2016年 ANA SFC修行第6回-7:チャイナタウン~ベイフロント

目当てのおみやげも無事ゲットして、次は昼食のためチャイナタウンにやって来ました。

チャイナタウン

オーチャードからバスに乗ったのですが、運転手さんに「チャイナタウン行きますよね?」と尋ね、「行きますよ!」としっかり確認を取ったにも関わらず、反対方向のバスだったようで途中で下車して乗り直すというちょっとしたハプニングも有りました。

GPSをずっと見ていて、はてどうも違う方向に行ってるような…?と早い段階で気づけたのが幸いでした。

必読!ANA SFC修行 SINタッチ出発前に準備しておくべきこと
2016年ANA SFC修行の締めとして、先日OKA-SINタッチを行いました。 OKA-SINタッチは、プレミアムポイントを効率的に稼ぐのに...

運転手さんは「あっ!?ごめん間違えた!ごめんねー!」とのこと(笑)こういうのも楽しい旅の醍醐味ですね。

スポンサーリンク

チャイナタウンへ!

それでは、チャイナタウンのおみやげ屋さんが軒を連ねるエリアに入っていきましょう。

チャイナタウン

日本にも中華街はありますが、こちらは目に入る表示のほとんどが中国語と英語ですから、比べ物にならないくらい異国情緒を味わうことが出来ます。

シンガポールは中華系人口が約8割のため、そういう意味では本場と言っても差し支えないのかもしれません。

チャイナタウン

Tak poで昼食

チャイナタウンで行きたかったお店はここ!中華料理店の徳宝です。徳宝tak po

ほんとはToa Payohという街にある有名なBao(包=中華まん)のお店、Teochew homemade baoに行きたかったのですが、あいにくこの日は定休日だったので行くことが出来ませんでした。

店頭に着くなり呼び込みの店員さんが元気よく人数を聞いてくれ、あっという間に店内へ。

tak po

厨房がよく見える席につきました。

tak po

注文はテーブルに置いてある紙に記入して、店員さんに渡すだけです。英語が併記されていますし、メニューには写真もあるのでわかりやすいです。

滞在中はいろんなものを少しずつ食べたかったので、ここでは控えめにチャーシューまんと蓮の実餡まん(いずれも0.90SD)をお願いしました。中華まん シンガポール

飲物は?と聞かれてとっさに正面に貼ってあったポスターのライムジュースを注文。暑い中を歩いた後は特に心惹かれる涼し気なポスターです。

徳宝 メニュー

5分ほど待つと品物が届きました。予想していたより小さめ。チャーシューまんは日本のコンビニで売ってる肉まんの半分あるかないかくらい。あんまんはほんの一口サイズです。これならもう少し別のものも頼んでおくべきだったかな…。

包 徳宝

ジュースはどう見てもオレンジ…。間違いなくライムジュースをお願いしていたんですけど。レシートにもライムと打ってありましたし。写真と別物が出てくる、これがうわさに聞く海外クオリティ…?

さっそく飲んでみましたが、とっても不思議な味でした。ライムともオレンジともつかない香料と、砂糖たっぷりな感じです。

おお~!私今初めての味を体験してる!とちょっと感動。ですがあんまりオススメはしません。

それでは、チャーシューまんから頂きます。

指にピントが合っちゃってますね。この通りミニサイズです。味は無難に美味しい。生地はふんわりしていて好みでした。チャーシューは可もなく不可もなく…かな。

チャーシューまん

続いてあんまんです。とろっとしたあんがたっぷり入ってます。甘さ控えめで美味しかったです。

lotus paste

食べ終わったところに「相席いいですか?」と店員さんが来たので、長居せずお暇。

お会計は5SDくらい。あれ?ちょっと高いなと思ったら、卓上に置いてあったピーナツがお通しだったみたいです。それとお手拭きも0.3SDと有料でした。

クレジットカードは20SDからしか使えないということで、現金でお支払い。残金はおよそ25SDになりました。

チャイナタウンの町並み

食べ終わったらチャイナタウンを散歩。こんな可愛い建物や、

チャイナタウンの町並み

こんな不思議な建物も。こちらはなぜかチャイナタウンにあるシンガポール最古(1827年)のヒンドゥー教寺院、スリ・マリアマン寺院です。

スリ・マリアマン寺院

極彩色が青空に映えますね。中を見てみたい気もしたのですが、靴を脱がないといけないのと、露出が高い服装の場合はケープを着なければならない(多分というか間違いなく全く露出してない方だけど、なんとなく敷居の高さを感じる)ということで、やめておくことにしました。

外観だけで満足してしまったということもあります。

それではチャイナタウンを満喫したところで、次の目的地へ向かいます。

チャイナタウン MRT

シンガポール観光の目玉!ベイフロント

次はシンガポールといえばここ!マーライオンを見に、ベイフロント駅までやって来ました。

bayfront

ここでまたしてもトラブル発生!

朝からスーツケースを転がしながら歩きまわりすぎたせいで、持病が悪化して心臓が痛くて動けず…。久々の海外一人旅が楽しくて楽しくて、つい調子に乗りすぎてしまいました。

夜にはまた長時間飛行機に乗らないといけませんから、無理して心不全にでもなったら大変(前科アリ)…というか症状的には狭心症?でもここまで来てマーライオン見ずに帰れない…。

今考えれば、全く天秤にかけるようなことではないんですが、もはや正常な判断が出来なくなっている状態。

しばらく休んでから、恐る恐るヨロヨロと改札を出ます…。

ベイフロント駅は、屋上に棟を跨ぐインフィニティプールがあることで有名な、ホテル「マリーナベイサンズ」に直結しています。

改札出てすぐに、ゴンドラが浮かぶ水路が見えました。ラスベガスにこういうホテルありますよね。テレビでしか見たことありませんけど。

マリーナベイサンズ

正面のエスカレーターを上ります。ハイブランドショップも数多く、バブリーな雰囲気です。

マリーナベイサンズ

外に出ました!これは振り返ったところ。ちょっと見難いですが、これがかの有名なマリーナベイサンズです。

マリーナベイサンズ

マリーナベイサンズの前は広場になっていて、対岸には念願のマーライオンが見えます!おお~思ったほどガッカリじゃないですね!意外と立派ですよ。マーライオン

と、ここに来て本格的に心臓が痛くなり、本気で病院にかかろうかどうしようか悶々…

クレジットカードの保険だけしかなく、持病は補償されないので、なかなか踏ん切りがつきません(持病がある場合は、AIUの海外旅行保険ならカバーされるそうです)。

ドイツ留学中も同じ間違いをやったんですよね…。一旦寛解したので油断して薬を持たずに出国して、慣れない環境ストレスのせいか急激に悪化→心不全を起こしかけて自費入院。

その時は、お金がないから早く退院させて!とお願いして、3日で半ば無理やり退院しましたが、10万円以上取られてしまいました。海外に出る時は備えを万全にしておかなければなりませんね。

持病が再発したのがついこの間のことなのであんまり実感がなく、たった1日のことだしとまるっきり油断してました。またしても教訓を活かせず…。

とりあえず心臓に負担をかけないよう、人の少ないところを見繕って横になってみることにしました。

ベイフロント

ベンチに寝転んで上を見上げると、椰子の木が風に葉を揺らし、気持ちの良い木漏れ日が落ちてきます。

ここで1時間ほどウトウト…。こんなにゆっくり外で過ごすのは久しぶり。だんだん症状も落ち着いて、何とか病院に行かずに済みそうです。

これはこれで貴重なひとときでした。

<次の話>

2016年 ANA SFC修行第6回-8:クレイポットライスとマーライオン
マーライオンの対岸で1時間ほどのんびりしたおかげで、心臓の痛みもだいぶ引いてきました。 日陰にいたとはいえ、この日の気温は28℃。喉が乾い...

<前の話>

2016年 ANA SFC修行第6回-6:シンガポールおみやげ巡り
惹蘭蘇丹蝦麺(ジャランスルタンプロウンミー)で朝食を取った後は、これもまた絶対におみやげに買うぞと決めていたパイナップルタルトの名店に向かいます。 ...