instagramはじめました!フォローはこちら
マイルの貯め方2018最新版!

年間100万マイルを実現した驚きの方法とは?
そのすべてを公開しています!

詳しくはこちら

【ニモカ】なぜ今ANA VISA nimocaカードが必要?ソラチカルートとの違いやメリット・デメリットを解説します

follow us in feedly

ANA VISA nimocaカードを手に入れよう 

ANA VISA nimocaカードは、ANAカードの機能とnimocaの機能がひとつになった、とっても便利なカードです。

このカードが今、陸マイラーから大きな注目を集めています。

nimoca(ニモカ)とは、西日本鉄道(西鉄)の子会社である株式会社ニモカなどが発行するIC乗車カード。九州を中心とした各地域の鉄道やバスで利用することができます。

SuicaやPasmoの九州版のような位置づけなので、基本的には、九州在住の方を対象とした機能と言えますね。

では、なぜ利用地域が限定されてしまうようなカードが、陸マイラーから注目されているのでしょうか?

この記事では、ANA VISA nimocaカード(ニモカカード)の魅力と、なぜ今カードを発行するべきなのかについて、陸マイラー視点で解説していきます。

ANA VISA nimocaカードの基本スペック

ANAVISAnimocaカードの概要

年会費

税抜2,000円+税 初年度年会費無料

家族会員年会費

税抜1,000円+税 初年度年会費無料

年会費割引特典

WEB明細サービス
マイ・ペイすリボ

旅行傷害保険

【最高補償額】
海外旅行  1,000万円
国内航空  1,000万円
国内旅行  なし

ショッピング補償

年間100万円までのお買物安心保険
※海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。

利用可能枠
利用枠 10〜80万円
カード利用枠 10〜80万円
リボ払い・分割払い利用枠 0〜80万円
キャッシング利用枠 0~50万円
お支払い方法
お支払日
15日締め翌月10日払い
国際ブランド
VISA
ポイントサービス
ワールドプレゼント/お買物利用1,000円(含む消費税等)につき1ポイント付与

年会費(2,000円+税)が必要なカードですが、初年度無料というのが嬉しいですね。とりあえずお試しで使ってみたいという方でも、気軽に申し込むことができるのではないかと思います。

また、次年度以降の年会費についても、三井住友VISAカードではおなじみの「WEB明細サービス」、「マイ・ペイすリボ」による割引があります。

具体的には、WEB明細サービスを利用すると、500円(税抜)が割引され、年会費は1,500円+税になります。マイ・ペイすリボに登録して年1回以上利用すると、1,249円(税抜)が割引され、年会費は751円+税になります。

ANA VISA nimocaカードの特別な機能とは

上記の基本スペックだけ見ると、ANA VISA nimocaカードには、そこまで特別な魅力はありません。

しかし、このカードには、他のカードにはない特別な機能が付いています。それは、「nimocaポイントを高レート(70%)でANAマイルに移行できる」という機能。

例えば、10,000円相当のnimocaポイントを保有していた場合、そのポイントを7,000ANAマイルに交換できてしまいます。

航空会社のマイルは1マイル=2円で換算することもできるため、7000マイルは14,000円相当。つまり、10,000円相当のnimocaポイントを、14,000円相当のANAマイルに交換できるという魔法のようなカードなのです。

陸マイラー御用達のソラチカカード(ソラチカルートにとてもよく似ていますよね。陸マイラー界隈では、このANA VISA nimocaカードを利用した移行ルートを「ニモカルート」と呼んでいるみたいです。

ニモカルートとソラチカルートとの違いは?

それでは「ニモカルート」と「ソラチカルート」とを比較してみましょう。

ニモカルート ソラチカルート
必須カード ANA VISA nimoca
(ニモカカード)
ANA To Me CARD PASMO JCB
(ソラチカカード)
カード年会費 2,000円+税(割引あり) 2,000円+税
使用ポイント nimocaポイント メトロポイント
移行レート 70%(0.7倍) 90%(0.9倍)
移行上限 なし 毎月20,000ポイント
交換方法 九州・函館の交換機で移行手続き WEB上で移行手続き

ニモカルートを利用するためには「ANA VISA nimoca(ニモカカード)」の保有が必須となり、ソラチカルートを利用するためには「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」の保有が必須となります。

いずれも年会費2,000円のカードですが、すでに説明したように、ニモカカードに関しては「WEB明細サービス」、「マイ・ペイすリボ」による割引特典あり。カードの維持費に関しては、ニモカルートの方が安くなります。

移行レートについては、ソラチカルートの90%に軍配があがります。ただし、ニモカルートの70%という数字も、一般的なマイルへの移行レート(50%)と比べると非常に高く、効率的にANAマイルを貯めることが可能です。

移行上限については、ニモカルートの勝利。ソラチカルートには毎月20,000ポイント(毎月18,000マイル)という移行上限がありますが、ニモカルートには上限そのものが設定されていません。このため、nimocaポイントを大量に確保できる状態であれば、短期間で大量のANAマイルを貯めることも可能です。

交換方法については、WEB上ですべてが完結するソラチカルートが便利です。ニモカルートは、九州(福岡、大分、熊本、宮崎)および函館に設置されている「ポイント交換機」を使って、nimocaポイントからANAマイルへの交換申請をする必要があります。

ANAマイルに交換できるニモカのポイント交換記(熊本)
nimoca公式から引用

九州または北海道まで実際に足を運ぶ必要があるため、パソコンやスマホで交換手続きが完了するソラチカルートと比べると、かなり難易度が上がってしまいますね。ニモカルートの最大の弱点です。

ただし、ニモカルートにはポイントの移行上限がないため、大量のポイントを一気に交換することが可能。nimocaポイントの有効期限は「付与日の翌年12月末まで」なので、1年に1回だけ行って、まとめてANAマイルに交換するという運用も可能です。

もしかすると、陸マイラーの旅行先やSFC修行のルート候補として、九州や函館が上位にランクインする日がやってくるのかもしれません。

なぜ今、ニモカルートが注目を集めている?

今、「ANA VISA nimocaカード」を新規発行する陸マイラーが急増しています。実際に私も、既にニモカカードの発行を済ませました。

nimocaカードを発行しました

その理由は、もちろん「ニモカルート」を使ってANAマイルを貯めるためなのですが、なぜ今このタイミングでニモカカードが必要なのでしょうか?

ソラチカルートの改悪発表

ニモカルートが注目されている最大の理由は、ソラチカルートの改悪です。2018年1月9日に、ソラチカルートの封鎖(ポイント交換サイトからメトロポイントへの交換終了)が発表されました。

ソラチカ改悪決定!メトロポイントへの移行が封鎖される前にやるべきこと
ついに我々陸マイラーがおそれていた日がやってきました。 ソラチカルートの改悪決定です。 以前から、改悪の日は近いと言われてきましたが、こんなに突然訪れるものだとは思いませんでした。 今後は実質的にソラチカルートが使...

ソラチカルートの封鎖は2018年3月31日。つまり、3月末まではソラチカルートを使ってANAマイルを貯めることができるのですが、それ以降は実質的にソラチカルートを使うことは難しくなります。

陸マイラーにとって、ソラチカルートに代わるマイル獲得ツールの新規開拓が急務となっており、その候補の1つがニモカルートというわけです。

ソラチカ封鎖までの3つの選択肢。これからもポイント貯める?貯めない?
ソラチカの改悪が発表された2018年1月9日は、陸マイラー界が激震した一日でした。 ポイント交換サイトからメトロポイントへの移行が封鎖され、ソラチカルートの使い勝手が大幅に悪化することが確定してしまったため、これまでと同じ方法...

LINEルートは交換レート81%だけれど…

ソラチカルートの代替案の筆頭候補として挙げられているのが、LINEポイントを利用した「LINEルート」。

LINEポイント ⇒(90%)⇒ メトロポイント ⇒(90%)⇒ ANAマイル」という順でポイントを移行させていくことで、ANAマイルへの移行レート81%を実現することができます。移行レートだけで見ると、ニモカルートの70%より上ですね。

ただし、このLINEルートは、ソラチカルート(メトロポイント⇒ANAマイル)を利用したルートです。このため、今回のソラチカ改悪のように、LINEポイントからメトロポイントへの交換が封鎖されてしまうと、使えなくなってしまいます。

もちろん現時点では、そのような発表はされていませんが、今後改悪の可能性は0ではないでしょう。

新たな選択肢という点において、ソラチカルートに依存しないニモカルートの存在意義は非常に大きいのです(もちろん、ニモカルートが改悪となる可能性もなきにしもあらずですが…)。

なぜ今、ニモカカードを発行するべきなの?

先述の通り、ニモカルートを利用するためには、「ANA VISA nimocaカード(ニモカカード)」を保有していることが前提となります。このため、とりあえずニモカカードを発行しておくのも、陸マイラーとしては悪い選択肢ではありません。

ただし、クレジットカードの新規発行時には、ポイントサイトの利用が陸マイラーの鉄則です。新しくクレジットカードを発行するのであれば、それなりのポイントバックが欲しくなってしまいますよね。

そんな陸マイラーの皆さんに朗報!!ポイントサイトでもニモカカードの取扱いが始まっています!

ニモカカードの還元額No.1はどこ?

2018年2月1日時点で、「ANA VISA nimoca」の還元額が最も高いのは、下記ポイントサイトです。

・ハピタス 3,500円還元
・ECナビ 3,500円還元

ハピタスとECナビが同額で並んで1位!!そこまで高い還元額ではありませんが、ニモカカードに限れば、この還元額は優秀です。

もちろん、今後これ以上の条件が出てくる可能性もあるのですが、逆に還元額が下がってしまう可能性もあります。

できるだけ早めに入手しておきたいカードですから、多少の還元額の変動は気にせず、今すぐ申し込んでしまうのもありでしょう。

ハピタス&ECナビの入会は当サイト経由がお得

現時点で「ハピタス」または「ECナビ」のアカウントを保有していない場合には、まず登録手続きを済ませましょう。

当サイトは、上記ポイントサイトに特別認定されたブログなので、当サイト経由で(下記バナーをクリックして)登録すると、特別入会ボーナスが貰えます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

・通常入会ボーナス:30ポイント(30円相当)
・当サイト限定入会ボーナス:500ポイント(500円相当)

・通常入会ボーナス(30pt)は、登録を完了しただけで貰えます。
・当サイト限定入会ボーナス(500pt)は、会員登録後6ヶ月以内に300pt以上をポイント交換した方が対象となります。

ECナビ新規登録&ポイント交換で3,000ポイント
・入会完了時ボーナス:500ポイント(50円相当)
・当サイト限定入会ボーナス:2,500ポイント(250円相当)

・入会完了時ボーナス(500pt)は、登録を完了しただけで貰えます。
・当サイト限定入会ボーナス(2,500pt)は、登録から1ヶ月以内にポイント交換することが獲得条件となっています。

ANAカードの入会キャンペーンで最大32,000マイルが貰える!

ANAVISAnimoca入会キャンペーン32000マイル

今ならさらに、ANAカードの入会キャンペーンを利用して、最大32,000マイル + 1,000nimocaポイントを獲得することができます。

32,000マイルは、1マイル=2円換算すると、なんと64,000円相当!

入会特典の32,000マイル全てを獲得するためには、複数の条件を満たす必要がありますが、ここまでの大型企画はめったにありませんので、ぜひ活用したいところです。

もちろん、入会キャンペーンの特典と、上記ECナビの還元ポイントは別々に獲得することが可能。キャンペーンを活用するだけで、かなりお得にニモカカードに入会できそうですね。

まとめ

ANA VISA nimocaカードは、今後ANAマイルをためるために欠かせないツールになりそうです。特に、ソラチカ改悪後には大いに活躍してくれるでしょう。

いずれ発行することになるカードであれば、できるだけ有利な条件で入会できるタイミングで発行するのがお得。もちろん、今以上に有利な条件が今後出てくる可能性も否定できませんが、ニモカカードの発行が遅れて、使いたい時にニモカルートを使えないという方が損失は大きいはず。

いつでもニモカルートが使えるよう、この機会にニモカカードを申し込んでみてはいかがでしょうか?

 

トップへ戻る