ドイツ旅行記2: オーデコロン発祥の地ケルン5つ星ホテル&ビアレストランFrüh紹介

ケルン中央駅前のGaffel am Domで昼食を取った後は、しばらく街を散策しました。

dsc05961

スポンサーリンク

日曜でも一部のお店はオープン

この日は日曜でしたが、パン屋さんや、

dsc05954

お土産屋さんなど、

dsc05959

ちょこちょこ開いているお店もありました。

オーデコロン発祥の地ケルンに来たら、ぜひ香水を!

さらに、ケルン土産の定番!オーデコロンを扱うお店、4711(大聖堂前)も営業していました。

dsc05969

オーデコロンとは「ケルンの水」という意味で、この4711が製造の元祖とされています。

いろいろな種類の香水を取り扱っていますが、個人的におすすめなのは、4711 アクアコロニア。

フルーツにスパイスを組み合わたシリーズです。

aqua-colonia

私は特にマンダリン(ミカン)&カルダモンが気に入って、一瓶購入しました。

dsc06426

外資系化粧品コーナーを通ると頭痛を起こす体質(ムスクやアンバーなどが苦手)なんですが、これはフレッシュ・ジューシーかつまったく嫌味がないので大丈夫。

どちらかというと、酸味より甘みの強いミカン。誰からも好かれる香りだと思います。

お値段もとってもリーズナブルです。50mlで19.99ユーロでした。

お店には全種類のテスターが置いてありますので、ぜひお気に入りを見つけて下さい!

ドイツ人オススメ!チョコレート博物館

ライン川沿いには沢山の人が集まっていて、思い思いの休日を楽しんでいるようでした。

dsc05963

ケルンって、大聖堂以外にはあまりこれといった見どころがないのですが(失礼)、そういえば、前回(10年前)は、この川沿いにあるチョコレート博物館に行ったな~と懐かしく思い出しました。

当時、ドイツ人の先生に「今度ケルンに行くんです」と話したところ、「それなら、チョコレート博物館に行ったらいいわ!楽しいし勉強になるし、とってもオススメ!」と教えてもらって、それならばと行ってみることにしたんです。

ケルン中央駅からだと、徒歩20分位でしょうか。

koeln-map

外観はこんな感じ(公式HPより)。

shokoladenmuseum

温室でカカオ豆が栽培されていたり、チョコの製造工程を見られたり、歴史についてのパネル展示や味見もありました。

チョコレート自体はスイスの有名メーカー、リンツ(LINDT)が作っているので、間違いなく美味しいです。もらえるのは一口、二口程度とほんのちょっぴりですが。

見学は1~2時間もあれば十分なほど小さな博物館で、入場料は大人9ユーロ。

展示物はドイツ語が中心ですし、歴史や製造工程の展示は、新千歳空港のロイズの方がオシャレで楽しいかも。そちらだと無料ですしね。

北海道旅行でANAプラチナ&SFC特典を満喫 新千歳空港でお土産探し
ANAプラチナ&SFC特典を満喫すべくやってきた、北海道日帰り弾丸ツアー。札幌観光もそこそこに、新千歳空港へとんぼ返りです。 前回の記事はこち...

カカオの実物を見てみたいとか、ケルンでの時間が余ってるなら行ってみてもいいかもしれません。また、おみやげに良さそうなリンツのチョコレートもたくさん売っています。

言語に不自由がなければ、時々開催されているワークショップに参加するとより楽しめそうです。

宿泊先は5つ星のエクセルシオールエルンスト

午後3時になりました。ようやくチェックインの時間です。

ケルンでは夫の強い希望により、5つ星ホテル「エクセルシオールエルンスト」を手配しました。

パリではとても手が出ませんでしたが、なぜかケルンの5つ星ホテルはお手頃価格でして、3人で一晩400ユーロ弱でした。

ちょうど安い時期だったのかもしれません。

駅から徒歩1分もかからないところも花マル。写真中央がそのホテルです。

dsc06035

スイートにアップグレード?

お部屋の準備も完了してるということで、さっそく行ってみましょう!

dsc06002

かなり古いことがわかる内装ですが、概ねキレイにしてあります。

ドアを開けると…

dsc05971

広い!

天井高い!!

ベッドのリネンが白なのがちょっと寂しいですが、こんなに贅沢な空間ですから文句は言えません。

ベッド正面はこんな感じで、向こうに続きの間があります。

dsc05983

dsc05976

次の間にもテレビが。どうやら、もともと2部屋だったところを繋げて1部屋にしたようです。テレビの奥に、開かずの玄関がありました。

一番ベーシックなお部屋を予約したはずが、予想外にスイートルームレベルだったのでビックリ。

「好きな言葉はコスパ」の夫も大喜びでした(笑)。

テレビは、NHKも観られました。(上の写真ではパックンが写ってます)ドイツでNHKを観たのは初めてかも。

浴室も素敵!

バスルームは大理石調の優雅なしつらえでした。

dsc05973

バスローブもありますし、

dsc05974

シャワー室は別。

dsc05978

アメニティはリッツ・カールトンでも使用されているAsprey。

dsc05979

dsc05981

写真は撮りませんでしたが、トイレにはビデも付いていて、ひととき貴婦人の気分が味わえました。

Frühでケルシュ・リベンジ!

お昼に飲んだGaffelのケルシュはあまり好みでなかったので、次こそ美味しいケルシュを飲みに行こう!ということで、また外出することにしました。

今度のお店はこちら。「Früh am Dom(フリュー・アム・ドム)」です。

dsc06007

こちらもケルン大聖堂から、徒歩1分程度です。アム・ドムとは、直訳すると「大聖堂に接した」という意味なので、ほぼその言葉通りですね。

中は、いかにも古き良きドイツのビアホールという雰囲気。

dsc06017

ウェイターさんが忙しそうに働いています。

どこに座ったらいい?と聞くと、ソファ席に案内してくれました。

Frühのケルシュは?

まずはケルシュを注文。

dsc06014

見た目はGaffelと変わりません。

肝心の味の方はというと、Gaffelよりも苦味が少なく、後に残る甘みがあります。

あっさり目なのは同じですが、こちらの方がだいぶ飲みやすいかな。

特にビールを飲み慣れていない女性には、このFrühのケルシュをおすすめします!

ちなみに、こちらのお店でもわんこ蕎麦のようには持ってきてもらえませんでした。

毎回こちらから「すみません、お願いします!」と合図が必要で、ちょっぴりガッカリ…。

そうそう、ドイツでは手のひらを見せる挙手はナチス・ドイツへの敬意を表するという意味があり、タブーです。

店員さんを呼ぶ時は、人差し指だけ挙げましょう。

Frühのお料理

ここで注文したのは、子牛のザウアーブラーテン(肉を赤ワインビネガーでマリネしてスパイスとともに煮込んだ料理。クヌーデル=芋団子と煮りんご付き)に、

dsc06024

こちらもお昼のリベンジ!とばかりに、またまたブラートヴルスト(焼きソーセージ)を。

dsc06019

いざ、実食!

ふむ、ふむ。

お料理もこちら、Frühに軍配ですね。Gaffel am Domとは雲泥の差。

少なくとも、缶詰ではなくきちんと作られた味ですし、すべての日本人が美味しい!と思うかどうかはまた別として、安心して頂ける伝統的なドイツ料理でした。

ザウアーブラーテンに煮りんごをかけて頂くのは初めてでしたが、酢豚にパイン、ポテトサラダにりんご大歓迎!なタイプなので、とっても美味しかったです。お肉もホロホロでした。

ソーセージも無難に美味しい。サラダのドレッシングさえ本格的に感じられて、思わず涙…(大げさ)。

ザウアーブラーテンという料理自体、ちょっと好みが分かれそうですが、シュニッツェルやアイスバイン等、王道のドイツ料理も色々ありましたので、ケルンに行くならこちらがおすすめ。今のところ、私の中でケルンのレストラン暫定No.1です。

今度来た時には、もっと美味しいお店を見つけたいなぁ。

<前の話>

ドイツ旅行記1:到着!ケルン大聖堂と地ビールケルシュを楽しむ
タリス1等車での快適な旅、後半です。 いよいよフランス国境を超え、ベルギーを通過し、ドイツへ。 下の地図で赤色に表示されているのが、タリ...

<次の話>

ドイツ旅行記3:最終日はコブレンツ観光!ロープウェイでライン川を渡る
ドイツでは1泊だけの予定でした。最終日は、ケルンから1時間ほど南下したライン川沿いにある街、コブレンツを観光します。 日本人にはあまり...