ANA SFC修行6-2:成田空港ANA SUITE LOUNGEってどんなとこ?誰でも利用できる方法を教えます

ANAの飛行機に乗る際に使える空港ラウンジは大きく分けて3種類あり、

「カードラウンジ」<<<「ANAラウンジ」<<<「ANAスイートラウンジ」

の順に豪華になっていきます。

ANAラウンジは国内線プレミアムクラス利用者でも利用できるため、これまで何度か利用してきましたが、ANAスイートラウンジは別格

特別な人しか入れない最上級のラウンジです。

スポンサーリンク

憧れのANA SUITE LOUNGE

本来であれば、ANAスイートラウンジを利用できるのは下記旅客のみです。

  • ANAダイヤモンドメンバー(1年間で100,000プレミアムポイントに到達した人)
  • ANAミリオンマイラー(ANAマイレージクラブ入会からの総飛行距離=ライフタイムマイルが200万を超えた人)
  • ANA国際線ファーストクラス利用者

SFC会員やプラチナ会員ですら入ることが出来ない特別なラウンジに、なぜ今回私が入れるのかというと…

ANAラウンジご利用券

ANA SUITE LOUNGEご利用券」をヤフオクでゲットしておいたからです!落札価格は約5,000円でした。

SFC修行の定番路線になりつつあるOKA-SINタッチ。その過酷な旅程を少しでも快適に過ごすためのテクニックをご紹介します。しっかりと準備をすればOKA-SINタッチも怖くありません。
ANAスイートラウンジ利用権には、券面赤(写真のもの)と青があります。赤はダイヤモンドメンバーが特典としてもらえるもの、青は、80,000プレミアムポイントを達成したプラチナ会員がもらえる利用券です。

ANAスイートラウンジ利用券の価値は?

この利用券でANAスイートラウンジに入室できるのは、もちろん1回のみ。

そう考えると結構なお値段ですが、シンガポールに出発するまで3時間の空き時間があるため、その間利用するとなると1時間あたりの利用料は実質1,700円程度。

持病のため、長く歩いたり立ったりしていると辛いので、飲食し放題、座り心地の良いソファにシャワーやマッサージチェアなどが使えてこの価格ならアリだと考え、購入に至りました。

「スイート」の付かないANAラウンジの方は、利用資格のあるSFC会員やプラチナ会員でなくとも、搭乗日前日18時までにANA MY CHOICEで申し込みすることで有償利用することが出来ます。

しかし、ANAラウンジの利用料金は5,150円。ANAスイートラウンジ利用権の落札相場とほとんど変わりません(2016年時点)。

というわけで、有償利用であれば、ANAラウンジよりも豪華なANAスイートラウンジの方が断然オススメ。利用券も恒常的にヤフオクに出品されているようなので、入手するのはそこまで難しくないはずです。

ヤフオク落札もハピタスを経由すればポイントが付くので、どうぞお忘れなく。

ハピタスの登録手順、登録方法を図説つきで詳しく解説しているページです。どこから登録すればいいのか分からない方、どうやって登録すればいいのか分からない方はぜひ参考にしてください。ハピタスは無料で登録でき、ポイントが簡単に稼げるお得なサイトです。当ページを経由して登録すればもれなく紹介ポイントも貰えますよ。

ANAスイートラウンジに入室

いよいよANAスイートラウンジに入ります。中は一体どんな風になっているんでしょう?

ちょっと緊張しながら入室!

成田空港第5サテライトスイートラウンジ

入るとすぐに係員さんがいて恭しくお辞儀、席に案内してくれました。

ご利用券にお金を払っているとはいえ、ANAダイヤモンドメンバーやファーストクラス利用者に比べれば微々たるものですから(しかも、ヤフオクで購入したのでANA側に支払ったものではないですし)、恐縮してしまいます。

駐機場がよく見える、窓際端っこのソファ席につきました。

ANAスイートラウンジ

この時、時刻は14時30分。お昼を食べていなかったので、もうお腹ペコペコ。さっそくミールを見に行きましょう!

ANAスイートラウンジのドリンク&ミール

さすがスイートラウンジ!ラウンジではじめてプレミアムモルツのサーバーを見ました。

ワインやブランデー類もたくさん並んでいますね。

成田SUITELOUNGE

ヌードルバーでオーダーできるお料理の写真が置いてありました。生パスタやうどんなどの麺類、カレーライス、牛丼、ハンバーガーなどなど。

成田 ANA SUITE LOUNGE

軽食コーナーには、サラダやサンドイッチ、チーズにデザート…。成田空港のANAラウンジ(国際線アライバルラウンジ)でお馴染み、リンツのチョコも置いてあります。

NRT ANAラウンジ

ホットミールは5種ほどありました。チキンの煮込みや野菜のオリーブオイル煮など。

いかにもお仕事出来そうなビジネスマンの皆さんが終始行き来され、緊張する静かな雰囲気の中、食べもしないホットミールの蓋を撮影のためだけに開けるのは憚られましたので、詳しい写真がなくすみません…(小心者です)。

成田空港第5サテラウンジ

ここで食べようと決めていたのはこちら!ハンバーガーです♪パテのボリュームがすごい。

2016年SFC修行

せっかくなのでプレモルと一緒に頂きます!

チェイサーはグレープフルーツジュース。デザートも頂いて来ました。

2016SFC修行

ハンバーガーは、結構パン粉の配分が多いかな?思ったほど肉々しさがありませんでした。

量は男性でも満足できると思われます。苦手な方のためなんでしょう、レタスとピクルスが別添にしてありました。フライドポテトの代わりにポテトチップスが付いています。

デザートは相当甘い…。ブラックコーヒーと一緒に頂くとちょうど良かったです。

あっという間に満腹になりました。

シャワー室も使ってみます

食べ終わってしばしゆっくりしてから、係の方にシャワーを利用したい旨を伝えました。

スイートラウンジは他のラウンジと違い、至るところに係員さんがいて、終わった食器を片付けたり問い合わせに対応したりして下さいます(目敏すぎて?まだ残っているものもしょっちゅう下げられました笑)。

シャワーはANAスイートラウンジとANAラウンジ共用のため、順番待ちになるとのこと。

10分ほど待ちました。

ANAラウンジ成田

以前、アライバルラウンジ利用時にも持たされたベルが鳴ったら、シャワー室へ。スイートラウンジを出て左側にあります。

受付でアメニティセットを頂きました。資生堂の高級ライン「ル・モンドール」です。外国の香りがします。

ANAラウンジシャワー

9号室に入りました。

SUITE LOUNGE 成田

清潔でいいのですが、成田空港のアライバルラウンジの方がシャワー室にドアがあって使いやすかったかな。

2016年 ANA SFC修行3回目の始まりです。 早いもので、SFC修行ももう3回目! 全6回で50,000プレミアムポイント(pp)に到達する予定ですので、これで半分終わることになります。 何度でもやりたいくらい毎回楽しいので、早くも寂しさを感じるこの頃…。 今回は、成田-沖縄(那覇)を往復。 成田空港は家から遠くて地上の移動が億劫なのですが、ANAアライバルラウンジというお楽しみがあります。 成田空港のANAアライバルラウンジ 成田空港にある国内線ANAラ...

シャワー自体も、こちらはハンドシャワーのみ。アライバルラウンジはボディシャワーが付いていて、より機能的でした。

ドライヤーもこちらのものはイオン付きではありません。アメニティにも欠品アリ(これはたまたま?)。それと、どこからともなく隙間風が。

本来、出発前に綺麗なシャワー室を使わせて頂けるだけで十分有り難いんです…ほんと贅沢病ですね。

(↓ヘアブラシがありませんでした。)

SFC修行 ラウンジ

シャワー上がりはポカリで水分補給です!極楽極楽。

成田空港 ラウンジ

ANAスイートラウンジ最後の1時間

そうこうしているうちに17時を過ぎ、窓の外も夕暮れです。

成田空港ランプ

朝から沖縄往復してきたので、もう脚がパンパン。マッサージチェアが空くのを待っていると、出発便がだいぶ掃けて、ラウンジの混雑が解消されてきました。

もしやそろそろ、と見に行ってみると…

SUITEラウンジ マッサージ

ようやく空いていました(ボケてますけど)!

成田 マッサージ

このラウンジのマッサージチェアは2台。2時間待ってようやく回ってきました。競争率高いですね。

全身極疲労回復コースを選択。お風呂あがりに効きます!ずっと終わってほしくないくらい、とってもいい感じでした~。

ANAラウンジ

席に戻ってお菓子をつまんだりお茶を呑んだりしていると、出発便のアナウンスが。

成田空港 スポット

名残惜しいですが、最初で最後(?)のスイートラウンジを後にしました。

搭乗口がすぐそこ

搭乗口は52番ですので、ANAスイートラウンジ(第5サテライト)のほぼ真下。とっても近いです。

成田第5サテライト

エスカレーターを降りて振り向くと、正面に52番搭乗口の表示が見えます。

成田 第1ターミナル

搭乗口には大勢並んでいます。もっとゆっくりしてきても良かったかもしれません。せっかちは損ですね。

成田空港 52番搭乗口

まとめ

成田空港のANAスイートラウンジは、搭乗前の時間を優雅に過ごせる快適な空間でした。

普通のANAラウンジも素晴らしいのですが、スイートともなると、さらに上質なサービスを味わうことができます。

国際線を利用する場合、今回利用した成田空港の他、羽田空港国際線ターミナルにもANAスイートラウンジがあります。

国内線のANAスイートラウンジは現時点で3つの空港にしかありません。

  • 羽田空港(東京)
  • 伊丹空港(大阪)
  • 那覇空港(沖縄)

新千歳空港にも新設予定(2017年9月頃)。

次回は、いよいよシンガポールに向けて出発します!!

<次の話>

この日乗った成田発シンガポール行のANA801便は、普通席満席。 もしかしたらインボラアップグレードがあるかもしれません。 確率的にはかなり低いことは分かっているのですが、国際線に乗るときは何となく気になってしまうんですよね。 インボラアップグレードとは 「インボラアップグレード(略称:インボラ)」は、オーバーブッキングのため、空きのあるアッパークラス(予約したものより上のクラスの座席)が特別に割り当てられる措置を指します。 そんなことは滅多にないだろうと思っている方も多い...

<前の話>

2016年ANA SFC修行、とうとう最終回がやって来ました! 全6回で予定していた修行も今回で終了です。 厳密には、6回目の旅程を終えた段階で、ANAプラチナメンバー&SFC会員になれる50,000プレミアムポイント(PP)まで約1,000PP足りないのですが、そこはSFC修行前から決まっていた3月の帰省でクリアなので、SFC修行として組んだ旅程はこれで最後になります。 SFC修行最後の旅程は、「OKA-SINタッチ」と呼ばれる定番のルートです。シンガポール往復の前後...

当初の予定にはありませんでしたが、その後思い立ってANAダイヤモンドメンバーになり、何度かスイートラウンジを利用する機会に恵まれました。

各地のスイートラウンジについて、こちらでご紹介しています。

http://rikei-miler.com/travel/ana-suitelounge-hnd羽田空港国際線スイートラウンジ

あけましておめでとうございます。皆様素敵なお正月をお迎えのことと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 我が家は2017年明けて早々、待ちに待ったANAダイヤモンドメンバーになって初めてのフライトを楽しんで来ました!行先は宮崎。お正月帰省です。 今回は、ダイヤモンドメンバー特典の数々をご紹介したいと思います。 あまりにも楽しみで前夜はあまり眠れませんでしたが、幸い皆体調を崩すこともなく元気に羽田空港へ。モノレールからは、綺麗な富士山が見えました。 今年も...
難波での3時間を目一杯楽しみ、伊丹空港に戻ってきました。 ANAは南ターミナル。来た時にはあまり建物をよく見ていませんでしたが、意外と小さな空港なんですね。 入るとすぐにANAのカウンターが設置されています。なかなかの混み具合。ちなみに、プレミアムチェックインは2階にあります。
ANAが展開する最上級ラウンジ、ANAスイートラウンジ(国内線)は、全国に羽田・伊丹・新千歳・那覇の4箇所しかありません。 その内の一つ、那覇空港のスイートラウンジは、小さいながらも搭乗間際まで沖縄気分を楽しめる工夫が感じられて、とっても素敵なラウンジでした。 以下では、その魅力を余すところなくご紹介します。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク