instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

丸わかり!『JQみずほルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法

follow us in feedly

JQみずほルート

長かったコロナ禍も終焉を迎え、本格的に旅行解禁!

またANAマイルを貯め始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。

2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『JQみずほルート』がオススメです!

本記事は、久しぶりにポイント移行の流れをサラッとおさらいしておきたい方や、これからマイラー生活を始めてみたい!という方にもピッタリ!

JQみずほルートの概要から、実際に利用する際のコツや注意点まで、わかりやすく&詳しく解説していきます。

ANAマイルを貯める方法として、最も効率が良く万人向けなのが、この「JQみずほルート」です。
ぜひ最後まで読んでみてください♪

スポンサーリンク

JQみずほルートとは

JQみずほルートは、ANAマイルを貯めるテクニックの1つ!

正確には、ポイントサイトで貯めたポイントを高レートでANAマイルに交換する際の「ポイント移行ルート」の名称です。

ポイントを交換する際に、必ず「JQカード」「みずほマイレージクラブカード」を利用することになるため、「JQみずほルート」と呼ばれています。

JQみずほルートは、最終的に70%のレートでANAマイルに交換可能

現時点で最も陸マイラーに人気のあるルートの1つであり、利用者数もどんどん増加中です!

70%ってそんなに凄いの?

交換レート70%という数字を見て、何が凄いのか分からない方もいるでしょう。

普通に考えれば、レート70%で交換すると減ってしまいますよね。

しかし、交換先がANAマイルであれば、その常識は通用しません。

ANAマイルの価値は一般的に1マイル=2円程度と考えられるため、70%のレートで交換すると価値が1.4倍になるからです。

例えば、10,000円相当のポイントを70%のレートで交換すると「7,000マイル」になるわけですが、この7,000マイルの価値は1マイル=2円換算で14,000円

実質4,000円増えています。

もちろん、常に1マイル=2円で使えるわけではありませんが、例えば国際線ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券を発券することができれば、1マイルの価値は5円~10円以上になることも。

【搭乗記】ANA新型ファーストクラスTHE Suiteに乗ってみた!ドア付き最新シートに豪華すぎるアメニティ&機内食まで全てレポート♪
国際線の飛行機で、最も高価&最もサービスが充実している搭乗クラスといえば、皆様ご存知ファーストクラス。 中でも、ANAのファーストクラスは以前から高い評価を得ていましたが、2019年、全てを刷新したファーストクラス、その名も「THE Sui...
<搭乗記>ANA新ビジネスクラスTHE Roomでロンドンへ!有名シェフ機内食を初体験♪
ANAが誇る最新ビジネスクラス「THE Room」。 最大幅のワイドシートにプライバシーを守れるドア付きと、国内だけでなく、世界的にもトップクラスのビジネスクラスシートです。 現在THE Roomが導入されているのは、アメリカ2都市とロンド...

旅行にまったく興味がないのであればともかく、「飛行機に乗る機会がある」or「飛行機に乗りたい」方であれば、JQみずほルートを利用しない手はないのです。

JQみずほルートのメリット

JQみずほルートの魅力(メリット)を簡単にまとめたものがこちら。

  • ANAマイルへの交換レートが最高水準(70%)
  • 全ての手続きがオンラインで完結する

最大のメリットは、交換レートの高さであることに間違いありません。

ただし、すべての手続がオンラインで完結するというのも、忘れてはいけない大きな魅力です。

というのも、同じ70%の交換レートで並ぶ「nimocaルート」は、九州または函館にあるポイント交換機の利用が必須となっており、設置場所の近くに住んでいない場合は簡単に利用できません。

その点、JQみずほルートはWeb上で全てが完結するため、nimocaルートよりも万人向けと言えます。

JQみずほルートのデメリット

  • ポイント交換手続きが最低でも4回必要
  • 2枚のクレジットカードが必須
  • ANAマイルへの交換が完了するまで25〜68日かかる(理論上)

JQみずほルートでは、ポイントサイトで貯めたポイントを次々に移行させていく必要があるのですが、実際にANAマイルを手にするまでに必要な交換回数は少なくとも4回。自然、交換完了までの期間も長くなります。

nimocaルートも交換が3回必要なので、その差は1回だけですが、「各ポイントを管理しながら」、「それぞれ違う手続きで交換していく」ことが要求されるため、難しく感じる方も多いかもしれません。

クレジットカードも2枚必要です。

必須のクレジットカード2枚

JQみずほルートを利用するにあたって、必要なクレジットカードがこちら↓

『JQ CARDセゾン』『みずほマイレージクラブカード/ANA』の2枚です。

1枚目の『JQ CARDセゾン』は、JR九州が発行するクレジットカード「JQ CARD」の1種であり、JR九州のポイントである「JRキューポ」を、セゾンのポイント「永久不滅ポイント」に交換するために必要なカード。

2枚目の『みずほマイレージクラブカード/ANA』は、みずほ銀行×ANAの提携クレジットカードであり、上記の「永久不滅ポイント」を、最終目的である「ANAマイル」に交換するために必要なカードです。

これら2枚のクレジットカードがないと「JQみずほルート」は使えませんので、出来るだけ早めに発行しておきましょう。

ポイントサイト案件でカード発行できれば最高なのですが、あいにく2024年4月現在、いずれのカードも掲載されていないようです。

JQ CARDセゾン

JQカード

「JQ CARDセゾン」の詳細はこちら。

選べる国際ブランド VisaMastercardJCBAMERICAN EXPRESS
年会費
  • 初年度年会費無料
  • 2年目以降は年会費1,375円(税込)
  • ただし、ショッピングの利用で2年目以降も年会費無料
ポイント JRキューポ(200円につき1ポイント)
提携先 九州旅客鉄道株式会社

入会1年目は年会費無料。

2年目以降は、年会費1,375円(税込)となっていますが、ショッピング利用で年会費無料に。

つまり、年間1回だけでもカードを利用するようにすれば、ずっと年会費無料でカードを保有し続けることができます。

24時間オンラインで申し込み可能で審査も緩め。比較的容易に発行できるクレジットカードの一つと言えるでしょう。

みずほマイレージクラブカード/ANA

みずほマイレージクラブカード/ANA

続いて、「みずほマイレージクラブカード/ANA」の詳細はこちら。

国際ブランド Mastercard
年会費 無料
ポイント 永久不滅ポイント
提携先 みずほ銀行

年会費が永年無料のため、1枚目のJQ CARDセゾンと比べると簡単に維持できそうですが、意外な落とし穴があります。

このカードを発行するためには「みずほ銀行の普通預金口座を持っている」という条件が課されているのです。

すでにみずほ銀行の口座を保有していれば何の問題もありませんが、そうでない場合はみずほ銀行の口座開設も必要

むやみに銀行口座を増やしたくない方には、ちょっぴりハードルが高くなってしまうかもしれません。

ただ、みずほ銀行の口座開設手続きは、クレジットカードの発行手続きと同時に可能になっていますので、わざわざ事前に銀行口座を開設しておく必要はありません。

これら2枚のクレジットカードを入手できたら、「JQみずほルート」の利用準備は完了です!

JQみずほルートの概要

それでは早速、JQみずほルートのポイント交換手順を見ていきましょう!

交換ルートを分かりやすく図にまとめたものがこちら↓

JQみずほルート図解

上記のように「ポイントサイト」「Gポイント or Vポイント」「JRキューポ」「永久不滅ポイント」「ANAマイル」の順でポイントを交換していけばOKです。

少々長い道のりですが、慣れてしまえば大丈夫。

大量のANAマイルが手に入ることを考えれば、手間をかけた以上の見返りがあるのは間違いありません!

以下では、各交換手順についてさらに詳しく解説していきます。

手順1. 各ポイントサイトからGポイントまたはVポイント(旧Tポイント)へ

まず一回目は、各ポイントサイトから『Gポイント』または『Vポイント(旧Tポイント)への交換です。

等価交換

(交換先がVポイントの場合は手数料設定あり

nimocaルート中継所Gポイント

Vポイントロゴ

ポイントサイトによって対応する交換先、交換手数料・最低交換pt、交換完了までの日数が異なります。以下細かくチェックしてみましょう!

ハピタス

ハピタス

ハピタスロゴ

交換先 交換手数料 最低交換pt 交換予定日
nimocaルート中継所Gポイント 無料 500pt
(500円相当)
即日〜3営業日
Vポイントロゴ
  • 一般会員 6%
  • ブロンズ 6%
  • シルバー 0%
  • ゴールド 0%
500pt
(500円相当)
即日〜3営業日

モッピー

モッピー

ポイントサイトmoppyロゴ

交換先 交換手数料 最低交換pt 交換予定日
nimocaルート中継所Gポイント  無料 300pt
(300円相当)
リアルタイム
Vポイントロゴ 8% 540pt
(540円相当)
リアルタイム

ちょびリッチ

ちょびリッチ
ちょびリッチロゴ
交換先 交換手数料 最低交換pt 交換予定日
nimocaルート中継所Gポイント 無料  1,000pt
(500円相当)
リアルタイム
Vポイントロゴ 8% 1,000pt
(500円相当)
申請翌日19時ごろ

ポイントインカム

ポイントインカム
ポイントインカムロゴ
交換先 交換手数料 最低交換pt 交換予定日
nimocaルート中継所Gポイント 無料 5,000pt
(500円相当)
3営業日
Vポイントロゴ 250pt~5,000pt 5,250pt
(525円相当)
リアルタイム〜翌営業日

ポイントタウン

ポイントタウン
ポイントタウンロゴ
交換先 交換手数料 最低交換pt 交換予定日
Vポイントロゴ 8% 108pt
(108円相当)
5営業日以内
各ポイントサイトとも、2024年4月時点の情報です。今後レートや手数料が変更になることがありますので、最新情報はご自身で確認ください。

各ポイントサイト→Vポイントへの手数料を無料にする裏技

ご覧の通り、各ポイントサイトからVポイント(旧Tポイント)へ交換する際には基本的に手数料がかかります

しかし、実はこれを無料にする裏技があるんです!

それがポイント”交換””サイト『ドットマネー(.money)』を経由する方法。

各ポイントサイトからドットマネーへの交換は手数料無料、そして、ドットマネーからVポイントへの交換も手数料無料

.moneyならTポイントへの交換手数料無料

「ポイントサイト」→「ドットマネー」→「Vポイント」という順番で交換することにより、完全無料でのVポイントへの交換を実現することができるのです。

ドットマネーを経由する分、ポイント交換回数がさらに1回増えることになりますが、多少の手間と時間がかかっても節約したいという方は、ドットマネーを活用するのがオススメです。

なお、ポイントサイト各社→ドットマネーへの最低交換ポイント数と交換完了日一覧がこちら。

ポイントサイト 最低交換ポイント 交換完了日
ハピタスロゴ 500pt(500円相当 即日〜3営業日
モッピーロゴ 500pt(500円相当) リアルタイム
ちょびリッチロゴ 1,000pt(500円相当) リアルタイム
ポイントインカムロゴ 5,000pt(500円相当) 翌営業日
ポイントタウンロゴ 500pt(500円相当) リアルタイム

リアルタイムで処理してくれるサイトが多くありますので、ひと手間かける甲斐はありそうですね!

ハピタスのシルバー&ゴールド会員なら、もともとVポイントへの交換手数料が無料ですので、この方法を使う必要はありません!

他ポイントサイトでも経由回数を増やせばJQみずほルートを使える可能性が高い

なお、本記事では5つのポイントサイトを例に挙げていますが、ECナビなど他の多くのポイントサイトでも、経由回数を増やすことによりポイントをJRキューポへ交換することができます。

JQルートに乗せる方法

手順2. GポイントまたはVポイントからJRキューポへ

JQみずほルート2回目の交換は、Gポイントor 『VポイントJRキューポです。

nimocaルート中継所Gポイント JRキューポ 最低交換pt
交換手数料
交換に必要な日数
100G
(100円相当)
5%
※実質無料化も可能
2〜3日後
Vポイントロゴ 1,000P
(100円相当)
無料 2〜4日後

上記のように、Gポイントは5%の交換手数料がかかる一方で、Vポイントは手数料無料

JRキューポに交換するところだけ見れば、Vポイントの方が有利です。

ただし、Gポイントには「特定の案件利用で手数料無料」という制度が用意されていますので、そちらを利用して実質無料化することもできます!

手順3. JRキューポから永久不滅ポイントへ

そして3回目、JRキューポから永久不滅ポイントへ。

JRキューポ

等価交換

永久不滅ポイント
交換手数料
最小交換pt 交換に必要な日数
1,000pt 200pt 無料 1,000pt 2〜3日後

1,000ポイントが200ポイントになるので、5分の1に減っているように見えますが、永久不滅ポイントは1ポイント=5円相当。

つまり、ポイント価値としては1:1の等価交換です。

JRキューポから永久不滅ポイントへ初めて交換する際には事前準備が必要です。このあたりの手順はややこしいので、また別記事で詳しくご紹介したいと思っています。

手順4. 永久不滅ポイントからANAへ

そしていよいよ最後が、セゾン永久不滅ポイントからANAマイルへの交換。

みずほマイレージクラブカード/ANA・永久不滅ポイントからANAマイルへ

(みずほマイレージクラブカード/ANA公式サイトより)

永久不滅ポイント

70%

ANAロゴ 交換手数料
最小交換pt 交換に必要な日数
100pt 350pt 無料 100pt 3〜8週間後

前述の通り、永久不滅ポイントは1ポイント=5円相当ですので、500円相当の永久不滅ポイント→350ANAマイル=70%換算ということになります。

これでついにANAマイルをゲットできますね!お疲れ様でした♪

まとめ

ということで、今回はJQみずほルートについて詳しく解説しました!

  • JQみずほルートは、交換レート70%でANAマイルが貯まる
  • 利用する際には『JQ CARDセゾン』『みずほマイレージクラブカード/ANA』が必須
  • ポイントサイト→中継サイト→JRキューポ→セゾン永久不滅ポイント→ANAマイルの全4回交換
  • 交換完了まで25〜68日(理論上)

ANAマイルへの交換レートが同じ70%であるnimocaルートと異なり、家に居ながらにして全ての手続きが完結するJQみずほルート。

ちょっと手順が複雑で日数がかかりますが、特に関東・関西にお住まいの方には絶大な人気を誇ります。

この機会に、JQみずほルートで効率よくANAマイルを貯めてみてはいかがでしょうか。

マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

丸わかり!『nimocaルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
コロナ禍も過ぎ去り、そろそろまたANAマイルを貯め始めようかな、という方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『nimocaルート(ニモカルート)』がオススメです! 本記事は、久しぶりに流れをサラッと...
丸わかり!『JQみずほルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
長かったコロナ禍も終焉を迎え、本格的に旅行解禁! またANAマイルを貯め始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『JQみずほルート』がオススメです! 本記事は、久しぶりにポイント移...
【2024年5月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! キャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキー。現時点でまだモ...
【2024年5月緊急増額】ハピタス入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大1,800円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,800円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
2024年1月 ANA特典航空券で福岡ザ・リッツ・カールトン福岡)へ
2024年3月 ANA特典航空券でドイツギリシャ
2024年3月 ANA特典航空券で宮崎へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪