特典航空券の魅力&ANA公式発表以外にもプレミアムエコノミー路線があった!

ANAプラチナ会員になって約半月が経過しました。

SFCの申し込みもしたし、プラチナカードも届いたし、とりあえず満足満足!夏に特典を使うのが待ち遠しいな~なんて思っていた所、来月義母が上京してくることに。

先日ご報告の通り、義母の分のSFCも申し込みしてありますので、このまま行けば、義母が最初にプレミアムメンバーの特典を受けることになります。

ANAプレミアムメンバー事前サービスが始まりました
先月、2016年ANA SFC修行が無事終了し、晴れて事前プラチナサービスを受けられる運びとなりました(と同時に、スーパーフライヤーズカード(SFC...

が、なにぶん心が狭いもので、苦労(はほとんどしてないけど)の末得たプレミアムメンバー特典、私が最初に使いたい!

そこでなんとかしてその前に飛行機に乗れないものかと画策し、このたび特典航空券を取って北海道に日帰り旅行することにしました。

ほんとに心狭いですね(笑)。

札幌時計台

以前は特典航空券といえば、何度か海外に出かけて有効期限ギリギリにやっと必要数貯まったマイルを、国内線1往復に替えるのがやっとでしたが、陸マイラー生活を始めてたった4ヶ月で、私個人名義だけで10万マイル(SFC修行フライト分の約3万マイル含む)、家族合算分のファミリーマイルだと、今や16万マイルに到達!

ローシーズン期間であれば、2人でヨーロッパをビジネスクラス(80,000マイル)で往復できてしまいます。すごいですよね…。元手が完全に0だったとは言えませんが、それなりにサービス(外食やエステ等々)を受けた上にポイントが貰えて、最終的に大量のマイルになるんですから、まさに錬金術です。もっと早く始めておけば!と今更ながら悔やまれます。

外食モニターでANAマイルを貯めて食事代を実質無料にする方法
レストランなどで外食する場合には、クレジットカードで食事の代金を支払うことでANAマイルを貯めることができます。 ANAカードを使った場合には...
ソラチカルートで年間216,000マイルを創り出す
ソラチカカードの特典であるソラチカルートを使えば、初心者でも簡単に年間21万6,000マイルを貯めることができます。ビジネスクラスやファーストクラスでの海外旅行も夢ではありません。まだ持っていない方は急いでソラチカカードを手に入れましょう。

おかげさまで当サイト経由でポイントサイトに登録してくださる方が予想以上に多くいらっしゃる(ありがとうございます!!)んですが、不思議な事にあまり活動されていないようなんですよね。

当方の伝え方に問題があるのか、いざやってみたら面倒くさかったのか…。よくわかりませんが、投資のようなリスクもないのにほんと勿体無いなぁと思うこの頃です。ほんの数ヶ月でヨーロッパ往復が可能!って、そんなに魅力を感じないのかな。まぁ、詐欺っぽく聞こえることが一番のネックなのかもしれませんね。

ダイナースクラブカードの新規入会でヨーロッパ旅行が無料になる
以前にもご紹介した「ダイナースクラブカード」ですが、 ちょびリッチ経由の申し込みで獲得できるポイントが 2016年1月31日までの期間限定で10...

それはさておき、今回特典航空券をプレミアムメンバーになって初めて予約したわけですが、いくつか気付きがあったので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プラチナメンバーになっても国内線特典航空券は先行予約できない

ご存知の通り、プラチナ会員になると国内線先行予約が使えるようになります。特典航空券でもそれは同じだと思っていました。

が!国内線特典航空券の先行予約が出来るのは「ダイヤモンドメンバーのみ」なんだそうです。つまり、ダイヤモンドメンバーだけが発売2週間前から特典航空券を予約することが可能で、プラチナ以下は一般と同じ発売日からでないと予約ができません。

国内線特典航空券

一方、ややこしいのですが、国際線特典航空券はプラチナ・SFCでもダイヤモンドメンバー同様に優先予約が可能です。ただし、これは「先行」予約ではなく、あくまで「優先」して予約が出来るというもの。発売開始は搭乗の355日前午前9時からと、一般との差はありませんが、開放されている席数に違いがあり、平会員では「空席待ち」になっていても、プラチナ・SFC以上なら取れる可能性があるということでした。いつか恩恵を受けてみたいものですね。

国際線特典航空券

特典航空券のスゴイところ

特典航空券って、4日前まで申し込みできるのに、便変更・日時変更が可能なんて、よく考えてみればものすごくお得ですよね。

今回の北海道行きは、特典航空券システム上ローシーズンのため、羽田‐新千歳の往復で12,000マイルでした。1マイル2円で換算しても、往復24,000円で行けるということです。

マイルの価値は2円という理解で正しいのか
航空会社のマイルは1マイル=2円で換算するのが一般的であると言われています。本当にそうなのか、実際の航空券の価格に基づいて徹底的に検証してみました。

同じ日・同じ便の航空券を4日前に取ろうと思ったら、最安の特割でも52,680円。倍以上です。なんと1マイル=4円以上になります!陸マイラーやっててよかった。

旅割75や55ならもっと安く済みますが、だいぶ前から購入する必要がありますし、バーゲン型運賃では当日前便に空席があったとしても一切変更は出来ない、また取消手数料が高額と、様々な制約があります。

特典航空券は「明日の予約便をもっと遅い時間にしたい」などの変更こそ出来ないものの、4日前まで予約可能ということは、下記のような変更が可能ということです。

国内線特典航空券要領

図を見ていただければお分かりのように、一旦予約を取った後、日付は変えずに時間変更だけしたい場合でも、原則として搭乗4日前までに済ませておく必要があります。(上の図では、4月24日が搭乗日ですので、便変更は4月20日までに済ませておく必要があり、翌日の4月21日には変更できなくなってしまいます。)

しかし、搭乗4日前を過ぎてしまった場合でも、その日から4日後以降の便になら変更することができます。例えば、搭乗日の4月24日に急用が発生して乗れなくなった場合でも、4日後の4月28日以降の便になら変更可能。搭乗日2日前の4月22日時点であれば、4月26日以降の便に変更できるということですね。

また、特典航空券は当日の前の便に空席があれば、前倒しすることもできます。時間が読めないようなら、とりあえず遅めの便を取っておいて、空港で早い便に変更するのも手ですね。空きがある場合に限りますが。

特典航空券は急な用事で今すぐ飛行機に乗りたい!という時には使いづらいのですが、搭乗予定が4日後以降であればとても重宝します。

普通運賃のように予約なしのオープン発券はできませんが、特典航空券はバーゲン型運賃よりは普通運賃に近いと言っていいのではないでしょうか。往復普通運賃なら69,580円ですので、より特典航空券の有り難みが感じられますね。

ANA公式発表路線以外でも、B777ならプレミアムエコノミーあり!

今回は迷いに迷って結局北海道にしたわけですが、実は近場なら海外も行けるのでは?と一度はアジアも検討しました。

国際線のラウンジは国内線より豪華ですし。使える特典はできる限り使いたいですからね。

2016年 ANA SFC修行第3回-1:成田空港アライバルラウンジでシャワー体験
2016年 ANA SFC修行3回目の始まりです。 早いもので、SFC修行ももう3回目! 全6回で50,000プレミアムポイント(pp)...

できればプレミアムエコノミーにアップグレードしたいなぁと思い調べてみたところ、ANAの公式HP上では、「シンガポール」「バンコク」「ジャカルタ」の3路線にアジアで初めてプレミアムエコノミー設定がされたとのこと。

プレミアムエコノミー設定 アジア

でも、つい先日シンガポールに行ったばかりですので、もうちょっと違う雰囲気の所に行きたいなぁ…。

2016年 ANA SFC修行第6回-1: いよいよOKA-SINタッチの始まりです!
2016年ANA SFC修行、とうとう最終回がやって来ました! 全6回で予定していた2016年 ANA SFC修行も、今回で終了となります。 ...

それなら、プレミアムエコノミーは諦めて香港あたりかな、と見ていると、あれ?羽田‐香港にプレミアムエコノミーの設定がある??

下、右側の図に小さくプレミアムエコノミーと表示がありますが、15~19列がそれに当たります。

HNDHKG

いろいろ条件を変えて調べてみたところ、どうやら羽田‐香港のB777にはプレミアムエコノミーがあるようです。正式に発表されていないのは、機種が限定されているからなんでしょうか。

もしかして一時的なものかな?と12月までランダムに試してみましたが、調べた限りB777にはどれもプレミアムエコノミーがありました。ちなみに、香港の他にも上海、北京のB777で同様にプレミアムエコノミーが利用できるようです。よくよく調べればもっと出て来そう。

ただ、通常の国際線予約サイトから「プレミアムエコノミー」の空席照会をすると、「設定がありません」と出ます。どうやら、「プレミアムエコノミー」のシートではあるけれども、運用上は「エコノミー」のようです。

上図はあくまで参考図で、プレミアムエコノミー部分はブロックされた状態です。24時間前のオンラインチェックインで指定できるようになりますが、「エコノミー」にカテゴライズされる以上、おそらくプレミアムメンバー以外でもアサインできるでしょうから、結構な競争率になりそうですね。

プレミアムメンバーサービスの優先座席指定は国内線だけとなってはいますが、ここでもなんらかの優先があることを期待したいところです。

国際線特典航空券の空席待ちは14日前まで

何はともあれ、香港国際空港優先レーンも使ってみたいし、龍鬚飴食べたいし、香港にしよう!と一旦は決心。往路が「空席待ち」と出たのですが、プラチナになったことだし空席待ちも優先されるはず、と申込みしてみることに。(下図は参考例です。)

hkg wt

便を選択して送信をポチッと押すと、次の画面でエラー。

???とエラー内容を読むと、空席待ち受付期限を過ぎてしまっていたので、それから先へは進めません、とのこと。選べないなら空席待ち受付中だと誤解させる表示をしないで欲しいんですが…。

hkg wt2

国際線特典航空券の受付は「出発96時間前」。国内線と違って、日付でなく時間ギリギリまで迷えるのはいいんですが、空席待ちは第一区間出発の14日前までと厳しい。

国際線特典航空券は国内線特典航空券に比べて設定席数が少ないのか、結構先まで満席になっていることが多いんですよね…。

ということで、季節にもよるでしょうが、直前にどこかに行きたいという時には国際線特典航空券は難しいですね。優先レーンとプレミアムエコノミー使ってみたかった…無念。

最後に

香港旅行で初のプレミアムエコノミー&優先レーン利用が叶わず残念ですが、北海道は人生初なので楽しみです。

SFC修行中のように、飛行機に乗るのが主な目的なんですが(笑)、いろいろ見て回って、美味しいものをたくさん食べて買って帰って来たいと思います!

後日初のプラチナ特典レポートを公開する予定です。充実した旅になりますように。

関連記事

ANAプレミアムメンバー事前サービスが始まりました
先月、2016年ANA SFC修行が無事終了し、晴れて事前プラチナサービスを受けられる運びとなりました(と同時に、スーパーフライヤーズカード(SFC...
ANAカードをSFCに切り替えると年会費はどうなる?プラチナサービスとの違いは?
SFC(スーパーフライヤーズカード)はANAカードから切換えることができます。その際の年会費はどうなるのでしょうか?ANAプラチナメンバーとSFC会員との特典の違いについても詳しく解説しています。
ハピタス登録手順(詳しい解説付き)
ハピタスの登録手順、登録方法を図説つきで詳しく解説しているページです。どこから登録すればいいのか分からない方、どうやって登録すればいいのか分からない方はぜひ参考にしてください。ハピタスは無料で登録でき、ポイントが簡単に稼げるお得なサイトです。当ページを経由して登録すればもれなく紹介ポイントも貰えますよ。