ANA SFC修行1-6:那覇-関西を半日で往復!ハードスケジュールでもANAラウンジがあれば大丈夫

SFC修行2日目は、第2レグ&第3レグである「那覇-関西-那覇」を半日で行います。修行らしいタイトなスケジュールの1日になりそうです。

ベッドの寝心地は悪くありませんでしたが、那覇→関空の出発時刻が朝8時だったため、寝過ごさないか心配しすぎて5時に起きてしまいました…。

ホテルから空港まではゆいレールで12分+徒歩10分程度ですので、6時半くらいに出れば十分なのですが、暇なので早めに出ることに。

6時前に県庁前駅に到着。

ずいぶん真っ暗で、人もいないのでちょっと怖かったです。東京よりも、日の出が30分ほど遅いようですね。朝が待ち長く感じられました。

夜明け前の県庁前駅

スポンサーリンク

那覇空港のANAラウンジ

昨日着いたばかりの那覇空港にまた戻ってきました。

第2レグの「那覇-関西」もプレミアムクラスですから、まだANA上級会員でなくともANAラウンジが使えます。時間にも余裕がありますし、どんなところか入ってみましょう。

那覇空港のANAラウンジはやや狭いため混雑するという評判でしたが、朝早いため先客はお二人ほど。

とても静かです。

早朝の那覇空港ANAラウンジ

ここも飲食は無料ですので、カプチーノとオレンジジュース、あられを頂きました。もちろんビールもありますが、今日は忙しい1日になりそうなので我慢。

ANAラウンジのエスプレッソマシン

那覇空港のANAラウンジは、成田空港のような軽食はありません。

第1回SFC修行2つ目の記事からは本格的な旅行記になります。 まずは「成田空港へ向かう電車」と「成田空港のANAラウンジ」の話です。 SFC修行は飛行機に乗る修行ですが、そのためには空港まで地上を移動する必要がありますし、空港で過ごす時間も必然的に多くなります。 修行のメインは飛行機ですが、個人的には飛行機にの乗るまでの時間を快適に過ごすことも結構重要だと考えています。 修行開始当日!いざ成田空港へ SFC修行の記念すべき第1レグは「成田-那覇」です!SFC修行には定番中の...

第2レグ 関西国際空港へ

いよいよ搭乗です。

この便の機材は737-800。初の優先搭乗をしてみました。

我が家には小さい子供がいるので、2歳以下の子連れが対象となっている事前改札を使えるのですが、いつもは飛行機恐怖症の夫が一緒なので利用したことはありませんでした。

席も決まっているし、早く入るメリットはあまり無いかと思っていましたが、飛行機入り口~機内で並んで待つ時間がなく、早めに荷物をしまって落ち着くことができるのがいいですね。

ブログ用の写真も撮影しやすいです(笑)。

ANAプレミアムクラスの座席

この便では窓側の席にしました。

それぞれの席に独立した肘掛けがあって、顔の横に大きめの仕切りも付いているので、隣の人が気になることはありません。これだけでも大きなストレス軽減になりそうです。

新型シートなので、テーブルが折りたたみ式ではなく大型、表面にすべり止めもついていて、とても使いやすかったです。

那覇-関西のプレミアムクラス機内食

プレミアムクラスなので機内食も出ました。

ANAプレミアムクラスの機内食

・ビーフパストラミとピクルスのサンドイッチ
・エッグサラダサンドイッチ
・くるま麩の豆乳フレンチトースト
・パンプキンサラダ・オニオンスープ

特に、スープとフレンチトーストが美味しかったです!

先輩修行僧の皆さんの記事を拝見すると、ラウンジ等で機内食の前後にいろいろ召し上がる方が多いようですが、普段から少食の私は、そんなにいろいろ食べられていいなぁと羨ましく思っていました。

ところが実際見てみると、この量で満足できるのは女子高生くらい?と思えるほどの大きさです。表示も300キロカロリー前後なので、ほとんどの男性は全く足りないと思われます。

関西国際空港に到着です

前日の成田-那覇が3時間30分程度かかったのに比べて、今回は1時間45分程度の飛行時間でしたので、あっという間に感じられました。

関西国際空港の上空は薄雲り。

関西国際空港の上空

ターミナルに着く頃にはこの通り晴れました。

関西国際空港のターミナル

関西国際空港のANAラウンジ

時間があまりないとはいえ、大阪の街も少しは観光してみたいと考えていたのですが、前日の夜よく眠れなかったせいか疲れが出てきたので、市街地に行くのはやめておくことにしました。

しばらくゆっくりしようとANAラウンジへ向かいます。

関西国際空港のANAラウンジへの入口は、手荷物検査場の脇にありました。

関西国際空港のANAラウンジ入口

関西国際空港のANAラウンジは、原則として到着時に入場することはできません。

しかし、今回は午後に再び那覇行きのプレミアムクラスに乗るので、受付でチェックインをお願いして入ることが出来ました。

関西国際空港のANAラウンジも比較的空いていました。時間帯にもよるのでしょうが、人混みを避けて落ち着くには最高の場所です。

長いフライトの疲れもゆっくりと癒すことができます。

関西国際空港のANAラウンジ

ここで初めて青汁があったので、頂いてみました。

ANAラウンジの青汁

意外と美味しいかも。

空港内で昼食&おみやげ購入

少し休んで回復したら、空港内のお店を見に行きます。

お目当ては、大阪名物たこ焼きと蓬莱551の肉まん!

蓬莱551関西国際空港店

たこ焼きは噂通りとろとろ。

関東では「銀だこ」の影響で、外側がカリッとしているたこ焼きがメジャーになっていますが、やっぱり本場のとろとろたこ焼きが美味しいですね。

口をやけどしないように、冷ましながらいただきました。

関西国際空港のたこ焼き

蓬莱551の肉まんもとっても美味しかったです。

蓬莱551の肉まん

肉まんは、家族へのおみやげとしても購入しました。

関西国際空港は、大阪だけでなく、近接隣県のおみやげも広く扱っています。見ているだけで楽しめました。

大阪に来ているのに微妙かもしれませんが、夫には好物の生八ツ橋を買いました。荷物が増えるので諦めましたが、できれば赤福も欲しかった…。

再びANAラウンジへ

しばらく空港内を散策した後、ANAラウンジに舞い戻ってビール!

ここではアサヒスーパードライでした。お昼から美味しいビールを好きなだけ頂けるなんてほんと幸せです。

居合わせた女の子に「ママ、あの人お昼なのにお酒飲んでる!」と告げ口されてしまいましたが、何が悪いのでしょう。お昼のビール最高!(ダメな大人)

プラチナ&スーパーフライヤーズメンバーになれば、普通席でも毎回こんな幸せを味わえるんですから、いいですよね。

ANAラウンジのビールサーバー

第3レグ 那覇空港に戻ります

またまたあっという間に飛行機の出発時間になりました。

那覇への帰りの便は767-300です。数えたわけではありませんが、20人程度しか乗らなかったように思います。採算合うのでしょうか…。

那覇行き767-300

第3レグでは、第2レグとは違った独立シート(真ん中の席)を選んでみました。

連結シートでも隣席とある程度隔離されていますので、思ったほどの違いはありません。

プレミアムクラスの独立シート

13時01分~16時59分に出発する便のプレミアムクラスでは、機内食として「軽食SABO」が提供されます。一度くらいは経験しておきたくて、あえてこの時間の便にしました。

今回の軽食SABOの内容は、スモークターキーとキュウリのサンドイッチ、タマゴサラダのサンドイッチ、ポテトサラダとサーモンのトルティーヤ、海老とパスタ・チキンシーザードレッシング風味のサラダ、お菓子はpatisserie KIHACHIでした。

ANAの軽食SABO

お菓子の方は、持ち帰り用の袋もついてました。至れり尽くせりですね。

パティスリーキハチのバームクーヘン

乗客が少なくてCAさんも手持ち無沙汰だったのでしょうか、何度もおかわりを確認してくれました。

那覇空港に帰ってきました

そうこうしているうちに那覇空港に帰着。

東京便と比べると、関西便はほんとに短時間に感じます。

那覇空港からの眺め

これで、第1回SFC修行の第2、第3レグが無事終了しました!

続きは明日、第4レグで東京に戻って完了です。

この日の修行で4,494プレミアムポイント獲得しました。

<次の話>

2016年SFC修行、第1弾の最終日となりました。 滞在中はずっと雨の予報でしたが、結局一度も降られることなく済んでラッキー。 成田への帰便は12:05発。少しくらいは明るい沖縄の街も堪能したくて、国際通りへ繰り出します。 ホテルのある県庁前駅からゆいレールに乗って、二つ先の牧志駅で下車。目指すは「公設市場」です。 公式HPでは、一つ手前の美栄橋駅が最寄りらしいのですが、国際通りを歩きたかったので牧志駅まで乗りました。 国際通りを散策 まだ10時前でしたので、...

<前の話>

SFC修行は日帰りで終わらせることもできますが、旅程の組み方によっては、どうしても宿泊が必要になることがあります。 観光も兼ねて修行する場合、思い切って高級なホテルを予約してしまうのもありですが、私の場合「コスパ重視」の修行ですから、できるだけ価格の安いホテルに泊まりたいところ。 せっかく航空券を安く購入してプレミアムポイント単価(PP単価)を低くできても、宿泊費が高くなってしまえば、総費用で見た場合のPP単価は上がってしまいます。 SFC修行において、宿泊先の選択は結構重要で...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク