まるでVIP待遇!スワンナプーム国際空港のファーストクラスカウンター「ロイヤルオーキッドプレミアムチェックイン」

タイ国際航空のシンボル「オーキッド(洋蘭)」

タイ国際航空といえば、ファーストクラス搭乗客を対象に、機内はもちろん地上でも充実した質の高いサービスを提供していることで有名です。

バンコク・スワンナプーム国際空港には、タイ国際航空が世界に誇る、ロイヤルファーストラウンジロイヤルオーキッドスパ等の魅力的な施設が揃っていますが、忘れてはいけないのが、ファーストクラス専用のチェックインカウンター、その名も「ロイヤルオーキッドプレミアムチェックイン」。

ちなみに、「オーキッド」は、タイを象徴する花で、いわゆる洋蘭のこと。タイ国際航空のコーポレートカラーにもオーキッドカラー(淡い紫色)が採用されていますよね。

今回は、私がタイから出国する際に利用した、ロイヤルオーキッドプレミアムチェックインの様子を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

チェックインカウンターの場所

スワンナプーム国際航空のチェックインカウンターは、下記のように搭乗クラス等に応じて分かれています。

・Aレーン…国際線ファースト(Royal First)と国際線ビジネス(Royal Silk)

・Bレーン…国内線ビジネス(Royal Silk)

・Cレーン…国内線エコノミー

・Dレーン…国際線/国内線の団体客

・H/Jレーン…国際線エコノミー

上記のうち、Aレーンにあるのが「ロイヤルオーキッドプレミアムチェックイン」。Aレーンはターミナルの端っこにあるようです。

見渡してみると、大きなアルファベットの案内板はBまでしか見当たりません。…と、近付くにつれ、左手にひっそり「THAI ROYAL FIRST」という文字が見えて来ました。どうやらここがAレーンのようです。

上の写真では少し分かりにくいのですが、ロイヤルオーキッドプレミアムチェックインの入口はファーストとビジネスで分かれています。

ビジネス側の入口は勝手に入れるようになっていますがが、ファースト側の入口には専属のスタッフさんが3名待機。チケットとパスポートを渡すと、確認して中に案内してくれました。

いざチェックインカウンターの中へ

チケットとパスポートは、手続きのためそのままスタッフさん預かりとなり、私は待つ間ソファへ案内されました。

座るやいなや、冷たいミネラルウォーターとおしぼりが届きます。

まだ行ったことはありませんが、成田空港のANAファーストクラスチェックイン、通称「Z屋敷」と同じような感じなのでしょうね。

ただ、屋根がなく、シンプルなパーテーションで仕切られているだけなので、そんなに高級感はありませんでした。

チェックイン手続き中はソファで待っているだけ

ファーストクラス専用のチェックインカウンターには私の他に誰もいませんでした。

ソファで休憩している間に、搭乗手続きと荷物のチェックインが完了。

それじゃ、チケットを受け取って出国を…と思ったら、なんとスタッフさんが1名アテンドしてくれるというではありませんか。

チケットや機内持ち込み手荷物もスタッフさんが持ったまま、まずは手荷物検査場へと進みます。

手荷物検査場

ファースト&ビジネスクラス専用の手荷物検査場は、チェックインカウンターから100mも離れていないところ(上の写真では右手奥)にあります。

手荷物検査場では、スタッフさんが全ての荷物をベルトコンベアーに載せてくれて、私は靴を脱いで預けただけ。下にも置かない扱いに恐縮してしまいます…。

あっという間に手荷物検査が終わったら、続いてすぐ側にある出国検査場へ。

出国検査場

出国検査場は、手荷物検査場の数歩先。あいにく撮影禁止エリアのため写真がありませんが、この出国検査場も、ファースト&ビジネスクラス専用です。専用の出国検査場まで用意されているなんて、贅沢すぎますね!

タイに入国する際には一悶着あったのでちょっとドキドキでしたが、こちらの係官さんはとてもマイルドな感じでしたし、すぐそばにスタッフさんもいてくれたので、万一何かあっても大丈夫だろうと安心して臨むことができました。

出国後はロイヤルファーストラウンジへ

無事に出国スタンプを押してもらって、さあスタッフさんともこれでお別れかと思ったら、さらにファーストクラス専用の「ロイヤルファーストクラスラウンジ」まで送ってくれるんだとか!

エスカレーターを降りつつ、何か探してる…?

と思ったら、スタッフさんの視線の先からカートがやって来ました。

ここからロイヤルファーストラウンジまでは、なんとカートに乗せてくれるみたいです。まさに至れり尽くせり!

ビジネスクラス用の「ロイヤルシルクラウンジ」を横目に、カートは細い通路を進んでいきます。右側、階下に見えるのは入国検査場へと続く通路です。

すれすれのところにソファが並んでいるため、間違って当たりはしないか、また誰かひょいっと通路に出て来たりはしないかとちょっぴりヒヤヒヤしましたが、無事ロイヤルファーストラウンジに到着。

このラウンジからタイに入国する際は、長い通路を延々歩いてやっとという感じでしたが、戻りはあっという間ですね。自分の足で歩いたのは本当にほんのちょっと。

分不相応は自覚していますが、観光で疲れ果てた体にはとっても有り難いサービスでした!

最後に

私は以前、某航空会社のグランドスタッフとして国内の空港で勤務しており、政治家や上場企業の社長など、VIPをエスコートすることも多々ありました。

その主な業務内容は、手荷物検査場の付き添い・VIPルームへの案内とお茶出し・搭乗案内。

私自身がこんなおもてなしを受ける機会は一生ないんだろうなと思っていました(というか、思いつきもしませんでした)ので、貴重な体験をさせてくれたタイ国際航空、そして陸マイラーというシステムに感謝感謝!です。

しかも、日本国内の空港には贅沢なスパサービスや、ロイヤルファーストラウンジのような豪華絢爛なラウンジはありませんから、スワンナプーム国際空港で受けられるファーストクラスサービスは、日本国内でVIPが受けるサービスよりも上と言っていいかもしれませんね。

ロイヤルオーキッドプレミアムチェックインサービス

VIP気分を味わうことも出来るファーストクラス世界一周特典航空券の発券についてはこちらから。

昨年から、ファーストクラスで世界一周に行く!と言い続け、もはやチケット取る取る詐欺のようになっていましたが、このたびようやく「ファーストクラス世界一周特典航空券」を発券しました!! マイルを使って発券可能な世界一周特典航空券、しかもファーストクラスに関しては、ネット上でもなかなか情報が見つかりません。実際に発券するまでは、本当に取れるものなのか、内心ドキドキでした。 この記事では、旅の計画から発券までの過程、実際に私が組んだ世界一周の旅程を詳しくご紹介していきます。これから予...

マイルを貯め始めて一年もあれば十分に実現可能です(私は半年で必要マイルを獲得しました)。マイルの効率的な貯め方はこちらをご覧ください。

マイルの貯め方はいろいろあれど、効率的に大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!私はこの方法を使って、わずか半年間で30万マイル貯めました。あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク