ANAカードをSFCに切り替えると年会費はどうなる?プラチナサービスとの違いは?

先日、とうとうスーパーフライヤーズカード(SFC)の申込書が届きました!

4月2日、ANAのHP上で「事前プラチナサービスをご提供します」と表示が出てすぐに申し込み、今か今かと待ちかねた一式がこちらです。

By2oiJIkxvYSqJ31460547341_1460547361

DSC02342

さっそく記入して投函!これであとはカードの到着を待つばかりなんですが、ここに来て、当ブログではこれまでスーパーフライヤーズカードの詳細をあまりご紹介していなかったことに気が付きました(汗)

今回は、ANAカードからSFCに切り替えると年会費はどうなるのか?注意点は?また、プラチナサービスとの比較についてまとめてみました。

スポンサーリンク

SFCの年会費は?

SFCとは、クレジットカード機能付・年会費有料でANAのプレミアムサービスを受けられるスーパーフライヤーズカードのこと。

普通のANAカードは異なるブランド、ステータスのものを複数枚持つことが出来ますが、SFCは一人一枚しか持つことが出来ません。

申し込むことが出来るのは、1~12月の間に50,000プレミアムポイント(PP)を獲得した「プラチナメンバー」または100,000PPを達成した「ダイヤモンドメンバー」、そして生涯積算100万マイルに到達した「ミリオンマイラー」のみに限られます。

先日もご紹介しましたが、SFCには8種類あります。

ANAプレミアムメンバー事前サービスが始まりました
先月、2016年ANA SFC修行が無事終了し、晴れて事前プラチナサービスを受けられる運びとなりました(と同時に、スーパーフライヤーズカード(SFC...

全8種類の年会費比較表はこちらです。

カード種別

年会費
本会員
年会費
家族会員

ANAスーパーフライヤーズカード(一般カード)
JCB・VISA・マスターカード

11,070円

 5,508円
ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード
JCB・VISA・マスターカード
16,200円  8,100円

ANAダイナース スーパーフライヤーズカード

30,240円

 11,340円

ANAアメリカン・エキスプレス
スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード

33,480円

 16,740円

ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム

75,600円

 4,320円

ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード

167,400円

 無料

ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード

86,400円

 4,320円

ANAアメリカン・エキスプレス
スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード

162,000円 無料
(4枚まで)

一番オトクに維持できるのは「ANAワイドゴールドカードVISA」→「ANAスーパーフライヤーズゴールドカード」であることは、すでにご紹介の通り。

2016年SFC修行にオススメのクレジットカード
ANAスーパーフライヤーズカードを手に入れるためにSFC修行を始める場合は、まず修行効率を高めるためのクレジットカードを発行しましょう。2016年の最新データに基づいたオススメのクレジットカードを紹介します。

持てるのはいずれか1枚だけですので、ライフスタイルをよく考えて選択する必要がありますね。ただし、スーパーフライヤーズカードの発行後でも別ブランドに切替えることは可能です。

SFCへの切り替えにあたって

すでにANAカードを持っていて、同じブランドのSFCに切り替える場合、いくつか注意事項があります。

1.切り替えられないANAカードもある

「ANA VISA Suicaカード」、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」、「ANA TOP ClubQ PASMOマスターカード」からSFCに切り替えることは出来ません。

これらのカードを持っていてSFCを作りたい場合は新規入会扱いとなり、新たに審査を受ける必要があります。元のカードを維持する場合、または退会する場合でも移行手続きを行えば、貯めたマイルやプレミアムポイントが消滅することはありません。

ちなみに、いろんなブログで、ANAカード(一般)からANAスーパーフライヤーズカード(一般カード)への切替はできず、別途審査があると目にしたため、SFC修行を始める前に最低限ANAワイドカードを取っておかなければならないと思い込んでいました。

が、よくよく考えてみると、それならANA公式HPにも上記交通系カード3種類と並んで「ANA一般カードは切替不可」と書かれていてもおかしくないのでは?と疑問に思い、初めてプラチナデスクに電話して聞いてみました(ちょっと嬉)。

回答としては、ANA一般→SFC一般はカードステイタスとして同等なので、おそらく審査はないと思う、ということでした。発行元はクレジットカード会社なので断言は出来ませんが、といった感じです。

ANAカード(一般)の年会費が2,160円に対して、ANAスーパーフライヤーズカード(一般カード)の年会費は11,070円と5倍以上ですから、何らかの審査があっても不思議ではないのですが、少なくとも、ANAさん側はそういった認識のようです。

ということで、ANAカード(一般)はSFC(一般)に切替出来る可能性の方が高い、と言っていいと思います。今度はVISAゴールドデスクに聞いてみようかなぁ。審査については教えてもらえない気もしますけど。有無くらいは…どうでしょう?

2.年会費が二重にかかる(例外あり)

ANAカードからSFCへの切替時には、原則※として、年会費は改めて徴収されます。

私は昨年10月にANA VISAワイドゴールドカードを作り、すでに年会費を払っていますが、それから半年もたたずにまた払わなければいけないことになります。元のワイドゴールドカードは切り替えで使えなくなりますので、ちょっと損した気分です(苦笑)。

※4月23日追記:本日SFCが届きました。年会費を確認すると、1月10日に請求と書いてあります。ANA公式では上記の通り「改めて徴収」と書いてありましたが、VISAゴールドデスクに確認したところ、来年の1月10日までは元のワイドゴールドカード年会費でSFCゴールドカードを使えるとのこと!すごく得した気分です。

ということは、元のカードの年会費を払った後すぐにSFCに切り替えるのがお得ということになりますね。あくまでワイドゴールドカード(VISA)→SFCゴールドカードへ(VISA)の切り替えのケースですので、一般だとまた違うかもしれません。

※例外1:ANAダイナースカードをANAスーパーフライヤーズカードに切り替える場合は年会費との差額分のみ負担。

※例外2:ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・ゴールド・カードへ切り替える場合はアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・サービス・センターに要確認。

私はアメックスメンバーではないので、アメックス新規窓口に問い合わせしてみた所、スーパーフライヤーズカードへの切替についてはANAさんに聞いてくださいと言われてしまいました…。

ANAプラチナデスクでは、やはり年会費のことまではわからないと回答頂きましたので、メンバーの方は上記サービスセンターへ連絡してみてください。

ある方のブログでは元のカードの年会費が日割りで返金されていたり、またある方は二重に払ったり…結局確信が得られていない状況です。ステータスなどに左右されるのかもしれませんね。

3.Edy残高は引き継ぎされない

古いカードのEdyは無効になってしまいますので、切替前に使い切っておく必要があります。

少しめんどくさい気もしますが、消えてしまってはもったいないですから、忘れずにEdyカードの残高はゼロにしておきましょう。

その他の注意事項

他にも、ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般カード/ゴールド・カード/プレミアム・カード)からスーパーフライヤーズカード(ゴールド・カード/プレミアム・カード)への切替の場合はクレジットカード番号が変わるなど小さな変更点はありますが、気をつけておくべきは上記3点だと思います。

マイレージクラブお客様番号は変わりません。

また、ANAスーパーフライヤーズカードの本会員⇔家族会員の切り替えはできません。我が家のようにSFC修行を妻が行い、SFC取得後に夫を本会員にすることは不可です。

-shared-img-thumb-ELLY15010354_TP_V

SFCとプラチナサービスの違いは?

以前ちょこっとだけ触れましたが、SFCとプラチナサービスの違いを表にまとめるとこんな感じです。

特典内容 プラチナ会員 SFC
本会員
SFC
家族会員

プレミアムメンバー専用サービスデスク

ラウンジ利用

※国内線:ANAグループ運航便または下記提携航空会社コードシェア便にANA便名で搭乗の場合。

AIRDO、IBEXエアラインズ、オリエンタルエアブリッジ、ソラシド・エア、スターフライヤー

※国際線:ANAグループ運航便、スター アライアンス加盟航空会社、またはスター アライアンスに加盟していない提携航空会社が運航するANAとのコードシェア便☆に搭乗の場合。

☆ジャーマンウィングス、ユーロウィングス運航便は、ANAとのコードシェア便以外でも利用可。

座席クラスのアップグレード

2親等以内かつ特典利用者登録済みであれば本人以外も利用可。

※国内線:特典航空券を含むすべての運賃で利用可。ただし、事前予約は不可。当日空港で空席がある場合に限る。

※国際線:全区間の予約済み航空券を所持し、かつアップグレード対象となる予約クラス利用の場合に限る。会員専用ページ、プレミアムメンバー専用デスクにて、事前予約が必要。ただし、アップグレードの要件(食事、空席)が整った場合に限り、当日空港でも利用可能。

×
プレミアムエコノミーへの変更

搭乗手続きの際に空席がある場合は、対象運賃以外で搭乗の場合でも追加料金なしでANA国際線「プレミアムエコノミー」を利用可。ANAの機材で運航するコードシェア便を提携航空会社便名で予約した場合も対象となる。

国内線予約の先行受付

× ×
国内線座席指定の優先(同行者も可)

※クリックして拡大します

国内線優先座席指定

青枠 茶枠 茶枠
予約時の空席待ちの優先

ANAグループ運航便の場合は同行者も可。スター アライアンス加盟航空会社運航便の場合は本人のみ。

特典航空券の優先
優先チェックインカウンター

※国内線:ANAグループ運航便に搭乗、または下記航空会社コードシェア便にANA便名で搭乗の場合。

AIRDO、IBEX エアラインズ、オリエンタルエアブリッジ、ソラシド・エア、スターフライヤー

※国際線:ANAグループ運航便、スター アライアンス加盟航空会社運航便、またはスター アライアンスに加盟していない下記提携航空会社が運航するコードシェア便に搭乗の場合。

エア ドロミティ、マカオ航空、エティハド航空、ガルーダ・インドネシア航空、ジェットエアウェイズ、フィリピン航空、山東航空、ヴァージンアトランティック航空(ヴァージンアトランティック航空運航便のプレミアムエコノミークラス搭乗時は対象外)

手荷物受け取りの優先

※国内線:ANAグループ運航便、または下記航空会社コードシェア便にANA便名で搭乗の場合。

AIRDO、IBEX エアラインズ、オリエンタルエアブリッジ、ソラシド・エア、スターフライヤー

※国際線:ANAグループ運航便、スター アライアンス加盟航空会社運航便、またはスター アライアンスに加盟していない下記提携航空会社が運航するコードシェア便に搭乗の場合。

エア ドロミティ、マカオ航空、エティハド航空、ガルーダ・インドネシア航空、ジェットエアウェイズ、フィリピン航空、山東航空、ヴァージンアトランティック航空(ヴァージンアトランティック航空運航便のプレミアムエコノミークラス搭乗時は対象外)

 ◯

手荷物許容量の優待

※国内線:搭乗クラスの無料手荷物許容量+20kgまで無料

※国際線:搭乗クラスの無料手荷物許容量+1個まで無料

※スターアライアンス加盟航空会社便:個数制の場合は+1個、従量制の場合は+20kgまで無料

専用保安検査場の利用

※国内線:ANAグループ運航便、または下記航空会社コードシェア便にANA便名で搭乗の場合。

AIRDO、IBEX エアラインズ、オリエンタルエアブリッジ、ソラシド・エア、スターフライヤー

※国際線:ANAグループ運航便利用の場合。

優先搭乗
ANAグループ便、スター アライアンス加盟航空会社便を利用の際、国内線および国際線全路線において、搭乗クラスにかかわらず利用可。

※国内線:IBEX エアラインズ、オリエンタルエアブリッジ、ソラシド・エア、スターフライヤーとのコードシェア便は、ANA便名で購入している場合に限る。AIRDOは不可

※国際線:スター アライアンスに加盟していない下記提携航空会社が運航するコードシェア便に搭乗の場合も利用可。

エア ドロミティ、マカオ航空、エティハド航空、ガルーダ・インドネシア航空、ジェットエアウェイズ、フィリピン航空、山東航空、ヴァージンアトランティック航空(ヴァージンアトランティック航空運航便のプレミアムエコノミークラス搭乗時は対象外)

空港での空席待ち優先

マイカー・バレー優待(成田空港)

提携駐車場サービスを優待料金にて利用可。

羽田空港駐車場の優先予約

ターミナルに近い専用エリアを利用可。

香港国際空港の優先レーン

※18歳以上で有効な旅券またはビザを保有していること(日本国籍で、観光・商用目的で香港に90日以内の滞在の場合はビザ不要)。同行者は利用不可。

アップグレードポイントプレゼント

×

フライトボーナスマイル

※ANAカード、スーパーフライヤーズカードを所持しており、かつ「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」「ブロンズサービス」のステイタスを持っている場合は、積算率の高い方のみが適用。

※プレミアムメンバー継続年数、カードステイタスによって積算率が変動。

90~105% 35~50% 35~50%
ANAゴールドカード / ANAカード プレミアム特別ボーナスマイル

「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」「ブロンズサービス」期間中、下記カード会員へ通常のカード継続ボーナスマイルに加え、さらに「2,000マイル」を積算。

<対象カード>

  • ANAワイドゴールドカード(VISA、マスター、JCB)
  • ANAダイナースカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAカードプレミアム(VISA、JCB、ダイナース、アメリカン・エキスプレス)
  • ANAスーパーフライヤーズゴールドカード(VISA、マスター、JCB)
  • ANAダイナーススーパーフライヤーズカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード
  • ANAスーパーフライヤーズカードプレミアム(VISA、JCB、ダイナース、アメリカン・エキスプレス)
× ×
マイルからANA SKY コインへ特別倍率で交換 1~1.7倍 1~1.6倍 1~1.6倍

アップグレードポイントからANA SKY コインへの交換

×

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでの優待

※ベストフレキシブルレートからの値引き率

5% 10% 10%

ANAマイレージクラブ Financial Pass VisaデビットカードATM

出金手数料無料

× ×

オリジナルネームタグプレゼント

× ×
プレミアムメンバー限定ANAセレクション
ライフスタイルマガジン ×

ダイアリー・カレンダー・手帳のプレゼント

×

こうして並べて比較してみると、意外と(?)SFCにしか与えられない特典があったり、プラチナよりもレートがいい特典があったりすることに気が付きますね。

なお、上図記載のプラチナ特典内容は、本サービス提供期間中のものであり、事前サービス中には利用できないものも含まれています。本サービスと事前サービスの違いについては、↓記事で詳しく紹介しています。

ANAプレミアムメンバー事前サービスが始まりました
先月、2016年ANA SFC修行が無事終了し、晴れて事前プラチナサービスを受けられる運びとなりました(と同時に、スーパーフライヤーズカード(SFC...

2016年SFC修行でかかった費用

プラチナステイタスだけだと、原則1年(事前サービスがある場合は最長2年)だけですし、本人しか特典を受けられませんから、わざわざSFCを取得する重要性をお分かりいただけたのではないでしょうか(飛行機絶対乗らない!大嫌い!という方除く)。

私のSFC修行は、振り返ってみるとほんとにあっという間に終わってしまいました。そういえば、総額いくらだったのかをまだきちんと発表していませんでしたのでご報告します。

純粋な航空券だけの代金は、456,560円でした!PP単価は9.13。SFC修行前に手配していた宮崎往復が足を引っ張った(PP単価約15)割には、まあまあいい感じです。

これに追加で、株主優待券がおよそ2万円弱、宿泊費(国内外合わせて4泊)が2万円弱。地上交通費もちょこちょこかかっていますから、総額およそ50万円ちょっとですね。

私の場合、家庭の事情で早くSFC修行を終わらせたかったので、全て自腹で行いました。50万円、まったく安い金額ではありません。

しかし、余裕を持って計画できるのであれば、手出しなしでSFCを取得することも可能です。

無料でSFCを取得するためには?

事前にしっかりポイントサイトで稼いでマイルに替え、さらにスカイコインに交換して航空券を購入すれば、0円で取得することも可能です。

SFC修行のすべて~ANA上級会員になるために~
SFC修行について詳しく解説しています。「そもそもSFCってなに?」、「なぜ修行するの?」など、SFC修行に関する疑問への答えが全てこの記事に書かれています。
マイルを大量に貯めるために最も効率的な方法とは
マイルを貯める方法はいろいろあれど、大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。

ソラチカルートで貯められる上限が1年で216,000マイル。持っているANAカードやステイタスによっても異なりますが、ANAゴールドカードなら50,000マイル以上の交換で1.6倍の交換倍率ですから、それだけで345,600円分のスカイコインになります。

ソラチカルートで年間216,000マイルを創り出す
ソラチカカードの特典であるソラチカルートを使えば、初心者でも簡単に年間21万6,000マイルを貯めることができます。ビジネスクラスやファーストクラスでの海外旅行も夢ではありません。まだ持っていない方は急いでソラチカカードを手に入れましょう。

ソラチカルート以外でも、Tポイントや楽天ポイントを0.5倍でマイルに替えたり、クレジットカード入会ボーナスマイル、ANAカード利用に応じたマイルバックをすべてスカイコインにすれば、1年で50万円分のスカイコインを得るのは決して難しいことではありません。

Tポイントを利用したANAマイルの効率的な貯め方
ANAマイルを貯めるには、現在のところ「ソラチカルート」を利用した方法が最も効率的です。しかし、ソラチカルートには移行上限(毎月18,000マイル)...
楽天ポイントの意外でお得な使い方【ANAマイル交換】
楽天市場に代表される楽天グループのサービスを利用すると、楽天独自のポイント「楽天ポイント」(正式には「楽天スーパーポイント」)を貯めることができます...
クレジットカードの新規発行でANAマイルは大量に貯まる
クレジットカードの新規発行はマイルを貯める方法の定番の1つです。クレジットカードを発行するだけで、なぜ大量のマイルを獲得できるのか、その秘密を詳しく解説します。

まとめ

heart-1192662_960_720

我が家は夫婦共に実家が宮崎ですので、毎年帰省で飛行機を利用すること、また、飛行機恐怖症の夫が少しでも快適に旅行できればと思い、SFC修行に臨みました。

私自身、元航空会社地上係員でプレミアムメンバーに強い憧れがあったことももちろんあります。

先月SFC修行を解脱したばかりで、まだ実際に特典利用には至っていませんが、夫がANAラウンジや手荷物の優先返却を利用するのを今から楽しみにしてくれているので、SFC修行をやってほんとによかったなと思っています。

なにしろ、以前はできれば帰省したくない、考えるのも嫌だという位だったのですから。4月のうちから8月の帰省が楽しみだなんて、まったく別人のようです。

SFC修行中のことをこうして書いたり話したりしていただけでも、だいぶ飛行機が身近に感じられるようになったらしく、前回の帰省時、いつもより落ち着いていたのも嬉しい驚きでした(離陸後はやっぱり脂汗ダラダラでしたが、いつもは搭乗してすぐそうなるので、だいぶ進歩しました)。

大きな出費ではありましたが、精神的にはとても大きな効果を実感しています。飛行機恐怖症のご家族がいる方、SFC修行は結構良いお薬にもなるみたいですよ!