instagramはじめました!フォローはこちら

ポケモンカフェに行ってみた!すべてを遊びつくすためのコツと食べ逃したくないおすすめメニューとは?

follow us in feedly

日本橋高島屋ポケモンカフェのポケモングリーティング

東京・日本橋にある話題のスポット「ポケモンカフェ」

すでに開業から1年以上経過しましたが、今でも連日満席続き。事前予約制となっているため、予約なしでは入れない超人気のお店です。

今回、そのポケモンカフェに念願叶って訪問してきました♪

ポケモンワールドをモチーフとした店内では、工夫を凝らしたお料理に、キャラクターグリーティングにと、ポケモンファンならずとも楽しめる仕掛けがいっぱい!

以下では、実際に行ってみて分かった「ポケモンカフェを遊びつくすためのコツ」を、とっても可愛い「おすすめメニュー」と合わせてご紹介していきたいと思います!!

スポンサーリンク

ポケモンカフェへのアクセスは?

それではまず、ポケモンカフェへの行き方から。ポケモンカフェは日本橋高島屋の別棟「東館」に入っています。

ポケモンカフェアクセス

(ポケモンカフェ公式サイトより)

住所や連絡先、最寄り駅は以下の通りです。

住所 〒103-0027 東京都中央区日本橋二丁目11番2号 日本橋髙島屋S.C.東館 5階
電話番号 03-6262-3439
メール pokemon-cafe-cs@sld-inc.com
アクセス
  • JR「東京駅」八重洲北口から徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線・東西線「日本橋駅」B2出口から徒歩2分
  • 都営地下鉄 浅草線「日本橋駅」から徒歩4分

日本橋高島屋の東館エントランス

ポケモンカフェのある日本橋高島屋の東館は、本館とは違い中央通りに面していないため、初めて行く場合にはちょっぴりわかりにくいかもしれません。

東感のエントランスは、中央通りから一本裏手の通り(本館と東館に挟まれた通り)にあります。

建物エントランスには、モンスターボール付きの看板が!

ポケモンカフェのエントランス

ゲーム内にも登場する「ポケモンセンター」という体になっていて、入る前から世界観たっぷりですね。

エントランスから直通エレベーターで5階へ

エントランスを潜ると、すぐ正面にポケモンカフェへの直通エレベーターがあります。これに乗って5階へ進みましょう。

ポケモンカフェ直通エレベーター

エレベーターを降りたら、左手がポケモンカフェの入口です!

ポケモンカフェ直通エレベーター

予約時に指定した時間に入場開始

ポケモンカフェは時間帯ごとの入替制となっています。集合時間は予約時に指定した時間の10分前。入場時間になってから、順次入店開始となります。

指定時間10分前までは店頭に並んで待ちましょう。入口には店内のマップなども掲示されていました。

東京ポケモンカフェ店頭の様子

お店の中は5つのエリアに分かれていますが、これは先着順ではなく、予約時の選択によって決まっています。

どのエリアがオススメなのかについては、こちらの記事で詳しくご紹介していますので是非どうぞ♪

テーブルへは番号で案内

時間になると、一組ずつテーブル番号の書いた札を渡され、店内に入ることになりました。

この時はポケモンカフェ1周年記念のサンバイザーも頂けて、子どもたちはテンションマックスです!

東京ポケモンカフェ店内の様子

スポンサーリンク

ポケモンカフェ店内はどうなっている?

それでは、実際にお店の中がどうなっているのか見ていきましょう!

ちなみに、ポケモンカフェは店内を自由に撮影可能となっており、気兼ねすることなくバシバシ写真を撮ることができます。

ポケモンカフェオリジナルグッズがずらり

席へと続く通路上には、ポケモンのオリジナルグッズがた~くさん!

一部の品物は展示品ですが、いろいろと可愛い商品が揃っていました♪

その向かい側にはレジ。こちらで商品を購入したり、カフェのお会計を行います。

東京ポケモンカフェ店内の様子

エリア中ポケモンだらけ!

店内にもいたるところにポケモンが!ピカチュウ、フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメに…

日本橋高島屋ポケモンカフェの店内

よく見ると、足元にはモンスターボールを模したグリーンもありました。凝ってますね〜!

日本橋高島屋ポケモンカフェの店内

他にも、巨大なカビゴンがお昼寝していたり…

日本橋高島屋ポケモンカフェ

記念写真にバッチリなスポットもありますよ♪

日本橋高島屋ポケモンカフェの店内

カフェ内に設置されたディスプレイでは、2019年冬に発売予定であることが発表された最新作「ポケットモンスターソード・シールド(通称:ポケモン剣盾)」の特別映像も流れていました。

何が当たるかお楽しみ!ランチョンマット

ポケモンカフェでは、1席ごとに特製ランチョンマットが置かれています。

1枚1枚に別々のポケモンが描かれているため、全種類コンプリートを目指してコレクションする方もいるのだとか。

なお、席に案内された段階では、ランチョンマットは伏せた状態で置かれており、どのポケモンなのか分かりません。

めくってみるまでドキドキです!

今回ゲットしたポケモン

それでは、実際にどんなランチョンマットなのか見てみましょう。

子供達はアズマオウとバタフリー。

日本橋高島屋ポケモンカフェのランチョンマット

そして私はというと…

オコリザルでした!

日本橋高島屋ポケモンカフェの店内

「ママにぴったりのポケモンが出たね!!」と子供達は大ウケです。

喜んでもらえて、嬉しいような悲しいような…。とりあえず、今後は怒る回数をできるだけ減らすように努力したいと思います(笑)

なお、このランチョンマットは、食事を注文した人が持って帰ってよいことになっているようです。

お料理が運ばれて来た際、お皿をテーブルに置く前にスタッフさんが「持ち帰られますか?」と聞いてくれます。

キレイなまま持ち帰りたい場合には、食事中に使わないこともできるので安心ですね。

ポケモンカフェのメニューは?

さてさて、ポケモンカフェはメニューも本格的!

いろんなポケモンキャラクターを模した可愛いお料理やデザート、ドリンクが勢揃いしているんです♡

日本橋高島屋ポケモンカフェのメニュー

(ポケモンカフェ公式サイトより一部抜粋)

正直なところ、我が家にとってはちょっとお高めですけれども、テーマパークのようなものだと思えば妥当なところでしょう。

ちなみに、小学生以上はワンオーダー必須とのことでした。

メニューはこの他、ゲーム発売や映画公開などに合わせて期間限定のものも登場します。最新のメニュー内容は公式サイトでご確認ください!

メニューの注文はiPadで

ポケモンカフェの注文は、それぞれの座席に置いてあるタブレットで行います。

日本橋高島屋ポケモンカフェの注文はタブレットを使用

日本語の他、英語、ベトナム語、中国語、韓国語にも対応。

日本橋高島屋ポケモンカフェの注文はタブレットを使用

これは便利ですね♪

おすすめ!ピカチュウ&イーブイプレート

子供達はそれぞれピカチュウ&イーブイの「よくばりプレート(1,706円)」を注文しました。

日本橋高島屋ポケモンカフェ

ピカチュウの顔はオムライスになっていて、とっても可愛い仕上がり!さすがはオフィシャルショップです。

日本橋高島屋ポケモンカフェピカチュウプレート

何を頼んでよいか迷った時は、これを頼んでおけば間違いないでしょう♪子連れのファミリーには特におすすめです。

なお、ピカチュウプレートとイーブイプレートには「プレート付き」もあります。プレート付きのお値段は2,894円 (税込)と、プレートなしと比べて1,000円程度アップ。

我が家はお料理だけ楽しみましたが、なかなかしっかりしたお皿でしたので、コスパは悪くないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ポケモンカフェの座席エリア

ポケモンカフェの座席エリアは、下記5つのエリアに分かれています。

・ピカチュウエリア
・プリンエリア
・イーブイエリア
・カビゴンエリア
・ラプラスエリア

以下では、各エリアの実際の様子を写真つきでご紹介していきましょう!

ピカチュウ・プリンエリア

この日我が家が案内されたのはまさに一押しの「ピカチュウエリア」

窓側の4人席が基本となっていて、個人的に一番オススメのエリアです。下の写真は、自分たちのテーブルから「プリンエリア」を写したものです。

東京ポケモンカフェ店内の様子

両者の違いはほとんどありませんが、予約の時点ではいずれも同じ「A」というグループに属しており、自ら選択することは出来ないとのことでした。

イーブイ・カビゴンエリア

続いては、店内内側に位置する「カビゴンエリア」「イーブイエリア」

下の写真でいうと、奥がカビゴン、手前がイーブイエリアです。

日本橋高島屋ポケモンカフェの店内マップ

予約時の分類では、カビゴンエリアが「B」エリア、イーブイエリアが「C」エリアとなってはいますが、こちらもピカチュウ・プリンと同様に有意な差は感じられません。

ラプラスエリア

そして最後がピカチュウ&プリンエリアとカビゴン&イーブイエリアに挟まれる形の「ラプラスエリア」。

東京ポケモンカフェ店内の様子

このエリアだけは1~2名用のカウンター席となっていて、他のエリアに比べると若干予約を取りやすいようです。

ポケモンと触れ合える!ポケモングリーティング

ポケモンカフェ公式サイト上では、各座席エリアでサービス内容に違いはないとされています。

しかし、実際に行ってみたところ、席によってはわずかに差が生じるイベントがありました。

それが「ポケモングリーティング」

このポケモンカフェでは、滞在時間90分間のうち1回だけ、ポケモンキャラクターによるグリーティングサービスが実施されているのです!

ポケモングリーティングのルート

この日のポケモンの動きをマップで説明しますと、こんな感じ。

日本橋高島屋ポケモンカフェの店内マップ

  1. イーブイエリア・カビゴンエリア中間地点で撮影&握手
  2. ピカチュウエリアとラプラスエリアの間を通って各テーブルでふれあい&プリンエリア側のフォトスポット前で撮影タイム
  3. ラプラスエリア壁側を通って退場

日によって順番は変わるかもしれませんが、スペースの制約上、基本的な流れは同じはずです。

ピカチュウエリア側がオススメ!

上記ルートを見ると分かるかと思いますが、着席したままでコミュニケーションを取りたいなら「ピカチュウエリア」がおすすめです!座席のすぐ横をポケモンが歩いていくので、写真を撮影するタイミングもたくさんあります。

また、1〜2名なら反対側に位置する「ラプラスエリア」もおすすめ!こちらのエリアも、ポケモンがすぐそばを通ってくれますよ♪

ポケモングリーティング実際の様子

さてさて、食事もあらかた済んだ頃。

音楽とスタッフさんの明るい声が店内に響き渡りました。いよいよお楽しみのポケモングリーティングが始まるようです!

日によってやってくるポケモンが違うのだとか。

本日は…

………

 

ピカチュウ(ウェイトレスVer.)でした!

日本橋高島屋ポケモンカフェの店内

「かわいい~~」とあちこちから歓声が上がります。ちょっとした紹介や注意事項などがアナウンスされた後、いよいよポケモングリーティング開始です!

カビゴン・イーブイエリア

ポケモンが回るルートは日によって変わるようなことを聞きましたが、この日はまずカビゴン・イーブイエリアから。

前述の通り、こちらのエリアは席と席の間隔が狭いため、中間あたりの空いているスペースでのお披露目となります。「皆さんカメラを持って集まってくださーい!」との声掛けで、ピカチュウの周りに人だかりが出来ました。

日本橋高島屋ポケモンカフェの店内

皆が写真を撮りやすいよう、向きを変えたり、ひとしきりポーズを決めたり、踊りを見せてくれた後、希望者一人一人にハイタッチをしておしまい!

ピカチュウ・プリン・ラプラスエリア

続いてピカチュウエリア側へと向かいます。

ピカチュウ・プリン・ラプラスエリアでは、各テーブルにピカチュウが回って来てくれました!

日本橋高島屋ポケモンカフェの店内

通路に面している方のゲストだけでなく、窓側にも「ハイタッチいかがですか〜」と声をかけてくれます。

ただあいにくピカチュウとのツーショット撮影は不可。あくまでお手々を合わせてのご挨拶までです。

そのままフォトスペース前へ進み、先ほどのカビゴンエリアと同様に決めポーズ!

日本橋高島屋ポケモンカフェの店内マップ

愛くるしい姿に、あちこちから歓声が上がっていました♪尻尾も可愛いということで、どんなふうになっているのか、出会えたらぜひチェックしてみて下さいね。

最後はラプラスエリアの壁際側を通って退場します。ここでも1グループずつ愛想をふりまいて、最後まで可愛いすぎるピカチュウでした!

日本橋高島屋ポケモンカフェのポケモングリーティング

最後に

今回は、東京・日本橋にある日本唯一の「ポケモンカフェ」について詳しくご紹介しました!

家ではとても真似できないクオリティのお料理や、ポケモンの世界観にどっぷり浸れる店内、そして可愛いポケモングリーティングと、楽しいことが盛りだくさんで、人気が殺到するのも頷けるカフェでした。

特に子供達は、めったに出来ない体験に終始大喜び♪

今回訪問したのは通常の週末でしたが、ゴールデンウィークや夏休みなどは、さらに人気が集中することが予想されるため、早めの予約が必須ですよ。

ポケモンカフェに行くときは事前予約を忘れずに

ポケモンカフェは完全予約制!

予約方法や注意事項については、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ポケモンカフェが遠すぎるという方へ

ポケモンカフェには行きたいけれど「東京は遠いし、飛行機も高いし…」という方は、マイル】を貯めるのがオススメ!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

子連れ向け関連記事

トップへ戻る