ANA SFC修行1-2:初体験!成田空港のANAラウンジはカードラウンジとは別格の空間です

第1回SFC修行2つ目の記事からは本格的な旅行記になります。

まずは「成田空港へ向かう電車」と「成田空港のANAラウンジ」の話です。

SFC修行は飛行機に乗る修行ですが、そのためには空港まで地上を移動する必要がありますし、空港で過ごす時間も必然的に多くなります。

修行のメインは飛行機ですが、個人的には飛行機にの乗るまでの時間を快適に過ごすことも結構重要だと考えています。

スポンサーリンク

修行開始当日!いざ成田空港へ

SFC修行の記念すべき第1レグは「成田-那覇」です!SFC修行には定番中の定番の路線ですね。

東京を基点にしてSFC修行をする場合、成田空港ではなく羽田空港を選ぶこともできますが、成田空港発の方が航空券の費用を安く抑えることできるので、効率重視のSFC修行にはオススメです。

もちろん、航空券の価格は時期によって変動します。

基本的には成田空港発の便が安いですが、ほとんど料金が変わらないシーズンもありますので、成田と羽田の差額が小さくなる時期であれば、羽田空港発の便もよいですね。

自宅から近い方の空港を使うもよし、気分を変えていつもと違う空港を使うのもよしです。

成田ならエアポート快特がおすすめ

今回の日程は平日出発のため、会社を早退して一路成田空港へ。成田空港に行く時は、いつも京成線を使っています。

京成線ホーム

都内から京成線で成田空港に向かうには「スカイライナー」が便利です…が少々お高いので、私の狙いは「エアポート快特」です(途中で呼び名が「スカイアクセス」に変わります)。

エアポート快特は指定席券が必要ないため、スカイライナーと比べて1,000円以上安い1,300円程度なのに、所要時間には10分ほどの差しかありません(日本橋発の場合)。

まあ、通勤電車のようなごくごく普通の電車なので、これから飛行機に乗るぞ!という特別感がないのが少々残念といえば残念ですが、安いに越したことはありません。

また、本数が少ないのが難です。時間帯にもよりますが、1時間に数本程度。全くない時間もあります。今回はちょうどいい時間の電車があってラッキーでした。約1時間で成田空港に到着です。

成田空港到着!目指すはANAラウンジ

今回の飛行機はANAのプレミアムクラスですので、成田空港内にある「ANAラウンジ」が利用できます。

ANAラウンジは、その名の通りANAが運営しているラウンジであり、基本的にはダイヤモンドかプラチナのANAプレミアムメンバー(SFC会員を含む)しか利用できませんが、プレミアムクラスに搭乗する場合にも利用できます。

条件 ANAラウンジ
利用可否
上級会員
(ANAプレミアムメンバー)
ANAダイヤモンド会員  ○
ANAプラチナ会員  ○
ANAブロンズ会員  ×
その他 プレミアムクラス利用  ○
普通席利用  ×

空港のラウンジというと、ゴールドカードを提示して入場するラウンジ(通称:カードラウンジ)を想像する方も多いでしょうが、ANAラウンジはANAが運営しているラウンジのため、カードラウンジとは一線を画する存在です。

入場できる人間が限定されているため比較的空いていますし、室内の造りもカードラウンジと比べると豪華です。そして、ANAラウンジではビール等のアルコール飲料も無料で飲み放題になっています。

辛党の方であれば、修行前に軽く1杯ひっかけていくのもいいですね。

成田空港国内線ANAラウンジの場所

成田空港のANAラウンジは国内線手続きカウンターの脇にあります。

ANAラウンジ標識

電車を降りて案内の通りコンコースを歩いてきたら、ちょうど目の前に出たにもかかわらず、何を考えたか北ウィングまで探し歩いてしまいました…。

そんな方向音痴は私だけだと思いますが、南ウィングにあります、念のため。

ANAラウンジの中はこうなっている

ANAラウンジ

ANAラウンジには夕方の16時ごろに到着しました。ちょうどタイミングが良かったのか、この日のANAラウンジは、かなりゆったりしていました。

基本的に搭乗前の空き時間に利用する施設のため、長居する人も少なく、とても回転が早いです。

これまでゴールドカードで入れるラウンジを利用してきましたが、あちらはいつ行っても混雑していることが多いので嬉しいですね。しかもこちらは飲食完全無料!

一般的にゴールドカードラウンジはアルコールや食べ物は有料です。朝早い時間であれば、ちょっとしたパンなどが無料で食べられることもありますが、競争率がかなり高く、すでに品切れになっていることもしばしば。

一方、成田空港のANAラウンジは、国際線到着ラウンジ(アライバルラウンジ)を兼ねているので、かなり食べ物が充実していました。

同じANAラウンジでも国内線より国際線の方が質が高いことが多く、成田空港のANAラウンジは、かなり得した気分になれます。

せっかくですので軽食を

会社でおやつを食べる暇がなく、だいぶおなかが空いてたので、鮭おにぎりにツナサンド、メロンパンとチョコレートを頂きました。

チョコレートはスイスのプレミアムチョコレートブランド「リンツ(Lindt)」です。上品な甘さで美味しい!

ANAラウンジの軽食
(もっと綺麗に盛り付けるべきでした、すみません。)

そして、飲むつもりはなかったんですが、キリンの「一番搾り」があったのでビールも一杯だけ!

ANAラウンジで一番搾り

やっぱり生ビールは最高です!

早い時間帯だと、ラウンジの中は意外とお酒を飲んでいる人は少ないのですが、せっかくですもの、飲めて良かったです。

この生ビールが無料で飲み放題なのですから「ANAラウンジ」は素晴らしい。

ビールで喉の渇きを潤した後は、美味しいと評判のコーヒーも!

ANAラウンジでカプチーノ

コーヒーフレッシュは苦手なので、カプチーノにしました。

余談ですが、最近コーヒーに生クリームを付けてくれるお店が減ったような気がします。先日、ある有名ホテルのウェイトレスさんに聞いてみたところ、健康志向で牛乳に切り替える傾向にあるとか。

個人的には、牛乳だとぬるまってしまうのでたくさん入れたくはないし、こってり大好き派なので残念なこの頃です。

まとめ

飛行機の長距離移動は座っているだけ結構疲れますから、搭乗前はゆっくり過ごして体力を温存しておくのが重要だと思います。

その点、プレミアムクラスで修行すれば「ANAラウンジ」が使えるので、空港での待ち時間をかなり快適に過ごすことができます。私のように体力に自信のない方には、プレミアムクラスでの修行がオススメです。

ANAラウンジは誰でも使えるわけではない特別なラウンジです。毎回プレミアムクラスに乗れれば当然使えますが、そうもいかないですし、普通に考えると使える機会は限られてしまいます。

しかし、無事にSFC修行を解脱することができれば、その特典としていつでもANAラウンジが使えるようになります。例えば、国内線の普通席を利用するときでも、国際線のエコノミークラスを利用するときでも、ANAラウンジで快適な時間を過ごせます。

一足先に体験することができましたが、SFC会員になってから、またこのラウンジに戻ってくるのが楽しみです。

<次の話>

ANA SFC修行1-3:バス搭乗は出発25分前!優先レーンを使えば保安検査場もスイスイ快適
ANAラウンジでのんびりしていたら、出発25分前に搭乗開始のアナウンスが入りました。 丁寧にアナウンスしてくれるので、よほどのことがない限り乗り遅れたりすることはなさそうです。 ただ、飛行機までバス案内なのをすっかり見落としていました。 PBB(Passenger Boarding Bridge=搭乗ブリッジ)が付く場合は、原則出発時刻15分前に搭乗開始ですが、バスだと飛行機まで距離がありますので、出発時刻25分前から搭乗開始です。 少々焦りつつ、検査場へ向かいま...

<前の話>

ANA SFC修行1-1:旅のはじまり~ANAプレミアムメンバーを目指して~
2016年SFC修行の記念すべき第1回目の記事です。実際に利用したフライトスケジュールやPP単価について解説しています。すべてはここから始まりました。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク