【最大27200円獲得可能】ライフカードで12,200円還元+15,000円相当のポイントが貰える入会キャンペーン実施中

ライフカード(VISA)の券面

ライフカードの新規発行で12,200円相当のポイントが還元されるキャンペーンが始まりました!

陸マイラーにとって、もはやお馴染みになった高還元の定番カードですが、ここまでの還元額にはなかなかお目にかかれません。

さらに、今ならライフカードの入会キャンペーンで、最大15,000円相当のポイントも別枠で貰えます。

ライフカードは年会費無料ですから、維持費を考えずに気軽に申し込むことができます。まだライフカードを保有していない方は、ぜひこの機会にライフカードの新規入会を検討してみてはいかがでしょうか。

ライフカードの新規発行&利用で12,200円還元

i2iポイントでライフカードの還元率アップ

2018年2月28日(水)までの期間限定で、ライフカードの還元額が12,200円相当までアップしています。

還元額の高騰しやすいライフカードとは言え、この額にはかなりのインパクトがあります。

最高還元を実施しているのは、ポイントサイトの「i2iポイント」。先日、PeXへの交換ルートが開通したことで、陸マイラーにも使い勝手のよいサイトになりました。

ポイントサイトの「i2iポイント」でPeXへのポイント交換が始まりました。 i2iポイントは、以前からドットマネーへの交換に対応しており「ソラチカルート」を使ってANAマイルを貯めるのに利用していた方も多いと思います。 しかし、ソラチカルートは2018年3月31日で一部改悪が決定してしまいました。 改悪後も「ニモカルート」や「LINEルート」別ルートが使えるため、ANAマイルを貯めることができなくなるわけではありませんが、一番の問題は、ドットマネーが上記別ルートに対応し...

ポイント獲得にはカードの利用が必須です

ライフカードの新規発行でポイントを獲得するためには、「カード発行後の利用」条件となっています。

カードを発行しただけではポイントを獲得できないので注意して下さい。

とはいっても、利用条件はカード発券月の翌月までに合計5000円(税抜)利用すればよいだけ。普段のお買い物に使えば、問題なく達成可能な条件です。

カード発券月=ライフカード側で発券手続きが完了した月(審査完了メールの送信月)

気をつけるとすれば、税抜で5,000円の利用が必要なところ。つまり、税込であれば5,400円の利用が必要です。

電話認証の有無でポイント額が違う

i2iポイントでは、登録時に電話認証を済ませているかによって、ポイントの還元額が違います。

i2iポイントのライフカード案件12,200円

上記画像を見ても分かるように、「認証済み」の場合の還元額は、122,000pt(12,200円相当)ですが、通常(電話認証が住んでいない場合)の還元額は、97,600(9,760円相当)です。

まだ電話認証を済ませていない方は、カード申し込みをする前に必ず電話認証を済ませておきましょう。たったそれだけで、還元額が2,440円も違ってきます。

その他の注意事項

・審査中一覧への反映は3-5日ほど時間がかかるようです。
・同一ユーザーの二回目以降の発券はポイント対象外
・カード申込から120日以内にカード発券に至らなかった場合もポイント対象外

ライフカードの入会キャンペーンでさらに15,000円

ライフカードの入会キャンペーン15000円

現在、ライフカードでは、新規入会キャンペーンが実施されています。

キャンペーン期間中(2018年1月1日(月)~3月31日(土))にライフカードに新規入会すると、最大15,000円相当のポイント(正確には3,000ポイント:1ポイント=5円相当)が貰えます。

このポイントは、ポイントサイトからの還元とは別に貰えますので、合計すると12,200 + 15,000 = 27,200円相当のポイントを獲得することが可能です。

入会キャンペーン特典15,000円の内訳

入会キャンペーンの特典は、ライフカードに新規入会するだけで15,000円相当にはなりません。

ライフカードの入会キャンペーン15000円の内訳上記のように、所定の条件を満たしていくことで、獲得ポイントが加算されていきます。

必ずしも最高額(15,000円)を狙う必要はないので、達成できそうな条件を狙って着実にポイントを稼いでいきましょう。

ライフカードのポイントはANAマイルに移行可能

入会キャンペーンで貰えるポイント(サンクスポイント)は、ANAマイルに移行することも可能です。

ライフカードのポイントはANAマイルに直接交換可能

ANAマイルへの移行レートは、「1サンクスポイント=2.5マイル」です。1サンクスポイント=5円、1マイル=2円で換算すれば等価交換、つまりポイントの価値は変わりません。

Gポイント経由でLINEルート&ニモカルートも利用可能

サンクスポイントは、直接ANAマイルに交換するだけでなく、「Gポイント」にも交換することができます。

このため、ソラチカ改悪後も、LINEルートやnimocaルートを使って、効率的にANAマイルを貯めることが可能です。

Gポイントへの移行レートは、「1サンクスポイント=4Gポイント」。

ライフカードのポイントはGポイントに交換可能

Gポイントへの移行レートだけを見ると、1サンクスポイント(5円相当)が4Gポイント(4円相当)になり、ポイントの価値は少しだけ減ってしまいます。

しかし、LINEルートやnimocaルートを使う前提であれば、その後、マイルに81% or 70%で交換できるため、結果的に損することにはなりません。直接ANAマイルに交換する場合よりも、高いルートでANAマイルに交換できます。

  ANA VISA nimocaカードは、ANAカードの機能とnimocaの機能がひとつになった、とっても便利なカードです。 このカードが今、陸マイラーから大きな注目を集めています。 nimoca(ニモカ)とは、西日本鉄道(西鉄)の子会社である株式会社ニモカなどが発行するIC乗車カード。九州を中心とした各地域の鉄道やバスで利用することができます。 SuicaやPasmoの九州版のような位置づけなので、基本的には、九州在住の方を対象とした機能と言えますね。 では、な...

手間をかけるのが嫌なら直接移行もありですが、効率重視であればGポイントを経由した方がよさそうです。

<サンクスポイントからANAマイルへの移行まとめ>
・ポイントを直接ANAマイルに移行⇒実質等価交換
・ポイントをソラチカルートでANAマイルに移行⇒ポイントの価値が少しだけ増加

ライフカードの魅力

さて、ここからはライフカードが一体どんなカードなのか、その特典やメリットを簡単に説明していきます。

年会費無料

ライフカードは年会費無料

ライフカードは、年会費無料のクレジットカードです。カードの維持費がゼロなのは嬉しいですよね。

ポイント還元率が高い

ライフカードは高還元カード

ライフカードは、ポイント還元に力を入れているクレジットカードです。個人的には、メインカードとして使う場合、ポイント還元率が高いのは必須条件だと思ってます。

初年度ポイント1.5倍!最大2倍も狙えます

ライフカードは初年度のポイント付与率が1.5倍

ライフカードのポイント還元率は、初年度が1.5倍。つまり、最初から有利な条件で利用できます。しばらくお試しで使ってみたい方には嬉しい特典ですよね。

また、年間利用金額に応じて、ポイント還元率は最大2倍にまで増えます。

お誕生月ポイント3倍

ライフカードは誕生日のポイント付与率が通常の3倍

ポイント還元に関するライフカードの最大の特徴は、やはり誕生月のポイント還元率ではないでしょうか。1ヶ月の期間限定ですが、ポイント還元率が3倍になります。

誕生月にまとめ買いすれば、かなり効率的にポイントを稼げそうです。

ポイントは最大5年間有効

ライフカードのポイントの有効期限は5年間

ライフカードで貯めたポイントの有効期間は5年間。これだけ有効期間が長ければ、せっかく貯めたポイントが失効してしまう可能性はすくないでしょう。

貯めたポイントは様々なサービスで利用可能

ライフカードのポイントは各種サービスに交換可能

ライフカードで貯めたポイントは、すでに紹介したANAマイル、Gポイント以外にも、様々なサービスで利用できます。

Amazonギフト券やJCBギフトカードに交換すれば、かなり使い勝手がよさそうです。

最後に

以上、ライフカードの新規発行&利用で大量ポイントを獲得できるキャンペーンのご紹介でした。

現時点でライフカードを保有していない方であれば、見逃せない高還元キャンペーンです。

早期終了の可能性もありますので、申し込んでみようかなと思った方は、お早めにどうぞ。

⇒i2iポイントの登録はコチラからでもOK
i2iポイントサイトへのご招待です♪

フォローする