フランス旅行記9:「赤い貴婦人」タリス1等車で優雅にドイツへ!

フランスでは、美術館巡りショッピングに、さらにはジヴェルニーまで足を伸ばして…と、とっても充実した4日を過ごしました。

前回来た時には、英語も通じないし、物価も高いし、なんだか皆クールでとっつきにくい国だな~という印象でしたが、今回それが根底から覆されて、絶対また戻ってきたい!と思えるようになったのは嬉しい誤算でした。

DSC05369

そんなフランスとも今日でお別れ。少し寂しい気もしますが、次の目的地は第2の故郷ドイツ!ワクワクが止まりません。

フランスからドイツに行く場合には飛行機も利用できますが、今回は飛行機恐怖症の夫がいるため陸路一択。高速鉄道「タリス」を利用してドイツに向かいます。

スポンサーリンク

タリスの待つパリ北駅へ

5日目の朝。エッフェル塔に別れを告げて、パリ北駅へ向かいます。

DSC05770

いつも外国を後にする時には、次はいつ来られるんだろう…と寂しさが募るばかりでしたが、マイルを貯めていればまたいつでも、気が向けば来月にでも戻ってこられるんだなと思えたのは初めて。改めて幸せを噛み締めました。

これからも頑張ってマイルを貯めよう!と思いを新たにした朝でした。

(効率的なマイルの貯め方はこちら↓です。)

マイルを大量に貯めるために最も効率的な方法とは
マイルを貯める方法はいろいろあれど、大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。

UBERで駅まで移動

電車は7時53分パリ北駅発。

7時ちょっと過ぎにホテルをチェックアウトしました。SPGゴールドメンバーの特典として「レイトチェックアウト」を利用できるのですが、今回は活用できませんでした。

ホテルから駅までの移動には、もちろんUBERを利用します。

フランス旅行記買い物編2:パリの移動手段はUBERで決まり!可愛い子ども靴を買おう
前回はシャツ専門店「COTON DOUX」をご紹介しましたが、パリに来た目的はシャツだけではありません。 もう一つ、絶対買うぞ!と思っていたも...

パリのUBERは朝早くても夜遅くても、いつも依頼して5分以内で来てくれるので本当に重宝しました。

DSC05772

フランス最後のUBERは、黒塗りベンツ↑でした。

朝日に照らされた凱旋門も見られました(車内から写真を撮っていたのに気づいた運転手さんが、速度を落として走ってくれました。さりげない親切が嬉しい)。

DSC05781

さよならフランス。また絶対帰ってきます!

パリ北駅到着

人気のないシャンゼリゼ通りをスイスイ進み、ホテルから北駅までは15分もかからず到着。

DSC05791

治安がかなり悪いことで評判の北駅ですが、日曜の朝はスリの皆さんもお休みなのか、至って平和な雰囲気でした。

エンジェルベアのオブジェが可愛い♡

DSC05797

ではでは、駅に入ります。

赤い貴婦人「タリス」でドイツへ!

最初はミュンヘンから日本へ帰るつもりでしたので、パリからはICE(インターシティエクスプレス=イーツェーエー)でシュトゥットガルト経由を考えていました。

が、結局デュッセルドルフから帰国することになったため、陸路も変更することに。正直ミュンヘンの方が馴染み深いので残念でしたが、いいこともありました。

それは憧れの赤い貴婦人、Thalys(タリス)に乗れること!

%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%b9

タリスとは?

タリスはフランス・ドイツ・オランダ・ベルギーの4カ国を最高時速300kmで走る高速鉄道。

路線は以下の通りです(レイルヨーロッパ公式HPより拝借)。

%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%b9%e8%b7%af%e7%b7%9a%e5%9b%b3

ドイツ域内では西部を走っているため、主に南東部のバイエルン州で生活していた私は、これまで利用する機会がありませんでした。

夫が赤好きなので、いつか乗れればいいなと思っていたところ、思いがけずすぐに利用する機会がやって来ました!

タリス乗車前の保安検査

DSC05802

タリスでは、昨年12月からすべての乗客にX線検査を行っています。

というのも、同8月に車内でイスラム過激派による銃乱射事件が発生したため。

乗り合わせていたアメリカ軍関係者が制圧し、幸い死者は出ませんでしたが、乗務員は乗務室に逃げ込んで施錠してしまい、あわや乗客全員殺害かという状況だったんだとか…。

いつもそんな屈強な方が乗っているとは限りませんし、乗務員も頼りにならなさそうですし、乗客としては多少面倒でもしっかり検査してもらえるのはありがたいですね。

というか、もうヨーロッパ全ての長距離列車で実施して欲しい…。

DSC05806

こんな風に、空港の保安検査場と同じような検査が実施されています。

余裕を持って駅に来たほうが良さそうですね。

つつがなく検査も終わり、いよいよ車内へ。

タリス一等車の車内

今回は奮発して、一等車にしました!

DSC05814

といっても、パリからケルンまで一人たったの「75ユーロ」なんですけどね。

バーゲン型運賃とはいえ、3時間を超える距離の高速鉄道の一等車でこのお値段。ヨーロッパは鉄道料金がお安くて助かります。

さすがは一等車、電動リクライニングですし、

DSC05816

各席にコンセントもあります。もちろんフリーWi-Fi使用可能。ゴミ箱も付いてます。

DSC05818

7時53分、定刻にパリ北駅を出発!

DSC05817

お楽しみ!タリスの朝食

しばらくすると、おしぼりが配られました。一等車は食事付き。食事代は運賃に含まれています。

DSC05824

乗務員さんが席まで朝食を持ってきてくれます。今回のフランス旅行で最も無愛そ…じゃなくて、クールなお姉さまでした。

DSC05829

食事は「甘い」or「しょっぱい」の2種類から選べます(ほんとにそう聞かれたので…)。

しょっぱいメニュー

まず、夫と義母が頼んだ「しょっぱい」はこちら。

DSC05831

チーズ&ハムにパン、グレープフルーツ、ヨーグルト。ジュースはオレンジかベリー。コーヒーor紅茶も付きます。ジャムはたくさん種類がある中から、好きなだけもらえました。

Lotusビスケットが大好きな私、Lotusのスペキュロスペーストを初めて見て感激。しっかり頂いておきました。粉っぽさまで再現されていて美味しかったです!日本でも売って欲しい…。

DSC05841

アマゾン経由で輸入できるようですが、送料3,000円でした(涙)。

甘いメニュー

そして、私が選んだ「甘い」のはこちら。

DSC05832

ハム&チーズの代わりにマドレーヌとフルーツソースが置かれています。フルーツはメロン。ジュースはベリーにしてもらいましたが、その他は同じです。

このマドレーヌが激甘。菓子パンにデザートも付いていますので、日本人には糖分高すぎかも…。「しょっぱい」方がバランス良さそうです。

パンやコーヒーのおかわりは1,2度周ってきましたが、朝から沢山は入らないのでおかわりなしで十分でした。

快適なシートで飛行機の機内食のような食事も食べられて、とっても楽しい時間でした。

ただ、コーヒーが溢れる程度の横揺れがずっと続いていたので、酔いやすい人は要注意です。やはり日本の新幹線のようにはいきませんね。いつ夫が「酔った…」と言い出すかヒヤヒヤでした。

次回に続きます。

<前回の話>

フランス旅行記8:ジヴェルニー モネの家探訪
前回はパリからモネの家までのアクセス、チケットの購入についてご紹介しました。 今回は、いよいよモネの庭・家・池の全貌をご紹介したいと思います。...

<次回の話>

ドイツ旅行記1:到着!ケルン大聖堂と地ビールケルシュを楽しむ
タリス1等車での快適な旅、後半です。 いよいよフランス国境を超え、ベルギーを通過し、ドイツへ。 下の地図で赤色に表示されているのが、タリ...