC00224-768x512

オハコルテ小禄店へ

外に出ると、強い日差しが降り注ぎます。入道雲もくもく…。

DSC00227

この日のお目当ては…

DSC00233

「オハコルテ小禄店」です。

以前、泉崎店那覇空港店をご紹介しました。そればっかりですみません。SFC修行が終わったらなかなか来られないと思うと、つい…。そのくらい気に入ってしまったのです。

泉崎店は、ベーカリーとタルト店が併設されているのですが、先日伺った際、タルト店の方は営業時間外でありつけませんでした。

また、那覇空港店は焼き菓子専門店ですので、オハコルテのタルトは今回が初お目見えです。

DSC00236

かわいいタルトが勢揃い

オハコルテのタルトは小さめです。1人で何個も食べられそう。

ただ、小さめサイズの割に、お値段は結構高め。いずれも600円から700円前後。

SJp0eJrbdbOKPSI1455673034_1455673051

ちょうどバレンタイン期間限定のタルトが並んでいましたので、いくつか選びました。

そのほか、お気に入りの「レモンケーキ」↓と「旅するタルトサンド」を購入。

DSC00237

「旅するタルトサンド」は那覇空港店でも取り扱っている他、オンラインショップで取り寄せも可能です。中身はこんな感じ↓。

DSC00333

茶色のチョコ味は期間限定です。1枚250円。プレーンは1枚200円でした。

タルト生地で出来たクッキーの間に、ドライフルーツ入りのバタークリームが挟んであります。

クッキー部分がバターたっぷりで時間がたってもさっくさく、中のクリームはくどすぎず、フルーツがいいアクセントになっていて、食べごたえもありとっても美味しかったです。個人的にはクランベリーが一番かな。日持ちは5日間ほどでした。

オハコルテが近所にあったらいいのになぁ。店内もとっても可愛かったですよ。

DSC00238

DSC00235

名残惜しいですが、さて、空港に帰ります!

那覇空港にトンボ返り

赤嶺駅から3分で那覇空港駅に戻ってきました。初めて気が付きましたが、那覇空港駅は日本最西端の駅だそうです。今更ですが記念にパチリ。

DSC00249

空港に帰って来ました。

DSC00255

ANA有人カウンターで振替便の手続きをします

前回記事でもちょこっと触れましたが、今回の復路便はもともとプレミアム旅割<那覇→成田>だったものを<那覇→羽田>に、さらに日程も変更してもらっています。

積雪の予報が出ていたため、ANAが前日振替便を案内していたものです。

くわしい経緯はこちら↓。

ANA旅割も無料でキャンセル可能! 急病や悪天候なら取消手数料は不要&ノーチャージなら区間変更も!?
ANAの「旅割」や「特割」のような早期割引運賃は、普通運賃と比べて半額以下になることもあり、出来るだけ安く飛行機に乗りたい場合に重宝します。 しかしその反面、キャンセル料が高額なため、急な予定の変更などで困った事態になることも。 お得だと思って利用したはずが、結果的には損してしまう可能性もあります。 そんな時でも、すぐに諦めてしまうのは早計です。バーゲン運賃でも、「取消手数料無料で払い戻し」 or「 30日以内の空席がある便への変更が可能」な場合がありますので、ご紹介したいと思...

皆さんご存知の通り、旅割は原則として変更できないチケットです。

今回のように振替が行われた場合は、システム上強制的に変更しているため、自動チェックイン機やスキップサービスが利用できません。必ず有人カウンターに行く必要があります

那覇空港のANAカウンターは出発ロビー階の上、3階にあります。

↓の表示、一瞬4階まで上がらないといけないのかと思ってしまいました…。

DSC00257

そこそこ人がいますね。チェックインカウンターには、15人ほど並んでいるようです。

DSC00259

カウンター中央辺りに、プレミアムチェックインカウンターが設置されていました。こちらには誰も並んでいません。

今回搭乗するのは、このカウンターを利用可能なプレミアムクラスですので、こちらで手続きをお願いすることにしました。

DSC00260

SFC会員になれば、プレミアムクラスでなくても待ち時間少なくチェックインが可能になります。

夏休みなんかは大混雑ですから、すごい威力を発揮してくれそう。有人カウンターに並ぶ機会は最近あまりないのですが、今回のようにちょっとややこしい手続きが必要な時や、荷物を預けたい時には便利ですよね~。

DSC00261

担当さんが不慣れだったようで、手続きになかなか時間がかかりましたが、チェックイン完了。エスカレーターで2階に降ります。

DSC00262

無事に手荷物検査場を通過することが出来ました!

那覇空港ANA LOUNGE

暑い中を歩きまわったのでもう汗だく…。ラウンジでまずはオレンジジュースとミネラルウォーターを一気飲み!涼しい部屋で生き返りました。

DSC00264

出発時間も迫っていたので、ビールは諦めようかと思っていた矢先、出発便遅延のアナウンスが。

「これは飲むべき!」という啓示だろうと(大げさ)オリオンビールを頂いちゃいました。

DSC00265

ここのビールはいつも控えめに注がれます。そういう設定になっているんでしょうか。

このおつまみも美味しいんです。かき餅や柿の種が入っていて、ビールがついつい進んでしまいます。

混雑時も優先搭乗でスイスイ

今年5回目の沖縄も限りある時間ではありましたが、それなりに満喫したことですし、帰路へ。

DSC00269

復路便は修学旅行生で激混みでした。優先搭乗バンザイ!

ANAダイヤモンドメンバーは、プラチナやSFCなどのその他スターアライアンスゴールドメンバー、プレミアムクラス搭乗者に先立って機内に入れるのですが、この便では「ダイヤモンドメンバーの皆様~」という呼びかけに応じて10人以上入って行かれたのでビックリ…。

そんなにいっぱいいらっしゃるものなんですね~。いつも那覇から帰る時は成田行きを使っていますが、優先搭乗する人はほとんどいなかったので驚きました。

<次の話>

ANA SFC修行5-3:夏日の沖縄から真冬の東京へ。ボーイング777プレミアムクラス搭乗記
いつものように、優先搭乗で機内に入りました。この便の機材はB777-300、プレミアムクラスは新型のシートでした。新型だとユニバーサル電源が使えるので助かります。テーブルも折りたたみでなく一枚の大判なので使いやすいです。 離陸までの飛行機観察 今回乗った飛行機の収容人数は514人ですので、全員が乗り込むまでかなり時間がかかります。 席に座って窓からぼーっと外を眺めていると、隣のスポットから飛行機がプッシュバックされていくのが目に入りました。 この飛行機は、主翼付近にド...

<前の話>

ANA SFC修行5-1:ノーチャージで振替えた旅割はスキップサービス&自動チェックイン利用不可!羽田-那覇日帰り往復
先日、2016年ANA SFC修行第5回目に出かけてきました。 第5回のフライトスケジュールは… 羽田⇒那覇 那覇⇒羽田 を1日で消化します。 日帰りするため、沖縄の滞在時間はとっても短いのですが、宿泊費が不要のため費用はかなり抑えられます。 たった1日で完結するため、平日は仕事のあるサラリーマンやOLの方でも、土曜日に修行して、日曜日はゆっくり旅の疲れをとることもできます。 のんびり沖縄が観光ができないのは残念ですが、SFC修行の効率を優先...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク