2016年 ANA SFC修行第6回-11:OKA-SINタッチ完遂!

成田空港を出てきっかり1時間20分後、9時40分に無事羽田空港に到着しました。

羽田空港

まずは1分でも早くANAカウンターに行って、OKAタッチ往復を予約より早い便に前倒しして貰わなければなりません。

スポンサーリンク

OKAタッチ前倒し成功!

羽田空港 HND

カウンターには人も少なく、無事、往復ともに前倒しすることが出来ました。

新しい便は羽田10時30分発NH469、沖縄14時10分発NH468です。羽田最終帰着は16時30分。当初の予定より、2時間30分早く修行を終えることが可能となりました!

これは大きい。保育園のお迎えにも余裕で間に合います。

出発便は普通席のため、ANAラウンジを使うことが出来ませんので、搭乗待合室内4階のクレジットカードラウンジへ。

羽田空港第2ターミナル4階クレジットカードラウンジ

パイナップルタルトをいただきます!

早朝におかゆを食べたきりだったので、お腹ペコペコ。ラウンジでシンガポール土産のパイナップルタルトをつまむことにしました。

手荷物で細心の注意を払って持ってきましたが、結構表面が崩れています。ずっしりと重みがあるため、下の方が潰されて苦しそう。

もし人におみやげとして持って帰るのなら、ボトルではなく10個入りの箱の方が良いかもしれませんね。

エルイーカフェパイナップルタルト

噂通り大きいです。ゴルフボール大。

LE cAFE pinapple tarte

割ってみましょう。

シンガポールパイナップルタルト

中にはぎっしりパイナップル餡が詰まっています。果肉がしっかりと感じられる程度に残ってますし、甘いだけのジャム系はあまり好きではないのですが、これは酸味と甘味のバランスが絶妙ですね。

外側は甘さ控えめのショートブレッドのような感じで、チーズに似た香りがします。発酵バターなんでしょうか?

原材料が書いていないのでよくわからないのですが、夫も娘も「チーズだ!!」と言ってました。

プロウンロールにも原材料や賞味期限は書いていませんでした。法規制が無いんでしょうか。

2016年 ANA SFC修行第6回-6:シンガポールおみやげ巡り
惹蘭蘇丹蝦麺(ジャランスルタンプロウンミー)で朝食を取った後は、これもまた絶対におみやげに買うぞと決めていたパイナップルタルトの名店に向かいます。 ...

パイナップルタルトといえば、サニーヒルズも有名ですね。

なぜかシンガポールの旅行雑誌でおみやげにオススメされていることもしばしばながら、そちらの本店は台湾です。しかも東京にも支店がありますから、紅茶専門店のTWG同様、個人的にはわざわざシンガポールで買う必要はないなと思いました。

2016年 ANA SFC修行第6回-9:チャンギ空港プライオリティパスラウンジ
マーライオン最寄りのラッフルズプレイス駅から、MRTに乗ってチャンギ空港に向かいます。 この入口前の道路には横断歩道がなく、スーツケー...

そのサニーヒルズの方も、以前南青山店で買ったことがありますが、私はこのLE CAFEの方が好きです。こちらの方が果実感が強く味も濃厚で、何よりカンタンに入手出来るものではないところがステキです。

日持ちは購入日から6週間とありました。これからSINタッチに行かれる方、おみやげにいかがでしょうか?

ANA SFC修行最後の沖縄

それでは、沖縄に向けて出発します。いつも沖縄に行くときはプレミアムクラスだったため優先搭乗ができましたが、今回は当然出来ません。

しかしながら4月からはプラチナ会員になる予定。優先搭乗できないのもこれが最後になるはず!です(飛行機恐怖症の夫が一緒だと無理かな)。

沖縄NH469

普通席でしたので、特筆することもなく那覇空港着陸。5分ほど遅延しましたが、おおむね快適なフライトでした。

沖縄→羽田はプレミアムクラス。復路は折り返し便のため、時間に余裕も無いことから、そのままラウンジ直行です。

羽田で復路のチェックインも済ませていたので、手続き不要で入室できましたが、チェックインが済んでいない場合は、搭乗待合室内の空席待ちカウンターで手続きが必要です。ご注意下さい。

2016年 ANA SFC修行第2回-2:たった1時間半の沖縄滞在
搭乗20分前になりましたので、66番搭乗口を目指してラウンジを出ます。 ANAラウンジに一番近い62番からたった4番違いとはいえ、羽田第2ター...

これでSFC修行@沖縄もおしまいです。次はいつ那覇空港のANAラウンジに来られるんでしょうか。最後にしっかりオリオンビールを味わっておきました。

那覇空港ANAラウンジ

それでは、OKA-SINタッチファイナルフライト、NH468便で羽田空港に帰ります!

那覇空港33番搭乗口

NH468機内食

当便は14時過ぎの出発なので、機内食は軽食と茶菓が入った「PREMIUM SABO」でした。

ANA機内食

軽食のメニューは、

  • ポークウィンナーのドック仕立て
  • チーズとハムとポテトのカナッペ
  • ツナサラダと小海老のサラダ
  • ココナッツプリン

茶菓の方は、

  • バームクーヘンショコラ
  • クランチショコラビター&オレンジ
  • クランチショコラホワイト&クランベリー

…でした。

全体的に無難で安心できる味。ココナッツプリンの上に乗っていた半分乾燥したタピオカが、あまり馴染みのない食感で面白かったです。

シンガポールからの帰国便、選んだ朝食は和食とはいえ、若干中華っぽいおかゆがメインでしたので、この軽食で初めて「ああ、日本に帰ってきたんだな~」と実感しました。

2016年 ANA SFC修行第6回-10:シンガポールからの帰国、成田から羽田へ
チャンギ空港では、出国審査の前に一度手荷物検査場を通るのですが、そこではスーツケースをX線に通すだけで、持っていたおみやげの袋などはスルー。 ...

たった24時間しかシンガポールに居なかったのに大袈裟ですが、強行軍でやりたいことを凝縮してあちこち走り回っていたためか、何だかもっと長いこと日本から離れていたような錯覚が…。

フォンダンビスキュイ

食後はいつものようにコーヒーをお願いしました。レーマンのフォンダンビスキュイもいつものように図々しく、多めにいただいちゃいました。

今後、プレミアムクラスにはそうそう乗れないと思いますので、このお菓子ともしばしのお別れでしょうね。

先日、ミルクチョコレートからこのスイートチョコレートに変わったばかり。何種類がローテーションされるのか、この目で確かめることが出来ず残念です。

プレミアムクラスだと、長時間のフライトでもあっという間に感じます。うとうとしていたらもう羽田空港に着陸していました。モノレールで帰宅します。

羽田空港第2ターミナル駅

最後に

家を出てから約60時間の旅も、これでようやく終了。

いろいろありましたが、なかなか出来ない経験でしたし、充実した旅になりました!

もう1回やりたいかと聞かれると、うーん、即答は出来ません(笑)ビジネスクラスなら行きたいかも。

飛行機大好きな私でも、国際線エコノミーと国内線普通席沖縄ー東京ー沖縄の計17時間強はなかなか辛いものがありました。

東京ー沖縄ー東京で乗ったプレミアムクラスの計6時間強を足すと、飛行時間は全部で25時間程度ありますから、1泊3日でヨーロッパ往復みたいなものですね。

OKA-SINタッチを考えている方、スケジュールに余裕を持って無理せず行くことをオススメします!

さて、肝心のANAプレミアムポイントは、このOKA-SINタッチで14,624PP貯まり、累計48,918PPとなりました。

2月のソラチカルートでANAマイル確定

OKA-SINタッチ1回目の記事でも触れた通り、あと1,082PP足りませんが、そこはSFC修行を決断する前にすでに手配していた帰省(宮崎往復)で充足する予定なので、SFC修行として組んだ旅程は全て消化したことになります。

2016年2月のSFC修行
2016年2月に実践したSFC修行の全旅程を公開しています。SFC修行は、航空券が安くなる時期を狙うことで修行効率(プレミアムポイント単価)を高めることができます。
2016年 ANA SFC修行第6回-1: いよいよOKA-SINタッチの始まりです!
2016年ANA SFC修行、とうとう最終回がやって来ました! 全6回で予定していた2016年 ANA SFC修行も、今回で終了となります。 ...

長い長いOKA-SINタッチもこれにて完結。

ここまでお読みいただいて、本当に有難うございました!!

<次回:SFC修行番外編>

ANA SFC修行番外編-1:とうとう解脱しました!!宮崎の見どころをご紹介します♪
2016年のANA SFC修行として組んだ旅程は、先日のOKA-SINタッチで終了しましたが、僅かに1,082プレミアムポイント足りていませんでした...

<前の話>

2016年 ANA SFC修行第6回-10:シンガポールからの帰国、成田から羽田へ
チャンギ空港では、出国審査の前に一度手荷物検査場を通るのですが、そこではスーツケースをX線に通すだけで、持っていたおみやげの袋などはスルー。 ...