ファーストクラスの機内食はどんなメニュー?タイ国際航空A380バンコク・スワンナプーム〜ロンドン・ヒースロー空港

世界一周旅行2便目、人生2度目のファーストクラスは、タイ国際航空バンコク発ロンドン行き。

先日は機内の設備をご紹介しましたが、今回は飛行機旅一番の楽しみと言っても過言ではない機内食をご紹介します。

前回は羽田発でしたが、今回はタイ国際航空の本拠地バンコク発ですので、一層タイらしいおもてなしを受けられそうですね。

スポンサーリンク

ウェルカムドリンク

座席に落ち着くと、すぐにCAさんが「ウェルカムドリンクを用意していますが、何にしますか?」と聞きに来てくれました。

シャンパンがオススメとのことで、従うことに。

タイ国際航空で提供しているシャンパンは、もちろんドン・ペリニヨン。

普段の生活ではまずお目にかかりません。これぞファーストクラスの醍醐味ですね。

座席には、予め小箱に入ったホワイトチョコレートが置かれていました。

深夜の甘いものは若干の罪悪感が有りますが、旅の疲れを優しく癒やしてくれました。

夕食

このTG910便は深夜1時10分発ですが、離陸後しばらくすると、1回目の機内食が提供されます。

おそらく、食事が終わる頃には午前3時近くになるのではないでしょうか。

日中はバンコク市内に観光に出かけたこともあり、正直体力は限界。残念ではありますが、食事は辞退して早々に休むことにしました。

公式ホームページにはメニューが掲載されていませんので、どのようなものが提供されるのか、ご参考までに内容を記載しておきますと…

●アミューズ

・3種のスナック:ミックスナッツ、黒い森のハムとクリームチーズ、マーホー(パイナップルに鶏ひき肉と砕いたピーナッツを乗せたもの)
・キャビアと付け合せ

●前菜

・サーモンとロブスターのテリーヌ
・クリスピーワンタンとハーブサラダ
・マッサマンマヨネーズ

●ソルベ
・ミントソルベ

●メインコース(選択式)

タイ料理:

  1. 牛頬肉とタイ茄子のグリーンカレー
  2. 烏賊の海老ムース詰めレッドカレー
    (いずれもジャスミンライス、サラダ、ひき肉炒め等の付け合わせあり)

西洋料理:

  1. 黒豚フィレのスモークハム巻バルサミックブラウンソース
    フライドポテトバー、マッシュルーム、プルーン
    ソテーしたスナップエンドウと砕いたアーモンドを添えて
  2. 鴨胸肉のソテー
    さやいんげん・玉ねぎ・松の実のバジルバター、
    かぼちゃの種、トマト各種パン、バター、チーズセレクション、フレッシュフルーツ

●デザート

・kana bu-lan-dan-mek(バタフライピーという花の色素を使った青色のケーキ)
・kanom look chup
(緑豆とココナッツミルクを主原料とし、色鮮やかなフルーツを模したお菓子)
・kanom-maw-gaeng
(緑豆とココナッツクリームで作られた焼き菓子)

・ラズベリーシャルロット

●ドリンク

紅茶、コーヒー、エスプレッソ、カプチーノ

写真がなくて申し訳ありません…。なお、メニューは英語とタイ語のみでしたので、和訳に多少のズレがある可能性があります。お目こぼし頂ければ幸いです。

世界一周最初のフライトとなった羽田-バンコクの飛行機でも、せっかくのファーストクラスなのに睡眠優先のため結局一度しか機内食を頂けませんでしたので、ショートスリーパーの方が羨ましい限りです。

朝食

A380はエンジン音も静かで、9時間ほどぐっすりと休むことが出来ました。いよいよお待ちかねの朝食です。

まずはコーヒーとお水が供されました。ミルクもたっぷり添えられているのが嬉しいですね。

続いて、バスケットに入ったパン4種とバター、ボンヌママンのジャム。

ジャムは、ストロベリー、ブルーベリー、マーマレードから好きなものを選ぶことが出来ました。私はブルーベリーをチョイス。パンはほんのり温めてありました。

こちらはシリアル。予めヨーグルトが混ぜられていて、上にはベリーのソースがかかっています。

こういう食べ方をしたことはなかったので、最初はちょっと違和感がありましたが、美味しくいただきました。普通のヨーグルトよりも粘度が高かったように思います。

お次はフルーツ。

パイナップルをくり抜いて飾り切りしたものを容器にして、中にはメロン、スイカ、ドラゴンフルーツ、キウイなどが収まっていました。タイらしさを感じさせる一皿ですね。

そして最後にやってきたのが、メインのこちら。

出発前に予約しておいた、ロブスターテルミドールです。海老好きなのと、何度もタイ国際航空に乗っている方からお勧め頂いたので選んでみました。

実はこちらのメニュー、羽田からバンコクまでの便で予約しておいたはずなのに、履歴が残っていないと言われてしまったもの。

この便ではタイ料理コースで予約していたのですが、何の手違いなのか、ずれ込んでしまったようですね。

ロイヤルファーストラウンジのタイ料理がとっても美味しかったので、最後に食べられずちょっぴり残念ですが、まあこういうこともあるでしょう。

朝はあまり食欲がないことも多いのですが、クリームソースも程良い塩気で、身がぎっしり詰まっていて、美味しく完食することが出来ました。

通常の朝食メニュー

私が頂いたのは、出発前に予約しないと食べることの出来ない特別メニュー。

では、予約なしで出てくる通常メニューはと言いますと、4つから選べるようになっていました。

  1. オムレツ、ハム、グリュイエールチーズ
    ポークソーセージ、ベーコン
    ポテト、ミックス唐辛子、トマト
  2. スイートバニラパンケーキ、ヨーグルト添え
    グリルチキンソーセージとハム
    ベイクドチェリートマト、メイプルシロップ
  3. 半熟卵
  4. ハム、ソーセージとチーズの盛り合わせ

パン各種、バター、ジャム、はちみつ
紅茶、コーヒー、チョコレートモルト

半熟卵がメインコースの選択肢の一つになっているのが何だか面白いですね。

いつでも注文できるメニューも

これまでご紹介した他に、いつでも注文できるメニューも用意されていました。

  • エビ入りパッタイ
  • チキンバーガー
  • タイティーアイスクリーム
  • エビワンタンスープ
  • ローストポークヌードル
  • アワビご飯

朝食は洋食のみですので、タイ料理がお好みであれば、こちらのメニューから代わりに注文しても良さそうですね。

最後に

タイ国際航空のA380ファーストクラスは快適すぎて、12時間のフライト中9時間も熟睡してしまったため、機内食を満喫するとまでは行きませんでした。

今思えば、もっとタイらしいメニューも試しておくべきだったかもしれません。

全体的に、まあまあ美味しいは美味しいのですが、ファーストクラスにしてはそこまでハイレベルではなかったのかな、というのが正直な感想です。

今のところは、JALのビジネスクラス機内食が個人的No.1。

この先の世界一周旅行で、あの感動を超える機内食は現れるのでしょうか。引続き楽しみです!

おまけ

今回、私は飛行機に乗らずに貯めたマイル(陸マイラーとして貯めたマイル)を使って、「スターアライアンス世界一周ファーストクラス航空券」を発券しました。

昨年から、ファーストクラスで世界一周に行く!と言い続け、もはやチケット取る取る詐欺のようになっていましたが、このたびようやく「ファーストクラス世界一周特典航空券」を発券しました!! マイルを使って発券可能な世界一周特典航空券、しかもファーストクラスに関しては、ネット上でもなかなか情報が見つかりません。実際に発券するまでは、本当に取れるものなのか、内心ドキドキでした。 この記事では、旅の計画から発券までの過程、実際に私が組んだ世界一周の旅程を詳しくご紹介していきます。これから予...

きちんと仕組みを理解すれば、面白いほどにマイルが貯まりますので、ご興味のある方は是非こちらをご覧ください。

マイルの貯め方はいろいろあれど、効率的に大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!私はこの方法を使って、わずか半年間で30万マイル貯めました。あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。

しっかり管理して貯めれば、初心者が一年で30万マイル貯めるのも夢ではありません。

ソラチカカードの特典であるソラチカルートを使えば、初心者でも簡単に年間21万6,000マイルを貯めることができます。ビジネスクラスやファーストクラスでの海外旅行も夢ではありません。まだ持っていない方は急いでソラチカカードを手に入れましょう。

現在、ハピタスで1,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーン実施中!登録するなら今がお得です。

ハピタスの新しい入会キャンペーンが2017年10月26日(水)12:00から開始されました! 今回のキャンペーンを利用すれば、なんと最初から1,000ポイント(1,000円相当)貰えてしまいます。 ポイントサイトでは様々な入会キャンペーンが実施されていますが、ここまで太っ腹なキャンペーンはなかなかありません。 ハピタスは、大量のマイルを稼ぐためには欠かせない陸マイラー登録必須のポイントサイトです。新規登録するなら、このチャンスを逃す手はないでしょう。

昨年は、半年かけて貯めた27万マイルを使い、大人3人ANAのビジネスクラスでヨーロッパ旅行にも出かけて来ました。

マイルを貯め始めて約7ヶ月。ついにビジネスクラスでのヨーロッパ旅行が実現しました。飛行機恐怖症の夫と高齢の義母と一緒にフランスとドイツを巡るマイル旅行記です。

無料宿泊特典付き!充実したホテルライフに必携のSPGアメックスは、現在30,000ポイントプレゼントキャンペーン実施中!こちらでご紹介しています。

SPGアメックスに最もお得に入会するための方法である「紹介キャンペーン」の内容と利用方法について詳しく解説しています。SPGアメックスは年会費が必要なクレジットカードですが、実質無料で入会することができますよ。
SPGアメックスに入会すると、SPG&マリオットのゴールド会員に自動昇格でき、2年目以降は毎年無料宿泊の権利も貰えます。入会するなら最大17,000ポイントが貰える紹介プログラムがオススメ。今なら最大30,000ポイントが貰える期間限定キャンペーンも実施中です。

タイ国際航空の記事

2017年6月。 約半年前、1月にANAマイルを使って発券した世界一周ファーストクラスの特典航空券を使う日がいよいよやってきました! 記念すべき一便目は、タイ国際航空のファーストクラスです。 今回、タイ国際航空の飛行機も初めてなら、ファーストクラスに乗るのも人生初。 出発前からワクワクが止まりません。
タイ国際航空の国際線ファーストクラスに搭乗してきました! 人生初のタイ国際航空&ファーストクラス。 色々なブログや雑誌記事で見るに、世界各国の航空会社の中でも機材やサービス内容はトップクラスとのこと。実際に体験できる日が来るなんて夢のようです。 今回乗るのは、東京・羽田空港発、バンコク・スワンナプーム国際空港行のTG661便。夜0時20分に出発する飛行機です。 バンコクまでの飛行時間は6時間半。 憧れのファーストクラス、一体どのようなところなのでしょうか。 ...
タイ国際航空の本拠地、バンコク・スワンナプーム国際空港にあるロイヤルファーストラウンジは、そのサービスレベルの高さから、世界屈指の良ラウンジと言われています。 航空業界専門の調査会社であるスカイラックス社(イギリス)が行った調査でも、過去3度ファーストクラス・ラウンジ部門(Best First Class Airline Lounge)で一位に輝いた実績があるんだとか。 今回、ファーストクラス世界一周の最初の目的地としてバンコクに寄ることになったので、評判のラウンジを体験でき...
タイ・バンコクにあるスワンナプーム国際空港には、タイ国際航空が世界に誇るロイヤルファーストラウンジがあります。 このラウンジは、その名の通りファーストクラスの乗客を対象としており、仮眠室やシャワー、本格的な食事、そして贅沢なタイ式マッサージと、豪華サービスが満載。 もちろん、利用料金は全てファーストクラスチケットに含まれています。 先日、ファーストクラス世界一周特典航空券を利用し、実際にこちらのラウンジを利用する機会がありましたが、滞在中特に印象に残ったものの一つが、お...
タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港内にある、タイ国際航空直営「ロイヤルオーキッドスパ」では、利用者に60分間または30分間のスペシャルマッサージを提供しています。 対象となるのは、タイ国際航空のファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者のみで、スターアライアンス航空会社のファーストクラス搭乗者は対象外。また、同伴者も利用することはできません。
タイ国際航空といえば、ファーストクラス搭乗客を対象に、機内はもちろん地上でも充実した質の高いサービスを提供していることで有名です。 バンコク・スワンナプーム国際空港には、タイ国際航空が世界に誇る、ロイヤルファーストラウンジ、ロイヤルオーキッドスパ等の魅力的な施設が揃っていますが、忘れてはいけないのが、ファーストクラス専用のチェックインカウンター、その名も「ロイヤルオーキッドプレミアムチェックイン」。
世界一周旅行の最初の目的地、タイ・バンコクを発ち、一路イギリス・ロンドンへ。 今回の旅行では、計3回ないし4回ファーストクラスに搭乗する予定です(回数が決まっていないのは、一便空席待ちの状態だから)。 前回、羽田からバンコクに飛んだ時は、B777の旧式シートでしたが、バンコクからロンドン行きは念願のA380新型シート! 今のところ、A380は日系の航空会社では運行していない機材(ANAが来年以降導入予定)ですし、この機材のファーストクラスシートの質の高さを色々なところで...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク