宮崎シェラトングランデオーシャンリゾート宿泊記:一休ダイヤモンド会員になって豪華特典を満喫

シェラトンオーシャンリゾート1階にあるカフェ

ダイナースプレミアムカードに入会すると、銀座ラウンジが使えたり、海外旅行保険が自動付帯していたり、色々な特典があることは先日ご紹介の通りです。

陸マイラー最強装備?ダイナースプレミアムは100円で3マイル還元
マイルが貯まるクレジットカードのランキング第1位筆頭候補の「ダイナースクラブプレミアムカード」について詳しく解説しています。年会費は高額ですがマイル還元率3%の超優秀なカードです。

もちろんこの他にも様々なサービスがあるわけですが、先日そのうちの一つ、「一休プレミア」を利用して、宮崎のフェニックスシーガイア内シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに宿泊してきましたので、その様子をレポートしたいと思います。

ちなみに、私と夫はともに宮崎出身ですので、それぞれの実家がある宮崎でホテルに泊まる必要はないのですが、夫の「リゾート気分に浸りたい!」という強い希望もあって宿泊することになりました。

スポンサーリンク

一休プレミアって?

そもそも一休プレミアムとは何かというところから説明しなければなりません。高級ホテル・高級旅館をリーズナブルに予約出来るサイト「一休.com」はご存じの方も多いと思います。

一休での利用額に応じて、レギュラー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドと階級が上がっていきます。

会員ステージ レギュラー ゴールド プラチナ ダイヤモンド
直近6か月の利用額 5万円未満 5万円~10万円未満 10万円~30万円未満 30万円以上
レストラン予約 コース予約は1% コース予約は1.5% コース予約は2% コース予約は2%
国内宿泊予約 事前カード決済2% 事前カード決済2.5% 事前カード決済3% 事前カード決済3%
プライベートセール あり あり あり
その他サービス ダイヤモンド特別特典

直近6ヶ月で利用額を積み重ねてようやく上級会員になれるわけですが、ダイナースクラブカードを保有していると、それだけで上級会員としての資格を得ることができます。

通常のダイナースカードを使えば、一度だけ一休のプラチナ会員になれることは、以前、夫の記事でもご紹介しました。

ダイナースクラブカードの特典で一休のプラチナ会員になって妻と旅行してきました
一休.comでは、過去の利用金額に応じてプレミアムメンバーサービスを提供していますが、ダイナースクラブカードを保有している場合、プラチナ会員に無条件で昇格することができます。

これがダイナースプレミアムカードともなると、いきなり最高峰のダイヤモンド会員になることが出来てしまうのです。しかも、カードを保有し続けている限り、永久にダイヤモンド会員としてのステータスが維持されます。

一休のダイヤモンド会員を維持するためには6ヶ月で30万円以上、つまり年間では60万円以上も一休.comを利用する必要があります。出張等でホテルに宿泊する回数が多い方や、高級ホテルや高級旅館に何回も宿泊できるようなお金持ちでなければ難しそうな条件です。

そう考えると、いくらダイナースプレミアムの年会費が高額とはいえ、保有し続けるだけでダイヤを維持できるのはお得かもしれません。

宮崎県民の憧れシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート

宮崎市内唯一のハイクラスホテル、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート。

開業当時に物見遊山で、また友人の結婚式で入ったことはありましたが、宿泊は今回が初めてです。そうそう、昨年11月にもランチでお邪魔しましたね。

ANAダイヤ修行記3-2:宮崎空港から電車でアクセス!JR九州ホテル宮崎は駅隣接なのに格安です
ANAダイヤ修行3回目は、子供達の七五三のため宮崎に帰省しました。 七五三の日だけ猛烈な雨と風に見舞われ、日頃の行いの悪さを呪いましたが、なんとか無事終了。 最終日前日は夫の姉夫婦が子供達を遊びに連れて行ってくれたので、夫婦でゆっくりさせてもらうことにしました。 宿泊先には駅前のホテルを予約していますが、まずは2人でランチに向かいます。 ランチはシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートへ まずは、子連れでは行きにくいお店でランチとしましょう。 湯島「くろぎ」監修の...

今回は、一休のゴールド会員以上に提供されるプライベートセールを利用して宿泊します。

それだけでもかなりお安く泊まれてしまうのですが、今回は夫が偶然手に入れたという割引クーポンもあり、大人2名、子ども2名の合計4名で1泊約25,000円でした。

さらに、一休ダイヤモンド会員ですから限定特典も受けることができます。

一休プレミアサービスのダイヤモンド会員

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートのダイヤモンド限定特定は以下の通りです。

  • お部屋の無料アップグレード
  • レイトチェックアウト12:00まで(通常11:00)
  • アーリーチェックイン12:00から(通常14:00)
  • ウェルカムギフトとしてバンヤンツリー・スパ オリジナルグッズ

なお、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートは、その名の通りシェラトングループ(スターウッドグループ)のホテルですから、夫が持っているSPGアメックスの特典を利用して、SPGゴールド会員として宿泊することもできます。

SPGアメックス(AMEX)でゴールド会員資格&無料宿泊をGETしよう
SPGアメックスは保有するだけで自動的にスターウッドホテルのゴールド会員になれるカードです。2016年からは、経営統合のためマリオットホテルのゴールド会員にもなれるようになりました。

ですが、今回は一休のダイヤモンド会員としての特典を試してみたかったので、あえて一休経由で予約してみました。

チェックインはクラブラウンジで

ダイヤモンド特典であるアーリーチェックインを利用するため12時きっかりにホテルに到着。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートのエントランス

お正月なので門松が飾られていました。

フロントは2階ですが、今回はクラブフロアを利用するため、36階にある専用デスク「シェラトンクラブ」に向かいます。

クラブフロア宿泊者は、通常のフロントではなく、クラブフロア専用のラウンジでチェックインできてしまうのです。

ラウンジには私たちだけで、スムーズにチェックインできました。

窓の外は雄大な太平洋。

クラブフロア40階のお部屋

今回のお部屋はこちら!40階、エレベーターホールから一番近い4017号室です。

いつも20階以上は耳の不快感が気になるのですが、この時はなぜかあまり感じませんでした。

客室内の紹介

ドアを開けると、正面に居室、右手奥がバスルーム、クローゼット、手前にトイレが設置されています。贅沢な空間の使い方ですね。

見晴らし最高!リゾート気分を満喫

居室に入るなり、海と空の青さが目に飛び込んできて、子供たちも大喜び!

振り返るとベッドが置かれています。それぞれ子供と添い寝するとちょっと窮屈でしたが、硬すぎず柔らかすぎず、寝心地は抜群です。

ミネラルウォーターが2本サービスで置かれていました。

座ったままでも海が見えるってすごくいいですね。リゾート感満載です。

テレビ台の下に冷蔵庫。

中身は少なめでした。

浴室・お手洗い

バスルームはというと…

浴槽とシャワーブースが別になっています。バスローブ付き。

洗面台も高級感ある雰囲気です。

アメニティはクラブフロア専用のタルゴジャポン。爽やかな色合いが素敵ですね。ボディソープ、ボディクリーム、シャンプー、コンディショナー。奥の袋はバスリリーでした。

洗面台の上、箱の中に歯ブラシやシャワーキャップ、カミソリが収められていました。

女性用基礎化粧品も、マーガレットジョセフィンのサンプル一式が入っています。もし忘れても安心ですね。

化粧室はタンクレス&手洗い場付き。

備品

クローゼットの中には…

アイロンや羽織もの、雪駄にスリッパ、体重計まで。

充実した品揃えでした。

スポンサーリンク

一休ダイヤモンドメンバー特典

ひとしきりはしゃいだら、一休ダイヤモンド特典の「バンヤンツリー・スパオリジナルグッズ」を引き換えに39階に向かいます。

全く知りませんでしたが、「バンヤンツリー・スパ」はタイ最大のリゾート地であるプーケット発祥。かのシンガポールマリーナ・ベイ・サンズ等、世界の有名ホテルに展開する一流スパなのだそうです。

ムーディーな店構えが印象的。いつかは施術でお世話になってみたいものです。

チケットを渡して、きれいな店員さんが奥から取り出してきてくれたのがこちら。

とってもいい香りがする、可愛いウサギのアイピローでした。

子どもたちも大熱狂(笑)一休ダイヤモンド特典のおかげでかなりお安く泊まれる上、こんな素敵なプレゼントまで頂けるとは、ほんと有り難い限りです。

ピローギャラリーで最適な枕をチョイス

クラブフロアに宿泊すると、個々人に合った枕を選べるということだったので、早速2階「ピローギャラリー」に行ってみました。

全面的にオシャレで明るい雰囲気にリニューアル。ピローギャラリーもとってもオシャレな佇まいです。

枕の高さを選ぶ

まずはこのように専用の器具を使い、どのくらいの高さが適しているのかを調べます。

用意してある枕は「High」「Middle」「Low」の三種類。大部分の人は「低い」と判定されるそうですが、必ずしも結果に従う必要はなく、目安程度に捉えて好みを選べば良いそうです。

実際に寝て確かめる

次に内容材を4つから選びます。写真左手の机上に置いてあるのが見本。綿が2種類、パイプが2種類です。

手で触っただけではイマイチピンと来なかったので、実際に寝て感触を確かめてみました。

私は首の角度的には「低い」だったのですが、横向きに寝ることが多いのでMiddleにしました。

素材は、第一希望の備長炭が在庫がなく、第二希望の硬めの綿に。低反発っぽくて、これはこれでよかったです。

チェックイン後、早めに選びに行ったほうが良かったのかもしれません。チェックアウトしたお客さんの分がいつ在庫に戻るのかはわかりませんが。

枕を選び終わったら、36階のクラブラウンジで受け取ります。

ついでなので、クラブフロアの特典の一つ、無料のアフタヌーン・ティーを頂いて行きましょう!

クラブラウンジでアフタヌーン・ティー

丁度3時頃のクラブラウンジ。混雑しているかと思いきや、意外と誰もいませんでした。

コーヒーは猿田彦、スチームミルクは宮崎産デーリィ牛乳(ちょうど交換にいらしたので見えました)の、文句なしに美味しいカプチーノを頂くことが出来ました。

コーヒーの他にも、宮崎特産日向夏を使ったジュースなどの他、ミネラルウォーターやコーラ、ノンアルコールビールが揃っていました。

お茶菓子はフルーツに生菓子、焼き菓子

カップケーキもあります。

せっかくなので全種類味わいたい!とちょっと欲張りすぎてしまったかも…。

海を眺めながら頂くお茶は格別です!

お茶の後は、腹ごなしにホテル内を探索します。

ゆったりした時間が流れる風待ちテラス

2階に宿泊者専用の「風待ちテラス」という共同スペースが出来ていました。

素敵な家具に加え、本や雑貨がセンスよく配置され、宮崎とは思えない(失礼)セレブ感あふれる空間。

奥にはハンギングチェアもあって、ゆったりリラックス出来ます。

大人だけなら、ここで何時間でもくつろいでいたことでしょう…。

一番奥には「レタールーム」なるお部屋があって、

備え付けのポストカードと筆記具を使い、大切な人に書くもよし、未来の自分に書くもよし。

優雅な気分に浸れそうな、なんとも素敵な空間でした。

テラス内のカウンターでは飲み物やケーキも購入できます。比較的お安めで味もよいとのこと。次回はゆっくり訪れてみたいものです。

そうこうするうちに、18時。

クラブラウンジのメニューがカクテルタイムに変更になったので、覗きに舞い戻りました。

クラブラウンジのカクテルタイム

カクテルタイムといいつつも、メニューはなかなかバリエーション豊か。

さつまいもスープに、

冷菜の数々、

テリーヌ3種(鶏肉とアスパラ・チーズ入りテリーヌ、ほうれん草と鶏肉のテリーヌ柚子風味、金柑テリーヌ)

ポテトのグラタン

きのこのアヒージョ

チーズ

お酒はキリンラガーとアサヒスーパードライ、赤白ワイン、モエ・エ・シャンドンのスパークリングワインが用意してありました。

ちょこちょこ摘んでいたら、結構お腹いっぱいに。どこかにディナーに行こうと思っていましたが、ここだけで満足してしまいました。

スポンサーリンク

松泉宮温泉離れの湯

食後は温泉!1階の松泉宮に向かいます。

クラブフロア宿泊客は、離れの貸し切り風呂を無料で利用することができます(宿泊者でなくとも入浴料を支払えば日帰り温泉として利用可)。

チェックイン時に希望時刻を聞かれたので、19時で予約をお願いしておきました。通常は90分利用で5,000円です。先述の通り、宿泊費は家族全員で25,000円でしたから相当お得ですね。

家族皆で大きいお風呂!と子供達もとっても楽しみにしていました。

松泉宮の入口はホテル1階にあります。

外廊下を通って温泉へ

エントランスをくぐるとすぐ外廊下になっていて、受付までは結構距離がありました。

長い廊下を歩いていくと、ようやく受付らしき扉を発見。

部屋番号と名前を伝えると、仲居さんが離れまで案内して下さいます。

離れ「三日月」

離れに到着しました。思っていたより立派な門構え。温泉というより旅館のようですね。

こちらは「三日月」という離れです。三日月、十三夜、十六夜、立待、居待と、全部で5棟ありました。

早速中に入ってみましょう。

湯殿と休憩室

門からぐるっと周りこむと、湯殿と休憩室が現れました。

中から見るとこのようになっています。

風情があっていいですね。

休憩室には化粧台・シャワー室・トイレが備わっています。

レモン水も用意されていて、細やかな気遣いを感じました。

浴槽広々

シャワーの後、早速入湯!

海が近いだけあって、海水の温泉です。傷には沁みましたが、いかにも効果がありそうなしょっぱさ。

大浴場・中浴場は循環ろ過式、離れは掛け流し。効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、冷え性他とのことでした。

浴槽は広く、家族4人で入ってもまだまだ余裕がありました。人目を気にせずのびのび入浴することが出来てとってもよかったです。

地下1階売店は品揃え豊富

お風呂を心ゆくまで満喫したら、コンタクトレンズの保存液を忘れて来てしまったので地下1階の売店へ。

こちらもリニューアルしたようで、とってもお洒落になっていました。

コンビニは21時までの営業です。

ちょうど求めていた1回使い捨ての洗浄液がありました。130円と良心的。

このほかにも、急に必要になりがちなものが幅広く取り揃えられています。

おやつもありますし、

宮崎名物なども。

おつまみも色々ありました。缶つま美味しいですよね。

チルドのおつまみ類までありました。さすが焼酎の国宮崎です。

ちょっと小腹が空いた時に重宝するカップ麺などの軽食。

痒い所に手が届くようなラインナップでした。

部屋に戻って、美味しいものに素晴らしいお風呂に、1泊と言わず3泊でも5泊でもしたいね〜と家族皆大満足で就寝です。

スポンサーリンク

宮崎の日の出を楽しむ

翌日早朝。長女と一緒に寝ていたら、乗られたり蹴られたりで熟睡できず、5時過ぎに目が覚めてしまいました。せっかくなので、今年初の日の出を見ようと窓に張り付くことに。

宮崎で日の出を見るのは20年ぶりくらいかもしれません。

東京より30分ほど遅く、この日は7時15分ごろ日が昇る予定でした。

6時半の空は紺碧から茜色まで、息を呑むほど美しいグラデーションになっています。

30分ほど経つと、かなり白み始め…

とうとう太陽が顔を出しました。

部屋の中にも日が差して来て、子供達も目を覚ましました。

二人とも生まれて初めて見る日の出。とっても綺麗だね、と子供ながらに感じ入っていました。

子連れだと大変なこともたくさんありますが、こんな貴重な体験をさせることが出来て本当に幸いでした。いつまでも二人の思い出に残るといいな。

朝ごはんもクラブラウンジで!

楽しみにしていた朝ごはんの時間。36階クラブラウンジにやって来ました。子供達は添い寝・食事なしのプランでしたが、無料で一緒に食べることが出来ました。

この日もほとんど誰もいません。みなさん他の朝食会場に行かれたのでしょうか。

パンが8種類に、可愛い瓶入りジャム4種類、

反対側には食パンも。

九州パンケーキにオートミール

九州パンケーキとは以前カンブリア宮殿でも紹介されたことがある、宮崎発の美味しく体にも優しいパンケーキです。

福岡県の赤米・大分県の小麦・宮崎県の発芽玄米・鹿児島産のうるち米・熊本県の黒米・長崎県のもちきび・佐賀県の胚芽押し麦・沖縄県の砂糖と、九州産の原料にこだわって作られています。今では国内のみならず、台湾にも出店しているんだとか。

シリアル(コーンフレーク、グラノーラ、チョコクリスピー)

ウインナーとキノコソテー

ハムにベーコン

卵料理


サラダ

ドレッシング3種(ノンオイルドレッシング、ゴマドレッシング、フレンチドレッシング)

チーズ

海老のエスカベッシュ

ジュースはマンゴー、オレンジ、アップル、トマト。ミルク(牛乳&低脂肪乳)もありました。

期待以上のラインナップ。頂きます!

クラブラウンジの朝食は、一般の朝食会場より量・質共に劣るという噂も聞いていましたが、そうでもありません。

デニッシュはホテルメイドらしくバターたっぷりの外パリパリ中しっとり、フィリングも味わい深くとっても美味!

ウインナーもハーブが効いた本格的なものでした。朝からこんなに美味しい朝食が食べられるなんて、幸せすぎます…!

子供達にはキティちゃんの可愛いお皿を持って来ていただきました。

素敵なお子様ブレックファストの完成です。

ポケモンアクティビティで子供も大満足

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートでは、「世界初☆ポケモンアクティビティ付宿泊プラン」を提供しています。

「フェニックス・シーガイア・リゾート」での滞在を通じて親子で楽しめる宿泊型ポケモンアトラクション、コレクション&ミステリー ポケモン「イーブイとふしぎな本」公式サイト。

専用タブレット端末「ふしぎな本」を使って、親子で協力しながら失われた「ポケモンのページ」を集めるアクティビティで、ホテル内のそこかしこに仕掛けが隠されています。

基本的に専用宿泊プランを利用しないと参加できないのですが、一部アクティビティは対象者以外でも遊ぶことができました。

ピカチュウをなでなでして好感度を上げ、ちょっとした動画を見たり、

展示されているピカチュウカーに乗ってみたりと、二人とも大はしゃぎでした。

専用プラン宿泊者には事前に招待状が送られる本格仕様。滞在中「ポケモンのページ」を集めていくと、ホテルの客室でとっても不思議な出来事が起こるんだとか。何が起こるのかはお楽しみとのこと。

誕生月に泊まると、ピカチュウバースデーケーキももらえるそうで、子供には嬉しいこと盛りだくさんのプランですね。できたら夏休みにもまた連れて来たいなと思いました。

チェックアウト

名残惜しい限りですが、12時にチェックアウト。

素晴らしい客室に泊まり、貸切温泉に入り、プレゼントや美味しいご飯を頂き、家族4人大満足の1日でした。

最初、夫が「お正月はシェラトンに泊まりたい」と言い出した時は、「実家に泊まればお金はかからないし、シェラトンには昔ちょっと入ってみたイメージしかないけど、25,000円なんて大金払う価値ある?」と思いましたが、蓋を開けてみると、正しくお値段以上の価値があったと言えます。

とてもモダンでセンス良くリニューアルされていたことにまずビックリ。

宮崎に帰省するたびにシェラトンに泊まる身分になりたいなぁと夫婦で一致した休日でした。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク